内藤 由直

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 15:02
 
アバター
研究者氏名
内藤 由直
 
ナイトウ ヨシタダ
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/jl/
所属
立命館大学
部署
文学部 人文学科 日本文学研究学域
職名
准教授
学位
博士(文学)(立命館大学)
その他の所属
文学研究科 人文学専攻 日本文学専修国際言語文化研究所
科研費研究者番号
60516813

プロフィール

 明治期から戦後に至る日本文学とナショナリズムの関係について研究しています。
 高山樗牛や井上哲次郎によって提起された〈国民文学〉論が戦時下の浅野晃・高倉輝等の議論を経て敗戦後の竹内好や野間宏たちの論争へと展開していった過程を一連のものとして捉え、それらに隣接する〈政治と文学〉論争や〈近代の超克〉論ならびに同時代文学作品との協働連関を検証しながら、日本の近代文学が国家のイデオロギー装置として機能した役割を明らかにする作業に取り組んでいます。
 また、戦中戦後の国民文学論が止揚を試みたプロレタリア文学運動にも視野を広げ、当時の文学運動に内包されていた組織論や近代化論の問題を研究しています。
 
 

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』
昭和戦前期プロレタリア文化運動資料研究会編(共編著)
丸善雄松堂   2017年10月   
【URL】https://myrp.maruzen.co.jp/book/proletarian_cultural_movement/
【パンフレット】https://myrp.maruzen.co.jp/wp-content/uploads/proletaria.pdf
西川長夫・大野光明・番匠健一編(共著)
平凡社   2014年10月   ISBN:9784582454475
[担当部分]
「第七章 〝戦後〟のアンビバレンス──五五年体制と日本国憲法の問題」(pp.145-160)、「コラム4 戦後レジームとしての安保」(pp.219-220)
内藤由直(単著)
双文社出版   2014年2月   ISBN:9784881646236
貴司山治研究会編(共編著)
不二出版   2011年1月   ISBN:9784835059891
[担当部分]
「解題 戦時下の生活と通俗歴史小説の大成」(pp.130-140)、「作品紹介『維新前夜』」(pp.141-142)、「著作目録」(pp.431-469、共著)
貴司山治研究会編(共編著)
不二出版   2011年1月   ISBN:9784835059846
[担当部分]
資料撮影/編集/人名索引データ作成(共編・共著)

論文

 
内藤由直
『フェンスレス』/占領開拓期文化研究会   (第4号) pp.39-52   2016年9月
【オンライン版】http://senryokaitakuki.com/
内藤由直
『作家/作者とは何か──テクスト・教室・サブカルチャー』/ 日本近代文学会関西支部編/ 和泉書院   pp.62-78   2015年11月
内藤由直
『立命館言語文化研究』/立命館大学国際言語文化研究所   27巻(1号) pp.35-49   2015年10月
【DL】http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/pdf_27-1/RitsIILCS_27.1pp35-49NAITO.pdf
内藤由直
『フェンスレス』/占領開拓期文化研究会   (第1号) pp.3-18   2013年3月
【オンライン版】http://senryokaitakuki.com/
内藤由直
『立命館言語文化研究』/立命館大学国際言語文化研究所   23巻(3号) pp.5-19   2012年2月
【DL】http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/pdf_23-3/RitsIILCS_23.3pp.5-20NAITOU.pdf

Misc

 
内藤由直
『日本近代文学会関西支部会報』/日本近代文学会関西支部   (第28号) pp.6-7   2018年10月
クリストファー・ボルトン[著]/内藤由直・友田義行[共訳]
『立命館文学』/立命館大学人文学会   (第652号) pp.184-195   2017年8月
【新刊紹介】『木村一信先生追悼 論考と回想』
内藤由直
『社会文学』/日本社会文学会   (第46号) pp.150-151   2017年7月
編集後記
内藤由直
『論究日本文学』/立命館大学日本文学会   (第106号)    2017年5月
編集後記
内藤由直
『論究日本文学』/立命館大学日本文学会   (第105号)    2016年12月

講演・口頭発表等

 
「まこと」と「まことしやかなもの」──中野重治・林房雄の転向と文学──
内藤由直
中野重治 研究と講演の会 (於・跡見学園女子大学)   2018年12月8日   
内藤由直
日本近代文学会関西支部春季大会 (於・京都大学)   2018年6月2日   
内藤由直
Tenkō in Trans-War Japan: Culture, Politics, History (於・リーズ大学)   2017年7月1日   
内藤由直
第21回占領開拓期文化研究会(於・立命館大学)   2015年12月27日   
内藤由直
第3回 世界文学・語圏横断ネットワーク研究集会(於・立命館大学)   2015年9月21日   

社会貢献活動

 
【司会, 企画】  立命館大学国際言語文化研究所  2018年度国際言語文化研究所連続講座  (於・立命館大学)  2018年10月12日
大和和紀『はいからさんが通る』と大正ロマン──漫画に見出される近代日本の文化情報──
【講師】  立命館大学文学部  文学部協定校『高大連携アカデミック・プログラム』  (於・立命館大学)  2018年6月23日
【司会, 企画】  立命館大学国際言語文化研究所  2017年度国際言語文化研究所連続講座  (於・立命館大学)  2017年10月20日
空白を読み解く──森鴎外「普請中」の作品世界──
【講師】  京都府立桂高等学校  京都府立桂高等学校〈分野別模擬授業〉  (於・京都府立桂高等学校)  2016年10月6日
空白を読み解く──森鴎外「普請中」の作品世界──
【講師】  立命館大学文学部  文学部協定校『高大連携アカデミック・プログラム』  (於・立命館大学)  2015年6月20日

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 村田 裕和
龍谷大学: 2013年度出版助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年2月    代表者: 内藤由直
立命館大学: 2012年度国際言語文化研究所萌芽的プロジェクト研究
研究期間: 2012年6月 - 2013年3月    代表者: 村田裕和
立命館大学: 2011年度国際言語文化研究所萌芽的プロジェクト研究
研究期間: 2011年6月 - 2012年3月    代表者: 友田義行
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 内藤由直

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
立命館大学文学部  学生主事
 
2016年12月
 - 
2017年7月
日本社会文学会  編集委員
 
2016年1月
 - 
2018年12月
日本文学協会  委員
 
2015年6月
 - 
現在
立命館大学日本文学会  評議員(総務/2015年度)
 
2015年6月
 - 
現在
立命館大学日本文学会  編集委員(編集長/2016年度)
 

Works

 
内藤由直   教材   2011年4月 - 現在
演習授業用教材(近代文学研究用ポータル・データベース等ブックマーク集)
内藤由直   Webサービス   2011年4月 - 現在

担当経験のある科目

 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
立命館大学大学院 文学研究科人文学専攻日本文学専修 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
立命館大学 文学部日本文学研究学域日本文化情報学専攻 准教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
立命館大学 文学部日本文学研究学域日本文学専攻 准教授
 
2013年4月
 - 
2014年9月
立命館大学 文学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
龍谷大学 文学部日本語日本文学科 特別任用講師
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
立命館大学大学院 文学研究科 日本文学専攻 博士課程後期課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
花園大学大学院 文学研究科 国文学専攻 修士課程
 
1993年4月
 - 
1997年3月
立命館大学 文学部 文学科 日本文学専攻
 
1990年4月
 - 
1993年3月
大阪府立春日丘高等学校 全日制普通科