折田奈甫

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/27 22:22
 
アバター
研究者氏名
折田奈甫
所属
東京理科大学
部署
理工学部 教養
職名
講師
学位
博士(言語学)(University of Maryland)

プロフィール

人が言葉を理解したり話したりする時に頭の中でどのような処理が行われているのでしょうか。子どもはノイズが多く疎なデータからどのようにして抽象的な言語知識を獲得するのでしょうか。このような心理言語学的問題の根底にある計算論的原理の解明を目標としています。人間の心の中の言語プロセスについて計算機モデルを用いて仮説を立て検証します。

2018年6月: 計算心理言語学の研究会(Computational Psycholinguistics Tokyo)を始めました。
https://sites.google.com/view/comp-psycholing-tokyo/home

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / 計算心理言語学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京理科大学 理工学部 教養 講師
 
2016年9月
 - 
2018年3月
東北大学 大学院情報科学研究科 データ科学国際共同大学院 特任助教
 
2015年9月
 - 
2016年8月
東北大学 大学院情報科学研究科 特任助教
 

学歴

 
2010年9月
 - 
2015年8月
メリーランド大学  言語学科(PhD program)
 
2007年4月
 - 
2009年3月
神戸松蔭女子学院大学 大学院 文学研究科 英語学(修士課程)
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
人工知能学会  編集委員
 

論文

 
絵本述語項構造コーパスの設計と構築
折田奈甫, 石井啓太, 鈴木あすみ, 松林優一郎
言語処理学会第24回年次大会   432-435   2018年3月
Evidentials in causal premise semantics: A rating study
Yurie Hara, Naho Orita, and Hiromu Sakai
Proceedings of Logic and Engineering of Natural Language Semantics 14 (LENLS)      2017年   [査読有り]
Predicting Japanese scrambling in the wild
Naho Orita
Workshop on Cognitive Modeling and Computational Linguistics (EACL-CMCL)      2017年   [査読有り]
Incremental Prediction of Sentence-final Verbs: Humans versus Machines
Alvin Grissom II, Naho Orita, Jordan Boyd-Graber
The SIGNLL Conference on Computational Natural Language Learning (CoNLL)      2016年   [査読有り]
Toward the automatic extraction of knowledge of usable goods
May Uemura, Naho Orita, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui
The 30th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 30)      2016年   [査読有り]
話者の指示表現選択の確率モデルによる形式化
折田奈甫
人工知能学会誌   31(1) 91-99   2016年
Why discourse affects speakers' choices of referring expressions
Naho Orita, E. Vornov, N. Feldman, and H. Daumé III
Association for Computational Linguistics (ACL)      2015年   [査読有り]
Factivity in Three year-olds' Understanding of know and think
Rachel Dudley, Naho Orita, Morgan Moyer, Valentine Hacquard and Jeffrey Lidz
Proceedings of the 38th Boston University Conference on Language Development      2014年   [査読有り]
Quantifying the role of discourse topicality in speakers' choices of referring expressions.
Naho Orita, E. Vornov, N. Feldman, and J. Boyd-Graber
Association for Computational Linguistics, Workshop on Cognitive Modeling and Computational Linguistics (ACL-CMCL)      2014年   [査読有り]
Discovering Pronoun Categories using Discourse Information
Naho Orita, R. McKeown, N. Feldman, J. Lidz, and J. Boyd-Graber
Proceedings of the 35th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci)      2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
"3-year-olds' understanding of 'know' and 'think'" In Experimental Perspectives on Presuppositions
Rachel Dudley, Naho Orita, V. Hacquard, and J. Lidz (担当:共著)
Springer   2014年   

講演・口頭発表等

 
コーパスを用いた談話情報の定量化 [招待有り]
折田奈甫
言語資源活用ワークショップ2017   2017年   
理性的発話行為モデルチュートリアル [招待有り]
折田奈甫
関西心理言語学研究会   2016年   
話者の指示表現選択の確率モデル [招待有り]
折田奈甫
日本認知科学会サマースクール   2015年   
Computational modeling of how speakers and learners use discourse information 
(with some Bayesian introduction) [招待有り]
Naho Orita
Symposium on Language Acquisition at the Intersection of Theoretical, Experimental, and Computational Approaches   2015年   
A conservative interpretation of the reflexive zibun by Japanese children
Naho Orita, H. Ono, N. Feldman, and J. Lidz
39th Annual Boston University Conference on Language Development (BUCLD)   2014年   
Ewe children's understanding of the complements of want, say and think
Naho Orita
42th Annual Conference on African Linguistics   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
項省略を考慮した日本語の統語的ブートストラッピング
日本学術振興会: 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 折田奈甫
左方周辺部における意味と語用のインターフェイス:脳科学的アプローチ
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 原由理枝
脳はどのように文法を生み出すのか—東アジア言語比較認知神経科学からの探求—
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 酒井弘
母語獲得におけるわかりやすい学習事例の解明
日本学術振興会: スタート支援
研究期間: 2016年10月 - 2018年3月    代表者: 折田奈甫