長谷芳樹

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/20 14:26
 
アバター
研究者氏名
長谷芳樹
ハンドル
NAGATANI, Yoshiki
URL
http://ultrasonics.jp/nagatani/
所属
神戸市立工業高等専門学校
部署
電子工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)
その他の所属
独立行政法人産業技術総合研究所同志社大学 波動エレクトロニクス研究センター
Twitter ID
nagataniyoshiki

プロフィール

神戸市立工業高等専門学校 准教授。
超音波・可聴音の伝搬シミュレーションや信号処理,骨導超音波補聴器,音環境の評価手法などについて研究しています。

経歴

 
2011年
 - 
現在
神戸市立工業高等専門学校 准教授
 
2012年
 - 
現在
同志社大学 波動エレクトロニクス研究センター 研究員
 
2008年
 - 
現在
独立行政法人 産業技術総合研究所 客員研究員
 
2014年
 - 
2015年
Université Paris-Est Créteil (UPEC) Visiting Researcher
 
2008年
 - 
2011年
神戸市立工業高等専門学校 講師
 
2006年
 - 
2008年
奈良県立医科大学 医学部 特別研究員
 

学歴

 
2003年
 - 
2006年
同志社大学大学院 電気工学専攻 
 

研究分野

 
 

論文

 
Hata T, Nagatani Y, Takano K, Matsukawa M
The Journal of the Acoustical Society of America   140(5) 3710-3717   2016年11月   [査読有り]
Guipieri S, Nagatani Y, Bosc R, Nguyen VH, Chappard C, Geiger D, Haïat G
Ultrasound in medicine & biology   41(11) 2966-2976   2015年11月   [査読有り]
Taki H, Nagatani Y, Matsukawa M, Mizuno K, Sato T
The Journal of the Acoustical Society of America   137(4) 1683-1692   2015年4月   [査読有り]
Shigeaki Okumura, Aya Kita, Hirofumi Taki, Yoshiki Nagatani, Mami Matsukawa, and Toru Sato
Advanced Biomedical Engineering   4 73-79   2015年3月   [査読有り]
Nagatani Y, Tachibana RO
The Journal of the Acoustical Society of America   135(3) 1197-1206   2014年3月   [査読有り]
Keith Wear, Yoshiki Nagatani, Katsunori Mizuno, and Mami Matsukawa
The Journal of the Acoustical Society of America   136(4) 2015-2024   2014年10月   [査読有り]
Isao Mano, Kaoru Horii, Fuminori Fujita, Yoshiki Nagatani, Mami Matsukawa, and Takahiko Otani
Japanese Journal of Applied Physics   53(7S) 1-7   2014年   [査読有り]
Ryosuke Miura, Yasunari Ando, Yasuhisa Hotta, Yoshiki Nagatani, and Akihiko Tsuda
ChemPlusChem   79(4) 516-523   2014年   [査読有り]
Nagatani Y, Mizuno K, Matsukawa M
Ultrasonics   54(5) 1245-1250   2014年3月   [査読有り]
Okayasu T, Nishimura T, Nakagawa S, Yamashita A, Nagatani Y, Uratani Y, Yamanaka T, Hosoi H
Neuroscience letters   559 117-121   2014年1月   [査読有り]
Atsushi Hosokawa and Yoshiki Nagatani
Japanese Journal of Applied Physics   51(7,Issue 2) 1-7   2012年   [査読有り]
Nelson AM, Hoffman JJ, Anderson CC, Holland MR, Nagatani Y, Mizuno K, Matsukawa M, Miller JG
The Journal of the Acoustical Society of America   130(4) 2233   2011年10月   [査読有り]
Mizuno K, Nagatani Y, Yamashita K, Matsukawa M
The Journal of the Acoustical Society of America   130(2) 122   2011年8月   [査読有り]
Mizuno Katsunori, Yamashita Keisuke, Nagatani Yoshiki
Japanese journal of applied physics   50(7,Issue 2) 1-7   2011年7月   [査読有り]
Okayasu T, Nishimura T, Yamashita A, Nakagawa S, Nagatani Y, Yanai S, Uratani Y, Hosoi H
Neuroscience letters   495(1) 72-76   2011年5月   [査読有り]
Tsuda A, Nagamine Y, Watanabe R, Nagatani Y, Ishii N, Aida T
Nature chemistry   2(11) 977-983   2010年11月   [査読有り]
Hasegawa Sho, Nagatani Yoshiki, Mizuno Katsunori, and Mami Matsukawa
Japanese journal of applied physics   49(7,Issue 2) 1-7   2010年7月   [査読有り]
Akinori YAMASHITA, Tadashi NISHIMURA, Yoshiki NAGATANI, Takefumi SAKAGUCHI, Tadao OKAYASU, Shuichi YANAI, and Hiroshi HOSOI
NeuroReport   21(2) 119-122   2010年2月   [査読有り]
Yamashita A, Nishimura T, Nagatani Y, Okayasu T, Koizumi T, Sakaguchi T, Hosoi H
Acta oto-laryngologica. Supplementum   129 34-39   2009年6月   [査読有り]
Yoshiki NAGATANI, Katsunori MIZUNO, Takashi SAEKI, Mami MATSUKAWA, Takefumi SAKAGUCHI, and Hiroshi HOSOI
Acoustical science and technology   30(4) 257-264   2009年   [査読有り]
Nagatani Y, Mizuno K, Saeki T, Matsukawa M, Sakaguchi T, Hosoi H
Ultrasonics   48(6-7) 607-612   2008年11月   [査読有り]
長谷芳樹, 橘亮輔, 阪口剛史, 細井裕司
日本音響学会誌   64(11) 647-649   2008年10月   [査読有り]
近年,日本語単語及び単音節の聴取実験に「親密度別単語了解度試験用音声データセット(FW03)」(NII音声資源コンソーシアム,2006)が広く用いられている。しかし,FW03の音声レベルは等価騒音レベルが等しくなるよう校正されているため,特に単音節音声の聴感レベルが試験語ごとに大きく異なるという問題があった。そこで我々は,単音節音声について聴取実験によるラウドネス校正を行い,その校正値を公開することとした。実験の結果,必要な補正量は最大で12dBを超えていた。FW03の単音節音声を用いる際...
原康人, 坂本眞一, 長谷芳樹, 渡辺好章
日本音響学会誌   63(12) 701-707   2007年   [査読有り]
自由空間中を伝搬する音波は一般には断熱変化現象である。しかしながら,極めて細い流路内を伝搬する場合には,周囲の媒質との間で熱と音のエネルギー交換が生じる。これを熱音響現象と呼び,この現象を利用した冷却システムの早期の実用化が望まれている。本研究では,ループ管と呼ばれる熱音響冷却システムの熱源部における音圧増幅現象に着目し,詳細な現象の理解によるシステムの効率向上を目的として,FDTDシミュレーションを行った。従来のFDTD法に,新たに流体の温度変化分を音圧の増減に置き換えるアルゴリズムを導...
NAGATANI Yoshiki, IMAIZUMI Hirotaka, FUKUDA Takashi, MATSUKAWA Mami, WATANABE Yoshiaki, OTANI Takahiko
Japanese journal of applied physics   45(9A) 7186-7190   2006年   [査読有り]

