中谷直史

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/30 14:43
 
アバター
研究者氏名
中谷直史
URL
http://info.fujita-hu.ac.jp/~nanbyou/nanbyou/Top.html
所属
藤田医科大学
部署
総合医科学研究所 難病治療学部門
職名
助教
学位
博士(医学)(徳島大学)
科研費研究者番号
00421264

プロフィール

骨格筋、脂肪組織の形成と維持に興味を持ち、Myostatin、Activin、Follistatinに注目し研究を進めています。 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部 臨床工学科  兼任講師
 
2007年4月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 難病治療学 助教
 

論文

 
Hitachi K, Nakatani M, Tsuchida K
Non-coding RNA   5(2)    2019年4月   [査読有り]
Hitachi K, Nakatani M, Takasaki A, Ouchi Y, Uezumi A, Ageta H, Inagaki H, Kurahashi H, Tsuchida K
EMBO reports   20(3)    2019年3月   [査読有り]
Ageta H, Ageta-Ishihara N, Hitachi K, Karayel O, Onouchi T, Yamaguchi H, Kahyo T, Hatanaka K, Ikegami K, Yoshioka Y, Nakamura K, Kosaka N, Nakatani M, Uezumi A, Ide T, Tsutsumi Y, Sugimura H, Kinoshita M, Ochiya T, Mann M, Setou M, Tsuchida K
Nature communications   9(1) 3936   2018年9月   [査読有り]
Kasai T, Nakatani M, Ishiguro N, Ohno K, Yamamoto N, Morita M, Yamada H, Tsuchida K, Uezumi A
The American journal of pathology   187(12) 2627-2634   2017年12月   [査読有り]
Hino J, Nakatani M, Arai Y, Tsuchida K, Shirai M, Miyazato M, Kangawa K
International journal of obesity (2005)   41(4) 483-488   2017年4月   [査読有り]
Uezumi A, Nakatani M, Ikemoto-Uezumi M, Yamamoto N, Morita M, Yamaguchi A, Yamada H, Kasai T, Masuda S, Narita A, Miyagoe-Suzuki Y, Takeda S, Fukada S, Nishino I, Tsuchida K
Stem cell reports   7(2) 263-278   2016年8月   [査読有り]
The role of myostatin and related factors in muscle hypertrophy and atrophy
Tsuchida K, Hitachi K, Nakatani M, Uezumi A, Ageta H
In Myostatin: Structure, Role in Muscle Development and Health Implications, Nova Publishers Chapter   1 1-14   2016年4月   [査読有り]
Uezumi A, Fukada S, Yamamoto N, Ikemoto-Uezumi M, Nakatani M, Morita M, Yamaguchi A, Yamada H, Nishino I, Hamada Y, Tsuchida K
Cell death & disease   5 e1186   2014年4月   [査読有り]
Hitachi K, Nakatani M, Tsuchida K
The international journal of biochemistry & cell biology   47 93-103   2014年2月   [査読有り]
Murakami T, Nakatani M, Kokubo M,Nakatsuji H, Inada M, Imahori H, Yudasaka M, Iijima S, Tsuchida K
Nanoscience and Nanotechnology Letters   5(3) 402-407   2013年3月   [査読有り]
Nakatani M, Kokubo M, Ohsawa Y, Sunada Y, Tsuchida K
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism      2011年1月   [査読有り]
Tsuchida K, Nakatani M, Hitachi K, Uezumi A, Sunada Y, Ageta H, Inokuchi K
Cell communication and signaling : CCS   7 15   2009年6月   [査読有り]
Tsuchida K, Nakatani M, Uezumi A, Murakami T, Cui X
Endocrine journal   55(1) 11-21   2008年3月   [査読有り]
Nakatani M, Takehara Y, Sugino H, Matsumoto M, Hashimoto O, Hasegawa Y, Murakami T, Uezumi A, Takeda S, Noji S, Sunada Y, Tsuchida K
The FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   22(2) 477-487   2008年2月   [査読有り]
Takehara-Kasamatsu Y, Tsuchida K, Nakatani M, Murakami T, Kurisaki A, Hashimoto O, Ohuchi H, Kurose H, Mori K, Kagami S, Noji S, Sugino H
The journal of medical investigation : JMI   54(3,4) 276-288   2007年8月   [査読有り]
Ohsawa Y, Hagiwara H, Nakatani M, Yasue A, Moriyama K, Murakami T, Tsuchida K, Noji S, Sunada Y
The Journal of clinical investigation   116 2924-2934   2006年11月   [査読有り]
Kogame M, Matsuo S, Nakatani M, Kurisaki A, Nishitani H, Tsuchida K, Sugino H
The journal of medical investigation : JMI   53(3-4) 238-245   2006年8月   [査読有り]
Tsuchida K, Sunada Y, Noji S, Murakami T, Uezumi A, Nakatani M.
Mini. Rev. Med. Chem.   6(11) 1255-1261   2006年   [査読有り]
[Analysis of transgenic and knockout mice for BMP receptors].
Tsuchida K, Nakatani M
Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 10 418-421   2005年10月   [査読有り]
Tsuchida K, Nakatani M, Matsuzaki T, Yamakawa N, Liu Z, Bao Y, Arai KY, Murakami T, Takehara Y, Kurisaki A, Sugino H
Molecular and cellular endocrinology   225 1-8   2004年10月   [査読有り]
Tsuchida K, Nakatani M, Yamakawa N, Hashimoto O, Hasegawa Y, Sugino H
Molecular and cellular endocrinology   220 59-65   2004年5月   [査読有り]
Nakatani M, Yamakawa N, Matsuzaki T, Shimasaki S, Sugino H, Tsuchida K
Molecular and cellular endocrinology   189 117-123   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
マイオスタチンによる骨格筋量調節
常陸圭介、中谷直史、上住聡芳、土田邦博
The Lipid   27 23-28   2016年
サルコペニアにおける筋肉脂肪変性の関与
土田邦博、上住聡芳、中谷直史、上田洋司、常陸圭介
整形・災害外科   58(2) 155-161   2015年2月
老化や疾患における骨格筋の萎縮と治療への応用
上住聡芳、中谷直史、常陸圭介、土田邦博
基礎老化学会誌   34(4) 5-11   2010年11月

