相澤伸依

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/14 21:54
 
アバター
研究者氏名
相澤伸依
 
アイザワ ノブヨ
eメール
aizawatku.ac.jp
URL
https://sites.google.com/a/tku.ac.jp/aizawa/home
所属
東京経済大学
部署
経営学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(京都大学)
科研費研究者番号
80580860
Twitter ID
n_aizawa

プロフィール

ミシェル・フーコーの思想を研究してきましたが、最近は避妊、中絶をめぐる女性運動の思想史にも関心を持っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東京経済大学経営学部 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京経済学経営学部 専任講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
京都大学文学研究科 倫理学専修 博士後期課程 
 
2002年4月
 - 
2005年3月
京都大学文学研究科 倫理学専修 修士課程 
 
1998年4月
 - 
2002年3月
京都大学文学部  
 

受賞

 
2007年11月
関西倫理学会 優秀論文賞
 

論文

 
Comment les féministes japonaises ont-elles réagi à propos de la pilule ?
AIZAWA Nobuyo
ZINBUN   49 1-9   2019年3月   [査読有り]
相澤伸依
東京経済大学 人文自然科学論集   142 31-40   2018年2月
新正裕尚、角田浩司、久世泰子、相澤伸依
東京経済大学 人文自然科学論集   (141) 167-174   2017年12月
相澤伸依
倫理学研究   (43) 125-135   2013年6月   [査読有り]
ミシェル・フーコーの方法論の研究
相澤伸依
京都大学文学研究科に提出した博士学位論文      2011年12月   [査読有り]
相澤伸依
東京経済大学人文自然科学論集   (130) 55-69   2011年2月
Foucault et le libéralisme -sur les cours au Collège de France des années 1978-1979
AIZAWA Nobuyo
実践哲学研究   (30) 47-67   2007年11月
フーコー『知への意志』における方法
相澤伸依
倫理学研究   (37) 116-126   2007年4月   [査読有り]
ミシェル・フーコーの方法論:系譜学の導入について
相澤伸依
実践哲学研究   (28) 1-20   2005年11月

Misc

 
相澤伸依
東京経済大学 人文自然科学論集   144 245-254   2019年2月
相澤伸依
東京経済大学 人文自然科学論集   (138) 125-136   2016年2月
事典項目「権力」
相澤伸依
『イミダス2014』(電子媒体)      2014年3月
相澤伸依
『東京経済大学 人文自然科学論集』   (135) 157-164   2014年2月
事典項目「徳倫理学」「本質主義/構築主義」
相澤伸依
『イミダス2013』(電子媒体)      2013年3月

書籍等出版物

 
暴力をめぐる哲学
相澤伸依 (担当:共著, 範囲:第八章「語りをめぐる暴力ーミシェル・フーコーと監獄情報グループの活動からー」、244-262頁)
晃洋書房   2019年2月   
性(シリーズ「愛・性・家族の哲学」)
相澤伸依 (担当:共著, 範囲:第五章「ピルと私たち ―女性の身体と避妊の倫理―」、148-184頁)
ナカニシヤ出版   2016年4月   
妊娠中絶の生命倫理
江口聡編・監訳 (担当:共訳, 範囲:ジェーン・イングリッシュ「妊娠中絶と「ひと」の概念」、141-155頁)
勁草書房   2011年10月   
『生命倫理百科事典』
相澤伸依 (担当:共訳, 範囲:「契約論と生命倫理」)
丸善   2007年9月   
『医療IT化と生命倫理 - 情報ネットワーク社会における医療現場の変容』
板井孝壱郎監訳 (担当:共訳, 範囲:J.G. アンダーソン & C.E. アイディン「医療情報システムを評価すること:社会的文脈と倫理的課題」、85頁〜106頁)
世界思想社   2009年2月   
現代倫理学事典
相澤伸依 (担当:共著, 範囲:「監視カメラ」 「広告」 「報道のモラル」)
弘文堂   2006年12月   

講演・口頭発表等

 
AIZAWA Nobuyo
Seventeenth International Conference on Books, Publishing & Libraries   2019年7月5日   
La Société punitiveを読む - le pénalとle punitifをつなぐla moralに注目して-
相澤伸依
共同研究「フーコー研究──人文科学の再批判と新展開」   2019年1月26日   
意志と主体 −『肉の告白』におけるフーコーのアウグスティヌス読解−
相澤伸依
共同研究「フーコー研究──人文科学の再批判と新展開」   2018年9月29日   
Chûpiren, un essai manqué dans le mouvement féministe japonais des années 1970
AIZAWA Nobuyo
12th Conference of the International Federation for Research on Women’s History   2018年8月11日   
Comment les mouvements de 1968 ont influencé le féminisme japonais ? - le cas de Mitsu Tanaka, une icône du féminisme japonais -
AIZAWA Nobuyo
Colloque international: Il y a 50 ans, mai 68   2018年5月17日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 若手研究
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 相澤伸依
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 飯野 勝己
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 飯野勝己
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 相澤伸依
ミシェル・フーコーの思想の総合的把握と現代的意義
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 相澤伸依