NAKAYAMA Takato

J-GLOBAL         Last updated: Aug 30, 2017 at 18:35
 
Avatar
Name
NAKAYAMA Takato
URL
http://http://www.naro.affrc.go.jp/harc/index.html
Affiliation
HOKKAIDO AGRICULTURAL RESEARCH CENTER, NARO
Section
Plant Pathology and Entomology Group, Agro-environment Research Division
Job title
Group Leader
Degree
Ph.D(Hokkaido University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2002
 - 
Today
Hokkaido Agricultural Research Center, NARO
 

Published Papers

 
Nakayama Takato
JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   83(4) 253-263   Jul 2017   [Refereed]
中山尊登
北日本病害虫研究会報   (67) 90‐93   Dec 2016
中山 尊登, 加藤 邦彦, 眞岡 哲夫, 滝澤 秀樹, 佐々木 仁, 井上 京
北日本病害虫研究会報   (64) 40-45   Dec 2013
北海道において,バレイショは麦類,テンサイ,豆類と並んで輪作体系の根幹を担う重要な基幹作物のひとつである。平成22年度の北海道におけるバレイショ生産量は175.3万tで,このうち斜里町・網走市を中心とする地域を中心に74.5万tの澱粉原料用バレイショが生産され,17.9万tのバレイショ澱粉へと加工されている。バレイショ澱粉の製造工程は磨砕,脱汁,篩別,精製,脱水等の過程から成り(第1図)。その過程で多量の工場廃液が発生する。このうちデカンタ廃液は,原料バレイショを磨砕後,脱汁機(デカンタ)...
Maoka Tetsuo, Nakayama Takato, Taniguchi Mugiko, Kano Yasushi, Suzuki Akiko, Sato Masatoshi, Hataya Tatsuji, Koizumi Emiko, Noguchi Ken
POTATO RESEARCH   56(2) 147-156   Jun 2013   [Refereed]
中山 尊登, 村井 勝
北日本病害虫研究会報   (63) 46-51   Dec 2012
バレイショデンプン粕(以下デンプン粕)のサイレージ発酵がジャガイモ粉状そうか病菌(以下粉状そうか病菌)の生存に及ぼす影響を調査した。粉状そうか病菌を人工接種したデンプン粕(以下接種デンプン粕)をペール缶に無接種デンプン粕とともに埋め込んで密封後,温度条件が異なる調査室,ガラス網室またはガラス温室内にそれぞれ静置してサイレージ発酵させた。ペール缶内の底面,側面,上面,中心部に埋め込んだ接種デンプン粕を3,6,9,12ヶ月後に取り出し,粉状そうか病菌の生存を調査した。その結果,乳酸菌資材を添加...
中山 尊登, 眞岡 哲夫, 津田 昌吾, 清水 基滋, 不破 秀明, 畑谷 達児, 森 元幸
Annual Report of the Society of Plant Protection of North Japan   (61) 52-56   Dec 2010
Nakayama Takato, Maoka Tetsuo, Hataya Tatsuji, Shimizu Motoshige, Fuwa Hideaki, Tsuda Shogo, Mori Motoyuki
AMERICAN JOURNAL OF POTATO RESEARCH   87(2) 218-225   Apr 2010   [Refereed]
清水基滋, 中山尊登, 眞岡哲夫, 津田昌吾, 不破秀明, 畑谷達児, 森元幸
北日本病害虫研究会報   2008(59) 38-41   Dec 2008
ジャガイモ塊茎褐色輪紋病の病原ウイルス, ジャガイモモップトップウイルス (PMTV) はジャガイモ粉状そうか病菌で媒介されることから, 粉状そうか病の防除薬剤による塊茎褐色輪紋病の防除効果について検討した. 供試薬剤はフルアジナム水和剤およびフルスルファミドフロアブルで, 薬剤を全面散布後土壌混和処理して塊茎褐色輪紋病罹病性品種を植え付け, 枯凋期に塊茎を収穫したのち塊茎内部の病徴による発病調査を行った. 試験は汚染土壌を用いたプランター試験と圃場試験を行ったが, いずれの試験も薬剤処理...
Takato Nakayama, Mitsuo Horita, Mitsuo Horita, Tadayuki Shimanuki
Journal of General Plant Pathology   73 229-234   Aug 2007
We investigated soil contamination by Spongospora subterranea f. sp. subterranea (Sss) and disease severity of powdery scab in 29 potato fields in Hokkaido, Japan, using a hydroponic culture method with tomato seedlings as bait plants. The quantit...
Takato Nakayama, Takato Nakayama, Yoshihisa Homma, Yoshihisa Homma, Yasuyuki Hashidoko, Yasuyuki Hashidoko, Junya Mizutani, Satoshi Tahara, Satoshi Tahara
Applied and Environmental Microbiology   65 4334-4339   Oct 1999
Three antifungal compounds, designated xanthobaccins A, B, and C, were isolated from the culture fluid of Stenotrophomonas sp. strain SB-K88, a rhizobacterium of sugar beet that suppresses damping-off disease. Production of xanthobaccin A in cultu...
Yasuyuki Hashidoko, Yasuyuki Hashidoko, Takato Nakayama, Takato Nakayama, Yoshihisa Homma, Satoshi Tahara, Satoshi Tahara
Tetrahedron Letters   40 2957-2960   Apr 1999
The major antibiotic constituent, xanthobaccin A, was isolated from broth cultures of Stenotrophomonas sp. strain SB-K88 as a major antifungal substance. The structure elucidation by spectroscopic analyses and chemical conversion revealed it to be...
Takato Nakayama, Yukiharu Fukushi, Junya Mizutani, Satoshi Tahara
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   60 862-865   Jan 1996
A number of analogs of lunularic acid varying in the number of methylene carbons between the two benzene rings and in the substituents on their rings were prepared, and their effects on the growth of liverwort gemmaling, watercress, and timothy gr...

