Naoki Oiso

J-GLOBAL         Last updated: Nov 21, 2019 at 06:30
 
Avatar
Name
Naoki Oiso
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Today
Associate Professor, Department of Dermatology, Faculty of Medicine, Kindai University
 
Jul 2005
 - 
Mar 2012
Assistant Professor, Department of Dermatology, Faculty of Medicine, Kindai University
 
May 2001
 - 
May 2003
Post-doctorate, Human Medical Genetics Program, University of Colorado Health Sciences Center
 

Awards & Honors

 
Sep 2019
2019 Peer Review Awards Top 1% in Field (Clinical Medicine), Publons
 
Sep 2018
2018 Peer Review Awards Top 1% in Field (Clinical Medicine), Publons
 
Sep 2017
Publons Peer Review Awards 2017 as one of top 1 per cent of peer reviewers in Medicine, Publons
 
Sep 2017
Publons Peer Review Awards 2017 for being the 2nd most prolific contributing peer reviewer on Publons for International Journal of Dermatology, Publons
 
Apr 2015
Editorial Board Reviewer of the Year, International Journal of Dermatology
 
Jul 2016
Most Cited Paper 2015 Impact Factor Period The Journal of Dermatology JD Award, The Journal of Dermatology
 

Published Papers

 
Iwakura R, Oiso N, Tateishi C, Suzuki M, Uchida S, Yanagihara S, Hashimoto T, Tsuruta D, Kawada A
J Dermatol   46(11) e424-e426   Nov 2019   [Refereed]
Itani Y, Oiso N, Yanagihara S, Okahashi K, Isogai N, Kawada A
46(10) e385-e387   Oct 2019   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Komeda Y, Kudo M, Kawada A
Eur J Dermatol   29(4) 444-445   Aug 2019   [Refereed]
Arase N, Tanemura A, Jin H, Nishioka M, Aoyama Y, Oiso N, Matsunaga K, Suzuki T, Nishigori C, Kawamura T, Shimizu T, Ito A, Fukai K, Abe Y, Yang L, Tsuruta D, Takeoka K, Iwatani Y, Hidaka Y, Nishida M, Yamauchi-Takihara K, Arase H, Fujimoto M, Katayama I
J Dermatol Sci   95(2) 80-83   Aug 2019   [Refereed]
Yanagihara S, Oiso N, Hirota N, Kato M, Miyake S, Kawada A
Eur J Dermatol   29(3) 332-333   Jul 2019   [Refereed]
Kato M, Oiso N, Uchida S, Yanagihara S, Sano H, Tohda Y, Kawada A
J Dermatol   46(7) e230-e232   Jul 2019   [Refereed]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Yanagihara S, Sano A, Tohda Y, Hashimoto T, Tsuruta D, Kawada A
J Dermatol   46(4) e140-e142   Apr 2019   [Refereed]
Natsuga K*, Oiso N* (*co-first authors), Kurokawa I, Tsubura A, Nakamura H, Maya Y, Nishie W, Kawada A, Shimizu H
Eur J Dermatol   29(1) 45-48   Feb 2019   [Refereed]
【臀部の皮膚疾患】〈臨床例〉coccygeal pad
岡橋一憲,渡辺圭子,栁原茂人,大磯直毅,川田 暁
皮膚病診療   41(2) 137-140   Feb 2019   [Invited]
Arai S, Okabayashi A, Tohda R, Nakagawa K, Taniguchi M, Yanagihara S, Oiso N, Tsuruta D
J Dermatol   46(1) e35-e36   Jan 2019   [Refereed]
Matsuo K, Hatanaka S, Kimura Y, Hara Y, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Kabashima K, Nakayama T
Biomed Pharmacother   109 1437-1444   Jan 2019   [Refereed]
Matsuo K, Kitahata K, Kawabata F, Kamei M, Hara Y, Takamura S, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Front Immunol   9 2775-13 pages   Dec 2018   [Refereed]
Kitahata K, Matsuo K, Hara Y, Naganuma T, Oiso N, Kawada A, Nakayama T
J Pharmacol Sci   138(4) 284-288   Dec 2018   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Sanjoba C, Matsumoto Y, Yanagihara S, Annoura T, Kato Y, Shirano M, Goto Y, Kawada A
J Dermatol   45(9) e240-e241   Sep 2018   [Refereed]
Matsuo K, Nagakubo D, Komori Y, Fujisato S, Takeda N, Kitamatsu M, Nishiwaki K, Quan YS, Kamiyama F, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
J Invest Dermatol   138(8) 1764-1773   Aug 2018   [Refereed]
Oiso N, Sakai K, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
Eur J Dermatol   28(3) 414-415   Jun 2018   [Refereed]
Yamauchi K, Oiso N, Iwanaga T, Tatsumi Y, Matsumura I, Tohda Y, Kawada A
J Dermatol   45(6) e150-e151   Jun 2018   [Refereed]
Katayama B, Ozawa T, Morimoto K, Awazu K, Ito N, Honda N, Oiso N, Tsuruta D
J Dermatol Sci   90(3) 323-331   Jun 2018   [Refereed]
RASopathy-associated pigment anomalies
Naoki Oiso
Japanese Journal of Clinical Dermatology   72(5) 16-19   May 2018   [Invited]
Yamamoto S, Matsuo K, Nagakubo D, Higashiyama S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
