NAKAMURA TOSHIKI

J-GLOBAL         Last updated: Mar 4, 2019 at 09:19
 

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
An efficient approach for the development of genome-specificmarkers in allohexaploidwheat (Triticumaestivum L.) and its application in the construction of high-density linkagemaps of the D genome
Goro Ishikawa, Mika Saito, Tsuyoshi Tanaka, Yuichi Katayose, Hiroyuki Kanamori, Kanako Kurita, Toshiki Nakamura
Dna Research   25(3) 317-326   Jun 2018   [Refereed]
A single nucleotide polymorphism in the “Fra” gene results
Mika Saito, Tsuyoshi Tanaka, Kazuhiro Sato, Patricia Vrinten, Toshiki Nakamura ·
Theor Appl Genet   131 353-364   Jan 2018   [Refereed]
Hiroyuki Tanaka, Chisato Nabeuchi, Misaki Kurogaki, Monika Garg, Mika Saito, Goro Ishikawa, Toshiki Nakamura, Hisashi Tsujimoto
Breeding Science   67 509-517   2017   [Refereed]
Inokuma T, Vrinten P, Shimbata T, Sunohara A, Ito H, Saito M, Taniguchi Y, Nakamura T
Journal of agricultural and food chemistry   64(4) 941-947   Feb 2016   [Refereed]
Kobayashi F, Wu J, Kanamori H, Tanaka T, Katagiri S, Karasawa W, Kaneko S, Watanabe S, Sakaguchi T, Hanawa Y, Fujisawa H, Kurita K, Abe C, Iehisa JC, Ohno R, Šafář J, Šimková H, Mukai Y, Hamada M, Saito M, Ishikawa G, Katayose Y, Endo TR, Takumi S, Nakamura T, Sato K, Ogihara Y, Hayakawa K, Doležel J, Nasuda S, Matsumoto T, Handa H
BMC genomics   16 595   Aug 2015   [Refereed]

Misc

 
A New Hard Winter Wheat Cultivar, "Natsukogane"
Ikanaga S, Taniguchi Y, Itou H, Taira M, Nakamura K, Yoshikawa R, Maejima H, Nakamura T, Ishikawa G, Ikeda T, Itou M, Saito M, Himi E
Bull. NARO, Agric.Res.Tohoku Reg.   120 1-20   2018
谷口 義則, 伊藤 裕之, 池永 幸子, 中村 俊樹, 石川 吾郎, 吉川 亮, 中村 和弘, 平 将人, 八田 浩一, 前島 秀和, 伊藤 美環子, 中村 洋, 伊藤 誠治
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (118) 1-19   Mar 2016
谷口義則, 中村和弘, 伊藤裕之, 平将人, 中村俊樹, 石川吾郎, 吉川亮, 八田浩一, 前島秀和, 伊藤美環子, 中村洋, 伊藤誠治
東北農業研究センター研究報告   (115) 21-36   Mar 2013
「銀河のちから」は超強力特性を持つ硬質小麦である。1996年5月に「盛系C-138(後の東北209号)」と「東北205号(ハルイブキ)」との人工交配を行い、派生系統育種法で育成した。2010年8月に育成を完了し、2011年1月に品種登録出願を行った。播性はIV、出穏期および成熟期は寒冷地の基準で"やや早"であり、寒冷地の硬質主力品種「ゆきちから」より出穏期は1日、成熟期は2日遅い。叢生はやや匍匐し株はやや開き、葉色は濃い。稗長が88cmのやや短稈種で、穂型は紡錘状、褐ふ、有芒で穂長は中程度...
谷口義則, 中村和弘, 伊藤裕之, 平将人, 中村俊樹, 石川吾郎, 吉川亮, 八田浩一, 前島秀和, 伊藤美環子, 中村洋, 伊藤誠治
東北農業研究センター研究報告   (114) 23-37   Mar 2012
「ゆきはるか」は穂数が多く多収で、スポンジケーキ適性の優れた簿力小麦である。1997年5月に麺用小麦の「東山30号(後のキヌヒメ)」と「関東117号(後のきぬあずま)」との人工交配を行い、派生系統育種法で選抜・固定をはかり、2010年8月に育成を完了し、2011年1月に品種登録申請を行った。播性はIV、出穂期および成熟期は寒冷地の基準で"やや早"であり、寒冷地で薄力粉の原料として使用されている「キタカミコムギ」より出穂期は6~8日早く、成熟期は4~6日早い。叢生は中程度で株は開き、葉色はや...
齊藤美香, 小林史典, 伊藤裕之, 新畑智也, 乙部千雅子, 石川直幸, 藤田雅也, 石川吾郎, 中村俊樹
東北農業研究センター研究報告   (114) 55-65   Mar 2012

Association Memberships