中本 英里

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/31 10:56
 
アバター
研究者氏名
中本 英里
eメール
nakamotoe923affrc.go.jp
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
西日本農業研究センター 営農生産体系研究領域 農業経営グループ
職名
任期付研究員
学位
博士(農学)(愛媛大学)
科研費研究者番号
20824303

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 西日本農業研究センター 任期付研究員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
愛媛大学大学院連合農学研究科  
 
2013年4月
 - 
2015年3月
愛媛大学大学院  農学研究科
 
2010年4月
 - 
2013年3月
愛媛大学 農学部 
 

受賞

 
2018年10月
地域農林経済学会 個別報告優秀賞 「農業分野で就労する障害者のための作業環境整備要件」
 
2013年2月
ヤンマー株式会社 第23回学生懸賞論文・大賞 「農業と医療・福祉の連携に関する展望~園芸療法的視点による一考察~」
 

論文

 
担い手確保・地産維持方策としての通勤農業の可能性-島しょ部柑橘山地を事例とした意向調査の質的分析ー
山本和博・中本英里・松下秀介・藤井吉隆
農業情報研究   27(4) 46-62   2019年4月   [査読有り]
農園芸活動によってもたらされる気分の変化と医療的・福祉的効果の検証―社会復帰を目指す若年無業者の事例―
中本英里・山本和博・胡柏
農業経済研究   90(1) 17-22   2018年6月   [査読有り]
農福連携で期待されるJAの役割―社会復帰を目指す若者が取り組む農業の事例―
中本英里
協同組合奨励研究報告第四十三輯   189-218   2017年11月
Iターン就農者の定着過程と支援方策
大島 直人・中本 英里・山本 和博・胡 柏
愛媛大学農学部紀要   62 19-28   2017年11月   [査読有り]
うつ病外来患者が参加する農園芸活動の効果に関する一考察
中本英里・胡柏
人間植物関係学会誌   17(1) 7-16   2017年9月   [査読有り]
ひきこもり者の社会復帰と自立性向上に果たす農園芸活動の役割―農業の医療・福祉効果に関する実験社会科学的考察―
中本英里・胡柏
農業経済研究   87(4) 319-333   2016年3月   [査読有り]
中本英里・胡柏
農林業問題研究   51(2) 116-121   2015年   [査読有り]
自然農法の実証的検討―理念と現場の考察を通して―
川口蛍椰・中本英里・胡柏
愛媛大学農学部紀要   51(2) 116-121   2015年   [査読有り]

Misc

 
中山間地域農業を支える新たな担い手
中本 英里
農業   1651 46-50   2019年5月
農園芸活動に期待する医療的・福祉的効果―ひきこもり者を対象とした農園芸活動の事例―
中本英里
農業   1575 37-41   2013年
農業と医療・福祉の連携に関する展望~園芸療法的視点による一考察~
中本英里
農業電化   66(3) 22-28   2013年

講演・口頭発表等

 
農と福祉の繋げ方 [招待有り]
中本英里
Rural Learning Network 第26回セミナー(神戸大学)   2019年1月11日   
農業分野で就労する障害者のための作業環境整備要件
中本英里
地域農林経済学会   2018年10月13日   
農園芸活動によってもたらされる気分の変化と医療・福祉的効果の検証-社会復帰を目指す若年無業者の事例―
中本英里・山本和博・胡柏
日本農業経済学会   2017年3月   
ひきこもり者の社会復帰と自立性向上に果たす農園芸活動の役割 [招待有り]
中本英里
農福連携に関する研究会(農林水産政策研究所)   2016年12月1日   
高齢者の日常行動における農園芸活動の位置づけに関する調査―日常生活動作と農園芸活動の有無の関連を中心として―
中本英里
人間・植物関係学会   2016年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
農業分野における知的障害者就労の労働の質向上と就労環境整備条件の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 中本英里
農園芸活動の健康・福利増進効果および若年無業者の社会復帰に果たす役割の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 中本英里
農福連携で期待されるJAの役割―社会復帰を目指す若者が取組む農業の事例―
全国農業協同組合中央会: JA研究奨励事業
研究期間: 2016年4月 - 2016年12月    代表者: 中本英里