講演・口頭発表等

2011年10月

液体シンチレーションカウンターを用いたスミア測定法の開発

日本保健物理学会第44回研究発表会
  • 中村 圭佑
  • ,
  • 飯嶋 信夫
  • ,
  • 山下 朋之
  • ,
  • 柴 浩三
  • ,
  • 百瀬 琢麿

記述言語
日本語
会議種別
開催地
水戸

再処理施設等で取り扱う純ベータ線放出核種に対する管理方法として、液体シンチレーションカウンターを用いた簡易的な測定手法を開発した。液体シンチレーションカウンターを用いることで、線源の自己吸収や、空気中の減衰といった、測定における妨害要因を排除でき、高い計数効率が実現できる。また、スミアろ紙を直接液体シンチレータに溶かし込むことで、前処理を必要としない、簡易的で迅速な測定手法となることが期待される。今回、さまざまな線源について、スミアろ紙を混合した状態の試料を作成し、得られたエネルギースペクトルより、本手法の有効性について評価した。発表にて、評価の結果について報告する。