中里信和

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/18 08:27
 
アバター
研究者氏名
中里信和
 
ナカサト ノブカズ
URL
http://www.epilepsy.med.tohoku.ac.jp/staff/nakasato/index.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科 てんかん学分野
職名
教授
学位
医学博士(東北大学)
その他の所属
東北大学 大学院医学系研究科 神経電磁気生理学寄附講座
科研費研究者番号
80207753
Twitter ID
nkstnbkz

プロフィール

東北大学 大学院医学系研究科 てんかん学分野/教授
東北大学 大学院医学系研究科 神経電磁気生理学寄附講座/教授
東北大学病院 てんかん科/科長
東北大学病院 てんかんセンター/センター長
東北大学病院 生理検査センター/部長

研究分野

 
 

経歴

 
2017年2月
 - 
現在
東北大学医学系研究科 神経電磁気生理学寄付講座 教授(兼任)
 
2010年5月
 - 
2017年1月
東北大学加齢医学研究所付属スマート・エイジング国際共同研究センター 神経電磁気生理学分野 教授(兼任)
 

受賞

 
1994年11月
実生会(東北大学脳神経外科同門会) 鈴木二郎賞
 

論文

 
Morishita Y, Mugikura S, Mori N, Tamura H, Sato S, Akashi T, Jin K, Nakasato N, Takase K
Neuroradiology      2019年1月   [査読有り]
Apparently diffuse epileptic abnormalities caused by a small cavernous malformation: a surgical case report
Atsuhiko Ninomiya, Masaki Iwasaki, Yosuke Kakisaka, Kazutaka Jin, Nobukazu Nakasato, Teiji Tominaga
Epilepsy & Seizure   10(1) 107-113   2018年12月   [査読有り]
Usui N, Akamatsu N, Nakasato N, Ohnishi A, Kaneko S, Hiramatsu H, Saeki K, Miyagishi H, Inoue Y
Seizure   62 26-32   2018年11月   [査読有り]
Hari R, Baillet S, Barnes G, Forss N, Gross J, Hämäläinen M, Jensen O, Kakigi R, Mauguière F, Nakasato N, Puce A, Romani GL, Schnitzler A, Taulu S
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   129(9) 2056-2057   2018年9月   [査読有り]
Kakisaka Y, Jin K, Fujikawa M, Kitazawa Y, Nakasato N
Epilepsy research   145 73-76   2018年9月   [査読有り]
Riitta Hari, Sylvain Baillet, Gareth Barnes, Richard Burgess, Nina Forss, Joachim Gross, Joachim Gross, Matti Hämäläinen, Matti Hämäläinen, Matti Hämäläinen, Ole Jensen, Ryusuke Kakigi, François Mauguière, Nobukatzu Nakasato, Aina Puce, Gian Luca Romani, Alfons Schnitzler, Samu Taulu, Samu Taulu
Clinical Neurophysiology   129(8) 1720-1747   2018年8月   [査読有り]
© 2018 International Federation of Clinical Neurophysiology Magnetoencephalography (MEG) records weak magnetic fields outside the human head and thereby provides millisecond-accurate information about neuronal currents supporting human brain funct...
Kitazawa Y, Jin K, Kakisaka Y, Fujikawa M, Tanaka F, Nakasato N
Epilepsy research   144 20-24   2018年8月   [査読有り]
Iwaki H, Jin K, Fujikawa M, Nakasato N, Kaneko S
Epilepsy & behavior : E&B   83 87-91   2018年6月   [査読有り]
Fujiwara Kosuke, Oogane Mikihiko, Kanno Akitake, Imada Masahiro, Jono Junichi, Terauchi Takashi, Okuno Tetsuo, Aritomi Yuuji, Morikawa Masahiro, Tsuchida Masaaki, Nakasato Nobukazu, Ando Yasuo
