論文

2015年11月

トランスマイグラントの時代におけるブラジル人青年の教育経験―学校教育と学校外教育の両面から―

地域学論集(鳥取大学地域学部紀要)
  • 共同執筆者
  • ,
  • 児島明
  • ,
  • 中島葉子

第12巻
第2号
開始ページ
75
終了ページ
103
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
鳥取大学地域学部

ブラジルおよび日本で実施した35名のブラジル人青年の生活史分析をもとにかれらが自らの教育経験をどのように資源化していくかを考察した。越境移動の経験はブラジル人青年の進路形成にとって必ずしも障壁ではなく、重要な資源にもなり得る。また青年たちが進路形成のために教育経験を資源化する際に日本とブラジル、また日系社会を準拠枠組みとして柔軟に参照していることも明らかにした。資源化のプロセスを可能にするのはブラジル人学校やスプレチーボなどの教育環境であることを指摘した。
(pp.77-86のⅢ学校経験を中心におよびpp.102-103付表の執筆を担当。)

エクスポート
BibTeX RIS