Nanako Nakamura-Taira

J-GLOBAL         Last updated: Aug 7, 2019 at 10:37
 
Avatar
Name
Nanako Nakamura-Taira
E-mail
nakamura-tairaumin.ac.jp
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Letters
Job title
准教授
Degree
博士(人間科学)
Other affiliation
兵庫教育大学

Published Papers

 
Nanako Nakamura-Taira, Shuhei IzawaEmail the author Shuhei Izawa, Kosuke Chris Yamada
Psychiatry Research   262 221-228   Apr 2018   [Refereed]
Yoshikawa E, Taniguchi T, Nakamura-Taira N, Ishiguro S, Matsumura H
BMC Res Notes. 2017 Dec 4;10(1):673.      Dec 2017   [Refereed]
Shuhei Izawa, Nanako Nakamura-Taira & Kosuke Chris Yamada
Int.J. Behav. Med.   23(6) 664-669   Dec 2016   [Refereed]
Nanako NAKAMURA-TAIRA, Shuhei IZAWA, Kosuke Chris YAMADA
21(2) 69-75   2015   [Refereed]
Nakamura-Taira N, Muranaka Y, Miwa M, Kin S, Hirai K
International urology and nephrology   45(4) 1145-1158   Aug 2013   [Refereed]
Izawa S, Nakamura-Taira N, Yamada H, Yamada KC, Haratani T
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   84(1) 57-63   Apr 2013   [Refereed]
Nanako Nakamura-Taira, Yoshimi Muranaka, Masako Miwa, Seikon Kin, Kei Hirai
有      Oct 2012   [Refereed]

Misc

 
井澤修平, 中村菜々子
産業精神保健   25(2) 126‐129   Apr 2017
脅威アピールによる行動変容 ストレスに対するセルフケアの促進に向けて
井澤 修平, 中村 菜々子
産業精神保健   25(2) 126-129   Apr 2017
【サイコネフロロジーupdate】 透析患者 透析患者のうつ病は身体状態、アドヒアランス、死亡率にどのような影響を与えるのか
中村 菜々子
腎と透析   82(2) 202-205   Feb 2017
中村菜々子
心理学ワールド   (75) 21‐22   Oct 2016
五十嵐友里, 中村菜々子
精神科治療学   31(9) 1177‐1180   Sep 2016
【心理職の国家資格化と精神科医療】 糖尿病や透析患者に対して心理職が行うケア
五十嵐 友里, 中村 菜々子
精神科治療学   31(9) 1177-1180   Sep 2016
糖尿病治療や末期腎不全に対する透析療法は慢性疾患治療の代表であり、患者本人が担う責任の範囲が非常に大きい。さらに、自己管理の取り組みを絶えず維持し続けることが求められ、困難や負担が生じやすいことが知られている。こうした数々の心理的負荷を伴う治療に取り組む患者に対して、これまでわが国では心理職によってどのような介入が行われてきたのか、そして、今後どのようなことが期待されるのかについて概観した。(著者抄録)
中村菜々子, 五十嵐友里, 三輪雅子, 堀川直史
日本腎臓リハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   6th 175   Mar 2016
中村菜々子, 萩原豪人, 吉永真理, 菅井裕行, 久田満
コミュニティ心理学研究   19(2) 158‐175   Feb 2016
井澤修平, 山田クリス孝介, 中村菜々子, 田上明日香
日本健康心理学会大会発表論文集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.P4‐01F   2016
中村菜々子, 井澤修平, 山田クリス孝介
行動医学研究   21(2) 69‐75   Oct 2015
地域や他機関と連携して行うメンタルヘルスケア 日本におけるCollaborative careの可能性 内科診療所での通常診療に認知行動的視点を導入する試みと今後の課題
中村 菜々子
日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   41回 42-43   Oct 2015
中村 菜々子, 井澤 修平, 山田 クリス孝介
行動医学研究   21(2) 69-75   Oct 2015
わが国の労働者の健康に対してストレスの悪影響は大きいため、国や事業場は様々な対策を講じている。事業場は、ストレスレベルのチェックやストレス理解を促す研修会を実施しており、現在多くの労働者がストレスレベルのチェックや研修会へ参加するようになっている。しかし、彼らがストレスチェックや研修会へ参加することが、その後のセルフケアの実施に結びついていないことが問題である。この理由として、筆者らは、労働者各個人の「ストレスの捉え方の傾向」の個人差が影響していると仮説を立てた。すなわち、ストレスレベルの...
上司・先輩教員の声掛けと新任教員のメンタルヘルスとの関連
弘嶋 沙也茄, 中村 菜々子, 松永 美希, 古谷 嘉一郎, 三浦 正江
日本心理学会大会発表論文集   79回 1174-1174   Aug 2015
努力報酬不均衡モデルを用いた中学校教員のストレス調査
原田 康弘, 岩田 昇, 中村 菜々子
日本心理学会大会発表論文集   79回 1216-1216   Aug 2015
透析患者の心理的ケア受療行動に関する要因の検討 精神科医・臨床心理士によるケア経験者と非経験者の比較
中村 菜々子, 平井 啓, 佐々木 淳
日本心理学会大会発表論文集   79回 1249-1249   Aug 2015
スポーツ傷害時のコーピングが心理的競技能力に及ぼす影響 大学ハンドボール選手を対象として
栗林 千聡, 佐藤 寛, 中村 菜々子
日本心理学会大会発表論文集   79回 1259-1259   Aug 2015
ストレスの過小評価の信念と疾病既往歴および睡眠との関連 労働者を対象とした横断的調査
山田 クリス孝介, 井澤 修平, 中村 菜々子
日本心理学会大会発表論文集   79回 1263-1263   Aug 2015
中村 菜々子, 松永 美希, 原田 ゆきの
発達心理臨床研究 = The Journal of human development and clinical psychology   20 1-9   2014
村上 仁志, 藤生 英行, 中村 菜々子
発達心理臨床研究 = The Journal of human development and clinical psychology   20 11-20   2014
田中 翔, 中村 菜々子
発達心理臨床研究 = The Journal of human development and clinical psychology   20 21-29   2014
HIGUCHI Masataka, NAKAMURA Nanako
Japanese Journal of Social Psychology   26(2) 151-157   2010
The proper use of condoms is one of the most effective types of protection against HIV. One of the major factors that negatively affect the use of condoms is embarrassment caused by using or negotiating to use condoms. To clarify the causes and ef...
樋口 匡貴, 中村 菜々子
Bulletin of the Graduate School of Education, Hiroshima University Part. 3 Education and human science   (58) 145-149   2009
Properly using condoms is one of the most effective types of protection against HIV. To clarify the contents of normative beliefs regarding purchasing and using condoms, 390 undergraduate student volunteers were surveyed. The exploratory and confi...
村中 好美, 中村 菜々子, 三宅 真弓
腹膜透析   2008 240-242   2008
荒井 弘和, 中村 菜々子, 竹中 晃二
The Japanese journal of stress sciences   21(3) 172-178   Dec 2006
長野 祐一郎, 中村 菜々子, 久賀 佐和子, 井澤 修平, 手塚 洋介, 山田クリス 孝介, 児玉 昌久
Japanese journal of biofeedback research   32 45-46   Apr 2006
Ashihara Mayako, Nakamura Nanako, Uechi Hiroaki, Takenaka Koji
JJHEP   11(2) 67-76   2003
The purpose of this study was to develop the self-efficacy (SE) scales and to examine the relationship between diet behavior and SE in junior high school girls. The Japanese version of the SE for Exercise Behavior Scales (JSEB) and the Situational...

