Naoki Hayashi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 4, 2018 at 13:08
 
Avatar
Name
Naoki Hayashi
Affiliation
St. Luke's International University
Section
St.Luke's International Hospital

Published Papers

 
Hayashi N, Tsunoda H, Namura M, Ochi T, Suzuki K, Yamauchi H, Nakamura S
Clinical breast cancer      Aug 2018   [Refereed]
Solid variant of mammary adenoid cystic carcinoma with basaloid featursesの1例
内田 士朗, 鈴木 高祐, 宇野 美恵子, 阿部 江利子, 林 透, 林 直輝, 山内 英子, 角野 博子, 柏葉 匡寛, 秋山 太
診断病理   35(3) 199-205   Jul 2018
Solid variant of mammary adenoid cystic carcinoma with basaloid features(以下、SBACC)の1例を報告する。46歳、女性。左乳房腫瘤に対しての針生検で浸潤性乳管癌の診断となり、乳房切除された。組織学的に腫瘍はbasaloid cellsが充実胞巣状に増殖し、腫瘍胞巣内に導管様構造がみられ、SBACCと診断した。SBACCは稀であり、他疾患との鑑別に苦慮するが、病変を認識することが診断精度の向上に重要である。(著者抄録)
Valachis A, Mamounas EP, Mittendorf EA, Hayashi N, Ishitobi M, Natoli C, Fitzal F, Rubio IT, Tiezzi DG, Shin HC, Anderson SJ, Hunt KK, Matsuda N, Ohsumi S, Totomi A, Nilsson C
Cancer   124(14) 2923-2930   Jul 2018   [Refereed]
Wada A, Hayashi N, Endo F, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
Breast cancer (Tokyo, Japan)      Jun 2018   [Refereed]
Kuwayama T, Nakamura S, Hayashi N, Takano T, Tsugawa K, Sato T, Kitani A, Okuyama H, Yamauchi H
Clinical breast cancer      Jun 2018   [Refereed]
Namura M, Tsunoda H, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Morishita E, Takei J, Suzuki K, Yamauchi H
Clinical breast cancer   18(2) 128-134   Apr 2018   [Refereed]
Fushimi Atsushi, Yoshida Atsushi, Yagata Hiroshi, Takahashi Osamu, Hayashi Naoki, Suzuki Koyu
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36(15)    May 2018   [Refereed]
Hayashi N, Takahashi Y, Matsuda N, Tsunoda H, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Yamauchi H
Clinical breast cancer   18(2) e219-e229   Apr 2018   [Refereed]
Ogita M, Nagura N, Kawamori J, In R, Yoshida A, Yamauchi H, Takei J, Hayashi N, Iwahira Y, Ohde S, Fukushima S, Sekiguchi K
Breast cancer (Tokyo, Japan)   25(2) 167-175   Mar 2018   [Refereed]
Yoshida A, Hayashi N
Journal of surgical oncology   117(2) 329   Feb 2018   [Refereed]
Hu Q, Masuda T, Sato K, Tobo T, Nambara S, Kidogami S, Hayashi N, Kuroda Y, Ito S, Eguchi H, Saeki H, Oki E, Maehara Y, Mimori K
Annals of surgical oncology   25(3) 745-753   Mar 2018   [Refereed]
Yoshida A, Hayashi N, Suzuki K, Takimoto M, Nakamura S, Yamauchi H
Journal of surgical oncology   116(8) 1021-1028   Dec 2017   [Refereed]
The loss of lymph node metastasis after neoadjuvant chemotherapy in patients with cytologically proven node-positive primary breast cancer
Namura Maki, Hayashi Naoki, Tsunoda Hiroko, Yoshida Atsushi, Takei Junko, Suzuki Koyu, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko
CANCER RESEARCH   78(4)    Feb 2018   [Refereed]
Masuda H, Qi Y, Liu S, Hayashi N, Kogawa T, Hortobagyi GN, Tripathy D, Ueno NT
Oncotarget   8(41) 70481-70495   Sep 2017   [Refereed]
Iwase M, Tsunoda H, Nakayama K, Morishita E, Hayashi N, Suzuki K, Yamauchi H
Breast cancer (Tokyo, Japan)   24(4) 579-584   Jul 2017   [Refereed]
Masuda T, Hayashi N, Kuroda Y, Ito S, Eguchi H, Mimori K
Cancers   9(9)    Sep 2017   [Refereed]
Sekido Y, Ohigashi S, Takahashi T, Hayashi N, Suzuki K, Hirota S
Anticancer research   37(3) 1425-1431   Mar 2017   [Refereed]
Nakayama K, Yagata H, Hayashi N, Yoshida A, Takei J, Moriya T, Suzuki K, Yamauchi H
Pathology international   67(2) 118-120   Feb 2017   [Refereed]
Sato T, Kokabu S, Enoki Y, Hayashi N, Matsumoto M, Nakahira M, Sugasawa M, Yoda T
In vivo (Athens, Greece)   31(3) 321-328   May 2017   [Refereed]
Hayashi N, Iwamoto T, Qi Y, Niikura N, Santarpia L, Yamauchi H, Nakamura S, Hortobagyi GN, Pusztai L, Symmans WF, Ueno NT
Journal of Cancer   8(6) 1045-1052   2017   [Refereed]
Ogiya R, Niikura N, Kumaki N, Bianchini G, Kitano S, Iwamoto T, Hayashi N, Yokoyama K, Oshitanai R, Terao M, Morioka T, Tsuda B, Okamura T, Saito Y, Suzuki Y, Tokuda Y
Cancer science   107(12) 1730-1735   Dec 2016   [Refereed]
Kataoka A, Iwamoto T, Tokunaga E, Tomotaki A, Kumamaru H, Miyata H, Niikura N, Kawai M, Anan K, Hayashi N, Masuda S, Tsugawa K, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Kinoshita T, Nakamura S, Tokuda Y
Breast cancer research and treatment   160(1) 163-172   Nov 2016   [Refereed]
Niikura N, Ota Y, Hayashi N, Naito M, Kashiwabara K, Watanabe K, Yamashita T, Mukai H, Umeda M
Japanese journal of clinical oncology   46(9) 879-882   Sep 2016   [Refereed]
Enokido K, Watanabe C, Nakamura S, Ogiya A, Osako T, Akiyama F, Yoshimura A, Iwata H, Ohno S, Kojima Y, Tsugawa K, Motomura K, Hayashi N, Yamauchi H, Sato N
Clinical breast cancer   16(4) 299-304   Aug 2016   [Refereed]
[The Role of Preoperative Chemotherapy Depending on Breast Cancer Subtype].
