論文

査読有り
2013年12月

緩和ケア医を志す若手医師の教育・研修に関連したニーズ 質的研究の結果から

Palliative Care Research
  • 西 智弘
  • ,
  • 森 雅紀
  • ,
  • 松本 禎久
  • ,
  • 佐藤 恭子
  • ,
  • 上元 洵子
  • ,
  • 宮本 信吾
  • ,
  • 三浦 智史
  • ,
  • 厨 芽衣子
  • ,
  • 中野 貴美子
  • ,
  • 佐藤 一樹
  • ,
  • 下井 辰徳
  • ,
  • 田上 恵太
  • ,
  • 江角 悠太
  • ,
  • 坂井 大介
  • ,
  • 古川 孝広
  • ,
  • 森田 達也

8
2
開始ページ
184
終了ページ
191
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.2512/jspm.8.184
出版者・発行元
(NPO)日本緩和医療学会

【背景】わが国における緩和ケアの需要は年々高まり,緩和ケア医の養成は重要な課題である.しかし,緩和ケア医を目指す若手医師が,教育研修体制やキャリア構築などに対して,どのような満たされないニーズを抱えているかは明らかになっていない.【目的】緩和ケア医を目指す若手医師が抱えるニーズを明らかにする.【方法】卒後15年目までの医師を対象にグループディスカッションを中心としたフォーラムを行い「必要としているけれども十分に満たされていないことは?」などに対する意見をテーマ分析を用いて分析した.【結果】40名の医師が参加した.若手の抱えるニーズは,「人手の確保」「研修プログラム・教育の質の担保」「ネットワークの充実」「緩和ケア医を続けていくことへの障害の除去」「専門医として成長する道筋の確立」であることが示された.【結論】緩和ケア医を育成していくため,これら満たされないニーズの解決を議論していくべきである.(著者抄録)

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2512/jspm.8.184
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201402237446498314
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130003367234
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J05370&link_issn=&doc_id=20140912390002&doc_link_id=130003367234&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130003367234&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J05370&link_issn=&doc_id=20140912390002&doc_link_id=10.2512%2Fjspm.8.184&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.2512%2Fjspm.8.184&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

エクスポート
BibTeX RIS