永山ゆかり

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/03 14:12
 
アバター
研究者氏名
永山ゆかり
 
ナガヤマ ユカリ
eメール
nagayamakushiro-pu.ac.jp
所属
釧路公立大学
部署
経済学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(北海道大学)

プロフィール

ロシアで話されているアリュートル語(古アジア諸語)を研究しています。
論文は以下で公開しています。

Academia.edu
https://kushiro-pu.academia.edu/YukariNagayama

Research Gate
http://www.researchgate.net/profile/Yukari_Nagayama?ev=hdr_xprf

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
釧路公立大学 経済学部 准教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター 共同研究員
 
2013年4月
 - 
2018年3月
北海道大学 大学院・文学研究科 北方研究教育センター 助教
 
2012年10月
 - 
2013年3月
北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター 共同研究員
 
2010年4月
 - 
2012年9月
北海道大学 大学院・文学研究科・北方研究教育センター 助教
 
2007年9月
 - 
2010年3月
東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 非常勤研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 スラブ研究センター 21世紀COE研究員
 
1997年9月
 - 
1998年6月
パラナ教育学校(ロシア連邦) 専任講師(日本語担当)
 
1994年9月
 - 
1997年6月
カムチャッカ教育大学(ロシア連邦) 外国語学部 講師(日本語担当)
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
日本シベリア学会  幹事
 

論文

 
永山ゆかり
Crosslinguistics and Linguistic Crossings in Northeast Asia: Papers on the Languages of Sakhalin and Adjacent Regions Edited by Ekaterina Gruzdeva & Juha Janhunen (Studia Orientalia, vol. 117)      2016年   [査読有り][招待有り]
永山ゆかり
北方言語研究   (5) 25-37   2015年3月   [査読有り]
This paper gives an overview of negative constructions in Alutor (a Chukchi-Kamchatkan language). Alutor has a rich set of morphemes used in verbal negation: three negative particles (allə, kətvəl, and qətəmmə) and three negative circumfixes(a-......
Yukari Nagayama
北方人文研究   (7) 95-108   2014年3月   [査読有り]
永山 ゆかり
北方言語研究   (4) 5-17   2014年3月
永山ゆかり
Серия «История» (Известия Иркутского государственного университета)   1(4) 116-130   2013年6月   [査読有り]
永山 ゆかり
北方言語研究   (2) 23-34   2012年3月
Alutor (Paleosiberian, Chukchi-Kamchatkan family) has two proprietive constructions formed with affixes -lʔ (L-form) and ɣa-...-lin(a) (G-form). In this paper, I will describe morphological, syntactical and semantic features of possessee nouns in ...
永山 ゆかり
北方人文研究   0(5) 123-139   2012年3月   [査読有り]
Alutor participles are derived from verbal stems with the suffix -lʔ which is materially identical with the proprietive suffix. I have shown that Alutor participles share a number of features with finite verbs which had been overlooked in previous...
永山ゆかり
СОХРАНЕНИЕ БИОРАЗНООБРАЗИЯ КАМЧАТКИИ ПРИЛЕГАЮЩИХ МОРЕЙ, Материалы ХI международной научной конференции 24–25 ноября 2010 г.   44-48   2010年   [招待有り]
http://www.academia.edu/6414685/Традиционное_использование_рыбных_и_растительных_ресурсов_коренными_народами_Камчатки_Traditional_use_of_fish_and_vegetation_resources_by_indigenous_people_of_Kamchatka_

Misc

 
永山 ゆかり, ナガヤマ ユカリ, NAGAYAMA Yukari
Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編]   (8) 16-17   2012年7月
永山 ゆかり
言語   34(3) 16-19   2005年3月
ヌターユルギン ウラジーミル M., 大島 稔, 永山 ゆかり
アジア遊学   (17) 56-64   2000年6月
サドブニコワ エウドキーヤ M., 大島 稔, 永山 ゆかり
アジア遊学   (17) 65-73   2000年6月
白岩 孝行, 永山 ゆかり, 藤田 卓也
地理   44(7) 19-35   1999年7月
永山 ゆかり
地理   44(7) 40-43   1999年7月

