共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

持続可能な発展のためのマイクロスケール実験

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 荻野 和子
  • ,
  • 荻野 博
  • ,
  • 猿渡 英之
  • ,
  • 栗山 恭直
  • ,
  • 小俣 乾二
  • ,
  • 渡辺 尚

課題番号
15K00907
配分額
(総額)
4,810,000円
(直接経費)
3,700,000円
(間接経費)
1,110,000円

国連「持続可能な開発のための教育 ESD」のテーマに含まれる環境問題、エネギー・資源問題への理解に適したマイクロスケール化学実験(MC)を開発した。例えば「化学とエネルギー」のテーマでは水素の発生、爆鳴気の爆発、燃料電池、いろいろな電池の実験を通じ、化学エネルギー、エネルギーの転換、水素社会、持続可能な社会の概念につながる実験プログラムをつくり、実験教室・研修を通じて改善した。
2017年8月7- 9日に9th International Symposium on Microscale Chemistryを東北大学で開催し、本研究の成果を公開した。MCの多面的な広がり,実験の愉しさが評価された。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K00907/15K00907seika.pdf