J Pharmacol Sci   136(3) 165-171   Mar 2018   [Refereed]
Ogawa E, Okuyama R, Seki T, Kobayashi A, Oiso N, Muto M, Nakagawa H, Kawada A
J Dermatol   45(3) 314-317   Mar 2018   [Refereed]
Oiso N, Wakamatsu K, Yanagihara S, Kawada A
Eur J Dermatol   28(1) 130-131   Feb 2018   [Refereed]
Oiso N, Wakamatsu K, Yanagihara S, Kawada A
Eur J Dermatol   28(1) 126-128   Feb 2018   [Refereed]
Tanemura A, Tanaka A, Yang F, Kiyohara E, Kotobuki Y, Wataya-Kaneda M, Oiso N, Katayama I
J Cosmet Dermatol Sci Appl   8(1) 10-13   Jan 2018   [Refereed]
Oiso N, Sakai K, Narita T, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
The Journal of dermatology   45(1) e5-e6   Jan 2018   [Refereed]
Gotoh T, Takechi K, Oiso N, Matsumura I, Iki M
Acta Med Kindai Univ   42(2) 57-62   Dec 2017   [Refereed]
Oiso N, Tatebayashi M, Hoshiyama Y, Kawada A
Contact dermatitis   77(1) 51-53   Jul 2017   [Refereed]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Miyake M, Uchida S, Matsuda H, Kitano M, Hida J, Kawai S, Sano A, Hashimoto T, Kawada A
The British journal of dermatology   176(5) 1406-1409   May 2017   [Refereed]
Miyake M, Oiso N, Ishii K, Hide M, Kawada A
The Journal of dermatology   44(4) e58-e59   Apr 2017   [Refereed]
Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K
Contact dermatitis   77(1) 42-48   Jul 2017   [Refereed]
Oiso N, Sakai K, Nishio K, Kawada A
Pigment cell & melanoma research   30(2) 269-272   Mar 2017   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(2) e77-e79   Feb 2017   [Refereed]
Oiso N, Narita T, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   27(1) 77-78   Feb 2017   [Refereed]
Taketomo Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Kanto K, Niwano F, Oiso N, Kawada A, Kawabata Y, Ikegami H
Human immunology   78(2) 185-189   Feb 2017   [Refereed]
深井 和吉, 大磯 直毅, 川口 雅一, 佐藤 美保, 堀田 喜裕, 種村 篤, 金田 眞理, 川上 民裕, 西村 栄美, 林 思音, 山下 英俊, 錦織 千佳子, 佐野 栄紀, 片山 一朗, 鈴木 民夫, 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成委員会
日本皮膚科学会雑誌   127(2) 133-135   Feb 2017
【外国語で表現されやすい皮膚病】 <臨床例> orofacial granulomatosis
三宅 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   39(2) 167-170   Feb 2017
<症例のポイント>歯根嚢胞に対する歯科治療後に症状が改善したorofacial granulomatosis(以下、OFG)の1例を報告した。OFGの病因は不明であり、本邦報告例も少ない。自験例では歯根嚢胞の治療後に治癒したことから、歯原性の慢性炎症が契機となった可能性が考えられた。本症は全身症状を伴わない顔面の特発性肉芽腫性疾患であり、肉芽腫性口唇炎はOFGに含まれると考えられている。(著者抄録)
Takeichi T, Sugiura K, Nomura T, Sakamoto T, Ogawa Y, Oiso N, Futei Y, Fujisaki A, Koizumi A, Aoyama Y, Nakajima K, Hatano Y, Hayashi K, Ishida-Yamamoto A, Fujiwara S, Sano S, Iwatsuki K, Kawada A, Suga Y, Shimizu H, McGrath JA, Akiyama M
JAMA dermatology   153(1) 66-70   Jan 2017   [Refereed]
Oiso N, Tatebayashi M, Kawada A
Contact dermatitis   76(1) 53-54   Jan 2017   [Refereed]
Oiso N, Wakamatsu K, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(6) 622-623   Dec 2016   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
The Journal of dermatology   43(11) 1388-1389   Nov 2016   [Refereed]
【天疱瘡とその周辺】 <臨床例>大量γグロブリン静注療法により好中球減少症をきたした尋常性天疱瘡
山内 康平, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   38(11) 1085-1088   Nov 2016
<症例のポイント>難治性尋常性天疱瘡に対する大量γグロブリン静注療法(intravenous immunoglobulin;IVIg療法)により好中球減少が生じた1例を報告した。本邦ではIVIg療法による好中球減少症が自験例を含め6例の報告されている。そのうちの2例が尋常性天疱瘡の治療中に生じていた。IVIgによる好中球減少症の病態はいまだ明らかでないが、注意すべき副作用の1つと考え報告した。(著者抄録)
【皮膚疾患ペディア】 色素異常症 雀卵斑(そばかす)
大磯 直毅
日本医師会雑誌   145(特別2) S172-S172   Oct 2016
【皮膚疾患ペディア】 色素異常症 Vogt-小柳-原田病
大磯 直毅
日本医師会雑誌   145(特別2) S171-S171   Oct 2016
【皮膚疾患ペディア】 色素異常症 肝斑(しみ)
大磯 直毅
日本医師会雑誌   145(特別2) S170-S170   Oct 2016
Matsuo K, Itoh T, Koyama A, Imamura R, Kawai S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T
Cancer letters   378(1) 16-22   Aug 2016   [Refereed]
Kishimoto I, Ueda-Hayakawa I, Oiso N, Kawada A, Okamoto H
European journal of dermatology : EJD   26(4) 388-389   Aug 2016   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
International journal of dermatology   55(6) e366-8   Jun 2016   [Refereed]
森田 玲子, 内田 修輔, 高田 文香, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(3) 119-124   Jun 2016