Misc

 
HOMMA Y., NAKAYAMA T., TSUCHIYA K.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   61(3)    Jun 1995
SAKAI H., HAGIWARA H., SHIRAISHI T., MIYAHARA K., TAKEHARA T., NAKAYAMA T., NAGAI K.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   62(6) 606-607   Dec 1996
SAKAI H., HAGIWARA W., SHIRAISHI T., MIYAHARA K., TAKEHARA T., NAKAYAMA T., NAGAI K.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   63(3) 211-212   Jun 1997
NAKAYAMA T., SAKAI H., TAKEHARA T., HAGIWARA H., NAGAI K.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   63(3)    Jun 1997
土屋健一, 堀田光生, 本間善久, 中山尊登
生物資源研究成果情報   (6(1996)) 7-8   Jul 1997
竹原利明, 萩原広, 中山尊登, 国安克人
研究成果情報 生産環境・畜産-草地 関東東海農業   1996 39-40   Sep 1997
SAKAI Hiroshi, SHIRAISHI Toshimasa, HAGIWARA Hiroshi, TAKEHARA Toshiaki, NAKAYAMA Takato, SAITOH Hatsuo, URUSHIBARA Toshihiko, TADENUMA Masaru
Annual Report of the Kanto-Tosan Plant Protection Society   1998(45) 77-79   1998
スイカ黒点根腐病に対する熱水処理, および臭化メチル代替薬剤の防除効果について検討した。その結果, クロルピクリン錠剤の効果が高く実用性が高いと考えられた。熱水処理, カーバムナトリウム塩液剤ともにクロルピクリン錠剤より効果がやや劣るが, 実用性があると考えられた。
橋床泰之, 中山尊登, 田原哲士, 本間善久
天然有機化合物討論会講演要旨集   40th 455-460   Aug 1998
Hashidoko Yasuyuki, Nakayama Takato, Tahara Satoshi, Homma Yasuhisa
天然有機化合物討論会講演要旨集   (40) 455-460   Aug 1998
Xanthomonas sp. strain SB-K88 that has originally been isolated from a fibrous root surface of a sugar beet endangered to infection with Polymyxa betae has been found to deppress sugar beet damping-off disease, and the active substance named xanth...
Takehara T., Nakayama T., Sato T., Saitoh H.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   64(6) 603-604   Dec 1998
藤沢一郎, 本田要八郎, 御子柴義郎, 小林有紀, 中山尊登, 竹原利明, 奈良部孝, 酒井宏, 川田洋一
臭化メチル等の環境中挙動の把握と削減・代替技術の開発に関する研究 平成8-10年度   63-71   1999
Nakayama T., Takehara T., Sato T., Saitoh H.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   65(3)    Jun 1999
Sato T., Taga M., Takehara T., Nakayama T., Saitoh H.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   65(3)    Jun 1999
中山尊登, 竹原利明, 萩原広, 佐藤剛, 斉藤初雄, 酒井宏
研究成果情報 総合農業   1998 120-121   Jul 1999
酒井宏, 漆原寿彦, 白石俊昌, 萩原広, 中山尊登, 竹原利明, 斎藤初雄
研究成果情報 生産環境・畜産-草地 関東東海農業   1998 340-341   Jul 1999
中山尊登, 竹原利明, 萩原広, 佐藤剛, 斉藤初雄, 酒井宏
