Naoto Shirahata

J-GLOBAL         Last updated: Dec 19, 2018 at 09:08
 
Avatar
Name
Naoto Shirahata
Affiliation
National Institute for Materials Science

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Jun 2011
Controlled Organic/Inorganic Interface Leading to the Size-tunable Luminescence from Si Nanoparticles, Award of the Outstanding Papers Published in the JCerSJ in 2010, Ceramic Society of Japan
 

Published Papers

 
Fabrication and H2-sensing Properties of SnO2 Nanosheet Gas Sensors
Gyu Pil Choi, Noriya Izu, Naoto Shirahata, Yoshitake Masuda
3 14592-14596   Nov 2018   [Refereed]
Batu Ghosh, Hiroyuki Yamada, Shanmugavel Chinnathambi, İrem Nur Gamze Özbilgin, Naoto Shirahata
JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   9(18) 5400-5407   Sep 2018   [Refereed]
初めての「可撓性のあるシリコン量子ドット発光ダイオード」の作製と安定した発光機能を発現さえるための新しいデバイス構造を提案した論文である。
Batu Ghosh, Takumi Hamaoka, Yoshihiro Nemoto, Masaki Takeguchi, Naoto Shirahata
JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   122(11) 6422-6430   Mar 2018   [Refereed]
シリコンナノ粒子から放射される蛍光の量子収率増強の学理が明らかにされた。強発光体を合成するための構造設計が示されたことで,シリコンを活性層に具備する電流注入型発光ダイオード創製へ道が拓かれた
『生体の窓』を利用できる高輝度シリコンバイオマーカーの開発
白幡 直人
JOURNAL OF THE SOCIETY OF INORGANIC MATERIALS,JAPAN(無機マテリアル学会誌)   25(3月号) 92-99   Mar 2018   [Refereed]
本稿では、Si結晶をナノ構造化することで発現するPLQYの増強メカニズム、Siナノ粒子を水溶性にするプロセスの開発および2光子励起法への適合性について解説する。
Naoto SHIRAHATA, Tetuo UCHIKOSHI, Thi Kim Ngan NGUYEN, Yoshitake MASUDA, Yoshio SAKKA
JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY OF POWDER AND POWDER METALLURGY   65(2) 108-113   Feb 2018   [Refereed]
本論文では,蛍光シリコンナノ粒子をガラス基板上へ均一コーティングするための電気泳動電着法を報告する.ナノ粒子は,シルセスキオキサンの熱的付加反応に続き,フッ化水素エッチング,1-デセンのヒドロシリル化を通じて合成された.蛍光量子収率は35%だった.次に中空シリカ粉末に当該ナノ粒子を内包させた.シリカ殻の存在が,シリコンナノ粒子の耐熱性を向上させ,良質なPL特性を高温でも維持した.さらに,シリカ殻の存在のお陰で,シリコンナノ粒子を電気泳動電着法を通じて薄膜堆積させることができた.

Books etc

 
強発光する間接遷移型半導体を創製する表面制御技術
白幡 直人
2018   
Si結晶が蛍光を発光するメカニズムについて述べた後,蛍光発光量子収率を増強するための表面制御技術について詳述した

Conference Activities & Talks

 
What can we benefit from Nanochemistry of Crystalline Silicon? [Invited]
Naoto Shirahata
AVS 65th International Symposium & Exhibition   23 Oct 2018