中臺一博

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 19:06
 
アバター
研究者氏名
中臺一博
ハンドル
nakadai
所属
(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン/東京工業大学
部署
工学院 システム制御系

プロフィール

1993年東京大学工学部電気工学科卒業, 1995年同大学院工学系研究科情報工学専攻修了.NTT,NTTコムウェア,JST ERATO 北野プロジェクトを経て,2003年より(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン勤務.プリンシパルリサーチャ.博士(工学).2006年から2015年まで,東京工業大学大学院情報理工学研究科客員准教授,連携准教授,連携教授兼務.2016年より,東京工業大学工学院システム制御系特定教授, 2017 年より同特任教授兼務.2011-2018年,早稲田大学理工学術院創造理工学研究科客員教授兼務.ロボット聴覚,実時間情報統合,音環境理解の研究に従事.2015-2016年人工知能学会理事,2017-2018年日本ロボット学会理事,情報処理学会,日本音響学会,ヒューマンインタフェース学会,IEEE 各会員.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東京工業大学 工学院 システム制御系(大学院 情報理工学研究科からの改組による) 特定教授→特任教授(2017.6)
 
2003年5月
 - 
現在
株式会社 ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン プリンシパル・サイエンティスト
 
2011年4月
 - 
2018年3月
早稲田大学 理工学術院 創造理工学研究科 客員教授
 
2006年4月
 - 
2016年3月
東京工業大学 大学院 情報理工学研究科 客員助教授→客員准教授(2008)→連携准教授(2009)→連携教授(2012)
 
1999年7月
 - 
2003年4月
独立行政法人 科学技術振興事業団 ERATO北野共生システムプロジェクト 研究員
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学 大学院 情報工学専攻 
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 工学部 電気工学科
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 教養学部 理科一類
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本ロボット学会  理事
 
2015年7月
 - 
2017年6月
人工知能学会  理事
 

受賞

 
2018年10月
総務省 異能(inno)vation ジェネレーションアワード部門分野賞受賞
 
2018年9月
日本ロボット学会 The 36th Annual Conference of the Robotics Society of Japan (RSJ 2018) International Session BEST PAPER AWARD
 
2017年9月
IEEE IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2017) Best Paper Award Finalist on Safety, Security, and Rescue Robotics (in memory of Motohiro Kisoi)
 
