仲渡 一美

J-GLOBALへ         更新日: 14/01/13 16:38
 
アバター
研究者氏名
仲渡 一美
 
ナカト カズミ
所属
大阪行岡医療大学
部署
医療学部 理学療法学科
職名
教授
学位
博士(文学)(大阪大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
大阪大学大学院 文学研究科文化表現論 (英米文学)
 
 
   
 
京都女子大学大学院 文学研究科英文学専攻 
 

Misc

 
From Mythic Space to Welsh Community: A New Light on Dylan Thomas's "Portrait of the Artist as a Young Dog"
Osaka Literary Review No.47      2008年   [査読有り]
誘惑のアフォリズム Dylan Thomas : "Do not go gentle into that good night"を読み直す
日本英文学会第80回大会 Proceedings      2008年   [査読有り]
神話的空間からウェールズ共同体へ―Dylan Thomas: "Portrait of the Aritist as a Young Dog"をめぐって
日本英文学会第78回大会Proceedings      2006年   [査読有り]
Death Figure in "Visitor" by Dylan Thomas―ディラン・トマス 予告された訪問者
Himeji Gakuin Review No.19      1999年
ODE TO BARREN WOMAN―「白い巨人の股の中で」 詩人の語るフォークロア―
京都女子大学大学院英文学会論集WISTERIA第4号      1998年   [査読有り]

書籍等出版物

 
移動する英米文学 「『ライ麦畑でつかまえての「移動」をめぐって―ホールデン・コールフィールドのマンハッタンの歩き方』」
英宝社   2013年   
英米文学の可能性―玉井暲教授退職記念論集「われもまたアルカディアにあり」―『ミルクの森で』の喜劇性に潜むもの―」
英宝社   2010年   
批評理論を読む、テクストを読む―文学研究の方法論への挑戦 「バーバラ・ハーディ『緑の詩人、ディラン・トマス』」
大阪大学大学院文学研究科英文学研究室   2007年   
<異界>を創造する―英米文学におけるジャンルの変奏 「ディラン・トマス異界のヴィジョン―初期散文・少年の物語をめぐって―」
英宝社   2006年   
『意味の復権』(Jerome Bruner "Acts of Meaning"(翻訳)
ミネルヴァ書房   1999年   

講演・口頭発表等

 
「誘惑のアフォリズムDylan Thomasの詩"Do not go gentle into that good night"を読み直す」
日本英文学会第80回全国大会   2008年   
「神話的空間からウェールズ共同体へ―Dylan Thomas:"Portrait of the Artist as a Young Dog"をめぐって
日本英文学会全国大会第78回大会   2006年   
「緑のナラティヴ―トマスのPlace Poem”Fern Hill"再考」
日本英文学会関西支部第1回大会   2006年   
「ディラン・トマス「海」のイメージとシンボル
京都女子大学大学院英文学会第2回大会   1985年   

その他

 
日本英語検定協会面接委員