中田 達也

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/15 12:18
 
アバター
研究者氏名
中田 達也
 
ナカタ タツヤ
eメール
nakatakansai-u.ac.jp
URL
http://howtoeigo.net/research/
所属
関西大学
部署
外国語学部外国語学科
職名
准教授
学位
PhD in Applied Linguistics(Victoria University of Wellington)
科研費研究者番号
00758188
Twitter ID
TatsuyaNakata2

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
関西大学 外国語学部 准教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
関西大学 外国語学部 助教
 

学歴

 
2013年
   
 
Victoria University of Wellington School of Linguistics and Applied Language Studies Applied Linguistics
 
2005年
   
 
東京大学 総合科学研究科 言語情報科学
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
2019年8月
Modern Language Journal (Wiley-Blackwell)  Guest Editor
 
2016年4月
 - 
2016年9月
Vocab@Tokyo 2016 Conference  Scientific Committee member
 
2005年11月
 - 
2006年3月
文部科学省委託事業「e-learning教員研修システム開発委員会英語分科会」  協力委員
 
2003年7月
 - 
2004年3月
文部科学省委託事業「e-learning教員研修システム開発委員会英語分科会」  調査委員
 

受賞

 
2013年5月
Victoria University of Wellington Victoria Doctoral Completion Award
 
2012年9月
European Second Language Association EuroSLA Doctoral Award
 
2008年7月
財団法人日本英語検定協会 英検研究助成
 
2007年3月
European Association for Computer-Assisted Language Learning EUROCALL Research Award
 

論文

 
Nakata Tatsuya;Suzuki Yuichi
Studies in Second Language Acquisition (Cambridge University Press)      2019年   [査読有り]
復習間隔を少しずつ広げていくことは長期的な記憶保持を促進するか? 先行研究の批判的検証
中田 達也
外国語教育研究(関西大学外国語学部紀要)   19    2018年
Nakata Tatsuya
Studies in Second Language Acquisition (Cambridge University Press)   39, 653-679    2017年   [査読有り]
Nakata Tatsuya;Stuart Webb
Studies in Second Language Acquisition (Cambridge University Press)   38, 523-552(4) 677-711   2016年   [査読有り]
Nakata Tatsuya
International Review of Applied Linguistics in Language Teaching (Walter de Gruyter)   54, 257-289    2016年   [査読有り]
Nakata Tatsuya
Studies in Second Language Acquisition (Cambridge University Press)   37(4) 677-711   2015年12月   [査読有り]
Nakata Tatsuya
Language Teaching Research (SAGE Publications)   19, 416-434    2015年   [査読有り]
James Rogers;Stuart Webb;Nakata Tatsuya
Language Teaching Research (SAGE Publications)   19, 9-27    2015年   [査読有り]
Optimising second language vocabulary learning from flashcards
Nakata Tatsuya
PhD thesis submitted to Victoria University of Wellington      2013年
Nakata Tatsuya
Computer Assisted Language Learning (Routledge)   24, 17-38    2011年1月   [査読有り]
日本人学習者の英語語意知識測定テストの開発と検証:正答率および応答自信度による評価
中田達也
『STEP Bulletin』(財団法人日本英語検定協会)   21, 78-95    2009年11月
The effects of positive evidence and metalinguistic information on L2 lexico-semantic development.
Nakata Tatsuya
JACET Journal (大学英語教育学会)   49, 1-13    2009年10月   [査読有り]
Nakata Tatsuya
ReCALL (Cambridge University Press)   20, 3-20    2008年1月   [査読有り]
English collocation learning through meaning-focused and form-focused activities: Interactions of activity types and L1-L2 congruence.
Nakata Tatsuya
Proceedings of the 11th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics.   154-168    2007年6月
English collocation learning through meaning-focused and form-focused tasks.
Nakata Tatsuya
東京大学外国語教育学研究会研究論集   11, 51-68    2007年4月   [査読有り]
Low-First分散学習方式による定型表現の学習--既知語から構成される句動詞の学習における形態的精緻化の効果
中田 達也
言語情報科学(東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻)   5, 165-180    2007年   [査読有り]
Implementing optimal spaced learning for English vocabulary learning: Towards improvement of the Low-First Method derived from the reactivation theory.
Nakata Tatsuya
The JALT CALL Journal (The Japan Association for Language Teaching CALL SIG)   2, 19-36    2006年8月   [査読有り]
English vocabulary learning based on the reactivation theory of spacing effects: Examination of the effects of structural elaboration as corrective feedback.
Nakata Tatsuya
言語情報科学(東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻)   4, 229-242    2006年   [査読有り]