Hayashi N, Iwase M, Ochi T, Seki A, Matsuda N, Yamauchi H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(10) 1149-1156   Oct 2016   [Refereed]
Niikura N, Hashimoto J, Kazama T, Koizumi J, Ogiya R, Terao M, Oshitanai R, Morioka T, Tsuda B, Okamura T, Saito Y, Iwaisako K, Iwamoto T, Hayashi N, Imai Y, Tokuda Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(4) 662-667   Jul 2016   [Refereed]
Kawai M, Tomotaki A, Miyata H, Iwamoto T, Niikura N, Anan K, Hayashi N, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Masuda S, Tsugawa K, Kinoshita T, Nakamura S, Tokuda Y
Cancer medicine   5(6) 1328-1340   Jun 2016   [Refereed]
Iwamoto T, Kelly C, Mizoo T, Nogami T, Motoki T, Shien T, Taira N, Hayashi N, Niikura N, Fujiwara T, Doihara H, Matsuoka J
Clinical breast cancer   16(2) 95-100.e1   Apr 2016   [Refereed]
Iwamoto T, Kumamaru H, Miyata H, Tomotaki A, Niikura N, Kawai M, Anan K, Hayashi N, Masuda S, Tsugawa K, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Iijima K, Matsuoka J, Doihara H, Kinoshita T, Nakamura S, Tokuda Y
Breast cancer research and treatment   156(3) 485-494   Apr 2016   [Refereed]
Kinoshita T, Fukui N, Anan K, Iwamoto T, Niikura N, Kawai M, Hayashi N, Tsugawa K, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Masuda S, Iijima K, Nakamura S, Tokuda Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(1) 39-49   Jan 2016   [Refereed]
Iwase Madoka, Hayashi Naoki, Yoshida Atsushi, Kajiura Yuka, Takei Junko, Suzuki Koyu, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34(15)    May 2016   [Refereed]
Nagura-Inomata N, Iwahira Y, Hayashi N, Komiya T, Takahashi O
SpringerPlus   5 579   May 2016   [Refereed]
Hayashi Naoki, Iwase Madoka, Yoshida Atsushi, Takahashi Yuko, Takei Junko, Suzuki Koyu, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34(15)    May 2016   [Refereed]
Yoshidaya F, Hayashi N, Takahashi K, Suzuki K, Akiyama F, Ishiyama M, Takahashi Y, Yoshida A, Yagata H, Nakamura S, Tsunoda H, Yamauchi H
Surgical case reports   1(1) 121   Dec 2015   [Refereed]
Kondo T, Hayashi N, Ohde S, Suzuki K, Yoshida A, Yagata H, Niikura N, Iwamoto T, Kida K, Murai M, Takahashi Y, Tsunoda H, Nakamura S, Yamauchi H
Journal of surgical oncology   112(5) 476-480   Oct 2015   [Refereed]
Anan K, Fukui N, Kinoshita T, Iwamoto T, Niikura N, Kawai M, Hayashi N, Tsugawa K, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Masuda S, Iijima K, Nakamura S, Tokuda Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(1) 50-61   Oct 2015   [Refereed]
Iwamoto T, Fukui N, Kinoshita T, Anan K, Niikura N, Kawai M, Hayashi N, Tsugawa K, Aogi K, Ishida T, Masuoka H, Masuda S, Iijima K, Nakamura S, Tokuda Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(1) 62-72   Oct 2015   [Refereed]
Onoda T, Yamauchi H, Yagata H, Tsugawa K, Hayashi N, Yoshida A, Suzuki K, Sakurai O, Nakamura S
Breast cancer (Tokyo, Japan)   22(4) 406-412   Jul 2015   [Refereed]
Hayashi N, Niikura N, Masuda N, Takashima S, Nakamura R, Watanabe K, Kanbayashi C, Ishida M, Hozumi Y, Tsuneizumi M, Kondo N, Naito Y, Honda Y, Matsui A, Fujisawa T, Oshitanai R, Yasojima H, Yamauchi H, Saji S, Iwata H
Breast cancer research and treatment   149(1) 277-284   Jan 2015   [Refereed]
Kuwayama Takashi, Yamauchi Hideko, Takano Toshimi, Tsugawa Koichiro, Sato Takanobu, Kitani Akira, Hayashi Naoki, Okuyama Hiromi, Nakamura Seigo
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33(28)    Oct 2015   [Refereed]
Akaike G, Tsunoda H, Hayashi N, Onoda T, Honda S, Suzuki K, Ohde S, Yamauchi H, Saida Y
Clinical breast cancer   14(5) 352-357   Oct 2014   [Refereed]
Hayashi N, Manyam GC, Gonzalez-Angulo AM, Niikura N, Yamauchi H, Nakamura S, Hortobágyi GN, Baggerly KA, Ueno NT
The oncologist   19(9) 909-914   Sep 2014   [Refereed]
Yamauchi H, Nakagawa C, Yamashige S, Takei H, Yagata H, Yoshida A, Hayashi N, Hornberger J, Yu T, Chao C, Yoshizawa C, Nakamura S
BMC health services research   14 372   Sep 2014   [Refereed]
Niikura N, Hayashi N, Masuda N, Takashima S, Nakamura R, Watanabe K, Kanbayashi C, Ishida M, Hozumi Y, Tsuneizumi M, Kondo N, Naito Y, Honda Y, Matsui A, Fujisawa T, Oshitanai R, Yasojima H, Tokuda Y, Saji S, Iwata H
Breast cancer research and treatment   147(1) 103-112   Aug 2014   [Refereed]
Yamauchi H, Nakagawa C, Takei H, Chao C, Yoshizawa C, Yagata H, Yoshida A, Hayashi N, Hell S, Nakamura S
Clinical breast cancer   14(3) 191-197   Jun 2014   [Refereed]
Comparison of tumor-infiltrating lymphocytes between primary and metastatic tumors in breast cancer patients.
Ogiya Rin, Kumaki Nobue, Bianchini Giampaolo, Iwamoto Takayuki, Hayashi Naoki, Tanaka Toshiya, Niikura Naoki, Tokuda Yutaka
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33(15)    May 2015   [Refereed]
Matsuda N, Hayashi N, Ohde S, Yagata H, Kajiura Y, Yoshida A, Suzuki K, Nakamura S, Tsunoda H, Yamauchi H
Journal of surgical oncology   109(8) 764-769   Jun 2014   [Refereed]
Low tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) to predict and refine risk in patients not achieving a pathological complete response (pCR) in HER2-positive breast cancers.
Hayashi Naoki, Bianchini Giampaolo, Murai Michiko, Suzuki Koyu, Uno Mieko, Uchida Shiro, Yagata Hiroshi, Yoshida Atsushi, Iwamoto Takayuki, Niikura Naoki, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33(15)    May 2015   [Refereed]
Abe E, Suzuki K, Hayashi N, Yang Y, Li CP, Uno M, Akiyama F, Yamauchi H, Nakamura S, Tsugawa K, Tsunoda H, Ohde S, Sasano H
Pathology international   64(2) 58-66   Feb 2014   [Refereed]
Abe Eriko, Hayashi Naoki, Onoda Toshinao, Yang Yang, Uno Mieko, Yamauchi Hideko, Ohde Sachiko, Suzuki Koyu
CANCER RESEARCH   75    May 2015   [Refereed]
Itoh M, Iwamoto T, Matsuoka J, Nogami T, Motoki T, Shien T, Taira N, Niikura N, Hayashi N, Ohtani S, Higaki K, Fujiwara T, Doihara H, Symmans WF, Pusztai L
Breast cancer research and treatment   143(2) 403-409   Jan 2014   [Refereed]
Yoshida Atsushi, Hayashi Naoki, Yagata Hiroshi, Suzuki Koyu, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko
CANCER RESEARCH   75    May 2015   [Refereed]
Natori A, Hayashi N, Soejima K, Deshpande GA, Takahashi O, Cristofanilli M, Ueno NT, Yamauchi H
Clinical breast cancer   13(6) 460-464   Dec 2013   [Refereed]
Iwamoto Takayuki, Kelly Catherine, Bianchini Giampalo, Mizoo Takeo, Nogami Tomohiro, Motoki Takayuki, Shien Tadahiko, Taira Naruto, Hayashi Naoki, Niikura Naoki, Fujiwara Toshiyoshi, Doihara Hiroyoshi, Matsuoka Junji
CANCER RESEARCH   75    May 2015   [Refereed]
Yagata H, Yamauchi H, Tsugawa K, Hayashi N, Yoshida A, Kajiura Y, In R, Matsuda N, Nakamura S
Clinical breast cancer   13(6) 471-477   Dec 2013   [Refereed]
Hayashi Naoki, Niikura Naoki, Masuda Norikazu, Takashima Seiki, Nakamura Rikiya, Watanabe Ken-Ichi, Kanbayashi Chizuko, Ishida Mayumi, Hozumi Yasuo, Tsuneizumi Michiko, Kondo Naoto, Naito Yoichi, Honda Yayoi, Matsui Akira, Fujisawa Tomomi, Oshitanai Risa, Yasojima Hiroyuki, Yamauchi Hideko, Saji Shigehira, Iwata Hiroji
CANCER RESEARCH   75    May 2015   [Refereed]
Hayashi N, Costelloe CM, Hamaoka T, Wei C, Niikura N, Theriault RL, Hortobagyi GN, Madewell JE, Ueno NT
Clinical breast cancer   13(1) 24-30   Feb 2013   [Refereed]
Niikura N, Kimura M, Iwamoto T, Hayashi N, Shintoku J, Saito Y, Suzuki Y, Tokuda Y
Breast cancer (Tokyo, Japan)   20(1) 67-74   Jan 2013   [Refereed]
Hayashi N, Niikura N, Yamauchi H, Nakamura S, Ueno NT
Breast cancer research and treatment   137(2) 523-531   Jan 2013   [Refereed]
Santarpia L, Iwamoto T, Di Leo A, Hayashi N, Bottai G, Stampfer M, André F, Turner NC, Symmans WF, Hortobágyi GN, Pusztai L, Bianchini G
The oncologist   18(10) 1063-1073   Oct 2013   [Refereed]
Yoshida A, Hayashi N, Akiyama F, Yamauchi H, Uruno T, Kikuchi M, Yagata H, Tsugawa K, Suzuki K, Nakamura S, Tsunoda H
Clinical breast cancer   12(6) 398-403   Dec 2012   [Refereed]
Classification of molecular subtypes of triple-negative breast cancer using reverse phase protein arrays (RPPAs).
Masuda Hiroko, Qi Yuan, Liu Shuying, Hayashi Naoki, Kogawa Takahiro, Hortobagyi Gabriel N., Valero Vicente, Gonzalez-Angulo Ana M., Ueno Naoto T.
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32(15)    May 2014   [Refereed]
Arima Y, Hayashi N, Hayashi H, Sasaki M, Kai K, Sugihara E, Abe E, Yoshida A, Mikami S, Nakamura S, Saya H
International journal of cancer   130(11) 2568-2579   Jun 2012   [Refereed]
A nomogram associated with high probability of invasive carcinoma on the surgical specimen in patients with preoperative diagnosis of ductal carcinoma in situ of the breast
Kondo Takafumi, Hayashi Naoki, Ohde Sachiko, Yagata Hiroshi, Yoshida Atsushi, Nakamura Seigo, Suzuki Koyu, Tsunoda Hiroko, Yamauchi Hideko
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32(15)    May 2014   [Refereed]
Hayashi Naoki, Nakamura Seigo, Tokuda Yasuharu, Shimoda Yuji, Yagata Hiroshi, Yoshida Atsushi, Ota Hidekazu, Hortobagyi Gabriel N., Cristofanilli Massimo, Ueno Naoto T.
INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   17(2) 96-104   Apr 2012   [Refereed]
Hayashi N, Tsunoda H, Abe E, Kikuchi M, Enokido K, Tsugawa K, Suzuki K, Nakamura S
Breast cancer (Tokyo, Japan)   19(2) 131-137   Apr 2012   [Refereed]
Hayashi N, Yamauchi H
Breast cancer (Tokyo, Japan)   19(2) 110-117   Apr 2012   [Refereed]
Hayashi N, Nakamura S, Tokuda Y, Yagata H, Yoshida A, Ota H, Hortobagyi GN, Cristofanilli M, Ueno NT
International journal of clinical oncology   17(1) 55-62   Feb 2012   [Refereed]
Niikura N, Liu J, Hayashi N, Palla SL, Tokuda Y, Hortobagyi GN, Ueno NT, Theriault RL
Cancer   118(8) 2039-2047   Apr 2012   [Refereed]
Niikura N, Liu J, Hayashi N, Mittendorf EA, Gong Y, Palla SL, Tokuda Y, Gonzalez-Angulo AM, Hortobagyi GN, Ueno NT
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   30(6) 593-599   Feb 2012   [Refereed]
Hayashi N, Nakamura S, Yagata H, Shimoda Y, Ota H, Hortobagyi GN, Cristofanilli M, Ueno NT
International journal of clinical oncology   16(5) 596-600   Oct 2011   [Refereed]
Okuda J, Hayashi N, Arakawa M, Minagawa S, Gotoh N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   19(4) 653-664   Aug 2013   [Refereed]
Niikura N, Liu J, Hayashi N, Palla SL, Tokuda Y, Hortobagyi GN, Ueno NT, Theriault RL
The oncologist   16(2) 155-164   Feb 2011   [Refereed]
Clinicopathologic feat-ores of multiple phyllodes tumors of the breast
Yoshidaya Fumi, Hayashi Naoki, Yoshida Atsushi, Yagata Hiroshi, Tsunoda Hiroko, Suzuki Koyu, Nakamura Seigo, Yamauchi Hideko
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   31(15)    May 2013   [Refereed]
Niikura N, Liu J, Costelloe CM, Palla SL, Madewell JE, Hayashi N, Yu TK, Tokuda Y, Theriault RL, Hortobagyi GN, Ueno NT
The oncologist   16(6) 772-782   2011   [Refereed]
The negative prognostic impact of downstaging after neoadjuvant chemotherapy in patients with hormone-receptor positive breast cancer.