2016年9月
日本ロボット学会 第4回 Advanced Robotics 誌論文賞
 
2016年6月
人工知能学会 研究会優秀賞
 

論文

 
尾崎翔, 浅野太, 中臺一博
電子情報通信学会論文誌 A(Web)   J101-A(6) 137‐149 (WEB ONLY)   2018年6月
Suzuki R, Matsubayashi S, Saito F, Murate T, Masuda T, Yamamoto K, Kojima R, Nakadai K, Okuno HG
Ecology and evolution   8(1) 812-825   2018年1月   [査読有り]
Nelson Yalta,Shinji Watanabe,Kazuhiro Nakadai,Tetsuya Ogata
CoRR   abs/1807.01126    2018年   [査読有り]
Heike Brock,Shigeaki Nishina,Kazuhiro Nakadai
Proceedings of the 18th International Conference on Intelligent Virtual Agents, IVA 2018, Sydney, NSW, Australia, November 05-08, 2018   331-332   2018年   [査読有り]
Heike Brock,Kazuhiro Nakadai
Proceedings of the Eleventh International Conference on Language Resources and Evaluation, LREC 2018, Miyazaki, Japan, May 7-12, 2018.      2018年   [査読有り]
Array,Katsutoshi Itoyama,Array,Satoshi Tadokoro,Array,Kazuyoshi Yoshii,Tatsuya Kawahara,Array
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech & Language Processing   26(2) 215-230   2018年   [査読有り]
Ryu Takeda,Kazuhiro Nakadai,Kazunori Komatani
Interspeech 2017, 18th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Stockholm, Sweden, August 20-24, 2017   1636-1640   2017年   [査読有り]
Kazuhiro Nakadai,Makoto Kumon,Hiroshi G. Okuno,Kotaro Hoshiba,Mizuho Wakabayashi,Kai Washizaki,Takahiro Ishiki,Daniel Gabriel,Yoshiaki Bando,Takayuki Morito,Ryosuke Kojima,Osamu Sugiyama
2017 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2017, Vancouver, BC, Canada, September 24-28, 2017   5985-5990   2017年   [査読有り]
Ryosuke Kojima,Osamu Sugiyama,Kotaro Hoshiba,Reiji Suzuki,Kazuhiro Nakadai
2017 IEEE International Conference on Data Science and Advanced Analytics, DSAA 2017, Tokyo, Japan, October 19-21, 2017   395-404   2017年   [査読有り]
Kotaro Hoshiba,Kai Washizaki,Mizuho Wakabayashi,Takahiro Ishiki,Array,Yoshiaki Bando,Daniel Gabriel,Kazuhiro Nakadai,Hiroshi G. Okuno
Sensors   17(11) 2535   2017年11月   [査読有り]
Ryosuke Kojima,Osamu Sugiyama,Kotaro Hoshiba,Kazuhiro Nakadai,Reiji Suzuki,Charles E. Taylor
JRM   29(1) 236-246   2017年   [査読有り]
Shiho Matsubayashi,Reiji Suzuki,Fumiyuki Saito,Tatsuyoshi Murate,Tomohisa Masuda,Koichi Yamamoto,Ryosuke Kojima,Kazuhiro Nakadai,Hiroshi G. Okuno
JRM   29(1) 224-235   2017年   [査読有り]
Reiji Suzuki,Shiho Matsubayashi,Richard W. Hedley,Kazuhiro Nakadai,Hiroshi G. Okuno
JRM   29(1) 213-223   2017年   [査読有り]
Osamu Sugiyama,Satoshi Uemura,Akihide Nagamine,Ryosuke Kojima,Keisuke Nakamura,Kazuhiro Nakadai
JRM   29(1) 188-197   2017年   [査読有り]
Takuma Ohata,Keisuke Nakamura,Akihide Nagamine,Takeshi Mizumoto,Takayuki Ishizaki,Ryosuke Kojima,Osamu Sugiyama,Kazuhiro Nakadai
JRM   29(1) 177-187   2017年   [査読有り]