60歳代,女性。3ヵ月前から口腔内にびらんが生じ,体幹にも紅斑が出現した。初診時,口唇,口腔粘膜,舌にびらん,背部に紅斑を認めた。血清抗デスモグレイン1抗体と抗デスモグレイン3抗体陽性,病理組織で基底層直上での水疱形成と水疱内棘融解細胞,蛍光抗体直接法で表皮角化細胞間にIgGの沈着を認め尋常性天疱瘡と診断した。ステロイド全身療法に抵抗性で,シクロスポリン全身投与と免疫グロブリン大量療法(intravenous immunoglobulin;IVIG)を併用して寛解した。経過中にステロイド性...
免疫チェックポイント阻害剤と免疫関連性有害事象
大磯 直毅
Skin Surgery   25(2) 89-93   Jun 2016
免疫チェックポイント阻害剤と分子標的薬が根治切除不能な悪性紅色腫治療に劇的なパラダイムシフトをもたらした。PD-1/PD-L1共抑制シグナルはおもに末梢でT細胞機能を制御する。腫瘍細胞はしばしばPD-L1を発現し、生体からの腫瘍免疫を回避する。PD-1ブロッカーであるニボルマブとペンブロリズマブはT細胞活性化と腫瘍免疫亢進に関与するが、免疫関連性有害事象を誘発しうる。グレード分類に基づく早期診断と早期治療が重篤な後遺障害を発症しうる疾患に求められる。しかし、白斑など免疫関連性有害事象発症例...
Sato M, Oiso N, Shiga T, Morita R, Kimura M, Funauchi M, Matsumura I, Kawada A
Acta dermato-venereologica   96(4) 568-569   May 2016   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Shiga K, Narita T, Kawada A
Case reports in dermatology   8(2) 207-209   May 2016   [Refereed]
Oiso N, Okubo Y, Utani A, Kawada A
The Journal of dermatology   43(4) 454-456   Apr 2016   [Refereed]
三宅 早苗, 松田 洋昌, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(2) 80-84   Apr 2016
70歳代,女性。7年前に右乳癌と診断され,乳房温存術と術後放射線照射療法を施行された。1年前に右乳房に紫紅色局面が出現し,徐々に増大したため紹介受診となった。右乳房下部に境界不明瞭な濃淡のある紫紅色局面と直径2cm大の黒色結節を認めた。自覚症状はなく,皮下出血と浸潤を伴っていた。病理組織学的に血管肉腫と診断した。Weeklyパクリタキセル療法を施行し,その後胸筋温存乳房切除術を施行したが,初診の2年後多発転移により死亡した。近年乳癌に対する乳房温存術と術後放射線照射が普及しており,今後放射...
森田 玲子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   15(2) 68-74   Apr 2016
70歳代,男性。初診の1年半前に,頸部に結節が出現し,その後体幹にも皮疹が出現した。頸部の結節は近医でのステロイド剤局所注射療法で縮小した。その後,顔面に腫脹,びらんが出現し,近医でベタメタゾン内服,クロベタゾールプロピオン酸エステル外用療法を受けたが改善なく,精査加療目的で当科を紹介された。初診時,顔面に軽度そう痒を伴う浸潤を触れる紅色から紅褐色の紅斑と局面が多発し,その多くは融合していた。体幹・四肢は紅色から紅褐色の紅斑が多発し,融合傾向を示していた。当科での1回目の生検では毛包内と毛...
Nagai H, Oiso N, Tomida S, Sakai K, Fujiwara S, Nakamachi Y, Kawano S, Kawada A, Nishio K, Nishigori C
The British journal of dermatology   174(3) 633-635   Mar 2016   [Refereed]
Microsporum canisによる小児の体部白癬の1例
三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎
日本小児皮膚科学会雑誌   35(1) 47-50   Mar 2016
12歳、女児。アトピー性皮膚炎の既往がある。初診の数年前よりネコを飼育していた。1ヵ月前から頸部と胸部にそう痒を伴う紅斑が出現し、ベタメタゾン吉草酸エステル含有軟膏を外用するも改善しないため当科を受診した。胸部に薄い鱗屑を伴う淡い環状の紅斑を認めた。直接検鏡で隔壁を有する菌糸、真菌培養で辺縁淡黄色絨毛状のコロニー、スライド培養で細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子と菌糸に側生する棍棒状の小分生子を認めた。リボゾームDNAのinternal transcribed spacer 1(ITS1)領...
Narita T, Oiso N, Taketomo Y, Okahashi K, Yamauchi K, Sato M, Uchida S, Matsuda H, Kawada A
The Journal of dermatology   43(2) 210-214   Feb 2016   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(1) 91-92   Jan 2016   [Refereed]
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   26(1) 100-101   Jan 2016   [Refereed]
【白斑治療の最前線】 小児白斑の臨床と治療
大磯 直毅
Derma.   (239) 53-57   Jan 2016
白斑患者の半数以上が20歳までに発症する。非分節型白斑は思春期前発症(12歳未満)と思春期後発症(12歳以降)で臨床症状が異なる傾向にある。思春期前発症の白斑は、体幹四肢に生じやすいこと、治療により色素再生しやすいこと、ケブネル現象が生じやすいこと、サットン白斑を併発しやすいこと、白斑の家族歴があること、の特徴を有する。また、小児では分節型白斑にも罹患しやすい。小児白斑の治療は、本邦尋常性白斑診療ガイドラインに標準治療アルゴリズムが提示されている。近年、白斑の病態解明と新規治療法開発が積極...
Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka D, Abe Y, Kawaguchi M, Hozumi Y, Shimomura Y, Suzuki T
The Journal of dermatology   42(12) 1211-1212   Dec 2015   [Refereed]
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   14(6) 403-410   Dec 2015
非ステロイド性抗炎症薬含有テープ剤などの貼付剤は皮膚と密着し,主剤の皮膚への浸透性を高めて効果を発揮するが,各種成分へのアレルギー感作が成立し,アレルギー性接触皮膚炎や光アレルギー性接触皮膚炎が生じうる。貼付により皮膚バリア機能が低下すると,アレルゲンの皮膚内への浸透性が高まり,感作がより生じやすくなる。しかしながら,貼付剤による皮膚バリア機能におよぼす影響はほとんど評価されていない。20歳以上の本研究に同意が得られた健常人ボランティア20例を対象にロキソプロフェンナトリウム水和物貼付剤と...
伊藤 明子, 青山 裕美, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 種村 篤, 錦織 千佳子, 伊藤 雅章, 片山 一朗, 伊藤 祥輔, 大磯 直毅, 深井 和吉, 船坂 陽子, 山下 利春, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会
日本皮膚科学会雑誌   125(13) 2401-2414   Dec 2015
メラニン生成抑制物質である4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール(商品名:ロドデノール)誘発性脱色素斑症例に対し、一次、二次調査に続いて三次全国疫学調査を行い981票について集計した。脱色素斑の経過は82%が軽快以上、16%は不変または悪化と回答。紫外線治療の効果について51%が有効と回答。同時に施行した紫外線治療アンケート調査で、顔と頸部については週1回の定期照射が有効であることが示唆された。患者アンケートでも紫外線治療を受けた患者の63%が、その治療効果について有効と回答した。...
子どもの皮膚 子どもの白斑
大磯 直毅
日本小児皮膚科学会雑誌   34(3) 232-232   Dec 2015
眼皮膚白皮症
大磯 直毅
日本小児皮膚科学会雑誌   34(3) 191-199   Dec 2015
眼皮膚白皮症(Oculocutaneous albinism(OCA))は虹彩・皮膚・毛髪の色調が、属する人種の色調より淡い常染色体劣性遺伝性疾患である。OCAには非症候性で狭義のOCAと症候性で広義のHermansky-Pudlak syndrome、Chediak-Higashi syndrome、Griscelli syndromeがある。メラノサイト内のメラノソームでメラニン色素が産生される。メラノソームはリソソーム関連細胞内小器官(lysosome-related organel...
【痒みのない皮膚病】 <臨床例> 形質細胞性口唇炎
志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(12) 1155-1158   Dec 2015
<症例のポイント>形質細胞性口唇炎の1例を報告した。左下口唇に10mm大の境界明瞭で出血・痂疲を伴うびらんを認め、有棘細胞癌や疣状癌などとの鑑別を要した。生検後に自然消褪したが、半年後に再発した。クロベタゾン酢酸エステル軟膏外用で略治した。(著者抄録)
【手の皮膚病】 <臨床例> メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹
佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(11) 1057-1060   Nov 2015
<症例のポイント>メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹の1例を報告した。自験例では左第III指基部、下腹部、腰部に紅斑を、口腔内に水疱を認めた。メシル酸ガレノキサシン水和物は2007年に保険収載されたレスピラトリーキノロン系経口抗菌薬であり、固定薬疹の報告が多いので注意が必要である。(著者抄録)
【見てわかる小児の皮膚疾患】 母斑・血管腫・遺伝性皮膚疾患 脱色素性母斑、伊藤白斑
大磯 直毅
小児科診療   78(11) 1555-1558   Nov 2015
脱色素性母斑と伊藤白斑はお互いに鑑別すべきであるが、一部はオーバーラップし得る。脱色素性母斑と伊藤白斑は限局性の脱色素斑である尋常性白斑、単純性粃糠疹、Sutton母斑、小柳-Vogt-原田病、まだら症、白色瘢風、葉状白斑(結節性硬化症)と鑑別する。脱色素性母斑と尋常性白斑との鑑別に、問診、視診、ダーモスコピー検査、Wood灯検査、病理組織検査を用いる。眼皮膚白皮症は全身性の脱色素斑であることから鑑別される。(著者抄録)
【再発する皮膚病】 臨床例 骨髄異形成症候群に生じたSweet病
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(9) 853-856   Sep 2015
<症例のポイント>骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome、以下、MDS)に合併し、再発を繰り返したSweet病を経験した。顔面、四肢に痛みを伴う大小の紅色結節が多発し、一部で排膿を認めた。既往に結核性肝膿瘍があり、皮膚結核とも鑑別を要した。自験例はtrisomy 8の染色体異常があり、再発を繰り返した原因と考えられた。(著者抄録)
Yanagihara M, Oiso N, Tanaka H, Narita T, Enoki E, Kimura M, Nakamine H, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   42(8) 844-845   Aug 2015   [Refereed]
Lamotrigineにより薬剤性過敏症症候群を呈した統合失調感情障害の1例
安達 融, 切目 栄司, 廣瀬 智之, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 辻井 農亜, 白川 治
精神科治療学   30(8) 1111-1116   Aug 2015
薬剤性過敏症症候群(DIHS)は抗てんかん薬など特定の薬剤により発症する、全身症状と臓器障害を伴う重症薬疹の一型である。今回我々は統合失調感情障害の治療中、lamotrigineによりDIHSを呈した1例を経験したので報告する。患者は遅発性の発症と原因薬剤中止後の遷延化、免疫グロブリン減少などのDIHSとして特徴的な所見を認め、ウイルス学的検査ではヒトヘルペスウイルス6型の再活性化も確認された。Lamotrigineによる重症薬疹としては、Stevens-Johnson症候群や中毒性表皮壊...
Okahashi K, Oiso N, Yano Y, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(6) 741-742   Jul 2015   [Refereed]
Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   42(7) 758-759   Jul 2015   [Refereed]
白斑の病態解明におけるパラダイムシフト
大磯 直毅
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   9(3) 145-150   Jul 2015
白斑(vitiligo)は後天性完全脱色素斑を呈する難治性皮膚疾患である。メラノサイトに対する臓器特異的な自己免疫疾患と考えられている。白斑の病態解明には、遺伝的素因、環境因子、全身の免疫応答、局所の免疫応答、色素再生過程を解析していく必要がある。近年、さまざまな免疫応答が白斑発症に関与することが示されている。自己免疫機序、小胞体ストレスとその応答、オートファジー、インフラマゾーム、microRNAs、酸化ストレスなど、白斑研究のテーマにパラダイムシフトが生じている。本稿では臨床診断と治療...
Morita R, Oiso N, Ishii N, Tatebayashi M, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   42(6) 657-658   Jun 2015   [Refereed]
【呼吸器と皮膚】 臨床例 皮膚腺病
森田 玲子, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚病診療   37(6) 553-556   Jun 2015
<症例のポイント>頸部に生じた皮膚腺病の1例を報告した。自験例は当初、他院で感染性疾患を疑われ、切開や抗菌薬内服で経過をみられていた。改善がみられず、膿汁から培養された抗酸菌のDNA-DNAハイブリダイゼーション法でMycobacterium tuberculosis complexが同定されたため当科を紹介受診された。皮膚結核はいまだ年間100例ほどの報告がされており、依然注意が必要な疾患である。(著者抄録)
Matsuda H, Oiso N, Ishii N, Sato M, Tatebayashi M, Hashimoto T, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(5) 610-611   May 2015   [Refereed]
Eleftheriadou V, Thomas K, van Geel N, Hamzavi I, Lim H, Suzuki T, Katayama I, Anbar T, Abdallah M, Benzekri L, Gauthier Y, Harris J, Silva de Castro CC, Pandya A, Goh BK, Lan CC, Oiso N, Al Issa A, Esmat S, Le Poole C, Lee AY, Parsad D, Taieb A, Picardo M, Ezzedine K, Vitiligo Global Issues Consensus Group.
Pigment cell & melanoma research   28(3) 363-369   May 2015   [Refereed]
Jin Y, Hayashi M, Fain PR, Suzuki T, Fukai K, Oiso N, Tanemura A, Holcomb CL, Rastrou M, Erlich HA, Spritz RA
Pigment cell & melanoma research   28(3) 360-362   May 2015   [Refereed]
Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   100(5) 1976-1983   May 2015   [Refereed]
Hirakawa Y, Oiso N, Ishii N, Koga H, Tatebayashi M, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
Acta dermato-venereologica   95(4) 493-494   Apr 2015   [Refereed]
Oiso N, Sugawara K, Yonamine A, Tsuruta D, Kawada A
The Journal of dermatology   42(4) 408-410   Apr 2015   [Refereed]