Takahashi Yuko, Hayashi Naoki, Matsuda Naoko, Kajiura Yuka, Yoshida Atsushi, Yagata Hiroshi, Nakamura Seigo, Suzuki Koyu, Tsunoda Hiroko, Yamauchi Hideko
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   31(15)    May 2013   [Refereed]
Hayashi N, Iwamoto T, Gonzalez-Angulo AM, Ferrer-Lozano J, Lluch A, Niikura N, Bartholomeusz C, Nakamura S, Hortobagyi GN, Ueno NT
The oncologist   16(7) 956-965   Jul 2011   [Refereed]
Onishi T, Hayashi N, Theriault RL, Hortobagyi GN, Ueno NT
Nature reviews. Clinical oncology   7(11) 641-651   Nov 2010   [Refereed]
Tsunoda-Shimizu H, Hayashi N, Hamaoka T, Kawasaki T, Tsugawa K, Yagata H, Kikuchi M, Suzuki K, Nakamura S
Breast cancer (Tokyo, Japan)   15(2) 133-140   Apr 2008   [Refereed]
Takamoto Y, Tsunoda H, Kikuchi M, Hayashi N, Honda S, Koyama T, Ohde S, Yagata H, Yoshida A, Yamauchi H
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   14(5) 3037-3040   2013   [Refereed]
[Management of bone metastases from breast cancer].
Hayashi N, Yamauchi H, Nakamura S
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39(8) 1174-1177   Aug 2012   [Refereed]
Bartholomeusz Chandra, Gonzalez-Angulo Ana M., Liu Ping, Hayashi Naoki, Lluch Ana, Ferrer-Lozano Jaime, Hortobagyi Gabriel N.
ONCOLOGIST   17(6) 766-774   Jun 2012   [Refereed]
Niikura Naoki, Costelloe Colleen M., Madewell John E., Hayashi Naoki, Yu Tse-Kuan, Liu Jun, Palla Shana L., Tokuda Yutaka, Theriault Richard L., Hortobagyi Gabriel N., Ueno Naoto T.
ONCOLOGIST   16(8) 1111-1119   Aug 2011   [Refereed]
Bartholomeusz Chandra, Gonzalez-Angulo Ana, Liu Ping, Hayashi Naoki, Hortobagyi Gabriel N., Ueno Naoto T.
CANCER RESEARCH   70    Apr 2010   [Refereed]
Bartholomeusz Chandra, Gonzalez-Angulo Ana M., Kazansky Anna, Krishnamurthy Savitri, Liu Ping, Yuan Linda X. H., Yamasaki Fumiyuki, Liu Shuying, Hayashi Naoki, Zhang Dongwei, Esteva Francisco J., Hortobagyi Gabriel N., Ueno Naoto T.
CLINICAL CANCER RESEARCH   16(6) 1802-1811   Mar 2010   [Refereed]
Ohigashi S, Hayashi N, Shimada G, Onodera H
Digestive surgery   24(3) 173-176   2007   [Refereed]

Misc

 
若年者乳がんにおける諸問題 若年乳癌患者の妊孕性温存と予後・妊娠に関する検討
和田 朝香, 梶浦 由香, 秋谷 文, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 塩田 恭子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 226-226   Jul 2017
術前化学療法後完全消失症例の乳房非手術を目指した完全消失判定精度の向上を評価する多施設共同研究
林 直輝, 南村 真紀, 角田 博子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 253-253   Jul 2017
ER陽性HER2陰性原発乳癌に対するアンスラサイクリンにタキサンを追加した術後化学療法の有用性の検討
北條 隆, 増田 慎三, 岩本 高行, 青儀 健二郎, 阿南 敬生, 飯島 耕太郎, 石田 孝宣, 河合 賢朗, 坂谷 貴司, 新倉 直樹, 増岡 秀次, 宮田 裕章, 隈丸 拓, 小島 康幸, 相良 安昭, 林 直輝, 吉田 正行, 徳田 裕, 中村 清吾, 津田 均
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 258-258   Jul 2017
当院における若年性乳癌患者の乳房再建の現状
名倉 直美, 岩平 佳子, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 318-318   Jul 2017
TNBC乳癌およびHER2陽性乳癌におけるTILs低発現と術前化学療法治療効果および予後予測の関連
越智 友洋, 林 直輝, 村井 美知子, 吉田 敦, 竹井 淳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 379-379   Jul 2017
自覚症状の有無でトリプルネガティブ乳癌は病態・超音波画像が異なるか?
村井 美知子, 角田 博子, 高橋 理, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回 476-476   Jul 2017
【乳癌のすべて】 診断・治療の進歩 術前化学療法の評価 非手術へ向けて
林 直輝
医学のあゆみ   261(5) 405-409   Apr 2017
術前化学療法は乳癌のサブタイプにより治療効果および予後が異なることが明らかになり、その意義もサブタイプ別で異なる。病理学的完全消失(pCR)となった場合、HER2陽性乳癌やトリプルネガティブ乳癌においては独立した予後予測因子となる一方、ER陽性HER2陰性乳癌ではpCR率も低く、予後に影響しないと報告されている。しかしER陽性乳癌であっても術式のダウングレードが期待できる。術前化学療法を行うと、浸潤癌および周囲の乳管内成分の広がりを診断することは困難になることがあり、残存病変の評価はマンモ...
林 直輝, 和田 朝香, 本成 登貴和, 深津 裕美, 石井 太祐, 関 晶南, 越智 友洋, 中山 可南子, 矢崎 秀
Cancer Board Square   3(1) 5-20   Feb 2017
【Liquid biopsy】 CTCとDTC 基礎と臨床
林 直輝
乳癌の臨床   32(1) 7-13   Feb 2017
人工物による乳房再建術後の手術部位感染対策の有用性
名倉 直美, 岩平 佳子, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 山内 英子
日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   46回 134-134   Dec 2016
【術前化学療法における予後の向上】 乳癌サブタイプ別の術前化学療法の意義
林 直輝, 岩瀬 まどか, 越智 友洋, 関 晶南, 松田 直子, 山内 英子
癌と化学療法   43(10) 1149-1156   Oct 2016
原発乳癌に対する術前化学療法は乳癌のサブタイプにより治療効果および予後が異なることが明らかになり、術前化学療法の意義もサブタイプ別で異なるようになった。ER陽性HER2陰性であるLuminalタイプ乳癌では病理学的完全消失(pCR)率も低く、pCRが予後に影響しない一方、HER2タイプ乳癌やトリプルネガティブタイプ乳癌ではpCR率も高い上に予後良好の指標となることが示されている。しかし、Luminalタイプでも術後化学療法を要するような、いわゆるLuminal Bタイプの見極めや術前化学療...
マンモトーム生検導入による原発乳癌の術前化学療法後完全消失判定精度の向上
林 直輝, 中村 清吾, 角田 博子, 岩瀬 拓士, 秋山 太, 津川 浩一郎, 武井 寛幸, 大出 幸子
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 SR-4   Oct 2016
腸骨転移から甲状腺濾胞癌の診断に至り、同時手術を施行した1例
吉田 拓人, 宇留野 隆, 五木田 茶舞, 和田 朝香, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 鈴木 高祐, 黒田 栄史, 山内 英子
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33(Suppl.2) S258-S258   Sep 2016
再発甲状腺乳頭癌の未分化転化による胸水及び心嚢液貯留に対して、lenvatinibが奏功した1例
和田 朝香, 宇留野 隆, 竹井 淳子, 扇田 信, 吉田 敦, 林 直輝, 山内 英子
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33(Suppl.2) S276-S276   Sep 2016
ECPR導入における臨床工学技士の取り組みと効果
林 直輝, 赤間 創造, 浜矢 早苗, 石原 昭三
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   25回 CO018-CO018   Jul 2016
命にかかわらない乳癌をいかに見極められるか 検診発見乳癌の生物学的特徴 乳癌登録データより205,544例の検討
岩本 高行, 隈丸 拓, 宮田 裕章, 友滝 愛, 新倉 直樹, 河合 賢朗, 阿南 敬生, 林 直輝, 増田 しのぶ, 津川 浩一郎, 青儀 健二郎, 石田 孝宣, 増岡 秀次, 松岡 順治, 土井原 博義, 木下 貴之, 中村 清吾, 徳田 裕, 日本乳癌学会登録委員会
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 225-225   Jun 2016
ER陽性HER2陰性乳癌におけるホルモン受容体発現度と核グレードの晩期再発の予測因子としての検討
岩瀬 まどか, 林 直輝, 梶浦 由香, 吉田 敦, 竹井 淳子, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 246-246   Jun 2016
妊娠期乳癌 胎児期に化学療法に暴露された児の影響について
深津 裕美, 北川 瞳, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 秋谷 文, 塩田 恭子, 山中 美智子, 小澤 美和, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 247-247   Jun 2016
乳腺アポクリン病変診断におけるp62免疫組織染色の有用性の検討
野嵜 史, 中西 陽子, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子, 鈴木 高祐, 増田 しのぶ
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 271-271   Jun 2016
若年乳癌患者の臨床病理学的因子と予後の検討
和田 朝香, 梶浦 由香, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 314-314   Jun 2016
サブタイプ別にみた術前化学療法治療感受性と予後との関連
高橋 侑子, 林 直輝, 竹井 淳子, 吉田 敦, 角田 博子, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 345-345   Jun 2016
医療者と患者をつなぐ乳房再建手帳の意義
金井 久子, 名倉 直美, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 細川 恵子, 岩平 佳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 353-353   Jun 2016
マンモグラフィにおける構築の乱れに関する検証
喜多 久美子, 角田 博子, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 400-400   Jun 2016
クーパー靱帯内石灰化の良悪性についての検討
中山 可南子, 角田 博子, 野嵜 史, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 森下 恵美子, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 401-401   Jun 2016
若年性乳癌における乳房再建の検討
名倉 直美, 岩平 佳子, 林 直輝, 吉田 敦, 竹井 淳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 436-436   Jun 2016
乳癌・乳房切除術後照射の治療成績の検討
河守 次郎, 福島 祥子, 柏山 史穂, 扇田 真美, 関口 建次, 竹井 淳子, 吉田 敦, 林 直輝, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 459-459   Jun 2016
HBOC(hereditary breast and ovarian cancer)患者の個別化診療
竹井 淳子, 吉田 敦, 林 直輝, 青木 美紀子, 大川 恵, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 578-578   Jun 2016
トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA1/2遺伝子変異陽性率の検討
北川 瞳, 矢形 寛, 吉田 敦, 青木 美紀子, 大川 恵, 金井 久子, 林 直輝, 山内 英子
乳癌の臨床   31(3) 223-227   Jun 2016
BRCA1/2遺伝子変異、とくにBRCA1ではトリプルネガティブ乳癌(TNBC)との関連が示唆されているが、日本人における報告は少ない。そこで、当院で遺伝子検査を施行したTNBCにおける遺伝カウンセリングおよびBRCA1/2遺伝子検査実施数、BRCA1/2遺伝子変異保有率、さらに家族歴を後ろ向きに調査した。対象は2011年1月から2013年7月に当院で手術を行ったTNBC154例。遺伝カウンセリングを35例に、遺伝子検査を24例に施行し、BRCA1/2遺伝子変異を7例(29.2%、BRCA...
【Liquid Biopsyの現状と将来展望】 HER2陽性循環癌細胞の臨床的意義
林 直輝, 岩瀬 まどか
細胞   48(5) 222-224   May 2016
新たな治療戦略、新規薬剤の開発にも関わらず、転移乳癌は未だ根治が困難である。このため、転移乳癌に対する治療はQOLを維持しながら無進行期間または生存期間の延長を目的に行う事になる。治療のモニタリングとして血清CEA、CA15-3などの腫瘍マーカーやCTなどの画像検査を用いる。しかし、治療効果評価の正確性、コスト、被爆等が継続的なモニタリングにおいて問題になる。そこで近年、非侵襲的な治療効果予測及び予後予測マーカーとしての可能性を求めて末梢血中の循環癌細胞(Circulating Tumor...
