基本情報

所属
立教大学 社会福祉研究所 研究員
学位
修士(経済学)(2022年 立教大学)
学士(社会福祉学)(2012年 日本社会事業大学)

連絡先
history-aona16rikkyo.ac.jp
J-GLOBAL ID
202201010308818701
researchmap会員ID
R000036528

【元々の関心】

「社会福祉の担い手における戦前と戦後の継承と断絶とは何か」を明らかにすることによって、「戦後の社会福祉主事がなぜ70年間現行の制度で継続してこれたのか」を明らかにすることにあります。この作業をすることにより、「三科目主事」などの議論のように、なぜ社会福祉主事の専門性が低位な状況でも、社会に受け入れられてきたのかという問いを解明できると考えています。

そのため、修士論文は「戦前の社会事業主事・主事補と社会福祉主事の比較分析」をしました。

社会福祉主事が創設された当初(1950年代)の議論を扱っており、創設された当時の状況と今との差異を分析するための基礎的な作業となりました。

博士論文では、1950年代以降、どのように社会福祉主事が変容していくのかも取り組んでいきたいと思います。

【現在のテーマ】

○戦前・戦後の社会福祉吏員に関する比較研究

戦前の待遇官吏である、社会事業主事・主事補と戦後の社会福祉主事に関して、枠組みを設定し、一次史料に基づき比較検討を行っています。その上で、「有給吏員」という観点から2つの職制の継承関係、断絶関係を明らかにしようと考えています。

この間、戦前・戦後の職員履歴書や、社会事業主事・主事補と方面委員との関係性を示す文書・雑誌、社会福祉吏員の採用に関する文書といった一次史料を発掘しました。

現在は社会事業主事・主事補が戦前期にどのように社会事業行政に関与していたのかを分析しています。


経歴

  2

主要な論文

  1

書籍等出版物

  1

主要な講演・口頭発表等

  6

担当経験のある科目(授業)

  1

所属学協会

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

メディア報道

  1

その他

  2