APPLIED PHYSICS EXPRESS   11(2)    2018年2月   [査読有り]
Kato K, Kakisaka Y, Jin K, Fujikawa M, Nakamura M, Suzuki N, Kondo M, Fukuda K, Shimokawa H, Nakasato N
Pacing and clinical electrophysiology : PACE   41(1) 96-98   2018年1月   [査読有り]
Kitazawa Y, Jin K, Iwasaki M, Suzuki H, Tanaka F, Nakasato N
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   57(11) 698-704   2017年11月   [査読有り]
Takahashi Y, Iwasaki M, Nakagawa A, Sato S, Nakasato N, Tominaga T
Journal of neurological surgery. Part A, Central European neurosurgery   78(6) 561-565   2017年11月   [査読有り]
Kakisaka Y, Jin K, Fujikawa M, Kitazawa Y, Kato K, Nakasato N
The journal of medical investigation : JMI   64(3.4) 296-298   2017年8月   [査読有り]
Hihara H, Kanetaka H, Kanno A, Koeda S, Nakasato N, Kawashima R, Sasaki K
PloS one   12(6) e0179323   2017年6月   [査読有り]
Suzuki T, Kakisaka Y, Kitazawa Y, Jin K, Sato S, Iwasaki M, Fujikawa M, Nishio Y, Kanno A, Nakasato N
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   69(2) 167-171   2017年2月   [査読有り]
Yahata I, Kawase T, Kanno A, Hidaka H, Sakamoto S, Nakasato N, Kawashima R, Katori Y
PloS one   12(1) e0170166   2017年1月   [査読有り]
Nakamura M, Jin K, Kato K, Itabashi H, Iwasaki M, Kakisaka Y, Nakasato N
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   38(1) 189-192   2017年1月   [査読有り]
Kawase T, Yahata I, Kanno A, Sakamoto S, Takanashi Y, Takata S, Nakasato N, Kawashima R, Katori Y
PloS one   11(12) e0168740   2016年12月   [査読有り]
Khalil AF, Iwasaki M, Nishio Y, Jin K, Nakasato N, Tominaga T
Neurologia medico-chirurgica   56(11) 716-723   2016年11月   [査読有り]
Iwasaki M, Jin K, Nakasato N, Tominaga T
Neurologia medico-chirurgica   56(10) 632-640   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
中里 信和
NHK出版   2018年11月   ISBN:4140113502
この10年ほどで、革新的に進歩しているてんかん治療。8年ぶりに大幅改訂をした『てんかん診療ガイドライン2018』をベースに、さらに一歩先の最新情報も取り入れ、てんかん治療の最前線を紹介する。治療の鍵は、患者さん自身が誰よりも「自分のてんかん」に詳しくなること──その鍵を支える一冊。(Amazon.com)
中里 信和
メディカ出版   2016年1月   ISBN:4840457611
てんかんの奥深さ、問診~鑑別診断、治療まで、日本の大学病院で初めて「てんかん科」を興した著者が、わかりやすくまとめた待望のエッセイ。難しいことをやさしく、知っているようで知らない診療のツボが満載の1冊。(Amazon.com)
講談社   2015年5月   ISBN:4062597918
人口の約1%にみられる「てんかん」は、脳の過剰な興奮が引き起こす発作をくり返す病気です。日本の患者数は100万人にのぼります。誤解や偏見が根強く残る病気でもあります。患者さんの8割は正しく治療すれば発作を抑制できるのですが、患者数に比して専門医が少なく、不適切な診断・治療を受け続けている患者さんも少なくありません。本書は、必要以上の不安や多くの人がいだいている誤解を減らすために、また、てんかんについて勉強しようと思うみなさんの最初の手助けとなるように、病気のしくみや治療法を豊富なイラストや...
中里信和, 池田昭夫 (担当:共著)
ライフサイエンス   2015年5月   ISBN:4898015158