硬化性腺症を伴う非浸潤性乳管癌は高頻度に両側性発生を来す
吉田 敦, 林 直輝, 角田 博子, 鈴木 高祐, 中村 清吾
昭和学士会雑誌   76(2) 236-236   Apr 2016
林 直輝, 北川 瞳
Cancer Board Square   2(1) 15-30   Feb 2016
マンモトーム生検導入による原発乳癌の術前化学療法後完全消失判定精度の向上
林 直輝, 中村 清吾, 角田 博子, 岩瀬 拓士, 秋山 太, 津川 浩一郎, 武井 寛幸, 大出 幸子
日本癌治療学会誌   50(3) 2053-2053   Sep 2015
乳癌・子宮癌既往者の骨粗鬆症に対する治療
林 直輝
日本医事新報   (4766) 63-64   Aug 2015
乳癌術後にリンパ節再発と鑑別を要したサルコイドーシスの1例
和田 朝香, 矢形 寛, 吉田 敦, 林 直輝, 角田 博子, 鈴木 高祐, 山内 英子
乳癌の臨床   30(4) 351-355   Aug 2015
症例は62歳女性。右乳癌の診断で右乳房切除術および腋窩郭清を施行し、浸潤性乳管癌、病期pT3N3bM0 stageIIIcであった。術後は化学療法(FEC-DOC)、右胸壁・鎖骨上に放射線照射(計50Gy)、内分泌療法(レトロゾール)を行った。術後3年めのPET-CTにて左鎖骨上リンパ節・縦隔・両側肺門・胃噴門部にリンパ節腫大を認めた。乳癌のリンパ節再発を疑い、左鎖骨上リンパ節に穿刺吸引細胞診を施行したが転移の所見はみられなかった。胸腔鏡下縦隔リンパ節生検を施行し、病理学的に典型的な類上皮...
乳癌クリニックが支えるこれからの乳癌診療 電子カルテを共有した病診連携システムの経験
猿丸 修平, 山内 英子, 吉田 敦, 林 直輝
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 211-211   Jul 2015
ビッグデータの活用 NCD-乳癌登録を用いた臨床研究及び、クォリティーインディケーターへの展開 National Clinical Database(NCD)乳癌登録データを利用した研究課題の公募と選考基準
阿南 敬生, 木下 貴之, 増岡 秀次, 石田 孝宣, 林 直輝, 飯島 耕太郎, 青儀 健二郎, 新倉 直樹, 増田 しのぶ, 津川 浩一郎, 河合 賢朗, 岩本 高行, 宮田 裕章, 徳田 裕
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 239-239   Jul 2015
Heterogeneity 臨床におけるtumor heterogeneityの意義
林 直輝
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 283-283   Jul 2015
妊娠期乳癌 チーム治療の実践と経過
北川 瞳, 林 直輝, 吉田 敦, 秋谷 文, 塩田 恭子, 山中 美智子, 矢形 寛, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 305-305   Jul 2015
HER2陽性脳転移乳癌症例の予後予測因子の検討 多施設共同後ろ向きコホート研究
中村 力也, 林 直輝, 新倉 直樹, 増田 慎三, 高嶋 成輝, 渡邊 健一, 神林 智寿子, 石田 真弓, 佐治 重衡, 岩田 広治
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 314-314   Jul 2015
エキスパンダーを用いた人工乳房再建時の感染リスク因子の検討
吉田 敦, 猪股 直美, 尹 玲花, 竹井 淳子, 岩平 佳子, 磯村 智子, 林 直輝, 矢形 寛, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 345-345   Jul 2015
Reverse phase protein arrays(RPPAs)を用いたTNBCのsubutype分類
増田 紘子, Yuan Qi, 林 直輝, 上野 直人
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 416-416   Jul 2015
術前化学療法施行HER2陽性原発乳癌におけるsTILsの意義
村井 美知子, 林 直輝, 鈴木 高祐, 吉田 敦, 矢形 寛, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 422-422   Jul 2015
術前化学療法後MRI上完全奏効例における乳癌受容体発現別の病理組織学的効果判定
南村 真紀, 角田 博子, 矢形 寛, 森下 恵美子, 林 直輝, 吉田 敦, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 428-428   Jul 2015
インプラントによる乳房再建時の放射線治療のタイミングと合併症
扇田 真美, 河守 次郎, 柏山 史穂, 関口 建次, 尹 玲花, 吉田 敦, 林 直輝, 矢形 寛, 岩平 佳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 434-434   Jul 2015
術中迅速診断でセンチネルリンパ節転移偽陰性の原因及び意義
阿部 江利子, 林 直輝, 楊 陽, 内田 士朗, 宇野 美恵子, 小野田 敏尚, 大出 幸子, 山内 英子, 鈴木 高祐
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 436-436   Jul 2015
葉状腫瘍99症例の臨床病理学的検討
和田 朝香, 林 直輝, 吉田谷 芙美, 矢形 寛, 吉田 敦, 角田 博子, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 617-617   Jul 2015
当院で診断したMucocele-like tumor症例の転帰
梶浦 由香, 林 直輝, 吉田 敦, 矢形 寛, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 618-618   Jul 2015
Triple Negative Breast CancerのMRI画像の特徴と治療効果・予後
本成 登貴和, 吉田 敦, 角田 博子, 林 直輝, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回 667-667   Jul 2015
遺伝性乳がん・卵巣がん症候群に併発した家族性GISTの1例
関戸 悠紀, 大東 誠司, 林 直輝, 嶋田 元, 久保田 啓介, 柵瀬 信太郎, 太田 惠一朗, 鈴木 高祐, 廣田 誠一
日本消化器外科学会総会   70回 P-131   Jul 2015
乳癌センチネルリンパ節転移陽性に対する成績と工夫 乳癌センチネルリンパ節転移陽性例に対する腋窩非郭清 当院の取り組みと問題点
矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子
日本外科系連合学会誌   40(3) 465-465   May 2015
小川 命子, 石黒 弘美, 三田 尚子, 内田 士朗, 宇野 美恵子, 角田 博子, 林 直輝, 山内 英子, 澤田 達男, 鈴木 高祐
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 176-176   Apr 2015
乳がん患者の労働能力と生活の質に関する研究 ホルモン療法中の就労に焦点化して
青柳 秀昭, 小松 浩子, 山内 英子, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 金井 久子, 谷野 裕一, 仙石 紀彦, 児玉 美由紀
日本がん看護学会誌   29(Suppl.) 233-233   Jan 2015
【ステロイドホルモンと骨-基礎から臨床まで】 性ステロイドと骨代謝 乳癌患者におけるアロマターゼ阻害薬と骨粗鬆症
林 直輝, 山内 英子, 佐治 重衡
THE BONE   28(4) 429-434   Dec 2014
アロマターゼ阻害薬は閉経後ホルモン受容体陽性乳癌患者に対する術後ホルモン治療の第一選択薬として用いられる。しかし、原発性骨粗鬆症の好発年齢と重なる閉経後症例におけるアロマターゼ阻害薬の使用は、患者の血液中エストロゲン濃度を低下させるため、さらなる骨密度低下を引き起こす可能性がある。このため、骨粗鬆症に対する早期からのモニタリングと対策が重要である。(著者抄録)
中山 可南子, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子
日本臨床外科学会雑誌   75(10) 2926-2926   Oct 2014
乳房超音波にて、境界明瞭な腫瘤として認められた古典型浸潤性小葉癌の1例
南村 真紀, 角田 博子, 鈴木 高祐, 矢形 寛, 森下 恵美子, 林 直輝, 松田 直子, 山内 英子
乳腺甲状腺超音波医学   3(4) 107-107   Sep 2014
腋窩リンパ節転移陽性乳癌に対する術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検の検討
榎戸 克年, 渡邊 知映, 中村 清吾, 荻谷 朗子, 大迫 智, 秋山 太, 堀尾 章代, 岩田 広治, 大野 真司, 小島 康幸, 津川 浩一郎, 元村 和由, 林 直輝, 山内 英子, 佐藤 信昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 205-205   Jul 2014
Oncotype DXの有用性と問題点
林 直輝, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 221-221   Jul 2014
転移乳癌におけるliquid biopsyの臨床的意義に関する研究
林 直輝, 中村 清吾, 山内 英子, 徳田 安春, 矢形 寛, 吉田 敦, 大田 秀一, Hortobagyi Gabriel N., Cristofanilli Massimo, Ueno Naoto T.
