講演・口頭発表等

生物脱硝試験用汚泥の放射線照射試験

第8回高崎量子応用研究シンポジウム
  • 中川 明憲
  • ,
  • 小河原 貴史
  • ,
  • 鬼澤 崇*
  • ,
  • 花田 圭司
  • ,
  • 中山 卓也
  • ,
  • 目黒 義弘

開催年月日
2013年10月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
高崎
国・地域
日本

$^{60}$Coを線源とする$\gamma$線を用いてNO$_3^{-}$分解中の活性汚泥の$\gamma$線に対する耐性を評価した。1, 10, 100Gy/hの線量率で1日約20時間、250時間に渡って照射することで、線量率に依存することなく600Gyの線量まで90\%以上の分解率を維持できることを示した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5042938