Kotaro Hoshiba,Osamu Sugiyama,Akihide Nagamine,Ryosuke Kojima,Makoto Kumon,Kazuhiro Nakadai
JRM   29(1) 154-167   2017年   [査読有り]
Kazuhiro Nakadai,Taiki Tezuka,Takami Yoshida
JRM   29(1) 114-124   2017年   [査読有り]
Kazuhiro Nakadai,Tomoaki Koiwa
JRM   29(1) 105-113   2017年   [査読有り]
Nelson Yalta,Kazuhiro Nakadai,Array
JRM   29(1) 37-48   2017年   [査読有り]
Kazuhiro Nakadai,Array,Takeshi Mizumoto
JRM   29(1) 16-25   2017年   [査読有り]
Hiroshi G. Okuno,Kazuhiro Nakadai
JRM   29(1) 15   2017年   [査読有り]
Ryu Takeda,Kazuhiro Nakadai,Kazunori Komatani
Computer Speech & Language   46 461-480   2017年   [査読有り]
Lana Sinapayen,Keisuke Nakamura,Kazuhiro Nakadai,Hiroki Takahashi,T. Kinoshita
Advanced Robotics   31(12) 624-633   2017年   [査読有り]
坂田 直人, 村上 哲郎, 中島 弘史, 中臺 一博
日本音響学会誌   72(12) 739-748   2016年
<p>風雑音は一般的に非定常な雑音であり,信号の波形レベルでの相関をもとにした処理についてはあまり行われていない。本論文では2チャンネルを近接させたマイクロホンを用いて,各チャンネルで相関のある風雑音の収録を行い,相関の分析・風雑音の低減の二つの実験を行った。振幅・パワー・複素信号のそれぞれについてコヒーレンス関数により相関を分析した結果,どの項目についても125Hz以下で0.3~0.8の相関が確認された。その相関を利用して2種類の線形ビームフォーマにより風雑音の低減を行い,125Hz以下...
石井 健太郎, 谷口 祐司, 大澤 博隆, 中臺 一博, 今井 倫太
情報処理学会論文誌   54(4) 1413-1421   2013年4月
本論文では,仮想的な身体を持つアバタを投影する遠隔コミュニケーションシステムPROT AVATARにおけるアバタ操作手法に関する実験をもとに,得られた知見について議論する.PROT AVATARによるコミュニケーションでは,アバタの操作者の映像を遠隔地に投影するため,表情により感情を伝えることができる.さらに,アバタの操作者にとっては明確ではない,アバタの投影に適切な位置をシステムが自動で計算するため,アバタの操作者は投影位置を考えることなく遠隔の環境内を指し示すことができる.しかし,アバ...
中村 圭佑, 中臺 一博, 浅野 太, 中島 弘史, INCE Gokhan
計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   48(6) 349-358   2012年6月
Takeda R, Nakadai K, Takahashi T, Komatani K, Ogata T, Okuno HG
Neural computation   24(1) 234-272   2012年1月   [査読有り]
中臺 一博, 奥乃 博
情報処理学会デジタルプラクティス   2(2) 133-140   2011年6月
吉田 尚水, 中臺 一博, 奥乃 博
日本ロボット学会誌   28(8) 970-977   2010年10月
吉田 尚水, 中臺 一博, 奥乃 博
日本ロボット学会誌   28(8) 970-977   2010年
Noise-robust Automatic Speech Recognition (ASR) is essential for robots which are expected to communicate with human in a daily environment. In such an environment, Voice Activity Detection (VAD) performance becomes poor, and ASR performance deter...
藤村 亮太, 郭 斌, 大村 廉, 中臺 一博, 今井 倫太
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   21(5) 701-712   2009年10月
本論文では壁面投影移動型アバタシステムRemyの提案を行う.Remyは遠隔地から相手の実空間に対する指示や参照を行いコミュニケーションを行うことを支援する.従来の遠隔協調作業支援システムには,実空間の共有を考慮していない問題,デバイスがユーザに与える負担が大きい問題,表情やジェスチャといったノンバーバル情報の伝達を考慮していない問題があった.上記3点の問題に対して,Remyは移動可能な2次元アバタを実空間に直接投影することで解決する.本論文ではローカルユーザの視点においてRemyと従来研究...
中島 弘史, 中臺 一博, 長谷川 雄二, 辻野 広司
日本ロボット学会誌   27(7) 774-781   2009年9月
This paper describes a novel sound source separation method for a robot that needs to cope with dynamically changing noises in the real world. A sound source separation method, Geometric Source Separation (GSS), is promising because it has high se...
武田 龍, 中臺 一博, 高橋 徹, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博
日本ロボット学会誌   27(7) 782-792   2009年9月
This paper presents a new method based on independent component analysis (ICA) for enhancing a target source and suppressing other interfering sound sources, supposed that the latter are known. The method can provides in a reverberant environment ...
村田 和真, 中臺 一博, 武田 龍, 奥乃 博, 長谷川 雄二, 辻野 広司
日本ロボット学会誌   27(7) 793-801   2009年9月
Human-robot interaction through music in real environments is essential for robots, because such a robot makes people enjoyable. To deal with real music signals by using robot's own ears, we propose a beat-tracking algorithm for a robot based on s...
奥乃 博, 中臺 一博, 大塚琢馬
情報処理   50(8) 729-734   2009年8月
音楽のリズムに合わせて振舞う音楽ロボットを目標に据えると, 音楽情報処理の課題が見えてくる.
武田 龍, 中臺 一博, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博
日本ロボット学会誌   26(6) 529-536   2008年8月
This paper describes a new adaptive filter algorithm based on independent component analysis (ICA) for enhancing a target sound and for suppressing other interference sounds that are known. The technique can provide barge-in capable robot audition...
Nakajima Hirofumi, Nakadai Kazuhiro, Hasegawa Yuji, Tsujino Hiroshi
NEW FRONTIERS IN ARTIFICIAL INTELLIGENCE   4914 47-53   2008年   [査読有り]
2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS, SPEECH AND SIGNAL PROCESSING, VOLS 1-12   149-152   2008年   [査読有り]
A robot referee for rock-paper-scissors sound games
2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION, VOLS 1-9   3469-+   2008年   [査読有り]
Computational auditory scene analysis and its application to robot audition
2008 HANDS-FREE SPEECH COMMUNICATION AND MICROPHONE ARRAYS   125-+   2008年   [査読有り]
Nakajima Hirofumi, Nakadai Kazuhiro, Hasegawa Yuuji, Tsujino Hiroshi
2008 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTS AND INTELLIGENT SYSTEMS, VOLS 1-3, CONFERENCE PROCEEDINGS   2165-2171   2008年   [査読有り]
Murata Kazumasa, Nakadai Kazuhiro, Yoshii Kazuyoshi, Takeda Ryu, Torii Toyotaka, Okuno Hiroshi G., Hasegawa Yuji, Tsujino Hiroshi
2008 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTS AND INTELLIGENT SYSTEMS, VOLS 1-3, CONFERENCE PROCEEDINGS   2459-+   2008年   [査読有り]
西村 義隆, 石塚 満, 中臺 一博, 中野 幹生, 辻野 広司
日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan   25(8) 1189-1198   2007年11月
Automatic speech recognition (ASR) is essential for human-humanoid communication. One of the main problems with ASR by a humanoid is that it is inevitably generates motor noises. These noises are easily captured by the humanoid's microphones becau...
中臺 一博, 中島 弘史, 村瀬 昌満, 奥乃 博, 長谷川 雄二, 辻野 広司