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 228-228   Jul 2014
乳癌脳転移症例におけるサブタイプ別治療経過並びに予後因子 多施設後ろ向きコホート研究
高嶋 成輝, 新倉 直樹, 大下内 理沙, 林 直輝, 八十島 宏行, 中村 力也, 佐治 重衡, 増田 慎三, 徳田 裕, 岩田 広治, 渡邊 健一, 神林 智寿子, 石田 真弓
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 249-249   Jul 2014
ER陽性HER2陽性原発乳癌におけるPR発現の意義
高橋 侑子, 林 直輝, 岩本 高行, 松田 直子, 吉田 敦, 中村 清吾, 矢形 寛, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 258-258   Jul 2014
遺伝子マーカー時代における臨床病理学的マーカーの位置づけ 1,373例の検討
岩本 高行, 松岡 順治, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 林 直輝, 藤原 俊義, 土井原 博義, 鳩野 みなみ, 原 暁生, 三好 雄一郎, 伊藤 麻衣子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 273-273   Jul 2014
当院における浸潤性乳癌手術症例の発見契機とsubtype別検討
村井 美知子, 角田 博子, 鈴木 高祐, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 294-294   Jul 2014
妊娠期乳癌における集学的治療と遺伝カウンセリングの実際
北川 瞳, 林 直輝, 川野 純子, 北野 敦子, 吉田 敦, 矢形 寛, 中村 清吾, 角田 博子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 311-311   Jul 2014
核グレードとKi-67の大きな乖離を示した乳癌症例の検討
中山 可南子, 矢形 寛, 吉田 敦, 林 直輝, 森谷 卓也, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 379-379   Jul 2014
乳腺針生検で癌と診断されたが手術検体で癌が認められなかった聖路加病院における乳癌症例の病理学的解析
阿部 江利子, 鈴木 高祐, 林 直輝, 楊 陽, 宇野 美恵子, 山内 英子, 角田 博子, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 395-395   Jul 2014
ER陽性HER2陰性浸潤性小葉癌におけるOncotype DX Assayを用いた再発リスクの予測
南村 真紀, 林 直輝, 矢形 寛, 吉田 敦, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 426-426   Jul 2014
乳頭乳輪温存乳房切除術後の乳頭変位についての検討
竹井 淳子, 岩平 佳子, 村井 美知子, 尹 玲花, 吉田 敦, 林 直輝, 矢形 寛, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回 490-490   Jul 2014
わが国における遺伝性乳癌の頻度と予防切除の適応について 遺伝性乳がん卵巣がん症候群に対するリスク低減乳房切除術の意義と実際
吉田 敦, 北川 瞳, 大川 恵, 吉野 美紀子, 林 直輝, 矢形 寛, 山内 英子
日本外科系連合学会誌   39(3) 449-449   May 2014
硬化性腺症と放射状瘢痕 乳癌との関連性を考慮して DCISを合併した硬化性腺症の超音波画像
吉田 敦, 角田 博子, 鈴木 高祐, 林 直輝, 矢形 寛, 中村 清吾, 山内 英子
乳腺甲状腺超音波医学   3(2) 69-69   Apr 2014
術前診断がDCISであった症例の検討 画像診断の特徴について 非浸潤性乳管癌の術前術後における診断の相違に関連する因子の検討
林 直輝, 近藤 享史, 大出 幸子, 矢形 寛, 吉田 敦, 中村 清吾, 角田 博子, 山内 英子
超音波医学   41(Suppl.) S347-S347   Apr 2014
nab-Paclitaxelを用いた術前化学療法の安全性評価
桑山 隆志, 中村 清吾, 明石 定子, 沢田 晃暢, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子, 佐藤 隆宣
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 338-338   Mar 2014
ホルモン受容体陽性原発乳癌における術前化学療法後のリンパ節転移消失は予後良好因子である
高橋 侑子, 林 直輝, 松田 直子, 吉田 敦, 中村 清吾, 矢形 寛, 角田 博子, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 339-339   Mar 2014
若年発症トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA遺伝子変異陽性率
北川 瞳, 吉田 敦, 吉野 美紀子, 大川 恵, 金井 久子, 林 直輝, 矢形 寛, 山内 英子
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 426-426   Mar 2014
乳癌におけるアンドロゲンレセプター発現と予後との関係
新倉 直樹, 岩本 高行, 林 直輝, 徳田 裕
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 481-481   Mar 2014
ホルモン療法を受けている乳がん患者の倦怠感マネジメントのバリアと生活の質に関する研究
中尾 真由美, 小松 浩子, 山内 英子, 金井 久子, 矢形 寛, 吉田 敦, 林 直輝
日本がん看護学会誌   28(Suppl.) 139-139   Jan 2014
ER陰性/PR陽性乳がんにおけるER mRNAの発現とMolecularサブタイプ
岩本 高行, 松岡 順治, 鳩野 みなみ, 伊藤 麻衣子, 溝尾 妙子, 野上 智弘, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 林 直輝, 新倉 直樹, 藤原 俊義, 土井原 博義
日本癌治療学会誌   48(3) 2639-2639   Sep 2013
乳がん検診のデメリット 要精査者における不安・抑うつの評価
北野 敦子, 角田 博子, 保坂 隆, 細川 恵子, 大出 幸子, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 209-209   Jun 2013
pCRは予後良好因子となるか サブタイプ別の検討
北川 瞳, 吉田 敦, 松田 直子, 梶浦 由香, 林 直輝, 矢形 寛, 角田 博子, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 217-217   Jun 2013
乳癌術前化学療法後完全消失の術前診断率の向上
林 直輝, 角田 博子, 松田 直子, 中村 清吾, 津川 浩一郎, 秋山 太, 吉田 敦, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 218-218   Jun 2013
術前化学療法の治療効果と乳房超音波による腫瘍内部エコー輝度変化の検討
松田 直子, 角田 博子, 大出 幸子, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 228-228   Jun 2013
乳癌患者のニーズを考慮したクリニカルパス改訂の検討
濱中 直美, 田中 裕子, 青木 悠里子, 吉田 麻代, 井上 貴久美, 吉田 敦, 林 直輝, 矢形 寛, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 243-243   Jun 2013