Misc

 
人体の音響モデル
長谷芳樹
超音波TECHNO   26(6) 16-20   2014年11月
橘 亮輔, 長谷 芳樹
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   (32) 415-416   2011年11月
松川 真美, 水野 勝紀, 長谷 芳樹, 細川 篤
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   3(4) 47-52   2010年11月   [依頼有り]
Introduction of “Digital Elastic Model of Human Body” for 3-D FDTD Simulation - Elastic Wave Propagation in Human Body -
Yoshiki NAGATANI, Atsushi HOSOKAWA, Takefumi SAKAGUCHI, Mami MATSUKAWA, and Yoshiaki WATANABE
Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics   29 471-472   2008年11月
Evaluation of acoustic environments using deteriorated speech sound
Yoshiki Nagatani, Takefumi Sakaguchi, and Hiroshi Hosoi
Acoustics'08 - Proceedings   1249-1253   2008年6月
長谷 芳樹, 阪口 剛史, 細井 裕司
Audiology Japan   50(5) 591-592   2007年9月
長谷芳樹, 今泉宏隆, 松川真美 [他]
超音波techno   19(3) 53-57,127   2007年

書籍等出版物

 
日本音響学会 (担当:分担執筆, 範囲:人体の音響モデル)
コロナ社   2016年2月   ISBN:433900880X
豊田 政弘 (担当:分担執筆, 範囲:第5章および付録B,C)
コロナ社   2015年11月   ISBN:433901334X
Pascal Laugier, Guillaume Haiat (Eds.) (担当:分担執筆, 範囲:Chap.11)
Springer   2010年12月   ISBN:9400789904

受賞

 
2015年12月
日本音響学会関西支部 第18回若手研究者交流研究発表会 奨励賞
 
2008年12月
日本音響学会関西支部 第11回若手研究者交流研究発表会 奨励賞
 
2008年6月
第28回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム(USE2007) 奨励賞
 

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 長谷 芳樹
本研究課題は,歩行などの運動時の体内の音波・振動伝搬の分布を定量的に推定することを目的としている。申請者は本研究課題開始以前に試験的に超音波解析用の3次元人体モデルを作成し,簡易的に人体全身の内部の音波伝搬を可視化することに成功していた。しかしながらこのモデルでは実測値との比較検討等は最低限にとどまっており,モデルの妥当性の詳細な確認や可動モデルの作成が課題となっていた。まず平成25年度の前半には,体表面に接触型の加速度(音波)センサを,また,足裏に直流成分まで測定できる圧力センサをそれぞ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 松川 真美
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 長谷芳樹
可聴音が全く聞こえない最重度難聴者であっても, 超音波を語音で振幅変調すると語音が弁別できる場合がある。この現象を用いた補聴システム(骨導超音波補聴器)の開発が進められているが, いまだその知覚部位や聴取メカニズムは解明されていない。音の知覚に最も関連が深い側頭骨内を含む体内各部の音圧・応力分布が明らかになれば, 骨導超音波補聴器の実用化などに大きく寄与することができる。
研究代表者らのグループでは, これまで海綿骨・皮質骨・骨髄を伝搬する超音波の挙動や, 頭部CTモデルを用いた頭部内音場...

特許

 
Japanese Patent 5032880 : 音環境評価方法
細井裕司・阪口剛史・長谷芳樹