日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan   25(6) 979-989   2007年9月
Real-time and robust sound source tracking is an important function for a robot operating in a daily environment, because the robot should recognize where a sound event such as speech, music and other environmental sounds originates from. This pap...
中臺 一博
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   46(6) 427-433   2007年6月
神田 直之, 駒谷 和範, 中野 幹生, 中臺 一博, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃 博
情報処理学会論文誌   48(5) 1980-1989   2007年5月
複数のドメインを扱う音声対話システムにおいて 対話履歴から得られる特徴量を導入してより精度良くドメイン選択を行う手法を開発した.本研究ではドメイン選択問題を 応答すべきドメインが (I)1つ前の応答を行ったドメイン (II)音声認識結果に対する最尤のドメイン (III)それ以外のドメイン のいずれかという判別問題ととらえる.対話履歴から得られる特徴量を用いて上記を判別する決定木を ドメイン選択の正解を与えた対話データから学習し ドメイン選択器を構成した.5ドメインのマルチドメイン音声対話シ...
黒瀧 俊輔, 鈴木 紀章, 中臺 一博, 奥乃 博, 天野 英晴
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   90(3) 897-907   2007年3月
近年,人間と共生するロボットが多数登場してきている.これらのロボットが人間と言語を用いたインタラクションを行うためには音声認識が必要となるが,従来の音声認識手法は単一音源を対象としているため,複数人の同時発話や周囲に雑音がある環境では著しく認識精度が低下してしまうという問題がある.よって,実環境での音声認識にはその前処理として,混合音から注目する音声信号のみを抽出する音源分離処理が不可欠となる。実時間で音源分離を行うためには多大な計算コストを要する一方で,自律型のロボットは消費電力やシステ...
山本 俊一, Valin Jean-Marc, 中臺 一博, 中野 幹生, 辻野 広司, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博
日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan   25(1) 92-102   2007年1月
Our goal is to realize a humanoid robot that has the capabilities of recognizing simultaneous speech. A humanoid robot under real-world environments usually hears a mixture of sounds, and thus three capabilities are essential for robot audition; s...
The design of phoneme grouping for coarse phoneme recognition
Nakadai Kazuhiro, Sumiya Ryota, Nakano Mikio, Ichige Koichi, Hirose Yasuo, Tsujino Hiroshi
NEW TRENDS IN APPLIED ARTIFICIAL INTELLIGENCE, PROCEEDINGS   4570 905-+   2007年   [査読有り]
A biped robot that keeps steps in time with musical beats while listening to music with its own ears
2007 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, VOLS 1-9   1749-+   2007年   [査読有り]
2007 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, VOLS 1-9   1757-1762   2007年   [査読有り]
Exploiting known sound source signals to improve ICA-based robot audition in speech separation and recognition
2007 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, VOLS 1-9   1763-+   2007年   [査読有り]
山本 俊一, 中臺 一博, 中野 幹生, 辻野 広司, VALIN Jean-Marc, 武田 龍, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博
ヒューマンインタフェース学会論文誌   8(2) 203-212   2006年5月
中臺 一博, 辻野 広司
ヒューマンインタフェース学会論文誌   8(2) 213-221   2006年5月
山本 俊一, 中臺 一博, 辻野 広司, 奥乃 博
日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan   23(6) 743-751   2005年9月