HER2陽性乳がんにおける免疫関連遺伝子のバイオマーカーとしての可能性 2,091例の検討
岩本 高行, 松岡 順治, 新倉 直樹, 林 直輝, 元木 崇之, 枝園 忠彦, 平 成人, 藤原 俊義, 土井原 博義, ジャンパウロ・ビアンキニ, 河田 健吾, 伊藤 麻衣子, 西山 慶子, 溝尾 妙子, 野上 智弘
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 265-265   Jun 2013
乳癌患者における癌家族歴は対側乳癌のリスク因子となりうるか
中山 可南子, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 大出 幸子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 286-286   Jun 2013
若年乳癌患者の臨床病理学的因子と予後の検討
梶浦 由香, 石田 也寸志, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 346-346   Jun 2013
妊娠期乳癌 妊娠中化学療法を行った症例および児の予後
川野 純子, 林 直輝, 高本 やよい, 吉田 敦, 矢形 寛, 角田 博子, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 347-347   Jun 2013
ホルモン受容体陽性原発乳癌における術前化学療法前後の病期変化とその予後への影響
高橋 侑子, 林 直輝, 松田 直子, 梶浦 由香, 吉田 敦, 中村 清吾, 矢形 寛, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 368-368   Jun 2013
術中迅速センチネルリンパ節生検における偽陰性症例についての検討
阿部 江利子, 鈴木 高祐, 李 治平, 楊 陽, 宇野 美恵子, 林 直輝, 山内 英子, 笹野 公伸
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 375-375   Jun 2013
当院で経験したadenomyoepithelioma 9例の画像所見について
稲垣 麻美, 菊池 真理, 本田 聡, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 梶浦 由香, 山内 英子, 鈴木 高祐, 角田 博子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 398-398   Jun 2013
乳癌術前化学療法前後のHER2の変化が予後に与える影響はあるか
吉田 敦, 林 直輝, 松田 直子, 梶浦 由香, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 中村 清吾, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 407-407   Jun 2013
乳癌化学療法に伴う脱毛の長期的観察 客観的/主観的評価の比較
矢形 寛, 金井 久子, 林 直輝, 吉田 敦, 尹 玲花, 北野 敦子, 川野 純子, 松田 直子, 梶浦 由香, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 471-471   Jun 2013
乳房葉状腫瘍良悪性分類別の臨床的特徴
吉田谷 芙美, 林 直輝, 吉田 敦, 矢形 寛, 角田 博子, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回 485-485   Jun 2013
【乳がんのすべて】 (PART.5)乳がんの特殊な病態 骨転移の診断と治療
林 直輝
からだの科学   (277) 92-95   May 2013
乳癌患者におけるブレストセンター初診時と遺伝診療部受診時での家族歴の比較
北川 瞳, 矢形 寛, 林 直輝, 吉田 敦, 山内 英子
家族性腫瘍   13(2) A50-A50   May 2013
乳腺原発腺様嚢胞癌の2例
阿部 江利子, 楊 陽, 李 治平, 宇野 美惠子, 鈴木 高祐, 林 直輝, 山内 英子, 笹野 公伸
日本病理学会会誌   102(1) 370-370   Apr 2013
原発乳癌のERステータスによる骨転移特異関連遺伝子とpathwayの違い
林 直輝, 岩本 高行, Qi Yuan, 新倉 直樹, 山内 英子, Santarpia Libero, 中村 清吾, Hortobagyi Gabriel N., Pusztai Lajos, Symmans W. Fraser, Ueno Naoto T.
日本外科学会雑誌   114(臨増2) 525-525   Mar 2013
患者の視点を考慮したクリニカルパス改正の検討
濱中 直美, 青木 悠里子, 田中 裕子, 吉田 麻代, 吉田 敦, 嶋田 元, 山内 英子, 矢形 寛, 林 直輝, 井上 貴久美
日本クリニカルパス学会誌   14(4) 442-442   Nov 2012
家族性乳癌の診断と治療 当院におけるBRCA遺伝カウンセリングと遺伝子検査の現状
矢形 寛, 吉田 敦, 林 直輝, 山内 英子
日本臨床外科学会雑誌   73(増刊) 383-383   Oct 2012
【骨転移のマネジメント】 乳癌骨転移マネジジメント
林 直輝, 山内 英子, 中村 清吾
癌と化学療法   39(8) 1174-1177   Aug 2012
骨は乳癌で転移を最も起こしやすい部位で、骨転移は疼痛、骨折、脊髄圧迫、高カルシウム血症といった骨関連事象[skeletal-related events(SREs)]を引き起こし、患者のQOLを著しく低下させる。治療の主目的はSREsの予防および発生までの期間を延長させることである。正確な診断と適切な治療がQOLを保つためには最も重要になる。治療には多方面からのアプローチが必要になる。NSAIDsやオピオイドなどの鎮痛薬の投与は疼痛コントロールの第一選択である。ビスフォスフォネートに加えて...
トリプルネガティブ乳癌の画像診断 浸潤癌と非浸潤癌の比較
尹 玲花, 角田 博子, 小島 康之, 川野 純子, 北野 敦子, 吉田 敦, 林 直輝, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回 281-281   May 2012
悪性及び境界悪性乳房葉状腫瘍症例の予後の検討
吉田谷 芙美, 林 直輝, 吉田 敦, 矢形 寛, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回 284-284   May 2012

Conference Activities & Talks

 
術前化学療法後にSNB省略が可能な患者を見つけることは可能か?
吉田 敦, 吉田 拓人, 南村 真紀, 林 直輝, 角田 博子, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
当院における高齢者乳癌診療の現状
梶浦 由香, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
TNBC乳癌におけるstromal TILs低発現の術前化学療法治療効果及び予後予測
越智 友洋, 林 直輝, 野嵜 史, 鈴木 高祐, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
Reverse phase protein array(RPPA)とmRNA MicroarrayによるTriple negative breast cancer subtypeの比較
増田 紘子, Qi Yuan, 林 直輝, 古川 孝広, 中村 清吾, Ueno Naoto T.
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
妊娠期乳癌 当院における取り組み
深津 裕美, 吉田 敦, 林 直輝, 竹井 淳子, 秋谷 文, 塩田 恭子, 山中 美智子, 小澤 美和, 山内 英子
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018