書籍等出版物

 
Нымыланско-русский cловарь: алюторский диалект. Часть 1 [Nymylan-Russian Dictionary: Alutor dialect. Part 1] (Materials of Siberian Languages 3)
永山ゆかり (担当:編者)
The working group of the Grant-in-Aid for Scientific Research (C) “Compiling a Dictionary and Creating a Database for the Revitalization of Endangered Paleosiberian Languages”   2017年3月   
https://www.academia.edu/32136760/Нымыланско-русский_cловарь_алюторский_диалект._Часть_1_Nymylan-Russian_Dictionary_Alutor_dialect._Part_1_Materials_of_Siberian_Languages_3_
永山ゆかり・長崎郁 (担当:共編者)
東海大学出版部   2016年3月   ISBN:4486020898
Материалы по языку нымыланов-алюторцев [Materials of the Language of Nymylan-Alutor] (in Russian) (Materials of Siberian Languages 2)
永山ゆかり (担当:編者)
科学研究費補助金基盤研究 (B)「北東ユーラシア諸言語の電子アーカイブ環境構築とドキュメンテーション研究」研究班   2015年3月   
http://hokudai.academia.edu/YukariNagayama
山田仁史, 永山ゆかり, 藤原潤子 (担当:共編者)
勉誠出版   2014年3月   ISBN:4585220836
北原 次郎太, 永山 ゆかり, バヤリタ, ブリガ, 児倉 徳和, 久保 智之, 西田 文信, 加藤 高志, 野島 本泰, ダニエル ロング (担当:共著)
白水社   2013年1月   ISBN:4560086168
新泉社   2012年3月   ISBN:4787711121
タチヤナ・ローン(著)、 永山 ゆかり・ 木村 美希(共訳) (担当:共訳)
北海道大学大学院文学研究科   2005年   
津曲 敏郎 (編) (担当:分担執筆)
北海道大学図書刊行会   2003年9月   ISBN:4832933612
Kibrik A. E. , Kodzasov S. V. , Muravʹeva I. A., Kurebito M., Nagayama Y. (担当:共訳)
Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Endangered Languages of the Pacific Rim, Faculty of Informatics, Osaka Gakuin University   2004年   ISBN:4861591104
ニーナ・ミルギチル(著)、リュドミラ・ギリョーワ(画)、永山 ゆかり(監修) (担当:監修)
Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Endangered Languages of the Pacific Rim, Faculty of Informatics, Osaka Gakuin University   2003年   
Amchekh Vera Kaĭzevna
ニーナ・ミルギチル(再話)
エフドキヤ・プロニナ(ロシア語訳)
リュドミラ・ギリョーワ(イラスト)
永山ゆかり(監修)

講演・口頭発表等

 
Полевые исследования по культурному и языковому наследию народов Камчатки [招待有り]
永山ゆかり
Встреча с носителями языков коренных малочисленных народов Камчатки   2017年8月22日   Министерство культуры Камчатского края
永山ゆかり
28th Dulzon Readings   2017年7月28日   The Department of Siberian Indigenous Languages at Tomsk State Pedagogical University
Problems in developing an orthography for a minority language in Kamchatka
Yukari Nagayama
“Aspects of linguistic fieldwork among minorities,”Hokkaido University - University of Helsinki Joint Seminar   2017年3月3日   
語形成から見たアリュー トルの動物観
永山ゆかり
北方の言語と文化にかんするシンポジウム 2017「北方の人と動物」   2017年1月28日   
Folklore as Language and Cultural Heritage: A Case of the Indigenous Peoples of Kamchatka [in Russian]
永山ゆかり
2nd International Conference “Folklore of Paleo-Asiatic Peoples”   2016年11月23日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 永山ゆかり
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 永山 ゆかり
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター: スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 永山ゆかり
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/collaboration/H26/H26NAGAYAMA.pdf
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 長崎 郁
本研究は、北東ユーラシアの少数民族の言語に関し、現地調査による言語情報の多角的記録(語彙、文法、多様なジャンルの語りや会話を含む談話テキスト、社会的・文化的背景の文字、音声、映像による記録)、言語データの整理・分析、コンピュータ上での保存・利用のための電子アーカイブ環境構築を目的とする。初年度である平成23年度のメンバーによる具体的成果は以下のとおり。1 長崎は、ロシア、トムスク州での現地調査により、セリクープ語の語彙・文例を収集した。また、コリマ・ユカギール語のテキスト資料の整理・分析を...
北海道大学スラブ研究センター: スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 永山ゆかり