長島 健悟

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/19 11:01
 
アバター
研究者氏名
長島 健悟
 
ナガシマ ケンゴ
URL
http://nshi.jp/
所属
統計数理研究所
部署
医療健康データ科学研究センター
職名
特任准教授
学位
博士(工学)(東京理科大学)
その他の所属
東京理科大学大学院
ORCID ID
0000-0003-4529-9045

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
統計数理研究所 医療健康データ科学研究センター 特任准教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
千葉大学 大学院医学研究院 グローバル臨床試験学 特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
千葉大学医学部附属病院 臨床試験部 特任助教
 
2008年4月
 - 
2013年3月
城西大学 助手
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京理科大学 大学院 工学研究科 後期博士課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京理科大学 大学院 工学研究科 前期博士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東京理科大学 工学部第一部 経営工学科
 

論文

 
Nagashima K, Noma H, Furukawa TA
Statistical Methods in Medical Research   In press   2018年4月   [査読有り]
Noma H, Nagashima K, Maruo K, Gosho M, Furukawa TA
Statistics in Medicine   37(7) 1178-1190   2018年3月   [査読有り]
Nagashima K, Sato Y.
Statistics in Medicine   36(21) 3422-3436   2017年5月   [査読有り]
Sato Y, Gosho M, Nagashima K, Takahashi S, Ware JH, Laird NM
New England Journal of Medicine   376(11) 1086-1087   2017年3月   [査読有り]
Misawa S, Sato Y, Katayama K, Nagashima K, Aoyagi R, Sekiguchi Y, Sobue G, Koike H, Yabe I, Sasaki H, Watanabe O, Takashima H, Nishizawa M, Kawachi I, Kusunoki S, Mitsui Y, Kikuchi S, Nakashima I, Ikeda S-i, Kohara N, Kanda T, Kira J-i, Hanaoka H, Kuwabara S, for the Japanese POEMS Syndrome for Thalidomide (J-POST) Trial Study Group
The Lancet Neurology   15(11) 1129-1137   2016年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
生存時間解析入門 原書第2版
五所正彦(監訳), 佐藤泰憲, 竹内久朗, 長島健悟, 中水流嘉臣, 平川晃弘, 松永信人, 山田雅之 (担当:共訳)
東京大学出版会   2014年4月   ISBN:978-4-13-062312-4

講演・口頭発表等

 
Comparison of S-1 and S-1 plus cisplatin as post-operative chemotherapy for gastric carcinoma with peritoneal lavage cytology positive or localized peritoneum metastasis: A multicenter retrospective study
Aizawa M, Yamaguchi T, Takashima A, Nagashima K, Ema A, Yuasa Y, Haruta S, Taniguchi H, Kobayashi D, Nishikawa K, Yunome G, Takagi M, Niwa H, Yamada T, Hato S, Fukagawa T, Boku N, Katai H
ASCO 2018 Gastrointestinal Cancers Symposium   2018年1月18日   
The impact of pre-operative chemotherapy in patients with peritoneal lavage cytology positive or localized peritoneum metastasis for gastric cancer: A multicenter retrospective study
Makuuchi R, Yamaguchi T, Takashima A, Nagashima K, Yamada T, Kinoshita T, Hata H, Kawachi Y, Kawabata R, Tsuji T, Hirabayashi N, Sakamoto T, Inada T, Ishiyama K, Fukagawa T, Boku N, Katai H
ASCO 2018 Gastrointestinal Cancers Symposium   2018年1月18日   
Pre-transplant induction thalidomide treatment in poems syndrome: An open-labell phase II clinical trial
Misawa S, Katayama K, Sato Y, Nagashima K, Sekiguchi Y, Suichi T, Amino H, Hanaoka H, Kuwabara S
The XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017)   2017年9月16日   
Safety and efficacy of lenalidomide for intractable/recurrent poems syndrome: An open label pilot study
Suichi T, Misawa S, Nagashima K, Sekiguchi Y, Shibuya K, Watanabe K, Kuwabara S
The XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017)   2017年9月16日   
A phase 1/2 study of ramucirumab plus nivolumab in patients with previously treated advanced gastric adenocarcinoma
Shoji H, Miyamoto H, Hara H, Takahari D, Machida N, Esaki T, Nagashima K, Aoki K, Honda K, Nagata Y, Miyamoto T, Boku N, Kato K
ESMO 2017 Congress   2017年9月8日   

競争的資金等の研究課題

 
レアイベントデータに対する統計的推測と臨床研究への応用
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 長島 健悟
非小細胞肺がんの転移活性を評価し、術後補助化学療法の効果を予測するバイオマーカーの実用化に関する研究
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 久保田 馨
タンパク質・ペプチド修飾解析による早期がん・リスク疾患診断のための血液バイオマーカーの開発
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 本田 一文
性差に基づく至適薬物療法の検討
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 女性の健康の包括的支援実用化研究事業—Wise
研究期間: 2016年 - 2019年3月    代表者: 岩佐 悟
膵がん検診の効率化を目指した血液バイオマーカーの実用化研究
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2016年9月 - 2017年3月    代表者: 本田 一文

Works

 
長島 健悟   コンピュータソフト   2017年4月
長島 健悟   コンピュータソフト   2016年1月
長島 健悟   コンピュータソフト   2015年3月
長島 健悟   コンピュータソフト   2011年7月
長島 健悟   コンピュータソフト   2008年1月

担当経験のある科目