Oiso N, Okamoto N, Akiduki-Yachi M, Tatebayashi M, Itoh T, Satou T, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   25(2) 184-185   Apr 2015   [Refereed]
ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の陽性率 2010年〜2012年の推移
鈴木 加余子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 足立 厚子, 池澤 優子, 伊藤 明子, 乾 重樹, 上津 直子, 海老原 全, 大磯 直毅, 大迫 順子, 加藤 敦子, 河合 敬一, 関東 裕美, 佐々木 和実, 杉浦 伸一, 杉浦 真理子, 高山 かおる, 中田 土起丈, 西岡 和恵, 堀川 達弥, 宮澤 仁, 吉井 恵子, 鷲崎 久美子
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   9(2) 101-109   Apr 2015
背景:ジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズは1994年に設定され、以後その陽性率を報告してきている。目的:今回は2010年から2012年の陽性率を報告し、これまでの陽性率との推移を検討する。方法:研究協力施設におけるジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズパッチテスト結果を集計した。結果:2010年度は75施設1,927例、2011年度84施設2,314例、2012年度96施設2,586例を集計した。金属アレルゲンでは硫酸ニッケルの陽性率が徐々に高くなってきている。ゴム加硫促進剤の...
Shiga K, Oiso N, Narita T, Kimura M, Kawada A
The Journal of dermatology   42(3) 339-341   Mar 2015   [Refereed]
Nishigori C, Aoyama Y, Ito A, Suzuki K, Suzuki T, Tanemura A, Ito M, Katayama I, Oiso N, Kagohashi Y, Sugiura S, Fukai K, Funasaka Y, Yamashita T, Matsunaga K
The Journal of dermatology   42(2) 113-128   Feb 2015   [Refereed]
志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁
Skin Cancer   29(3) 298-302   Feb 2015
2004年1月から2013年12月までの10年間に当科で経験した頭部血管肉腫15例をまとめ臨床的に検討した。性別はすべて男性で、初診時平均年齢は74.1歳であった。症状発現から受診までの平均期間は2.4ヵ月であり、2例に外傷の既往があった。詳細な経過が不明の2例を除いた12例で局所再発や転移を認めた。2003年度北里大学皮膚科治療方針によるステージングではステージIaが7例、Ibが7例、IIIが1例であった。全15症例のうち転院などで転機不明な5例を除いた10例では、死亡例は7例、生存例は...
志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎
皮膚の科学   13(6) 431-434   Dec 2014
10歳,女児。初診の2ヵ月前より頭部に脱毛が出現し,近医数ヶ所にて円形脱毛症の診断でステロイド外用の治療を開始された。その後脱毛が拡大し,びらん・膿疱・結節を認めたため当科を初診。患部の毛髪の直接検鏡にて菌糸と胞子を確認した。巨大培養で放射状に拡大したクリーム色コロニーを確認し,さらにスライドカルチャーにて細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子を認めた。RibosomalDNAのinternal transcribed spacer 1領域の遺伝子配列をpolymerase chain reac...
山内 康平, 大磯 直毅, 成田 智彦, 川田 暁
皮膚の科学   13(6) 421-425   Dec 2014
71歳,男性。数年前より陰部に紅斑・びらんが出現し,徐々に拡大した。初診時,下腹部から両大腿,陰部に自覚症状のない紅色局面を認めた。生検で表皮内にPaget細胞の増殖を認め乳房外Paget病と診断した。真皮中層から下層に膠原線維の走行の不明瞭化,弾性線維の糸くず状の変性,Elastica van Gieson染色で弾性線維の変性,Kossa染色でカルシウム沈着を認めた。病理所見を評価した後に,頸部,鼠径部,大腿部を診察したところ,1.3mm大の黄色の丘疹が多数集簇していた。頸部病変からも病...
鈴木 加余子, 青山 裕美, 伊藤 明子, 鈴木 民夫, 種村 篤, 錦織 千佳子, 伊藤 雅章, 片山 一朗, 大磯 直毅, 深井 和吉, 船坂 陽子, 山下 利春, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会
日本皮膚科学会雑誌   124(14) 3125-3142   Dec 2014
メラニン生成抑制物質である4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール(商品名;ロドデノール)によって誘発された脱色素斑症例に対して、一次調査に引き続き、その経過を把握するために二次調査を行い、1,445例を集計した。総合評価ではやや軽快以上が全体の72%で、脱色素斑面積が1/2以下になったのは全体の34%であった。全体の42%で経過中に色素増強を認めたが、このうち1/3は色素増強は一時的で軽快していた。治療の有無について回答のあった1,341例中治療を受けている症例は763例(56.9...
Oiso N, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   24(6) 690-691   Nov 2014   [Refereed]
Kato M, Oiso N, Nozaki Y, Inoue A, Hosono Y, Funauchi M, Mimori T, Matsumura I, Kawada A
The Journal of dermatology   41(11) 1034-1036   Nov 2014   [Refereed]
Uchida S, Oiso N, Koga H, Ishii N, Okahashi K, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The Journal of dermatology   41(11) 1003-1005   Nov 2014   [Refereed]
Oiso N, Kimura M, Kawada A
Journal of the American Academy of Dermatology   71(4) e141-2   Oct 2014   [Refereed]
【理路整然 体系化ダーモスコピー】 総論 血管のみかた
大磯 直毅
Derma.   (223) 33-38   Oct 2014
2段階診断法は第1段階で系統的に母斑や皮膚腫瘍を鑑別し、第2段階で良性・悪性の鑑別を行う。改訂2段階診断法が2010年に提唱された。ダーモスコピーにおける血管所見の重要性が認識され、改訂版が提唱された。レベル4として血管系病変、レベル5として上皮系(非メラノサイト系)病変の血管所見、レベル6としてメラノサイト系病変の血管所見を観察する。近年提唱された血管所見パターン、分布様式パターンを理解する必要がある。メラノサイト系病変、上皮系病変ならびに血管系病変それぞれの疾患で生じやすい血管所見があ...
Sugiura K, Oiso N, Iinuma S, Matsuda H, Minami-Hori M, Ishida-Yamamoto A, Kawada A, Iizuka H, Akiyama M
The Journal of investigative dermatology   134(9) 2472-2474   Sep 2014   [Refereed]
Kato M, Oiso N, Nishimoto M, Mori Y, Katoh Y, Uemura H, Kawada A
European journal of dermatology : EJD   24(5) 622-623   Sep 2014   [Refereed]
深井 和吉, 大磯 直毅, 川口 雅一, 佐藤 美保, 堀田 喜裕, 種村 篤, 金田 眞理, 川上 民裕, 西村 栄美, 河野 通浩, 林 思音, 山下 英俊, 錦織 千佳子, 佐野 栄紀, 片山 一朗, 鈴木 民夫, 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成委員会
日本皮膚科学会雑誌   124(10) 1897-1911   Sep 2014

