基本情報

所属
関西学院大学 理工学部 人間システム工学科 教授 (感性価値創造インスティテュート 所長)
学位
博士(工学)(大阪大学)
学士(理学)(京都大学)

J-GLOBAL ID
200901036944163070

外部リンク

映画やテレビを見ていると「洗練されたイメージだな」とか「音楽と映像の雰囲気がぴったりだな」といったさまざまな印象を受けます。このように、私たちが何気なく使う言葉の中には、直感やイメージといった主観的な情報(感性情報)が含まれています。「人間中心システム」といわれるように、人が使いやすく親しみやすいコンピュータを実現するために、こうした感性情報を理解し表現する技術が求められています。映像・音楽・アニメ・ゲーム・ダンスなどのメディアコンテンツにおいて、色や音や動きの特徴(らしさ)を解析し、これを利用して新しいコンテンツを生成するために、CG・音楽認知理解・脳・心理計測など多方面から研究をすすめています。さらにはメディアの心理的効果を分析し、より良いメディア表現のあり方を提案していきたいと考えています。

研究分野

  1

学歴

  2

論文

  177

MISC

  46

書籍等出版物

  6

講演・口頭発表等

  370

共同研究・競争的資金等の研究課題

  10

産業財産権

  6