研究成果情報 生産環境・畜産-草地 関東東海農業   1998 338-339   Jul 1999
中山尊登
今月の農業 農薬・資材・技術   43(11) 34-38   Nov 1999
中山尊登
農業研究センターニュース   (77) 6-7   Mar 2000
中山尊登, 竹原利明, 佐藤剛, 斉藤初雄
研究成果情報 総合農業   1999 156-157   Jul 2000
Nakagawa A., Kaku H., Saito H., Takehara T., Nakayama T.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   67(2)    Aug 2001
Nakayama T., Takehara T., Nakagawa A., Saitoh H.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   67(2)    Aug 2001
OGISO Hideki, FUJINAGA Masashi, KOMATSU Kazuhiko, YOSHIDA Kiyoshi, NAKAYAMA Takato
Proceedings of the Kanto-Tosan Plant Protection Society   48 27-31   Nov 2001
長野県においてレタス根腐病の発生面積は拡大しつつあり, 特に1産地で発生面積が急速に増加している。その原因を検討するため, レタス根腐病菌 (Fusarium oxysporum f. sp. lactucae) の伝播要因について調査した。根腐病発生農家の育苗施設において, 育苗トレイを置床する床土の病原菌汚染の有無を調査したところ, 4棟の施設の内2棟から本病菌が検出された。また, 春季強風により飛散する土壌から本病菌が検出された。したがって, これらによる...
竹原利明, 中山尊登, 仲川晃生
関東東海北陸農業研究成果情報   2001(3) 138-139   Jul 2002
水久保隆之, 竹原利明, TALAVERA M, 伊藤賢治, 中山尊登, 相場聡, 仲川晃生
関東東海北陸農業研究成果情報   2001(3) 158-159   Jul 2002
Nakayama T., Takehara T., Nakagawa A., Shimanuki T.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   69(1)    Feb 2003
Merzの水耕培養試験法(1989)を用いて,ジャガイモ粉状そうか病菌によるジャガイモ根部感染程度に及ぼすジャガイモ根部浸出物ならびに根部メタノール抽出物の影響を検討した.休眠胞子懸濁液に浸出物またはメタノール抽出物を添加し,12時間後ジャガイモ根部を浸漬したところ,浸出物には根部感染程度を若干高める効果があったが,メタノール抽出物によって感染は抑制された.非宿主植物の根部浸出物の効果についても検討するため,非宿主植物根部を休眠胞子懸濁液に12時間浸漬した後,ジャガイモ根部を浸漬接種した....
中山尊登, 島貫忠幸
研究成果情報 北海道農業   2003 208-209   Jun 2004
中山 尊登, 眞岡 哲夫, 津田 昌吾
新しい研究成果 : 北海道地域   2006 101-103   2006
眞岡哲夫, 中山尊登, 畑谷達児
日本植物病理学会報   72(4) 253   Nov 2006
中山尊登, 畑谷達児, 眞岡哲夫
日本植物病理学会報   72(4) 253-254   Nov 2006
堀田光生, 加来久敏, 中山尊登
日本植物病理学会報   72(4) 220   Nov 2006
畑谷達児, 中山尊登, 眞岡哲夫
日本植物病理学会報   72(4) 253   Nov 2006
中山尊登, 眞岡哲夫, 畑谷達児, 津田昌吾, 不破秀明, 清水基滋, 森元幸
日本植物病理学会報   73(3) 228-229   Aug 2007
眞岡哲夫, 中山尊登, 畑谷達児, 津田昌吾, 不破秀明, 清水基滋, 森元幸
日本植物病理学会報   73(3) 228   Aug 2007
中山尊登, 眞岡哲夫, 畑谷達児, 津田昌吾, 不破秀明, 清水基滋, 森元幸
研究成果情報 北海道農業   2006 230-231   Sep 2007
中山尊登, 眞岡哲夫, 津田昌吾, 森元幸, 畑谷達児, 不破秀明, 清水基滋
新しい研究成果 北海道地域   2006 101-103   Nov 2007
中山尊登, 堀田光生, 佐山充, 眞岡哲夫
北日本病害虫研究会報   (58) 188   Dec 2007
堀田光生, 成田優司, 高島晃, 奈良部孝, 中山尊登, 佐山充
北日本病害虫研究会報   (58) 191   Dec 2007
中山尊登, 眞岡哲夫
農業および園芸   83(4) 475-480   Apr 2008
中山尊登
日本植物病理学会報   74(3) 189   Aug 2008