Conference Activities & Talks

 
Episodic angioedema with eosinophiliaの1例
松尾彩子,廣田菜々子,鈴木 緑,栁原茂人,遠藤英樹,大磯直毅,川田 暁
第473回日本皮膚科学会大阪地方会   18 May 2019   
Subcutaneous mass on the back
Suzuki S, Yanagihara S, Oiso N, Kawada A
第35回日本皮膚病理組織学会   20 Apr 2019   
世界のガイドラインと診断、治療のホットトピックス [Invited]
大磯直毅
第35回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会   20 Apr 2019   
アレルギー疾患克服のための医療知識と技術の向上をめざして 1.皮膚アレルギーの検査方法 [Invited]
大磯直毅,遠藤英樹
大阪府アレルギー疾患医療拠点病院事業 医療従事者のためのアレルギー研修会   21 Mar 2019   
Nuchal type fibromaの1例
濱口麻衣,岡橋一憲,伊谷善仁,栁原茂人,遠藤英樹,大磯直毅,川田 暁
第472回日本皮膚科学会大阪地方会   9 Mar 2019   
Somatic SF3B1 mutation in mucosal melanoma from a Japanese female
Oiso N, Sakai K, Narita T, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
The 42nd Annual Meeting of the Japanese Socaiety for Investigative Dermatology.   15 Dec 2017   
Whole-exsome sequencing in relatively slow-growing metastatic melanoma from ungula melanoma
Oiso N, Sakai K, Narita T, Yanagihara S, Nishio K, Kawada A
IPCC2017 (XXIII Triennial International Pigment Cell Conference 2017)   26 Aug 2017   
Endoplasmic reticulum stress in melanocytes in hypomelanosis of Ito
Oiso N, Kawada A
The 41st Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   9 Dec 2016   
光治療器によるシミ・タルミ治療の経験
成田 智彦, 山内 康平, 山本 晴代, 大磯 直毅, 川田 暁
6 Aug 2016   
Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel missense mutation in the SOX10 gene
Suzuki T, Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka T, Hozumi Y, Shimomura Y, Abe Y
The 13rd International Congress of Human Genetics   3 Apr 2016   
Severe acne scar of the neck in pseudoxanthoma elasticum: Acne as a modifier?
Oiso N, Okubo Y, Utani A, Kawada A
The 13rd International Congress of Human Genetics   3 Apr 2016   
A possible example of an inverse intramolecular epitope-spreading phenomenon in bullous pemphigoid associated with psoriasis
Oiso N, Okahashi K, Ishii N, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A
The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   11 Dec 2015   
Fibroelastolytic papulosis in an elderly woman with about 30-year history: overlapping between pseudoxanthoma elasticum-like papillary drmal elastolysis and white fibrous papulosis of the neck
Yanagihara M, Kawada A, Morita R, Narita T, Oiso N
The 73rd Annual Meeting of American Academy of Dermatology   20 Mar 2015   
IL36RN mutations underlie impetigo herpetiformis and CARD14 c.526G>C is a risk factor for pustular psoriasis with psoriasis vulgaris
Sugiura K, Oiso N, Iinuma S, Matsuda H, Minami-Hori M, Ishida-Yamamoto A, Kawada A, Iizuka H, Muto M, Akiyaya M
The 39th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   12 Dec 2014   
Decreased eumelanogenesis in a case of nevus depigmentosus with pale skin, yellow-brown hair and a bright brown iris
Oiso N, Nomi N, Fukai K, Tanemura A, Suzuki T, Katayama I, Wakamatsu K, Muto M, Kawada A
The 39th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   12 Dec 2014   
ハイドロキノンによる色素沈着型接触皮膚炎と考えられた1例
立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 和田 珠恵, 鈴木 加余子, 松永 佳世子
第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会   21 Nov 2014   
尋常性白斑の最前線 白斑の病態(その2) 世界の研究の流れ [Invited]
大磯直毅
第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会   21 Nov 2014   
Association of melanogenesis-related genes with skin color variation and cancer risk among Japanese populations
Suzuki T, Abe Y, Yoshizawa J, Oiso N, Hozumi Y, Nakamura T, Tamiya G
3rd Eastern Asia Dermatology Congress   24 Sep 2014   
Necrobiosis lipoideca with infiltration of Th17 cells toward vessels
Hirakawa Y, Oiso N, Kato M, Kawada A
3rd Eastern Asia Dermatology Congress   24 Sep 2014   
A long-lasting allergic patch test reaction to p-phenylenediamine
Oiso N, Uchida S, Matsunaga K, Kawada A
American Academy of Dermatology 72nd Annual Meeting   21 Mar 2014   
Ultrasonography for diagnosis of plantar angioleiomyoma
Sakamoto S, Oiso N, Narita T, Kawada A
American Academy of Dermatology 72nd Annual Meeting   21 Mar 2014   
Cutaneous lymphangioma circumscriptum with noticeable blood presence: histopathologic evaluation of the endothelial cells
Sakamoto S, Oiso N, Miyake M, Kawada A
American Academy of Dermatology 72nd Annual Meeting   21 Mar 2014   
Occurrence of non-segmental vitiligo after combination therapy of pegylated interferon-α 2a, ribavirin and vitamin D in a patient with chronic hepatitis C
Oiso N, Matsuda H, Sato M, Kawada A
American Academy of Dermatology 72nd Annual Meeting   21 Mar 2014   
Parallel ridge pattern in dermoscopy in a case of acral melanocytic nevus of the sole
Oiso N, Tatebayashi M, Wada T, Kawada A
American Academy of Dermatology 72nd Annual Meeting   21 Mar 2014   