Robot audition is a critical technology in creating an intelligent robot operating in daily environments. To realize such a robot audition system, we have designed a missing feature theory based interface between sound source separation and automa...
中臺 一博, 奥乃 博, 北野 宏明
人工知能学会論文誌 = Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence : AI   18 104-113   2003年11月
In this paper, we present an active audition system which is implemented on the humanoid robot "SIG the humanoid". The audition system for highly intelligent humanoids localizes sound sources and recognizes auditory events in the auditory s...
中臺 一博, 日台 健一, 溝口 博, 奥乃 博, 北野 宏明
日本ロボット学会誌   21(5) 517-525   2003年7月
This paper describes a real-time human tracking system by audio-visual integrtation for the humanoid SIG. An essential idea for real-time and robust tracking is hierarchical integration of multi-modal information. The system creates three k...
中臺 一博, 奥乃 博, 北野 宏明
人工知能学会論文誌(Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence)   18(2) 104-113   2003年1月
In this paper, we present an active audition system which is implemented on the humanoid robot "SIG the humanoid". The audition system for highly intelligent humanoids localizes sound sources and recognizes auditory events in the auditory scene. A...
木下 智義, 半田 伊吹, 武藤 誠, 坂井 修一, 田中 英彦
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II   85(3) 373-381   2002年3月
音響信号により外界の事象を理解する聴覚的情景分析に関して,従来多くの研究がなされてきた.特に対象を音楽に絞った場合,自動採譜等の実現を目指した研究例がいくつかある.しかしながら,従来の処理では各時点における局所的な処理に終始するものが多く,時間方向の処理を進めた例であっても,その対象は時間的に近接した範囲にとどまっていたため,処理性能に限界があった.本論文では,それを改善することを目的として,音響ストリームの知覚的な階層構造に着目し,より大局的な範囲での処理を用いて,楽曲からパートに相当す...
木下 智義, 坂井 修一, 田中 英彦
電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-パターン処理   83(4) 1073-1081   2000年4月
音響信号により外界の事象を理解する聴覚的情景分析に関して, 従来多くの研究がなされてきた.特に対象を音楽に絞った場合, 自動採譜等の実現を目指し, いくつかの研究例がある.その一つとして, 筆者らはこれまでに音楽音響信号を対象とした聴覚的情景分析の処理モデルOPTIMAを提案し, その実験システムを構築した.しかしながら, その認識精度は実用上十分とはいえず, その改善が課題となっている.本論文では, 従来の処理の問題点である周波数成分の重なりに対する脆弱性を改善するための新たな処理を提案...
柏野 邦夫, 中臺 一博, 木下 智義, 田中 英彦
電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-情報処理   79(11) 1762-1770   1996年11月
音楽演奏の音響信号を対象として演奏情報を認識する試みとしては,従来自動採譜の研究が行われているが,複数種類の楽器音を含む音楽演奏を対象とする場合には,認識処理の有効性は極めて限られていた.そこで本論文では,複数種類の楽器音を含む音楽演奏の認識を音楽情景分析の問題としてとらえ,その解決を図る.ここで音楽情景分析とは,音楽演奏の音響信号から,単音や和音などの音楽演奏情報を記号表現として抽出することを指す.本論文ではまず,音楽情景分析を実現する上では情報統合の技術が不可欠であるとの認識から,ベイ...
柏野, 木下 智義, 中臺 一博, 田中 英彦
信学論D-II   79(11) 1762-1770   1996年
我々は,複数種類の楽器音を含む音楽演奏を対象とした音楽認識を,音楽情景分析の問題としてとらえ研究を行っている.ここで音楽情景分析とは,音楽演奏の音響信号から,単音や和音などの音楽演奏情報を記号表現として抽出することを指す.我々は先に,ベイジアンネットワークによる情報統合の機構を備えた音楽情景分析の処理モデルOPTIMAを提案した.本論文では,OPTIMAにおける処理のうち,特に和音の認識に的を絞って,情報統合機構の有効性を調べた.その結果,サンプル曲を用いた評価実験において,ボトムアップ処...