講演・口頭発表等

 
Epilepsy: The name you know, the story you don’t [招待有り]
中里信和
Asian Leksell Gamma Knife Society   2019年1月19日   
教育ツールとしての遠隔てんかん症例検討会 [招待有り]
中里信和、柿坂庸介、神一敬
第48回日本臨床神経生理学会学術大会   2018年11月8日   
てんかん診療をやさしくたのしくふかくゆかいに [招待有り]
中里信和
第124回日本小児科学会甲信地方会   2018年11月4日   
てんかん診療とリハビリテーション心理学 [招待有り]
中里信和、小川舞美、植田和、藤川真由
第2回日本リハビリテーション学会秋季学術集会   2018年11月3日   
遠隔医療・オンライン診療は何をもたらすのか? [招待有り]
中里信和、柿坂庸介、神一敬、Wijoyo Halim
第52回日本てんかん学会学術集会   2018年10月26日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
トンネル磁気抵抗素子を用いた心磁図および脳磁図と核磁気共鳴像の室温同時測定装置の開発
科学技術振興財団: 戦略的イノベーション創出推進プログラム
研究期間: 2011年 - 2020年    代表者: 安藤康夫
脳神経外科学分野に関する学術研究動向―外科医の生涯教育における遠隔会議システムを利用したCase-Based Active Learningの導入-
日本学術振興会: 学術研究動向調査等に関する研究
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 中里信和
トンネル磁気抵抗素子脳磁計を用いた大脳機能の動的可視化技術
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 中里信和
脳神経外科学分野に関する学術研究動向―脳波と脳磁図を用いた術前・術後の脳機能診断の進歩―
日本学術振興会: 学術研究動向調査等に関する研究
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 中里信和
てんかん外科後のQOLを最大化する予後予測・術前教育プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 中里信和
てんかん外科の手術成績は、発作消失率で評価されることが一般的であったが、患者や家族の満足度を多角的に評価する必要がある。本研究では、てんかん外科における患者の術後 quality of life(QOL)の向上を最大化させるべく、てんかん外科予後の予測と患者教育を目的とした2つのプログラムの開発を目的とした。その結果、患者や家族の疾患にたいするとりくみ方の満足度は、てんかん発作の程度や頻度よりも、疾患への偏見、とくにセルフスティグマの影響が強い事が判明した。また就労者の有無や、患者ごとの個...

学歴

 
1978年4月
 - 
1984年3月
東北大学 医学部 医学科
 
1975年4月
 - 
1978年3月
岩手県立盛岡第一高等学校  普通科
 
1972年4月
 - 
1975年3月
陸前高田市立小友中学校  
 
1966年4月
 - 
1972年3月
陸前高田市立小友小学校  
 

特許

 
中里 信和, 神 一敬, 柿坂 庸介
出江 紳一, 金高 弘恭, 高木 敏行, 永富 良一, 中里 信和, 枦 修一郎, 鈴木 栄三郎, 阿部 利彦, 森 仁, 薮上 信
出江 紳一, 金高 弘恭, 高木 敏行, 永富 良一, 中里 信和, 枦 修一郎, 鈴木 栄三郎, 阿部 利彦, 森 仁, 薮上 信
阿部 利彦, 高木 敏行, 出江 紳一, 永富 良一, 中里 信和, 八島 和美, 松坂 義哉, 市原 敏晶, 石井 賢治
阿部 利彦, 高木 敏行, 出江 紳一, 永富 良一, 中里 信和, 八島 和美, 松坂 義哉, 市原 敏晶, 石井 賢治

社会貢献活動

 
「パープルデー」を知っていますか?
【取材協力】  NHK出版  NHKテキストきょうの健康  2019年3月
遠隔診療に有効性〜東北大学病院てんかんセンター
【取材協力】  公明新聞  2019年1月23日
知って安心、てんかんと妊娠・出産・育児
【講師】  仙台市青葉区新生児訪問指導員講習会  (仙台市役所)  2018年12月14日 - 2018年12月14日
知って安心、てんかん
【講師】  日本てんかん協会宮城県支部てんかん講演会  (栗原文化会館)  2018年10月6日 - 2018年10月6日
知ってあんしん、てんかんと就労
【講師】  障害者雇用促進セミナー  (フォレスト仙台)  2018年8月9日 - 2018年8月9日