並川 努

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/18 17:25
 
アバター
研究者氏名
並川 努
 
ナミカワ ツトム
eメール
namikawage.niigata-u.ac.jp
所属
新潟大学
部署
創生学部 創生学修課程
職名
准教授
学位
修士(心理学)(名古屋大学), 博士(心理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
2016年3月
新潟大学 教育・学生支援機構 入学センター 特任助教
 
2016年4月
 - 
2016年10月
新潟大学 教育・学生支援機構 特任助教
 
2016年11月
 - 
2017年3月
新潟大学 経営戦略本部 教育戦略統括室 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
新潟大学 創生学部 創生学修課程 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
茨城大学 人文学部 
 
 
 - 
2008年3月
名古屋大学 教育発達科学研究科 
 

論文

 
新潟大学における入試広報アンケートの分析
吉田 章人・並川 努・坂本 信
大学入試研究ジャーナル   28 127-132   2018年3月   [査読有り]
岡田 涼,小塩 真司,茂垣 まどか,脇田 貴文,並川 努
パーソナリティ研究   24 49-60   2015年7月   [査読有り]
ソーシャルメディア利用とパーソナリティ及び大学生活への期待との関係――新入生に焦点化して
後藤 康志,並川 努
教育メディア研究   21 51-60   2015年3月   [査読有り]
小塩 真司, 岡田 涼, 茂垣 まどか, 並川 努, 脇田 貴文
教育心理学研究   62 273-282   2014年12月   [査読有り]
心理尺度短縮版の作成における現状と課題
並川 努
自己心理学   6 1-8   2014年12月
新潟大学におけるアドミッション・ポリシーの見直しに向けた予備的検討
佐藤 喜一, 並川 努, 濱口 哲
大学入試研究ジャーナル   24 163-171   2014年
入試広報に関する受験生・保護者の動向の検討――新潟大学入学者を対象とした入試広報アンケートの分析から――
並川 努, 佐藤 喜一, 濱口 哲
大学入試研究ジャーナル   24 149-154   2014年
新潟大学における志願者・入学者の動向について――志願者数に影響を与える要因と学力の推移に関する検討―― 
並川 努,佐藤 喜一,濱口 哲
大学入試研究ジャーナル   23 95-101   2013年3月   [査読有り]
新潟大学の個別学力検査における作題技術の向上を目的とした作題者へのフィードバック内容の整理
佐藤 喜一,並川 努,濱口 哲
大学入試研究ジャーナル   23 127-133   2013年3月   [査読有り]
並川 努, 谷 伊織, 脇田 貴文, 熊谷 龍一, 中根 愛, 野口 裕之
心理学研究   83(2) 91-99   2012年6月   [査読有り]
並川 努, 谷 伊織, 脇田 貴文, 熊谷 龍一, 中根 愛, 野口 裕之, 辻井 正次
精神医学   53 489-496   2011年5月   [査読有り]
並川 努
心理学研究   81(6) 593-601   2011年2月   [査読有り]
継時的比較志向性尺度短縮版の作成――Item Response Theoryを用いた検討――
並川 努
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(心理発達科学)   57 71-76   2010年12月
日本における自尊感情尺度使用の状況と課題(共著)
並川 努, 脇田 貴文, 野口 裕之
教育心理学フォーラムレポート, FR-2010-01.      2010年11月   [査読有り]
Cross-sectional study of developmental changes in the Five-Factor personality model in Japan.
Namikawa, T., Tani, I., Kumagai, R., Nakane, A., Wakita, T., & Noguchi, H.
Abstracts of the 27th International Congress of Applied Psychology.   1436-1436   2010年7月   [査読有り]
Construction of IRT scales for the Five- Factor personality scale in Japan and examination of the short-form of the scale.
Tani, I. , Namikawa, T., Wakita, T., Kumagai, R., Nakane, A., & Noguchi, H.
Abstracts of the 27th International Congress of Applied Psychology.   1429   2010年7月   [査読有り]
Personality Traits Change in Adolecentce and Adulthood in Japan.
Tani, I., Noguchi, H., Nakane, A., Kumagai, R., Namikawa, T., & Wakita, T.
15th European Conference on Personality.   59-59   2010年7月   [査読有り]
超高齢コミュニティでの実践研究から見えてきた可能性と課題(共著)
矢野宏光, 榎本博明, 松田信樹, 並川努
自己心理学   4 37-52   2010年3月   [査読有り]
継時的比較および社会的比較が現在の自己評価に与える影響について
並川 努
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(心理発達科学)   56 91-94   2009年12月
日本語版the Epworth Sleepiness Scale(JESS)~これまで使用されていた多くの「日本語版」との主な差異と改訂~(共著)
福原俊一, 竹上未紗, 鈴鴨よしみ, 陳 和夫, 井上雄一, 角谷 寛, 岡 靖哲, 野口裕之, 脇田貴文, 並川 努, 中村敬哉, 三嶋理晃, Murray,W. J. 
日本呼吸器学会雑誌   44 896-898   2006年11月

書籍等出版物

 
人事のための心理アセスメント
榎本博明・古澤照幸(編) (担当:分担執筆, 範囲:コラム 人を識別し,正直な回答を導く尺度作成法― マックアンドリューアルコール尺度の作成方法から pp.84-85)
日本文化科学社   2015年1月   
コーチング心理学ハンドブック
堀正(監修・監訳) 自己心理学研究会(訳) (担当:共訳, 範囲:会話的学習――コーチングにおけるパーソナルコンストラクト心理学の適用 pp.271-297.)
金子書房   2011年7月   
カウンセリング心理学
榎本博明(編) (担当:分担執筆, 範囲:心理アセスメント pp.43-55.)
おうふう   2011年4月   
心理学概論――学びと知のイノベーション
小野寺 孝義, 磯崎 三喜年, 小川 俊樹(編) (担当:分担執筆, 範囲:7章 自己とパーソナリティ(人格心理学) pp73-84.)
ナカニシヤ出版   2011年4月   
自己心理学の最先端――自己の構造と機能を科学する―― 
榎本博明(編) (担当:分担執筆, 範囲:ビッグファイブと自己の特性 pp. 44-53)
あいり出版   2011年2月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
IRTを用いた自尊感情測定に関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 並川 努
質問紙を利用した調査研究における回答者の負担軽減と測定の信頼性・妥当性の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 脇田 貴文