中山尊登, 村井勝, 眞岡哲夫
日本植物病理学会報   75(1) 88   Feb 2009
佐山充, 中山尊登
日本植物病理学会報   75(1) 88-89   Feb 2009
清水基滋, 中山尊登
研究成果情報 北海道農業   2008 170-171   Jun 2009
中山尊登, 眞岡哲夫
日本植物病理学会報   76(1) 79   Feb 2010
眞岡哲夫, 中山尊登, 奈良部孝
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2010 113   Mar 2010
眞岡哲夫, 中山尊登, 田中文夫, 清水基滋, 安岡眞二, 三澤知央, 山名利一, 野口健, 森元幸
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2011 103   Mar 2011
加藤邦彦, 井上京, 家次秀浩, 横田岳史, 木場稔信, 佐々木仁, 後藤友美, シャルマ プラディープ, 北川勝治, 宮地直道, 岡崎圭毅, 中山尊登, 眞岡哲夫, 信濃卓郎
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 296   Aug 2011
中山 尊登
北農   78(4) 429-434   Oct 2011
2007~2010年に実施した北海道内の589圃場についてのジャガイモモップトップウイルス(PMTV)の発生実態調査の結果、PMTV陽性圃場は道内に広く分布していることが判明した。また、国内のジャガイモ22品種の本病抵抗性には明確な品種間差が存在すること、フルアジナム水和剤の植付時全面散布後土壌混和処理は、本病に対し高い防除効果を有することが明らかになった。
眞岡哲夫, 畑谷達児, 中山尊登
日本植物病理学会報   78(1) 63   Feb 2012
中山尊登, 佐山充
日本植物病理学会報   78(1) 64   Feb 2012
中山尊登, 眞岡哲夫
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2012 106   Mar 2012
眞岡哲夫, 畑谷達児, 中山尊登
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2012 106   Mar 2012
佐山充, 中山尊登
北日本病害虫研究会報   (63) 242   Dec 2012
佐山 充, 中山 尊登
北日本病害虫研究会報   (64) 52-56   Dec 2013
テンサイ褐斑病に対する防除薬剤の散布量の削減のために,降水量の積算値50または100mmに基づいた散布と7日ごと60L/10a散布(セービングノズル5型,圧力2MPa)を行い,7日ごと100L/10a散布の慣行区と防除効果を比較した。褐斑病抵抗性やや強の品種を用い,散布開始時期は,初発前と後を設定した。2011年は9月下旬の被害許容水準である発病度30以下となったのは,初発前または後散布開始100L7日区と初発前散布開始60L7日区で,防除価はそれぞれ89,70,59であった。2012年の...
中山尊登
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2014 70   May 2014
畑谷達児, 中山尊登
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2014 146   May 2014
藤本岳人, 安岡眞二, 青野桂之, 佐山充, 中山尊登, 大木健広, 眞岡哲夫
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2016 154   Mar 2016
青野桂之, 中山尊登, 藤本岳人, 佐山充, 大木健広, 眞岡哲夫
北日本病害虫研究会報   (67) 85‐89   Dec 2016
中山尊登, 青野桂之, 藤本岳人, 大木健広, 佐山充, 眞岡哲夫
北日本病害虫研究会報   (67) 214   Dec 2016
藤本岳人, 安岡眞二, 青野桂之, 中山尊登, 大木健広, 眞岡哲夫
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2017 138   Apr 2017

Conference Activities & Talks

 
NAKAYAMA T., HOMMA Y., TAHARA S., MIZUTANI J.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   25 Jun 1994   
HOMMA Y., UCHINO H., KANZAWA K., NAKAYAMA T., SAYAMA M.
Annals of the Phytopathological Society of Japan   25 Jun 1993