基本情報

所属
大阪市立大学
ベルリン自由大学 演劇舞踊学部 ヴァレスカ・ゲルト記念招聘教授
早稲田大学 文学学術院
京都芸術大学 芸術学部・通信教育部
成城大学 文芸学部
成蹊大学 文学部
神戸女学院大学 音楽学部
学位
博士(舞踊学)(2010年3月 ベルリン自由大学)

J-GLOBAL ID
201101017288736304

外部リンク

ダンス研究者、ダンスドラマトゥルク 。博士(舞踊学)。日本舞踊宗家藤間流師範名執藤間勘那恵。2007年よりドイツ学術交流会(DAAD)の支援を受けてベルリン自由大学で研究を行い、論文『踊りにおける老いの身体』で博士号取得。2010年ベルリン自由大学演劇研究所、助手。2011年より埼玉大学及びベルリン自由大学に、日本学術振興会 特別研究員(ポストドクター)として着任後、ベルリン自由大学国際研究センター、インターウィービング・パフォーマンス・カルチャーズのフェローとして研究を進める。ベルリン自由大学、大阪市立大学(文学部)、愛知大学(メディア芸術専攻)、尚美学園大学(舞踊学科)、神戸女学院大学(音楽学部)、早稲田大学(文化構想学部)、成蹊大学(文学部)、成城大学(文芸学部)でもダンスの教鞭をとる。

2004年からニューヨーク及びベルリン、日本でダンスドラマトゥルクの開拓者としても活躍し、ドラマトゥルギーとしてはLuciana Achugar「Exhausting Love at Danspace Project」(2006年度NYベッシー賞受賞)、砂連尾理「劇団ティクバ+循環プロジェクト」、オンケンセン ”OPEN WITH A PUNK SPIRIT! Archive Box” 、セバスティアン・マティアス ”x / groove space”などがある。2012年にベルリン、2014年に東京で、国際ダンスシンポジウム「踊りと老い」を企画・開催する。また、ダンスプログラムのキュレーション「ダンスアーカイブボックス@TPAM2016」や「ダンスのマルチプルな未来」第9回恵比寿映像祭2017のプログラムも手がける。ドラマトゥルクとしての国内外の活躍により、2017 年北米ドラマトゥルク協会エリオットヘイズ賞特別賞を受賞する。

老いと踊りの研究も並行して進め、近作に「イヴォンヌ・レイナーを巡るパフォーマティヴ・エクシビジョン」(京都・春秋座2017)、老いた革命バレエダンサーの作品(演出・振付メンファン・ワン、烏鎮演劇祭2019)がある。編著にThe Aging Body in Dance (co-edit. by Gabriele Brandstetter, Routledge, 2017)、『老いと踊り』(共編外山紀久子、勁草書房、2019年)。ベルリン自由大学ヴァレスカ・ゲルト記念招聘教授2019/20として、「ダンスアーカイブボックスベルリン」を2020年にベルリン芸術アカデミーで上演した。

 


論文

  18

書籍等出版物

  15

MISC

  55

共同研究・競争的資金等の研究課題

  15

Works(作品等)

  8

講演・口頭発表等

  84

その他

  6

委員歴

  14

メディア報道

  4