Research Grants & Projects

 
新任教師のリアリティ・ショックへの包括的支援システム構築のための臨床心理学的研究
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): 松永美希
メンタルヘルス受療行動の最適化を実現する心理教育プログラムの開発
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): 平井啓
原発事故災害時における医療者の罪悪感の生起メカニズムの解明と避難行動指針の策定
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): 久田満
メンタルヘルスケア受療行動の最適化のための受診勧奨・心理教育プログラムの開発
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2013 - Mar 2015    Investigator(s): 平井啓
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: Apr 2006 - 2008    Investigator(s): Nanako NAKAMURA
本研究ではまず, ストレス管理行動へのTranstheoretical Model(TTM)の適用に関する系統的な文献展望を行った。ついで, TTMの構成要素やメンタルヘルスについて, 高齢者約2, 000名のデータを横断的および縦断的に検討した。これらに加え, ストレス管理や高齢者の心身健康への心理的ケア等に関連する調査研究を実施した。研究によって, 高齢者の地域レベルでのストレス管理にTTMを適用したプログラムを開発するために必要な基礎情報が明らかにされた。
人工透析患者の睡眠の質改善のための包括的研究およびプログラム開発
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: Apr 2012 - 2015    Investigator(s): 中村 菜々子
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(若手研究(B))
Project Year: Apr 2009 - 2011    Investigator(s): 中村 菜々子
本研究では,末期腎不全治療法の選択・開始時のプロセスに着目し,治療継続期の2つの透析療法の患者(腎移植は透析治療を受療しつつ待機するので,透析療法者に含まれる)を対象に,回顧的に,治療の選択・開始時に患者なりの選択理由(各治療法の長所や短所)を見出していく心理的プロセスと,その際の医療者の適切な支援について明らかにする。具体的には,患者自身が認識する3治療法の長所および短所の傾向を明らかにする(研究1),患者が治療法を選択・開始する際に,選択理由を見出すまでの心理プロセスで生じる困難と,困...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(若手研究(B))
Project Year: Apr 2003 - 2005    Investigator(s): 中村 菜々子
行動変容のTranstheoretical Model(トランスセオレティカル・モデル:Prochaska & DiClemente,1983)は,対象者を行動変容に対する準備性の違いに応じた介入を実現することを目指した統合的・包括的なモデルであり,近年様々な健康行動に適用されている.骨粗鬆症の治療と予防には,投薬だけでなく,適度な運動やカルシウムの多い食事習慣など複合的な健康行動を習慣化することが重要な意味を持っている.本研究では,骨粗鬆症患者のライフスタイル改善に行動変容のトランスセオ...