Misc

 
語彙習得研究の知見を元に日々の語彙テストを最大限に活用する
中田 達也
英語教育   65(3) 19-21   2016年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
The Cambridge handbook of corrective feedback in language learning and teaching.
Kamiya Nobuhiro;Nakata Tatsuya (担当:分担執筆, 範囲:Corrective feedback and the development of L2 vocabulary)
Cambridge, UK: Cambridge University Press.   2019年   
Routledge Handbook of Vocabulary Studies.
Nakata Tatsuya (担当:分担執筆, 範囲:Learning words through flashcards and wordcards)
New York, NY: Routledge.   2019年   
Paul Quinn;Nakata Tatsuya (担当:分担執筆, 範囲:The timing of oral corrective feedback)
New York, NY: Routledge   2017年4月   ISBN:9781138657298
中田 達也 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 単語・語彙の獲得)
東京:朝倉書店   2017年3月   ISBN:4254516320
中田 達也 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 語彙指導)
東京:大修館書店   2017年7月   ISBN:4469246115
Second language acquisition research and materials development for language learning
Nakata Tatsuya;Stuart Webb (担当:分担執筆, 範囲:Vocabulary learning exercises: Evaluating a selection of exercises commonly featured in language learning materials.)
New York, NY: Routledge.   2016年   
Encyclopedia of Applied Linguistics
Nakata Tatsuya (担当:分担執筆, 範囲:Web-based lexical resources.)
Oxford, UK; Wiley-Blackwell.   2013年   
中田 達也 (担当:分担執筆, 範囲:相関分析入門(2)―関係や結果を予測するには)
東京:松柏社   2012年5月   ISBN:4775402013
中田 達也 (担当:分担執筆, 範囲:第二言語語意習得における肯定証拠の役割:プロトタイプ・項目学習・体系学習の観点から)
東京:成美堂   2009年1月   ISBN:479197140X
JACET 8000活用事例集:教育と研究への応用
中田 達也 (担当:分担執筆, 範囲:日本人学習者のための教育語彙表:JACET 8000とSVL12000の比較)
東京:大学英語教育学会(JACET)   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
How temporal spacing facilitates second language vocabulary learning: Some empirical evidence and directions for future research
Nakata Tatsuya
外国語教育メディア学会メソドロジー研究部会2018年度第1回研究会.   2018年   
Effects of blocking and interleaving on second language grammar learning
Nakata Tatsuya;Suzuki Yuichi
Asia TEFL 2018   2018年   
明示的指導の理論と実践-発音・語彙・文法習得への可能性を検証する-
斉藤一弥;中田達也;鈴木祐一;新谷奈津子
外国語教育メディア学会関西支部2017年度春季研究大会・関西英語教育学会2017年度研究大会(招待シンポジウム)   2017年   
分散学習は意味的に関連した単語の習得を促進するか?-干渉効果と分散効果の検証-
中田達也;鈴木祐一
外国語教育メディア学会関西支部2017年度春季研究大会・関西英語教育学会2017年度研究大会(招待発表)   2017年   
Second language vocabulary learning from retrieval
Nakata Tatsuya
International Forum on Second Language Lexical Processing and Acquisition (大学英語教育学会関西支部リーディング研究会)   2017年   
Does spacing reduce the interference effect? Effects of massing and spacing on the learning of semantically related and unrelated words
Nakata Tatsuya;Suzuki Yuichi
The 27th Annual Conference of the European Second Language Association (EuroSLA).   2017年   
Optimizing computer-based second language vocabulary learning
Nakata Tatsuya
Okayama JALT Monthly Meeting   2017年   
The effects of spacing on second language vocabulary learning
Nakata Tatsuya
Invited lecture at the Cognitive Approaches to Second Language Acquisition (CASLA) research group, The University of Amsterdam.   2017年   
Effects of within-session repeated retrieval on second language vocabulary learning
Nakata Tatsuya
Vocab@Tokyo Conference 2016.   2016年   
単語カードを使った英語語彙学習・IT を活用した英語語彙指導
中田 達也
宮城教育大学小学校英語教育研究センター公開講演会   2016年   
Are learners aware of effective ways to learn second language vocabulary from retrieval? Perceived effects of relative spacing, absolute spacing, and feedback timing on vocabulary learning.
Nakata Tatsuya
JALT Vocabulary Special Interest Group Symposium (招待発表)   2015年   
Does studying vocabulary in smaller sets increase learning? Effects of whole and part learning on second language vocabulary acquisition.
Nakata Tatsuya
The 25th Annual Conference of the European Second Language Association (EuroSLA).   2015年   
効果的な第二言語語彙学習方法を目指して
中田 達也
JACET関東支部月例研究会   2015年   
Does gradually increasing spacing increase second language vocabulary learning?
Nakata Tatsuya
Vocab@Vic 2013   2013年   
Effects of expanding and equal spacing on second language vocabulary learning: Do the amount of spacing and retention interval make a difference?
Nakata Tatsuya
The 22nd Annual Conference of the European Second Language Association (EuroSLA)   2012年   
The effects of block size on L2 vocabulary learning.
Nakata Tatsuya
1st Auckland Postgraduate Conference in Linguistics and Applied Linguistics   2011年   
第二言語語意習得における肯定証拠とメタ言語情報の役割
中田 達也
JACET全国大会   2008年   
English collocation learning through meaning-focused and form-focused activities: Interactions of activity types and L1-L2 congruence.
Nakata Tatsuya
11th Pan-Pacific Association of Applied Linguistics Conference   2006年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
第二言語スピーキングの評価および発達における語彙知識の役割
関西大学: 若手研究者育成経費
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 中田 達也
明示的・暗示的語彙知識の習得における集中学習と分散学習の効果
日本学術振興会: 若手研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中田 達也
帰納的な英語語彙習得における集中学習と分散学習の効果
日本学術振興会: 科学研究費補助金 研究活動スタート支援
研究期間: 2015年9月 - 2016年3月    代表者: 中田 達也
Optimising second language vocabulary learning from flashcards
Victoria University of Wellington: Faculty Research Grant
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 中田 達也
日本人学習者の英語語意知識測定テストの開発と検証:正答率・自信尺度・反応時間による評価
公益財団法人日本英語検定協会: 英検研究助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 中田 達也

社会貢献活動

 
NHK教育テレビおよびNHKラジオ第2「ニュースで英会話」製作 協力(e-learningシステムの監修および問題作成担当)
【その他】  2013年3月 - 現在
NHK教育テレビおよびNHKラジオ第2「ニュースで英会話」製作 協力(e-learningシステムの監修および問題作成担当)
【その他】  2009年3月 - 2009年11月
NHK教育テレビ「新3か月トピック英会話:英単語ネットワーク~めざせ10,000語!」製作協力(英文データ解析およびコンテンツ作成担当 )
【その他】  2007年3月 - 2007年9月