Misc

 
中臺 一博
システム/制御/情報   62(2) 42-49   2018年8月
中臺一博, 中臺一博
日本音響学会誌   74(7) 394‐400   2018年7月
山本 俊一, 住田 直亮, 中臺 一博
Honda R&D technical review   29(2) 110-117   2017年10月
中臺 一博
映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   71(5) 647-653   2017年9月
中臺 一博, 小林 一郎, 和泉 潔
人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   32(2) 297-304   2017年3月
和泉 潔, 中臺 一博, 栗原 聡
人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   31(4) 531-549,530   2016年7月
中臺 一博, 奥乃 博, 水本 武志, 中村 圭佑
シミュレーション = Journal of the Japan Society for Simulation Technology   35(1) 32-38   2016年3月
Jean-Marc Valin, Shun'ichi Yamamoto, Jean Rouat, Francois Michaud, Kazuhiro Nakadai, Hiroshi G. Okuno
IEEE Transactions on Robotics, Vol. 23, No. 4, pp. 742-752, 2007      2016年2月
This paper describes a system that gives a mobile robot the ability to
perform automatic speech recognition with simultaneous speakers. A microphone
array is used along with a real-time implementation of Geometric Source
Separation and a post-filt...
中臺 一博, 中村 圭佑, 手塚 太貴
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(2) "SS-18"-"SS-19"   2014年3月
奥乃 博, 中臺 一博, 水本 武志
電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   95(5) 401-404   2012年5月
私たちが日常耳にする音は複数の音や背景雑音が混じった混合音である.実世界で音情報を活用するためには「聞き分ける」機能が不可欠である.聞き分けるセンサ技術は,インストルメンテーション(装置化)という観点から音を収録するデバイス(センサ)と収録音に対する処理ソフトウェアから構成される.本稿では,混合音のセンサ技術の動向を,ロボット聴覚とカエルの合唱の観測について解説を行う.混合音を聞き分けるという立場から,音源定位,音源分離,分離音認識に取り組むべきであると考え,音環境理解という研究を過去15...
奥乃 博, 中臺 一博
電気学会誌 = The journal of the Institute of Electrical Engineers of Japan   131(3) 159-163   2011年3月
本記事に「抄録」はありません。
奥乃 博, 中臺 一博, 高橋 徹
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010 "SS-72"-"SS-73"   2010年8月
奥乃 博, 中臺 一博
日本ロボット学会誌(Journal of the Robotics Society of Japan)   28(1) 6-9   2010年1月
中臺 一博, 宮下 敬宏, 奥乃 博
日本ロボット学会誌(Journal of the Robotics Society of Japan)   28(1) 1-1   2010年1月
中臺 一博, 長谷川 雄二, 関口 達彦, 辻野 広司
日本ロボット学会誌   27(1) 6-9   2009年1月
中臺 一博, 山本 俊一, 奥乃 博, 中島 弘史, 長谷川 雄二, 辻野 広司
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008(0) _1P1-G13_1-_1P1-G13_4   2008年
This paper describes an open source software system for robot audition called HARK (Honda Research Institute Japan Audition for Robots with Kyoto University). HARK consists of a lot of modules including multi-channel audio input, sound source loca...
武田 龍, 中臺 一博, 駒谷 和範, 尾形 哲也, 奥乃 博
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 261-262   2007年8月
奥乃 博, 中臺 一博
情報処理   44(11) 1138-1144   2003年11月
ロボットが家庭に入ってくるようになり, ロボットと人とのコミュニケーション, 特に, ロボットに装備されたマイクロフォンを用いたコミュニケーションや音による環境知覚がますます重要になってきている. 最近, ロボット自身の耳による聴覚機能がようやく活発になってきた. では, ロボットのための聴覚機能にはどのようなものが必要であろうか.
奥乃 博, 中臺 一博
日本音響学会誌   58(3) 205-210   2002年
聴覚は人間にとって最も重要な感覚である。言語によるコミュニケーションが聴覚によって成立することは容易に理解されるが,「ヒトは聴覚によってのみ言語を獲得し,そこに文化が生まれ,継承される。書かれた言語は目によって伝承されるが,話す言葉は耳からしか得られない。話し言葉があって書く言葉が生まれる」ことを,多くの人が理解していないのは残念なことである(鈴木淳一,小林武夫共著『耳科学-難聴に挑む』(中公新書1598,2001))。
柏野 邦夫, 中台 一博, 田中 英彦
東京大学工学部総合試験所年報   (52) p79-84   1993年9月

書籍等出版物

 
廣瀬通孝 (東京大学教授)/ 小柳光正 (東北大学教授)/ 石鍋隆宏 (東北大学准教授)/ 川上徹 (東北大学客員准教授), 小澤史朗 (日本電信電話)/ 八木康史 (大阪大学教授)/ 長原一 (九州大学准教授)/ 鏡慎吾 (東北大学准教授), 徐剛 (立命館大学教授)/ 奥乃博 (早稲田大学教授)/ 中臺一博 (ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン) ほか執筆者計48名
エヌティーエス   2014年11月   ISBN:4864690642

講演・口頭発表等

 
Nelson Yalta, Shinji Watanabe, Takaaki Hori, Kazuhiro Nakadai, Tetsuya Ogata
2018年11月7日   
Casual conversations involving multiple speakers and noises from surrounding
devices are part of everyday environments and pose challenges for automatic
speech recognition systems. These challenges in speech recognition are target
for the CHiME-5 ...
尾崎翔, 浅野太, 中臺一博
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018年8月28日   
糸山克寿, 中臺一博, 中臺一博
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018年6月1日   
奥乃博, 糸山克寿, 中臺一博, 中臺一博, 公文誠, 坂東宜昭, 干場功太郎
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2018年5月16日   
谷口亮輔, 干場功太郎, 中臺一博, 中臺一博
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日