当科で最近経験したマダニ刺症の5例
岡橋 一憲, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁, 矢野 泰弘
皮膚の科学   Dec 2013   
ブリーフィング導入によるメンタルモデルの共有 内視鏡光学治療センターの取り組み
山田 明子, 保田 知生, 大磯 直毅, 樫田 博史, 辰巳 陽一, 池上 博司
医療の質・安全学会誌   Oct 2013   
学生から病院長まで! とことんTeamSTEPPS導入の効果と今後
辰巳 陽一, 山田 明子, 大磯 直毅, 保田 知生, 宮本 アキ, 岩本 理恵, 西隈 菜穂子
医療の質・安全学会誌   Oct 2013   
中心静脈カテーテルに関連した静脈血栓塞栓症のリスクマネジメント
保田 知生, 岩間 密, 安田 卓司, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 山田 明子, 田中 俊夫, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 池上 博司
医療の質・安全学会誌   Oct 2013   
学生から病院長まで、とことんTeamSTEPPS導入の試み
辰巳 陽一, 山田 明子, 西隈 菜穂子, 大磯 直毅, 保田 知生
日本医療マネジメント学会雑誌   Jun 2013   
メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹の1例
佐藤 雅子, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   Apr 2013   
尋常性白斑研究と臨床的意義
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2013   
基礎研究的手法を用いた色素異常症の病態解析
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2013   
Linear and whorled nevoid hypermelanosisの1例
上野 麻衣, 太田 馨, 水野 可魚, 岡本 祐之, 大磯 直毅, 川田 暁, 上津 直子
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2013   
皮膚症状により耐糖能異常が同定された糖尿病性浮腫性硬化症の1例
坂本 幸子, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
日本臨床皮膚科医会雑誌   Apr 2013   
持久性隆起性紅斑に伴った周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例
坂本 万寿夫, 福田 昌彦, 渡邊 敬三, 沼田 卓也, 下村 嘉一, 大磯 直毅, 川田 暁
眼科臨床紀要   Feb 2013   
フルニエ壊疽の1例
内田 修輔, 大磯 直毅, 三宅 早苗, 平尾 文香, 松田 洋昌, 三宅 宗晴, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 川田 暁
皮膚の科学   Dec 2012   
ランダム皮膚生検にて診断しえた血管内リンパ腫の1例
樋口 久里子, 栗本 貴弘, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   Oct 2012   
EGFR遺伝子変異肺癌における1st EGFR-TKIによる有害事象後の2nd EGFR-TKIの意義
武田 真幸, 岡本 勇, 鶴谷 純司, 大磯 直毅, 川田 暁, 中川 和彦
日本癌治療学会誌   Oct 2012   
セバシン酸ジエチルによる接触皮膚炎の2例
大磯 直毅, 川田 暁
アレルギー   Oct 2012   
アレルギー疾患の遺伝子解析 アトピー性皮膚炎以外のアレルギー性・自己免疫性皮膚疾患
大磯 直毅
アレルギー   Oct 2012   
EGFR遺伝子変異肺癌における1st EGFR-TKIによる有害事象後の2nd EGFR-TKIの意義
武田 真幸, 岡本 勇, 鶴谷 純司, 大磯 直毅, 川田 暁, 中川 和彦
肺癌   Oct 2012   
多職種による院内パトロールの取り組み 栄養部の改善報告
山田 明子, 西隈 菜穂子, 大磯 直毅, 保田 知生, 辰巳 陽一, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Oct 2012   
NPPV療法におけるマスクの安全使用への取り組み
堂本 勝子, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Oct 2012   
電子カルテにおけるカルテの質向上の試み
辰巳 陽一, 大磯 直毅, 保田 知生, 西隈 菜穂子, 山田 明子, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Oct 2012   
モニター及び送信機の中央管理化による効率運用と安全性向上の取り組み
高田 裕, 西隈 菜穂子, 山田 明子, 保田 知生, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Oct 2012   
当院における多職種参加による中心静脈穿刺手技講習の取り組み
保田 知生, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 岡田 満, 三井 良之, 西隈 菜穂子, 松林 輝代子, 田尻 ゆかり, 大磯 直毅, 工藤 正俊
医療の質・安全学会誌   Oct 2012   
自己免疫疾患の臓器特異性を規定する体質に関する検討 円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
日本体質医学会雑誌   Jun 2012   
Blaschkitisは表皮角化細胞のIKK gamma発現低下と関連するか?
大磯 直毅, 吉永 英司, 川田 暁
皮膚の科学   Jun 2012   
Hypomelanosis of Itoの1例
岸本 泉, 植田 郁子, 岡本 祐之, 大磯 直毅, 川田 暁
皮膚の科学   Apr 2012   
自己免疫疾患の臓器特異性 円形脱毛症と自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の臨床的・遺伝的比較
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
糖尿病   Apr 2012   
ダーモスコピー アドバンストコース 血管病変のみかた
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2012   
尋常性白斑研究最前線
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2012   
手背に生じた異所性ミルメシア疣贅
松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁
日本臨床皮膚科医会雑誌   Apr 2012   
チーム医療の基づいたCV穿刺手技講習の取り組みとその効果
保田 知生, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 岡田 満, 三井 良之, 西隈 菜穂子, 松林 輝代子, 田尻 ゆかり, 田中 俊夫, 中岡 麻江, 大磯 直毅
日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会プログラム・抄録集   Mar 2012   
臓器特異的自己免疫疾患の共通性と異質性 円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
日本内科学会雑誌   Feb 2012   
PDAシステムを用いた誤配薬予防システムの効果
西隈 菜穂子, 辰巳 陽一, 大磯 直毅, 保田 知生, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Oct 2011   
周術期肺血栓塞栓症予防対策と予防に伴う合併症の検討
保田 知生, 梅本 雅彦, 谷口 貢, 柳生 行伸, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 高田 裕, 西隈 菜穗子, 大磯 直毅, 辰巳 陽一
医療の質・安全学会誌   Oct 2011   
自己免疫疾患の臓器特異性を規定する体質に関する検討 円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
日本体質医学会雑誌   Sep 2011   
関節リウマチに伴った難治性下腿潰瘍の1例
成田 佳香, 笹屋 晴代, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
西日本皮膚科   Jun 2011   
色素の出現を認めたまだら症女児の1例
荒瀬 規子, 金田 眞理, 種村 篤, 片山 一朗, 大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   May 2011   
円形脱毛症患者における甲状腺および膵島自己免疫疾患合併例の検討
朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 錦野 真理子, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司
日本内分泌学会雑誌   Apr 2011   
リール黒皮症様色素沈着に対してIntense pulsed light照射が有用であった1例
笹屋 晴代, 大磯 直毅, 和田 珠恵, 平尾 文香, 川原 繁, 川田 暁, 鶴田 大輔, 今西 久幹, 小林 裕美
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2011   
尋常性白斑の疾患感受性遺伝子と治療
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2011   
右頬部皮下硬結で初発したblastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm
大磯 直毅, 辰巳 陽一, 荒尾 徳三, 大山 雄一, 木村 雅友, 中村 栄男, 西尾 和人, 松村 到, 東 禹彦, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2011   
白斑の基礎と臨床
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2011   
Microsporum canisによる頭部浅在性白癬の兄弟発症例
東森 倫子, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 濱 和子, 比留間 政太郎
皮膚の科学   Feb 2011   
近畿大学医学部附属病院における血栓対策チームによる周術期肺塞栓症の予防
保田 知生, 柳生 行伸, 谷口 貢, 石丸 英三郎, 塩川 泰啓, 田中 俊夫, 西隈 菜穗子, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 奥野 清隆
日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会プログラム・抄録集   Feb 2011   
多数のタカサゴキララマダニ幼虫によるマダニ刺咬症の1例
中野 早苗, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 矢野 泰弘, 中野 敦
皮膚の科学   Dec 2010   
当院における中心静脈穿刺手技における安全管理と卒後教育の取り組みについて
保田 知生, 梶川 竜治, 辰巳 陽一, 西隈 菜穗子, 柳生 行伸, 高田 裕, 大磯 直毅, 山元 秀明, 田中 俊夫, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Nov 2010   
PDAシステムを用いた、投薬事故防止システムの開発のその効果
辰巳 陽一, 西隈 菜穂子, 大磯 直毅, 保田 知生, 加戸 聖美, 酒井 美恵, 赤尾 幸恵, 奥野 清隆
医療の質・安全学会誌   Nov 2010   
疱疹状天疱瘡の1例
東森 倫子, 坂本 幸子, 笹屋 晴代, 松田 洋昌, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Oct 2010   
男性潜在性乳癌の皮膚転移と考えられた1例
平尾 文香, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 鶴谷 純司, 中川 和彦, 綿谷 正弘
皮膚の科学   Aug 2010   
皮膚T細胞リンパ腫によると思われた後天性魚鱗癬の1例
吉永 英司, 平尾 文香, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2010   
近畿大学皮膚科におけるマダニ刺症 過去5年間の集計
市橋 淳子, 大磯 直毅, 松田 洋昌, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 矢野 泰弘
日本臨床皮膚科医会雑誌   Apr 2010   
爪峡部領域に爪甲形成異常を認めた2例
大磯 直毅, 黒川 一郎, 鶴田 大輔, 成田 智彦, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2010   
まだら症患者における色素再生部の電顕的検討
牧野 輝彦, 柳原 誠, 大磯 直毅, 古市 恵, 松井 恒太郎, 川田 暁, 清水 忠道
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2010   
新しい検査(エコー、発汗検査を含む) 新しい遺伝子検査と診断への応用
大磯 直毅
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2010   
マダニ刺傷に対するダーモスコープの診断学的有用性
松田 洋昌, 大磯 直毅, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Feb 2010   
顆粒変性をともなったfocal palmoplantar keratoderma
大磯 直毅, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Feb 2010   
Netherton症候群と考えられた1例
市橋 淳子, 吉永 英司, 平尾 文香, 三宅 宗晴, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 竹村 豊, 和田 紀久, 竹村 司
皮膚の科学   Aug 2009   
紫雲膏による接触皮膚炎の1例
山鳥 佳香, 大磯 直毅, 平尾 文香, 東森 倫子, 吉永 英治, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Jun 2009   
難治性下腿潰瘍を伴った抗リン脂質抗体症候群の1例
山鳥 佳香, 平尾 文香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Apr 2009   
診断に苦慮した蕁麻疹様血管炎の1例
安藤 淳, 上田 悟史, 井上 徳浩, 大磯 直毅, 成田 智彦, 川田 暁, 竹村 司
大阪小児科学会誌   Apr 2009   
炎症性皮疹を伴う尋常性ざ瘡に対するfaropenem(FRPM)の臨床研究
遠藤 英樹, 和田 珠恵, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2009   
新規KIT遺伝子変異とMC1R遺伝子多型により赤茶色頭髪を生じた日本人まだら症
大磯 直毅, 岸田 功典, 深井 和吉, 本川 智紀, 細見 尚子, 鈴木 民夫, 三橋 善比古, 坪井 良治, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2009   
胃噴門部癌の皮膚転移の1例
三宅 宗晴, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Feb 2009   
ナローバンドUVB療法が奏功した肥大性扁平苔癬の1例
市橋 淳子, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Dec 2008   
皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(subcutaneous panniculitis-like T cell lymphoma)の1例
平尾 文香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 東森 倫子, 島影 達也, 森田 泰慶, 前田 裕弘, 金丸 昭久
Skin Cancer   Nov 2008   
カシューナッツオイルによる職業性接触皮膚炎の1例
平尾 文香, 大磯 直毅, 松田 洋昌, 倉田 珠恵, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   Oct 2008   
骨髄性プロトポルフィリン症の親子例 フェロケラターゼ遺伝子のエクソン7に変異が見出された例
川原 繁, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 中野 創
日本皮膚科学会雑誌   Jul 2008   
当教室で経験した壊死性筋膜炎の7例
栗本 貴弘, 東森 倫子, 松田 洋昌, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Jul 2008   
「アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法」に関するアンケートの集計結果報告
大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Jul 2008   
皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(subcutaneous panniculitis-like T cell lymphoma)の1例
平尾 文香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 東森 倫子, 島影 達也, 森田 泰慶, 前田 裕弘, 金丸 昭久
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   Jul 2008   
膿疱を伴った落葉状天疱瘡
山鳥 佳香, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Jun 2008   
TS-1によるLE型薬疹の1例
成田 智彦, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 岡本 渉, 中川 和彦
西日本皮膚科   Jun 2008   
広範囲にカフェ・オ・レ斑がみられたまだら症の1例
岸田 功典, 伊藤 友章, 坪井 良治, 三橋 善比古, 大磯 直毅, 川田 暁, 深井 和吉, 細見 尚子, 鈴木 民夫
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2008   
指趾に難治性潰瘍を生じた全身性硬化症と閉塞性動脈硬化症の合併例
山鳥 佳香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Mar 2008   
弾性線維性仮性黄色腫の2例
平尾 文香, 大磯 直毅, 遠藤 英樹, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁
皮膚の科学   Feb 2008   
尋常性白斑に一致して膿疱性乾癬を生じたターナー症候群の1例
太田 知子, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁
日本皮膚科学会雑誌   Jan 2008   
老人性色素斑患者に対するQスイッチアレキサンドライトレーザーの治療効果とキトサン誘導体配合製品の術後使用評価
遠藤 英樹, 笹屋 晴代, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁
日本レーザー医学会誌   Jan 2008