講演・口頭発表等

 
骨格筋分泌因子の探索
中谷直史
第33回日本肥満学会   2012年10月   
Follistatin改変体を用いたマイオスタチン阻害効果の応用
中谷直史
第136回分泌セミナー   2011年12月   
骨格筋が他臓器へ及ぼす影響 〜筋肥大マウスを用いた解析〜
中谷直史
第32回日本肥満学会   2011年9月   
マイオスタチン阻害による抗肥満作用
中谷直史
第23回日本糖尿病・肥満動物学会   2009年10月   
マイオスタチン機能阻害マウスにおける脂肪組織の減少
中谷直史
第14回アディポサイエンス研究会   2009年8月   
マイオスタチン阻害による脂肪組織の減少
中谷直史
第31回日本分子生物学会   2008年12月   
マイオスタチン阻害による抗肥満作用
中谷直史
第30回日本分子生物学会   2007年12月   
筋形成とエネルギー代謝 〜マイオスタチンを標的とした肥満抑制効果〜
中谷直史
第31回日本肥満学会   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
ヒト骨格筋細胞を用いた筋萎縮予防法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 中谷直史
骨格筋を起点とした分泌因子による組織間クロストークの解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 中谷直史
骨格筋と骨組織の相互作用による骨密度の調節機構
公益財団法人 中冨健康科学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 中谷直史
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 中谷直史
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 土田邦博
脂肪細胞の起源や、体脂肪量・脂肪細胞の大きさとサイズの調節機構を正しく理解し、その制御方法を明らかにする事は肥満・糖尿病の病態を解明し治療戦略を考える際に重要である。マイオスタチンの遺伝子破壊マウスでは劇的に骨格筋量が増大し、逆に体脂肪量は減少する。人為的に仲介することで、体脂肪を減らし筋肉を増やせる可能性がある。いくつかのマイオスタチン阻害分子を開発し、過剰発現させたトランスジェニック(Tg)マウスを作製し解析を行なった。Tgマウスの皮下脂肪(鼠径部)と内臓脂肪(精巣周囲、腎周囲)は、重...

社会貢献活動

 
メディカル・サイエンス・カフェ
【助言・指導, 実演】  藤田保健衛生大学  2017年4月21日

その他

 
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
なし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
なし
その他教育活動上特記すべき事項
なし