基本情報

所属
京都芸術大学 芸術学部 非常勤講師
神戸松蔭女子学院大学 文学部 非常勤講師
関西大学 文学部 非常勤講師
立命館大学 生存学研究センター 客員研究員
学位
博士(2014年3月 立命館大学)

J-GLOBAL ID
201801012134795880
researchmap会員ID
B000293569

絵画や造形芸術と身体の直接的なかかわりとを美学芸術学的な視点で問うことが、広義の研究課題です。
この課題へのアプローチとして、イレズミや身体改造(Body modification)をテーマに研究をしています。
具体的な研究内容は、以下の三つに大別されます。

  1. 絵画・文学作品で表象されたイレズミとそれを背負う人物との関係に対するイメージ研究。
  2. 彫師へのインタビュー調査や写真資料をもとにした、イレズミの絵画性に対する美学芸術学的考察。
  3. 20世紀末に欧米圏から世界へ波及した身体改造の動向や実践がポストヒューマニズム理論・思想と関連付けられていることに対する批判的検討。
  4. タトゥーや身体改造による一種の「身体を作品化すること」ををめぐる美学芸術学的ないしは哲学的な意味を考察することで、身体装飾によって媒介される個人と社会関係性についての美学哲学的モデルを構築する。

論文

  12

MISC

  11

書籍等出版物

  5

講演・口頭発表等

  12

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

社会貢献活動

  2

メディア報道

  2