MISC

2014年4月

【徹底理解!不眠症の薬物療法管理】 知っておきたい非薬物療法 医療コミュニケーションの基本と睡眠衛生教育

薬事
  • 白石 直
  • ,
  • 渡辺 範雄

56
4
開始ページ
527
終了ページ
531
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)じほう

睡眠衛生教育とは、睡眠衛生則(睡眠の大きく影響する運動、食事やアルコール、寝室環境などの環境要因)の情報提供をとおして、個々の患者にとって適切な睡眠環境を作る介入法である。しかし、これらの情報も正しく伝わらなければ意味がなく、医療コミュニケーションの場では、それを伝達するための患者との関係づくりが重要である。そこで単なる"教育"ではなく、"心理教育"を行い、まず心理面の十分な配慮をしながら協力的な治療関係を築き、そのうえで情報を伝え、不眠のような問題に対する対処方法を習得してもらうことによって、患者が主体的に治療に取り組めるよう援助する。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS