Naoya Enomoto

J-GLOBAL         Last updated: Apr 11, 2019 at 18:47
 
Avatar
Name
Naoya Enomoto
Affiliation
Ariake National College of Technology

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Oct 2010
Sonochemical Synthesis of Monodispersed Magnetite Nanoparticles by Using an Ethanol-water Mixed Solvent, Outstanding Paper Award, Japan Society of Sonochemistry
Winner: F. Dang, N. Enomoto, J. Hojo, K. Enpuku
 
Oct 2004
Synthesis of ceramic nanoparticles via ultrasonic route, Outstanding Paper Award, The 10th APCChE Congress
Winner: Naoya Enomoto et al.
 

Published Papers

 
Okubo Keisuke, Wang He, Hayashi Katsuro, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hasegawa George, Osawa Takashi, Takamura Hitoshi
ELECTROCHIMICA ACTA   278 176-181   Jul 2018   [Refereed]
Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi, Hayashi Katsuro
ADVANCED POWDER TECHNOLOGY   28(3) 884-889   Mar 2017   [Refereed]
Enomoto N, Hirata S, Inada M, Hayashi K
Ultrasonics sonochemistry   35 563-568   May 2016   [Refereed]
Miki Inada, Naoya Enomoto, Katsuro Hayashi, Junichi Hojo, S. Komarneni
Ceramics International   41(4) 5581-5587   May 2015   [Refereed]
© 2014 Elsevier Ltd and Techna Group S.r.l. All rights reserved.Tetragonal barium titanate (BaTiO3) nanorods were synthesized from hydroxide precursor by a hydrothermal/solvothermal method with 10 vol% ethylene glycol as solvent. The hydroxide pre...
Hui Tong, Naoya Enomoto, Miki Inada, Yumi Tanaka, Junichi Hojo
Materials Letters   141 259-262   Feb 2015
© 2014 Elsevier B.V. All rights reserved.Mesoporous microspheres of anatase TiO2 were synthesized by hydrolysis of titanium butoxide in butanol. The TiO2 micospheres were about 0.5 μm in size, composed of primary nanoparticles of about 10 nm, and ...
H. Tong, N. Enomoto, M. Inada, Y. Tanaka, J. Hojo
Materials Letters   141(15) 259-262   Feb 2015   [Refereed]
Junichi Hojo, Wenwu Yang, Miki Inada, Yumi Tanaka, Naoya Enomoto
Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   62 216   Jan 2015
J. Hojo, W. Yang, M. Inada, Y. Tanaka, N. Enomoto
Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   61(12) 575-581   Dec 2014   [Refereed]
H. Tong, D. Chu, K. Zuoa, Y.-P. Zeng, N. Enomoto, M. Inada, Y. Tanaka, J. Hojo
Ceramics International, Volume 40, Issue 7, Part A, August 2014, Pages 9121?9125   40(7) 9121-9125   Aug 2014   [Refereed]
Hui Tong, Naoya Enomoto, Miki Inada, Yumi Tanaka, Junichi Hojo
Electrochimica Acta   130 329-334   Jun 2014
It is challenging to utilize TiO2-based composites with high specific surface area to improve dye-sensitized solar cells (DSSCs) performance. Herein, we report efficient TiO2-SiO2 core-shell composites for DSSCs by optimizing the microstructure an...
Hui Tong, Hui Tong, Dewei Chu, Kaihui Zuo, Yu Ping Zeng, Naoya Enomoto, Miki Inada, Yumi Tanaka, Junichi Hojo
Ceramics International   40 9121-9125   Jan 2014
Ni doped In2O3 nanocrystals were prepared by a coprecipitation method, and calcined in the absence of a magnetic field or in 12 T magnetic field. X-ray diffraction and transmission electron microscopy images reveal that the nanocrystals were highl...
HOJO Junichi, YANG Wenwu, INADA Miki, TANAKA Yumi, ENOMOTO Naoya
J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy   61(12) 575-581   Jan 2014
Translucent Si3N4 ceramics are expected to use for a special optical application in high temperature and corrosive environment owing to its high mechanical strength and thermal and chemical stability. To achieve the transluce...
Miki Inada, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
Microporous and Mesoporous Materials   182 173-177   Dec 2013   [Refereed]
Wenwu Yang, Junichi Hojo, Naoya Enomoto, Yumi Tanaka, Miki Inada
Journal of the American Ceramic Society   96 2556-2561   Aug 2013
Single additives (Y2O3, MgO, and Al2O 3) were used as sintering aid of Si3N4. The density, crystal phase, microstructure, transmittance, hardness, and fracture toughness of sintered Si3N4 were investigated. Highly densified sintered bodies were ob...
W. YANG, J. HOJO, N. ENOMOTO, Y. TANAKA, M. INADA
Journal of The American Ceramic Sosiety   96(8) 2556-2561   Aug 2013   [Refereed]
Wenwu Yang, Junichi Hojo, Naoya Enomoto, Yumi Tanaka, Miki Inada
Materials Letters   96 155-157   Apr 2013   [Refereed]
Wenwu YANG, Miki INADA, Yumi TANAKA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
International Journal of Nanotechnology   10 119-125   Jan 2013   [Refereed]
Junichi HOJO, Hui TONG, SHunsuke SHINTANI, Miki INADA, Yumi TANAKA, Naoya ENOMOTO
Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   59(11) 621-625   Nov 2012   [Refereed]
竹本喜昭, 榎本尚也, 赤津隆, 橋田浩, 林靜雄, 田中享二
日本建築学会構造系論文集   77(677) 999-1005   Jul 2012
Waste concrete fine powder that is residue after aggregates recycling of demolished concrete is disposed as a low material of value. We have developed the process of dividing waste concrete fine powder into a material by using acid. In this paper,...
Hui TONG, Miki INADA, Yumi TANAKA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Materials Science Forum, Eco-Materials Processing and Design XIII   724 397-403   Jun 2012   [Refereed]
Wen Wu YANG, Miki INADA, Yumi TANAKA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Materials Science Forum   724 282-286   Jun 2012   [Refereed]
Mikinori HOTTA, Hideki KITA, Hiroyuki MATSUURA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   120(6) 243-247   Jun 2012   [Refereed]
Hui TONG, Miki INADA, Yumi TANAKA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Functional Materials Letters   5(2) 1260006-1260011   May 2012   [Refereed]
Yoshitaka SADATOMI, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   119(1396) 916-921   Dec 2011   [Refereed]
INADA Miki, KOGA Takahiro, TANAKA Yumi, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy   58(10) 598-601   Oct 2011
Rice chaff can be converted into activated carbon by alkaline treatment at high temperature. In this study, we tried to synthesize activated carbon from rice chaff by microwave hydrothermal treatment with NaOH solution. Rice chaff was heated at ...
Yoshitaka SADATOMI, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   119(1391) 595-600   Jul 2011   [Refereed]
Miki INADA, Kazunori IWAMOTO, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   119(1391) 451-155   Jun 2011   [Refereed]
Lien le TN, Shiraki T, Dawn A, Tsuchiya Y, Tokunaga D, Tamaru S, Enomoto N, Hojo J, Shinkai S
Organic & biomolecular chemistry   9(11) 4266-4275   Jun 2011   [Refereed]
Evaluation of Wettability and Reactivity of Refractory Oxides Aagainst Waste Melting Furnace Slags
津田秀行, 猿渡康允, 村上角一, 榎本尚也, 北條純一
耐火物   63(4) 192-196   Apr 2011   [Refereed]
Miki INADA, Kei MIZUE, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Science of Advanced Materials   2(1) 102-106   Mar 2011   [Refereed]
Naoya ENOMOTO, Tetsuhiro SAKAI, Miki INADA, Yumi TANAKA and Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   118(1383) 1067-1070   Nov 2010   [Refereed]
Mikinori HOTTA, Takanori SHINOURA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the American Ceramic Society   93(6) 1544-1546   Jul 2010   [Refereed]
Feng DANG, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO, Keiji ENPUKU
Journal of Crystal Growth   312(10) 1736-1740   May 2010   [Refereed]
Keita SHIROUZU, Tohru KAWAMOTO, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Japanese Journal of Applied Physics   49(1) 10201   Jan 2010   [Refereed]
Dang F, Enomoto N, Hojo J, Enpuku K
Ultrasonics sonochemistry   17(1) 193-199   Jan 2010   [Refereed]
竹本喜昭, 橋田浩, 黒田泰弘, 榎本尚也, 赤津隆, 田中享二
日本建築学会構造系論文集   73(633) 1891-1898   Jan 2010   [Refereed]
Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Electrochimica Acta   54(27) 6996-7000   Nov 2009   [Refereed]
Kai KAMADA, Shodai HIRATA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Solid State Ionics   180(20-22) 1226-1230   Aug 2009   [Refereed]
Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of Ceramic Society of Japan   117(8) 926-928   Aug 2009   [Refereed]
Miki INADA, Kei MIZUE, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   117(1367) 819-822   Jul 2009   [Refereed]
Dang F, Enomoto N, Hojo J, Enpuku K
Ultrasonics sonochemistry   16(5) 649-654   Jun 2009   [Refereed]
ENOMOTO Naoya, YAMADA Kosuke, DANG Feng, INADA Miki, HOJO Junichi
J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy   56(4) 194-198   Apr 2009
Magnetite nanoparticles were synthesized by oxidizing a Fe(OH)2 precipitate in various ultrasonic (US) fields including traveling wave (TW; 20 kHz) driven by a horn-type homogenizer and standing waves (SW; 45, 100, 200 kHz) driven by a ...
Naoya ENOMOTO, Masaaki KURAKAZU, Miki INADA, Kai KAMADA, Junichi HOJO, Wan-In LEE
Journal of the Ceramic Society of Japan   117(1363) 369-372   Mar 2009   [Refereed]
Keita SHIROUZU, Takahiro OHKUSA, Tohru KAWAMOTO, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   116(1355) 781-785   Dec 2008   [Refereed]
Kenji ENPUKU, Tsuyoshi TANAKA, Yuya TAMAI, Feng DANG, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO, Hisao KANZAKI
Japanese Journal of Applied Physics   47(10) 7859-7865   Oct 2008   [Refereed]
Jong-Hee LEE, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Crystal Growth & Design   8(8) 2638-2645   Aug 2008   [Refereed]
Koji MATSUI, Takanori YAMAKAWA, Masato UEHARA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the American Ceramic Society   91(6) 1888-1897   Jun 2008   [Refereed]
Koji MATSUI, Takanori YAMAKAWA, Masato UEHARA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of Materials Science   43(8) 2745-2753   Apr 2008   [Refereed]
Feng DANG, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO, Keiji ENPUKU
Chemistry Letters   37(5) 530-531   Apr 2008   [Refereed]
Miki INADA, Akira NISHINOSONO, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of Materials Science   43(7) 2362-2366   Apr 2008   [Refereed]
Lee JH, Kamada K, Enomoto N, Hojo J
Journal of colloid and interface science   316(2) 887-892   Dec 2007   [Refereed]
Feng Dang, Kai Kamada, Naoya Enomoto, Junichi Hojo, Keiji Enpuku
Journal of the Ceramic Society of Japan   115(12) 867-872   Dec 2007   [Refereed]
J. H. LEE, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of Colloid And Interface Science   316(20-22) 887-892   Dec 2007   [Refereed]
Keiji Enpuku, Tsuyoshi Tanaka, Takashi Matsuda, Hiroyuki Kuma, Naotaka Hamasaki, Feng Dang, Naoya Enomoto
Japanese Journal of Applied Physics   46(11) 7524-7529   Nov 2007   [Refereed]
Dae Ho CHOI, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO, Soo Wohn LEE
Advanced Materials Research   26-28 279-282   Nov 2007   [Refereed]
Byung-Kyu Moon, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junich HOJO, Soo-Wohn Lee
Materials Science Forum   561-565 613-616   Nov 2007   [Refereed]
Kai KAMADA, Masaaki TOKUTOMI, Miki INADA, Naoya ENOMOTO, Junnichi HOJO
Journal of the Ceramic Society of Japan   115(10) 672-677   Oct 2007   [Refereed]
Junich HOJO, Yuki NONAKA, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Mikinori HOTTA, Keita SHIROUZU
Materials Science Forum   561-565 607-611   Sep 2007   [Refereed]
K. Enpuku, T. Tanaka, T. Matsuda, F. Dang, N. Enomoto, J. Hojo, K. Yoshinaga, F. Ludwig, F. Ghaffari, E. Heim, and M. Schilling
Journal of Applied Physics   102 54901   Sep 2007   [Refereed]
Kai KAMADA, Keigo HIGASHIKAWA, Miki INADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
The Journal of Physical Chemistry C   111(39) 14508-14513   Sep 2007   [Refereed]
K. Shirouzu, T. Ohkusa, M. Hotta, N. Enomoto, J. Hojo
Journal of the Ceramic Society of Japan   115 254-258   May 2007   [Refereed]
Kai KAMADA, Masaaki TOKUTOMI, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Electrochimica Acta   52(11) 3739-3745   Apr 2007   [Refereed]
Jong-Hee LEE, Kai KAMADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Chemistry Letters   36(3) 392-393   Apr 2007   [Refereed]
Koji MATSUI, Kenji TANAKA, Takanori YAMAKAWA, Masato UEHARA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the American Ceramic Society   90(2) 433-447   Feb 2007   [Refereed]
Koji MATSUI, Akira MATSUMOTO, Masato UEHARA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Journal of the American Ceramic Society   90(1) 44-49   Jan 2007   [Refereed]
Naoya Enomoto, Masayoshi Takata, Kai Kamada, Junichi Hojo, Hiroshi Fudouzi
Science and Technology of Advanced Materials,   7 662-666   Apr 2006   [Refereed]
Miki Inada, Kai Kamada, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
J.Ceram.Soc.Jpn. 日本セラミックス協会学術論文誌,   114(1334) 814-818   Apr 2006   [Refereed]
K. Matsui, K. Tanaka, N. Enomoto, J. Hojo
J.Ceram.Soc.Jpn. 日本セラミックス協会学術論文誌,   114(1333) 763-768   Apr 2006   [Refereed]
Fabrication of Si3N4-TiN nanocomposites via various routes
Junichi HOJO, Hironori KUGIMOTO, Masato UEHARA, Naoya ENOMOTO
Key Engineering Materials   317-318 191-194   Apr 2006   [Refereed]
Liquid-Phase Sintered Silicon Carbide with Aluminum Nitride and Rare-Earth Oxide Additives
Mikinori HOTTA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Key Engineering Materials   317-318 111-114   Apr 2006   [Refereed]
Naoya Enomoto, Akihiro Kumagai, Junichi Hojo
J.Ceram.Soc.Jpn. 日本セラミックス協会学術論文誌,   113(5) 340-343   May 2005   [Refereed]
Koji Matsui, Nobukatsu Ohmichi, Michiharu Ohgai, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
Journal of the American Ceramic Society,   88(12) 3346-3352   Apr 2005   [Refereed]
Effect of Soft Sonication on Starting Solutions for Spherical Silica Synthesis
Naoya Enomoto, A. Kumagai, Junichi Hojo
J. Ceram. Processing Res.,   6(4) 286-289   Apr 2005   [Refereed]
Kai Kamada, Masaaki Tokutomi, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
Journal of Materials Chemistry,   15(33) 3388-3394   Apr 2005   [Refereed]
Miki Inada, Hidenobu Tsujimoto, Yukari Eguchi, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
Fuel   84(1213) 1482-1486   Apr 2005   [Refereed]
K. Kamada, K. Izawa, Y. Tsutsumi, S. Yamashita, N. Enomoto, J. Hojo, Y.
Chemistry of Materials   17(8) 1930-1932   Apr 2005   [Refereed]
K. Kamada, K. Izawa, S. Yamashita, Y. Tsutsumi, N. Enomoto, J. Hojo, Y. Matsumoto
Solid State Ionics   176(1112) 1073-1078   Apr 2005   [Refereed]
Miki Inada, Yukari Eguchi, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
Fuel   84(23) 299-304   Apr 2005   [Refereed]
Yang Zhou, Akiko Honda, Tomokazu Takeda, Masato Uehara, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
J. Ceram. Soc. Jpn. Supp. PacRim5 Special Issue,   112(5) S94-S99   Apr 2004   [Refereed]
Koji Matsui, Nobukatsu Ohmichi, Michiharu Ohgai, Takanori Yamakawa, Masato Uehara, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
J. Ceram. Soc. Jpn. Supp. PacRim5 Special Issue,   112(5) S343-S349   Apr 2004   [Refereed]
Junichi Hojo
J. Ceram. Soc. Jpn. Supp. PacRim5 Special Issue,   112(5) S1003-S1008   Apr 2004   [Refereed]
Previous Aging As a Parameter For a Liquid Phase Synthesis of Ceramic Nanoparticles
Naoya ENOMOTO, Akihiro KUMAGAI, Junichi HOJO
J.Ceram.Processing   5(4) 391-394   Apr 2004   [Refereed]
Preparation of SiC Matrix Laminated Ceramic Composites by Electrophoretic Deposition
Yang Zhou, Akiko Honda, Tomokazu Takeda, Masato Uehara, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
Transactions of the Materials Research Society of Japan   29(8) 3553-3556   Apr 2004   [Refereed]
Mechanism and Morphological Change in Zeolite Formation from Coal Fly Ash
Miki Inada, Yukari Eguchi, Masato Uehara, Naoya Enomoto, Junich Hojo
Transactions of the Materials Research Society of Japan   29(5) 2363-2366   Apr 2004   [Refereed]
Electrical and mechanical properties of cubic ZrO2 stabilized with Sc2O3 and Y2O3
Hiromichi YASUDA, Masato UEHARA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
J.Ceram.Processing Research   5(1) 80-83   Apr 2004   [Refereed]
Uehara M, Shiraishi R, Nogami A, Enomoto N, Hojo J
JOURNAL OF THE EUROPEAN CERAMIC SOCIETY   24(2) 409-412   Jan 2004   [Refereed]
Synthesis of Si3N4 composite nano-powders and evaluation of sintered bodies.
Takanori Shinoura, Masato Uehara, Naoya Enomoto, Junichi Hojo
J.Ceram.Processing   4(4) 210-213   Dec 2003   [Refereed]
Liquid Phase Synthesis of Si3N4-TiN Composite Particle by Imide Method
Masato Uehara, Naoya Enomoto and Junichi Hojo
Transactions of the Materials Research Society of Japan   28(4) 1199-1202   Apr 2003   [Refereed]
Rod-like Si3N4 grain growth in the sintered body of amorphous Si3N4-BN composite powder with sintering additives
Hironori Kugimoto, Masato Uehara, Naoya Enomoto and Junichi Hojo
J.Ceram.Process Res.   4(1) 6-9   Apr 2003   [Refereed]
Formation and sinterability of La1-xCaxCrO3 powder by a complex polymerization method
Ho-Sik Shin, Masato Uehara, Naoya Enomoto and Junichi Hojo
J.Ceram.Process Res.   4(1) 45-48   Apr 2003   [Refereed]
Naoya ENOMOTO, Masaaki KURAKAZU, Miki INADA, Kai KAMADA, Junichi HOJO, Wan-In LEE
Journal of the Ceramic Society of Japan   117(1363) 369-372   Jan 2003   [Refereed]
KUGIMOTO Hironori, UEHARA Masato, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy   49(6) 491-495   Jun 2002
Si3N4-BN nanocomposites are formed via phase separation and crystallization of amorphous Si3N4-BN composite powder during sintering. Amorphous Si3N4-BN composite powders were prepar...
Naoya Enomoto, Keizo Kawasaki, Michie Yoshida, Xianying Li, Masato Uehara and Junichi Hojo
Solid State Ionics   151 171-175   Apr 2002   [Refereed]
Design of high performance ceramics from composite particles
釘本弘訓、上原雅人、榎本尚也、北條純一
49 491-495   Apr 2002   [Refereed]
Miki INADA, Naoya ENOMOTO, Junichi HOJO
Research on Chemical Intermediates   36(1) 115-120   Jan 2002   [Refereed]
UEHARA Masato, WASHIO Keisuke, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy   48(9) 854-857   Sep 2001
The imide powders of Si-C-N-H system were formed by liquid phase reaction in SiCl4-CH3SiC13-NH3 or SiCl4-(C2H5)2NH system in n-hexane and decomposed at 900°C i...
上原雅人, 鷲尾圭亮, 榎本尚也, 北條純一
48 854-857   Apr 2001   [Refereed]
X.Li, M.Uehara, N.Enomoto and J.Hojo
J.Ceram.Soc.Jpn   109(10) 818-822   Apr 2001   [Refereed]
J.Hojo, K.Eto, M.Uehara and N.Enomoto
Scripta Materialia   44 2169-2172   Apr 2001   [Refereed]
Process Factors on Sol-Gel Synthesis of Ti-Doped Mesoporous Silica
X. Li, M. Uehara, N. Enomoto and J. Hojo
Tras. Mater. Res. Soc. Jpn, (2001)   26(2) 499-502   Apr 2001   [Refereed]

Misc

 
Inada Miki, Kurata Shinji, Enomoto Naoya, Hayashi Katsuro
Journal of the Society of Powder Technology, Japan   53(12) 804-809   2016
<p>Tetragonal barium titanate single crystal was synthesized by hydrothermal treatment of Ba-Ti-OH precursor slurry with 10 vol% ethylene glycol aqueous solution. Oxygen site was partially occupied by hydroxide ion in the synthesized barium titana...
Kazuto Koganei, Toshihisa Oyama, Miki Inada, Naoya Enomoto, Katsuro Hayashi, Katsuro Hayashi
Solid State Ionics   267(1) 22-26   Dec 2014   [Refereed]
? 2014 Elsevier B.V.High-density β″-alumina with relative density exceeding 98% was obtained by spark plasma sintering (SPS) at 1400 °C for 15 min. X-ray diffraction measurements and scanning electron microscopy demonstrated that the c-axis of the...
TANAKA Yumi, INADA Miki, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi, YAMASHITA Kimihiro
Journal of Smart Processing   1(4) 167-177   Jul 2012
空気清浄のためのメソポーラスゼオライト(MPZ)触媒材料
稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
空気清浄      Jul 2014
Enomoto Naoya, Hirata Shingo, Inada Miki, Hayashi Katsuro
Proceedings of the Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry   23(0) 103-104   2014
In general, a rapid quenching is required to obtain an amorphous metal. It is known that an intensive ultrasonication generates a very high temperature within cavitation bubbles in a very short moment, which enables a rapid quenching process in a ...
Enomoto Naoya, Asahi Keisuke, Tokunaga Ryuji, Inada Miki, Hojo Junichi
Proceedings of the Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry   22(0) 111-112   2013
Benzene derivatives and some other organic molecules were subjected to high intensity ultrasound for synthesis of nanostructured carbon-based materials. Simultaneous addition of ferrocene and chloride (ZnCl_2, CoCl_2, NiCl_2) to o-dichlobenzene (D...
TSUDA Hideyuki, SAWANO Shouko, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
耐火物 = Refractories   63(7) 352-353   Jul 2011
反応工学の動向と今後の展望
伊藤直次, 西山覚, 榎本尚也, 中野勝之, 上宮成之, 筒井俊雄, 霜垣幸浩, 尾上薫, 外輪健一郎
化学工学      Jul 2012
TSUDA Hideyuki, SAWANO Shouko, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
耐火物 = Refractories   64(5) 224-230   May 2012
Inada Miki, Yamashita Syougo, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 17-17   2011
シリカ源およびチタニア源の加水分解を制御し、シリカ骨格にTiが組み込まれたメソポーラスシリカ-チタニアを合成した。アセトアルデヒドを用いて光触媒能評価を行ったところ、メソポーラスチタニア-シリカが代表的な光触媒粉末であるP25より優れた光触媒能を持つことを明らかにした。これは、吸着・分解シナジー効果によるものと考えられる。
Jiang Zhe, Inada Miki, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 256-256   2011
近年、セリアに異種元素をドープしたイオン伝導体は低温で高いイオン伝導率を示すことから、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の電解質としての応用が期待されている。しかし、高いイオン伝導率に起因するファクターとして、ドーパント元素や焼結体の相体密度、微構造などが上げられるが、現段階ではまだ明らかにされていない。本研究では、純セリアに注目した。イオン伝導性を影響するファクターを絞った。異なるセリア原料粉体に対して異なる焼結プログラムを組み合わせ、様々な微構造を持った焼結体を作製した。焼結体の微構造と...
Kunugi Yumi, Tanaka Yumi, Inada Miki, Enomoto Naoya, Nagai Akiko, Yamashita Kimihiro, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 253-253   2011
B型炭酸アパタイト(B-type CA、Ca10-x Na2x/3 (PO4)6-x (CO3)x (H2O)x (OH)2-x/3)は骨の無機主成分に近い組成と構造を持っており、次世代バイオセラミックスとして期待される材料である。また最近の研究において、炭酸含有量が6 wt%を超えるB-type CAは10-3~10-5 S cm-1(600~800 ℃)レベルの酸化物イオン伝導を示すことが分かり、レアアースを含まない固体酸化物型燃料電池(SOFC)用電解質としての利用可能性が出てきた。...
TSUDA Hideyuki, SARUWATARI Yasunobu, MURAKAMI Kakuichi, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
耐火物 = Refractories   62(7) 358-359   Jul 2010
Miyamoto Yasuaki, Tanaka Yumi, Inada Miki, Enomoto Naoya, Nagai Akiko, Yamashita Kimihiro, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 229-229   2011
ハイドロシキアパタイト(HA)は化学式Ca10(PO4)6(OH)2で表されるアパタイト型化合物であり、生体親和性に優れることから骨代替材料として利用されている。またHAはプロトン伝導性を示すため、比較的高い温度で直流電界処理すると、プロトンの移動に起因して分極が誘起される。この状態を凍結させればHAをエレクトレット(半永久的な電荷をもつ絶縁体)化できるため、これを生体反応制御に利用しようとする試みがなされている。しかし、HAは非化学量論組成を取りやすい化合物であり、特に、OH-イオン部分...
Hara Hiroyuki, Tanaka Yumi, Inada Miki, Enomoto Naoya, Nagai Akiko, Yamashita Kimihiro, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 225-225   2011
イットリア安定化正方晶ジルコニア(Y-TZP)は、湿潤環境下で長時間保持すると、正方晶から単斜晶への相転移に伴って靭性が低下する低温劣化(low temperature degradation; LTD)という現象を示す。LTDによる相転移の機構は現在のところ明確ではないが、Y-TZP表面への水の静電吸着が起点となり、OH⁻イオンが生成し、それが酸素空孔を通り内部に拡散することによって相転移が進行すると言われている。これより、Y-TZP表面の帯電状態、欠陥濃度がLTD抑制に大きく関わってい...
竹本喜昭, 新島瞬, 榎本尚也, 赤津隆, 橋田浩, 田中享二
日本建築学会構造系論文集   75(647) 1-6   Jan 2010
Enomoto Naoya, Kimura Junpei, Inada Miki, Tanaka Yumi, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 87-87   2011
There are many process factors in the solution synthesis of ceramic nanoparticles. They are species & amount (concentration) of solute and solvent, temperature & pressure, and such external fields as stirring, ultrasonication, microwave, etc. Amon...
Katakami Yohei, Inada Miki, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 556-556   2011
当研究室ではゾルゲル法によりメソポーラスシリカ-チタニア複合触媒の合成に成功しており、高い吸着能と光触媒能を持つことを明らかにしている。光触媒活性を有することで、空気中の有害物質を無害な水や二酸化炭素に分解できる。また、高い吸着能を持つため低濃度の有害物質の場合でも、効率的に吸着・分解できると期待される。そこで、無機系バインダーと金属多孔体または不織布を用いて触媒粉体を担持し、メソポーラスシリカ光分解触媒フィルタを作製した。作製したフィルタの光触媒能はアセトアルデヒドを用いて、アセトアルデ...
Miyajima Toshikazu, Enomoto Naoya, Inada Miki, Tanaka Yumi, Hojo Junichi, Tanaka Kenichiro, Tanaka Rika
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 554-554   2011
アルミニウム不織布表面を酸化チタンでコーティングした光触媒繊維体に対し、紫外光および高周波超音波を同時照射したときの協調効果について調べた。OHラジカル生成指標としてヨウ化カリウム標準溶液によるソノケミカル効率測定を行った結果、顕著な協調効果が確認された。
ENOMOTO Naoya
Journal of the Society of Inorganic Materials,Japan   16(343) 450-454   Nov 2009
Koga Takahiro, Inada Miki, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 566-566   2011
近年、水熱炭化法というグルコースを原料とした水熱条件下でのカーボンスフィアの合成が報告され、触媒やテンプレートの添加によるカーボンスフィアの構造制御が試みられている。しかしながら、いまだカーボンスフィア生成機構が明らかになっていないことが水熱炭化法発展の大きな課題となっている。本研究では、有機系および無機系の酸、塩基、塩を添加することでカーボンスフィア生成過程の環境を制御し、生成物の収量や形態などへの影響を調査することで機構解明を試みた。
ENOMOTO Naoya
Ceramics Japan   44(8) 602-605   Aug 2009
Tanaka Yumi, Hara Hiroyuki, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 649-649   2011
酸化還元触媒へのイオン伝導体を介した電圧印加によって触媒反応の選択性と活性が飛躍的に向上する現象は「NEMCA効果」として知られている。しかしこの効果を誘発するためには定常的な電界印加が必要となるため、発電自体を目的とするようなデバイスへのNEMCA効果の適用が検討された例はなかった。そこで本研究では、固体高分子型燃料電池(PEFC)における酸素還元反応へのNEMCA効果導入を目指し、「不揮発性静電気」を電場供給源として利用する新たなNEMCA効果発現系を構築することを目的とした。講演では...
Koga Takahiro, Inada Miki, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 583-583   2011
マイクロ波水熱炭化によりグルコース水溶液からカーボンスフィアを合成した。グルコース水溶液をオートクレーブを用いて200度で加熱したところ3時間で球状粒子が生成した。一方、マイクロ波加熱では30分で球状粒子が生成した。マイクロ波がグルコースの炭化を促進したと考えられる。XRDより、すべての生成物で20度付近にハローが確認され生成物はカーボン前駆体であることが示唆された。
榎本 尚也, 党 鋒, 北條 純一
Materials integration   22(6) 19-23   Jun 2009
Hara Hiroyuki, Tanaka Yumi, Inada Miki, Enomoto Naoya, Nagai Akiko, Yamashita Kimihiro, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2011(0) 618-618   2011
本研究では、Y-TZPセラミックス表面の帯電状態と低温劣化により引き起こされる相転移との関係を分極したY-TZPセラミックスを用いて評価した。直流50V、200℃で分極すると、分極時間によらず陰極側のY-TZPの色が白から黒に変化した。これは、Y-TZP表面への電子の注入によるものだと考えられる。LTD試験の結果、異なる帯電条件にあるY-TZP表面間で相転移率が異なり、電極からの電子注入がLTD耐性に重大な影響を与えたことが示唆された。
TSUDA Hideyuki, MURAKAMI Kakuichi, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
耐火物 = Refractories   61(4) 175-181   Apr 2009
伊藤 直次, 西山 覚, 榎本 尚也
化学工学   75(13) 105-108   2011
セラミック単分散球の合成における種々のブロセス因子
榎本尚也, 深蔵俊陽, 稲田幹, 田中優実, 北條純一
九州大学中央分析センター報告      Jan 2012
Enomoto Naoya, Namba Ryota, Hojo Junichi
Proceedings of the Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry   18(0) 89-90   2009
Porous titania was prepared on titanium substrate in various electrolytes such as HNO_3, H_2SO_4, and NH_4F under ultrasonication. Nano/microstructure of titania can be widely controlled by anion species, temperature, electric condition, and ultra...
TAKEMOTO Yoshiaki, HASHIDA Hiroshi, KURODA Yasuhiro, ENOMOTO Naoya, AKATSU Takashi, TANAKA Kyoji
J. Struct. Constr. Eng.   (633) 1891-1898   Nov 2008
The measure which manufactures high quality recycled aggregate from the concrete block produced at the time of building demolition is taken. In this process, the waste concrete fine powder (WCFP) is produced in large quantities. However WCFP does ...
Enomoto Naoya, Yamada Kosuke, Dang Feng, Inada Miki, Hojo Junichi
J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy   56(6) 423-423   2009
"Synthesis of Magnetite Nanoparticles under Standing Ultrasonication" by Naoya Enomoto et al., Vol. 56, No. 4, 2009.<BR>On page 194, paper received date 'December 4, 2004' should be 'December 4, 2008'.<BR>The editorial board apologizes for the error.
榎本 尚也, 深蔵 俊陽, 稲田 幹
九州大学中央分析センター報告   (29) 15-23   2011
Enomoto Naoya, Miyajima Toshikazu, Hojo Junichi, Tanaka Kenichiro
Proceedings of the Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry   21(0) 9-10   2012
Combined or synergetic effect of titania photocatalysis and ultrasonication has been studied in recent. Most typical system for the combination is composed of the titania particles suspended in aqueous medium and 20-200 kHz ultrasound of general u...
TSUDA Hideyuki, MURAKAMI Kakuichi, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
耐火物   59(12) 662-663   Dec 2007
Inada Miki, Koga Takahiro, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2012(0) 426-426   2012
グルコースの水熱炭化によりカーボンスフィアを合成した。本研究では合成したカーボンスフィアの熱処理を行い、カーボンの構造変化について検討した。SEMより、熱処理前後に形態変化は見られなかった。XRDより、水熱炭化物では20°付近にハローが見られ、熱処理によりピークが高角側へシフトし、600°C以上でグラファイトの002面のピークと一致した。固体C-NMRより、合成したカーボンスフィアはHMF重合体であり、熱処理によりグラファイトへ結晶化することが示唆された。
DANG Feng, KAMADA Kai, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi, ENPUKU Keiji
Journal of the Ceramic Society of Japan   115(1348) 867-872   Dec 2007
The magnetite nanoparticles were synthesized through a process including dissolution of Fe (OH)_2 and precipitation of an oxidized phase under ultrasonic irradiation in an aqueous solution. It was found that the ultrasonic irradiation accelerated ...
Kikuchi Saki, Inada Miki, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2012(0) 425-425   2012
α-SiCは高い還元準位と広いバンドギャップを有するため、光還元触媒への応用が期待されている。本研究では、α-SiC粒子を得るため、PCSを用いて合成を行った。PCSのみでは、1800℃で3C-SiC(β)単層が生成した。一方、PCSにアルミナゾルを添加し1800℃で焼成を行ったところ、2H-SiC(α)が生成した。これらのことから、アルミナゾル添加がα-SiCの低温合成に有効であることが分かった。この合成粉末の光触媒活性を調査したところ、UV照射下でCO2がHCOO...
KAMADA Kai, TOKUTOMI Masaaki, INADA Miki, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
Journal of the Ceramic Society of Japan   115(1346) 672-677   Oct 2007
Electrochemical micromachining of a metal plate was performed using a solid polymer electrolyte. The fundamental electrolysis system was composed of a metal plate (anode) |polymer electrolyte| tungsten needle (cathode), where the contact diameter ...
An Yoonmin, Inada Miki, Tanaka Yumi, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2012(0) 430-430   2012
セリアは酸素貯蔵能を持ち、PM(=スス)を除去する燃焼触媒として使われている。セリアの重要な役割は活性酸素を発生しPMの燃焼温度を低減することである。本研究ではメソポーラスセリアをテンプレート法で合成し、燃焼触媒能を向上させた。テンプレートとしてはPluronic P123やPluronic F127を利用した。 P123よりF127をテンプレートとして用いたセリアがより高い比表面積を持ち、燃焼触媒能が向上したのが分かった。
Enomoto Naoya, Miyajima Toshikazu, Inada Miki, Tanaka Yumi, Tanaka Kenichiro, Tanaka Rika, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2012(0) 563-563   2012
Fundamental aspect of sonophotocatalytic reaction with photocatalytic fiber was surveyed. Photocatalytic fiber has advantages that separation from liquid phase is easier than photocatalytic particles. Frequency of ultrasound generator used was 200...
榎本 尚也, 北條 純一
化学工業   58(9) 693-696   Sep 2007
化学工学年鑑2011 6.反応工学 6.2 ソノプロセス
榎本尚也
化学工学      Oct 2011
SHIROUZU Keita, OHKUSA Takahiro, HOTTA Mikinori, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
Journal of the Ceramic Society of Japan   115(1340) 254-258   Apr 2007
A few mol% Al_2O_3-doped ZnO sintered body forms a substitutional solid solution and the semi-conducting property is drastically affected by the content of the dissolved Al. It was suggested from the results of XRD and EPMA that Al existed in the ...
硫酸を用いた再生細骨材製造プロセスの研究
榎本尚也
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書      Jun 2011
津田 秀行, 澤野 祥子, 榎本 尚也
セメント用耐火物研究会報告集   27 87-99   May 2011
化学工学年鑑2010 6.反応工学 6.2 ソノプロセス
榎本尚也
化学工学      Oct 2010
竹本 喜昭, 新島 瞬, 榎本 尚也
Journal of structural and construction engineering   75(656) 1755-1763   Oct 2010
NIIJIMA Shun, AKATSU Takashi, TAKEMOTO Yoshiaki, HASHIDA Hiroshi, ENOMOTO Naoya, TANAKA Kyoji
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction   2010 711-712   Jul 2010
TAKEMOTO Yoshiaki, AKATSU Takashi, NIIJIMA Shun, HASHIDA Hiroshi, ENOMOTO Naoya, TANAKA Kyoji
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction   2010 713-714   Jul 2010
廃コンクリート微粉末と廃酸を用いた素材分離
榎本尚也
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書      Jun 2010
SADATOMI Yoshitaka, IWASHITA Kazutoshi, KAYAMA Tsuneo, ENOMOTO Naoya, HOJO Junich
耐火物 = Refractories   62(1) 32-33   Jan 2010
Enomoto Naoya
Proceedings of the Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry   19(0) 59-60   2010
Ceramic processing, such as nanoparticles synthesis via precipitation, sol-gel method, electrochemical deposition, spray pyrolysis, metallurgy, and so forth, can be stimulated by physicochemical actions of ultrasound. In this presentation, various...
Yamashita Shougo, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2010(0) 2L01-2L01   2010
メソポーラスシリカは比表面積が高く、耐水熱性に優れるため、高機能な触媒材料として期待されている。TiO2やZnOは光触媒、MoO3は酸化触媒として用いられており、これらをメソポーラスシリカに組み込むことで酸点を形成でき、吸着能を高めることができる。本研究では、ゾル-ゲル法によりTi、Zn、Moを均一に組み込んだ触媒を合成した。Siに対する異種金属添加量はM/Si=0~0.20とした。TiとZnの組み込みでは、それぞれ高い比表面積を保ち、酸性度を示...
Sakai Tetsuhiro, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2010(0) 2L08-2L08   2010
Ce-doped Ca3Sc2Si3O12 phosphor was synthesized by a novel emulsion-evaporation (EE) method. The EE method consists of emulsion process and subsequent evaporation. In the former process, two different water-in-oil (W/O) emulsions were mixed. One co...
Inada Miki, Jiang Zhe, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2010(0) 1L32-1L32   2010
沈殿熟成法によりZnO粒子を合成した。硝酸亜鉛あるいは酢酸亜鉛を水に溶解させ、1M NaOHを加えて沈殿させた。さらに、総体積が50mlになるように水あるいはエチレングリコール(EG)を添加して反応溶液を調整した。Zn濃度を0.1M、1M NaOH添加量を5-10ml、EG濃度を0-90%とした。反応溶液をオートクレーブ(CH法)あるいはマイクロ波(MW法)により200°Cで加熱した。いずれの条件でもZnO単相が得られた。1M NaOHを同量添加しても、Zn源によって開始pHは異なった。S...
Iwamoto Kazunori, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2010(0) 1L23-1L23   2010
We have tried to synthesize brookite particles by self-hydrolysis of TiOCl2 with HCl addition. When 0.1M TiOCl2 with addition of 2M HCl was heated at 100&deg;C for 24h by reflux method, brookite and rutole formed and the morp...
Reaction Behavior of Slag and Spinel in the Steel Ladle Castable
貞富善喬, 岩下和俊, 加山恒夫, 榎本尚也, 北條純一
耐火材料      Dec 2009
「超」のめざす世界 超音波反応場を利用したナノ材料合成
榎本尚也
J Soc Inorg Mater Jpn      Nov 2009
廃コンクリート材の主成分からなる機能性セラミック粒子の新奇プロセシング
榎本尚也
東京工業大学応用セラミックス研究所共同利用研究報告書      Jun 2009
Sakai Tetsuhiro, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 2H25-2H25   2009
ナノ粒子の新しい合成法としてエマルション-エバポレーション(EE)法を開発した。EE法は沈殿剤水相と無機塩水相のW/Oエマルション溶液を混合した後、溶媒を蒸発させ、前駆体を作製する方法である。そのEE法でCeドープCa3Sc2Si3O12蛍光体を合成し、微粒子化と組成の均一化に成功した。EE法と固相法、沈殿法を比較すると、EE法では固相法より結晶化温度が400℃低下し、目的相であるCa3</S...
Inada Miki, Mizue Kei, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 2H22-2H22   2009
TiOCl2の自己加水分解により酸化チタンを合成した。0.5M TiOCl2水溶液に0.1M SDSを添加し、反応温度50°Cで24h加熱したところ、比表面積210m2/gのルチルが生成した。SDS濃度を0.5Mにしたところ、比表面積は340m2/gまで上昇したが、結晶性が低下した。これらの高比表面積ルチルの熱安定性を調査したところ、焼成温度の上昇に伴い、比表面積が減少した。
Enomoto Naoya, Kurakazu Masaaki, Namba Ryota, Kamada Kai, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 3E03-3E03   2009
超音波エネルギーを用いたソノケミカルプロセスでは、キャビテーション気泡内の高温高圧およびそこ生じる化学活性種の働きが喧伝される傾向があり、気泡の非対称な圧壊であるマイクロジェットや気泡近傍のマイクロストリーミングなどの機械的・物理的効果は影に隠れ気味である。しかしながら実際のプロセスにおいては、機械的な超音波作用が様々な現象・結果を誘起している。本稿では、金属チタンの陽極酸化を主たる題材として超音波の物質移動促進による形態制御の例を示し、応力・歪みに関連した議論を試みる。
Sadatomi Yoshitaka, Iwashita Kazutoshi, Kayama Tsuneo, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 1M25-1M25   2009
国内の各製鐵所においてアルミナ-マグネシア質の不定形耐火物(以下A-Mキャスタブル)が溶鋼鍋の内張り材として多く使用されている。A-Mキャスタブルは骨材にアルミナ、マトリックス材(微粉原料)に仮焼アルミナ、アルミナセメント、マグネシアクリンカー、マイクロシリカ及び各種調整剤を含む。ここで、溶鋼鍋におけるA-Mキャスタブルの損耗抑制のためには、材料がスラグに溶解し難いこと、またスラグが材料中に侵入し難いことが必要である。そこで本検討では、2種類のスラグに対するA-Mキャスタブルの反応性をFA...
Li Ling, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 3H18-3H18   2009
マイクロ波照射下、W/Oエマルションを用い、ミセル内殻水相で加水分解反応により一段階でシリカ、チタニアの球状特殊多孔体を合成した。シリカ合成の場合は、部分加水分解したTEOSを水相とし、乳化剤TGCRを溶かしたヘキサンを油相としてW/Oエマルションを作製した。W/Oエマルションをマイクロ波により加熱したところ、粒径0.1~5μmの球状中空シリカが生成した。チタニア合成の場合はチタニア源としてTiOCl2を用いた。ヘキサンに乳化剤TGCRとTween80を溶かし、油相とした。W/Oエマルショ...
Hojo Junichi, Fukunaga Yutaka, Inada Miki, Enomoto Naoya
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 108-108   2009
白色LEDのためのCa-α-SiAlON:Eu蛍光体をSi-Al-Ca-Eu-O前駆体の炭素還元窒化により合成し、蛍光特性を調査した。生成粉体は炭素源によって見かけの色が異なっていた。炭素源にフルクトースあるいはフェノール樹脂を用いた場合、蛍光体の色は黒っぽく、蛍光の発光強度は低かった。一方、炭素源に活性炭を用いた場合、蛍光粉体はわずかに黒い程度であり、蛍光特性も良い結果が得られた。炭素源の還元能力に加えて、前駆体と炭素源の混合状態が重要であると考えられる。
Inada Miki, Yamashita Syougo, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2009(0) 605-605   2009
水熱法により生成するY(OH)3は、条件により針状、板状、ワイヤー状など種々の形態を取ることができ、高温での熱処理前後で形態変化が無いことから、特異な形状を持つY2O3の前駆体として利用可能である。本研究では、Y(NO3)3を原料に用い、Al(NO3)3存在下でNaOH添加により生じた沈殿をマイクロ波照射下、200℃で熟成し、特異的な形状...
Enomoto Naoya, Dang Feng, Hojo Junichi, Enpuku Keiji
Proceedings of the Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry   17(0) 106-107   2008
The magnetite nanoparticles were synthesized in an ethanol-water solution under ultrasonic irradiation from a Fe(OH)_2 precipitate. XRD, TEM, TG, IR, VSM and UV/vis absorption spectrum were used to characterize the magnetite nanoparticles. It was ...
Enomoto Naoya, Fukakura Toshiharu, Sakai Tetsuhiro, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 359-359   2008
アルコール等、水溶性の有機物を含む水溶液を用いた微粒子合成において、一見透明で均一に思える出発溶液の微視的不均一を意識した核生成制御について検討した。シュウ酸エタノール法によるシュウ酸塩沈殿、Stober法によるシリカ球合成、そこに有機テンプレートを導入したメソポーラスシリカ球合成などにおける出発溶液のエイジング効果の実験結果を紹介する。
Sadatomi Yoshitaka, Goda Koji, Sugawara Mitsuo, Kayama Tsuneo, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 338-338   2008
Alumina-magnesia castable is mainly applied to steel ladles. This material generally consists of alumina, magnesia, silica and alumina cement, and generates spinel and CA6 when it is heated up. The said spinel makes solid solution with alumina, ...
Choi Daeho, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 213-213   2008
本研究では放電プラズマ焼結(SPS)法によって窒化硅素に焼結助剤に添加した多孔体窒化硅素を作成した。SPS法は原料の粒子間での急速局部加熱が可能であると言われている。この方法により粒成長を抑制した状態で粒子間の結合が強固になるため、機械的強度の向上が期待される。SPS法により試料を作成するにあたって焼結条件の調査、焼結助剤の調査を行うことで、多孔体窒化硅素の制御を行った。
Fukunaga Yutaka, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 254-254   2008
SiAlON蛍光体は従来、窒化物原料粉体を混合しガス圧焼成し作製されているが、本研究では液相法によりSi-Al-Ca-Eu-Oの前駆体を合成し、炭素還元窒化によりSiAlON:Eu蛍光体を作製した。XRDより、Ca-α-SiAlONのピークが主に確認されたが、Eu添加量の減少に伴いβ-SiAlONやAlNのピークが出現した。SEMより、粒径1μm程度の不定形粒子が観察された。蛍光スペクトル測定の結果、ピーク波長はEu添加量の増加と共にレッドシフトが確認された。
mizue kei, inada miki, enomoto naoya, hojo junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 3H08-3H08   2008
TiOCl2の自己加水分解により酸化チタンを合成し、種々の添加剤が結晶相や形態に与える影響について調査した。0.1M TiOCl2水溶液に4M HCl、4M HNO3をそれぞれ添加し、反応温度100℃で24h加熱した。XRDより、無添加ではアナターゼのピークのみが確認されたが、HClを添加するとアナターゼのピークは消失し、ルチルとブルッカイトのピークが現れた。一方、HNO3を添加したところ、ルチルのみの...
Inada Miki, Li Ling, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 3H02-3H02   2008
In this study, hydroxyapatite with high specific surface area was synthesized by precipitation method. Starting solution was prepared by mixing of 0.01M Ca(NO3)2 and 0.006M NaH2PO4 aqueous solutions. Pre...
Hirata Shodai, Kamada Kai, Enomoto Naoya, Hojo junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 3F18-3F18   2008
A novel solid state electrochemical micromachining of metal plates with a high melting temperature was performed using an oxide ion conductor. The fundamental solid electrochemical cell consists of an anode metal (W or Mo) / pyramidal NiO-YSZ / ca...
Fukunaga Yutaka, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 1E21-1E21   2008
Ca-α-SiAlON:Eu 蛍光体は青色光で励起され黄色光を発する。そのため、青色LED と組み合わせることで白色LEDとして利用可能である。Ca-α-SiAlON:Eu 蛍光体は一般に用いられているYAG:Ce よりも長波長の発光を示すことから、白色LED とした場合により温かみのある白色光を再現でき、また高い発光強度を得られるとされている。従来法では窒化物原料の焼成、粉砕を行い作製されているが、本研究では前駆体を液相より合成し、その後炭素還元窒化を行い合成することで粉砕の工程なしに直...
Inada Miki, Mizue Kei, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 695-695   2008
強酸性条件下でのTiOCl2の自己加水分解により酸化チタンを合成した。0.1M TiOCl2水溶液に0.6-4M HClあるいはHNO3を添加し、反応温度100°Cで24h加熱した。XRDより、無添加では含水酸化チタンの凝集によるアナターゼ相を示し、酸濃度が高くなるにつれ、ルチルとブルッカイトのピークが現れた。SEMより、無添加では不定形粒子が観察され、酸添加量が増えるに従い、立方状の粒子と針状の粒子が生成し、粒子が成長・分...
sakai tetsuhiro, inada miki, enomoto naoya, hojo junichi, akiyama tsuyoshi, yamada sunao
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 581-581   2008
単分散メソポーラスシリカ球(MMSS)合成における出発溶液(ストック溶液)のエイジングは、MMSSの単分散性や粒径に影響を与えた。2週間のエイジングで粒径は10%低下し、単分散性も低下した。また、合成したMMSSの比表面積は1000-1200m2/gであった。MMSSにAuを複合化し、TEMによる観察で2nm程度のAuナノ粒子が確認できた。Auナノ粒子の粒径は窒素吸着測定で求めたMMSSの細孔径と近い値となった。Auを複合化したMMSSで表面増強ラマン散乱効果が得られた。
Hirata Shodai, Kamada Kai, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 578-578   2008
A novel solid electrochemical surface machining of hard materials such as W, Mo and WC were performed using an oxide ion conductor. The fundamental solid electrochemical cell consists of an anode (W, Mo, WC) / pyramidal NiO-YSZ / cathode system, w...
Mizue Kei, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 576-576   2008
TiOCl2の自己加水分解により酸化チタンを合成し、種々の添加剤がTiO2の生成メカニズムに与える影響について調査した。0.1M TiOCl2水溶液に4M HClを添加し、反応温度100°Cで0.5-24h加熱した。XRDより、反応初期にアナターゼピークが出現し、時間と共にアナターゼのピーク強度が減少し、ブルッカイト、ルチルのピークが現れた。SEMより、長時間ほど粒子が分散成長していく様子が観察された。
Fukakura Toshiharu, Enomoto Naoya, Hojo Jyunnichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 577-577   2008
We synthesized TiO2 spherical particles by alkoxide method. Ultrasonic irradiation was performed before and during the synthesis. For comparison, TiO2 spheres were also synthesized by mechanical stirring. Furthermore, the hor...
Li Ling, Inada Miki, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 566-566   2008
Hydroxyapatie (HAP: Ca10(PO4)6(OH)2) can adsorb harmful organic materials such as bacteria, while titanium oxide (TiO2) is one of excellent photocatalyst. In order to realize highly efficient adsorption/decomposition properties, HAP/TiO2 composite...
Fuchigami Nobuhiko, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 556-556   2008
Zn1-XAlXO粉体を錯体重合法により合成し、放電プラズマ焼結(SPS)法により焼結体を作製した。仮焼粉体のHall プロットによりAlを添加すると格子歪みが増加し、結晶子径が減少することが分かった。XRDによりX≧0.02でZnAl2O4の存在が確認された。錯体重合法により作製した試料では導電率はX=0.02まで増加し、市販のZnOとAl2O3により作製し...
Moon Byung-kyu, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2008(0) 532-532   2008
水酸化アパタイトは骨の無機構成物と化学的に似ているが機械的特性が非常に低く、ジルコニアは生体親和性と高い機械的特性を持つ構造セラミックスである。その複合体は生体活性と高い機械的特性が必要な部位に使用できる生体材料として期待される。本研究では水酸化アパタイト-ジルコニア複合体をSPS法で作製し、アルミナ添加による効果を検討した。焼結体はXRD、相対密度、曲げ強度、SEMにより評価した。アルミナ添加した焼結体は相対密度98%以上に緻密化し、1200°CでもHApからTCPに分解しなかった。また...
津田 秀行, 村上 角一, 榎本 尚也
環境と耐火物研究会報告集   6 58-69   Oct 2007
ソノケミストリーの最新動向 2 陽極酸化によるメソ多孔チタニア合成における超音波効果
榎本尚也, 倉員正明, 鎌田海, 北條純一
超音波Techno      Sep 2007
Takemoto Yoshiaki, Hashida Hiroshi, Enomoto Naoya, Akatsu Takashi, Tanaka Kyoji
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction   2007 201-202   Jul 2007
NAKAGAWA Zenbe-e, HAYASHI Shigeo, YAMAMOTO Osamu, ENOMOTO Naoya
耐火物   59(3)    Mar 2007
MgO/Al2O3粉末成形体のスピネル合成に伴う膨張挙動
中川善兵衛, 林滋生, 山本修, 榎本尚也
耐火物      Mar 2007
Kamada Kai, Higashikawa Keigo, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 601-601   2007
セリウム塩水溶液中でのアノード分極によりセリア薄膜が電極表面に形成する。分極時に電極へ紫外光照射を行うことで、セリウムイオンの陽極酸化反応が促進され,結果的にセリアの電着量および結晶性が増大(向上)した。光アシストされたセリア膜の生成プロセスを考察するとともに、作製した薄膜の電極触媒特性についても評価した。
Kuma Yoshiki, Kamada Kai, Enomoto Naoya, Hojo Junichi, Kaneko Akira, Mizda Yukie
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 135-135   2007
本研究においては、これらメソポーラス材料とチタニアを組み合わせ有害物質の吸着能力と光触媒分解能力として環境浄化機能について検討した。メソポーラスSiO2-TiO2は陽イオン界面活性剤C18TAC、Si(OEt)4、Ti(OEt)4を使用して合成し光触媒チタニアゾルを直接導入することにより、簡便方法で多孔体表面にチタニアを担持させることができ生成物は有機物除去の為空気中600℃で仮焼した。メソポーラス/光触媒チタニア複合材料は800m2/g以上の高比表面積と光触媒特性として光触媒チタニアを複...
Shirouzu Keita, Haruyama Kazuki, Ohkusa Takahiro, Hotta Mikinori, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 121-121   2007
Al2O3を数mol%添加したZnO焼結体は置換型固溶体を形成しやすく,その半導体特性は不純物元素の存在によって著しく変化する.本研究では,XRD,EPMAによりZnO焼結体中にAlがZnAl2O4の形で存在していることが示唆され,さらにAFM,SEMを用いてZnAl2O4の分布状態を観察した.しかしこれらの機器では,ZnO粒内に固溶しているAlを直接検出する...
Shirouzu Keita, Ohkusa Takahiro, Kawamoto Tohru, Hotta Mikinori, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 236-236   2007
SiC-AlNコンポジットは高温構造材料や高温半導体材料として期待されている.本研究では,原料粉体としてSiC, AlN微粉末を使用し,放電プラズマ焼結法(SPS)を用いて,焼成温度1900-2100℃でSiC-AlNコンポジットを作製,その微細構造と組成分布を調べた.その結果,XRDによる結晶相,格子定数の変化から,焼成温度1900, 2000℃では3C(β-SiC)ssと 2H(α-SiC/AlN)ssの不均一な相分布が認められた.焼成温度2100℃では2H(α-SiC/AlN)ssの...
Inada Miki, Mizue Kei, Kamada Kai, Emonoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 30-30   2007
塩化チタニルの自己加水分解により酸化チタンを合成し、生成物の結晶相を制御した。0.5M TiOCl2水溶液に、2M NaClあるいは0.5M SnCl4を添加し、マイクロ波照射下、180°Cで2h合成を行った。2M NaClを添加した場合、無添加に比べてルチルのXRDピークが増加したが、0.5M SnCl4を添加した場合はアナターゼのピークのみが検出された。このことから、添加物の種類によって生成相が変わることがわかった。
Mizue Kei, Inada Miki, Kamada Kai, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 34-34   2007
マイクロ波照射下、W/Oエマルションを用い、ゾル-ゲル反応により球状メソポーラスSiO2-TiO2を合成した。部分加水分解したTEOSとテンプレートであるC18TACを含んだ水溶液に、チタニア源としてTiOCl2を加え、水相とした。乳化剤を溶かしたヘキサンに水相を加えて得られたW/Oエマルションをマイクロ波により加熱したところ、球状粒子が生成し、Ti/Si比が高くなるにつれ、球状粒子が減少した。比表面積はTi/Si=0.1で...
Kamada Kai, Higashikawa Keigo, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 248-248   2007
水溶液中の3価セリウムイオンを電気化学的に酸化すると4価のセリウム水酸化物イオンが金属電極表面に生成し、最終的に電極表面はセリア薄膜で覆われる。一方、セリアはn型半導体として知られており、バンドギャップエネルギー以上に相当するエネルギーを有する光の照射によって成膜中のセリア表面にホールが生成し、これが3価セリウムイオンの酸化反応を促進すると考えられる。本研究では電解法によるセリア皮膜作製時に電極表面に紫外光照射を行い、皮膜の析出量や結晶性に及ぼす影響を調査した。
Matsuura Hiroyuki, Kamada Kai, Enomoto Naoya, Hojo Junichi
Preprints of Annual Meeting of The Ceramic Society of Japan<br>Preprints of Fall Meeting of The Ceramic Society of Japan   2007(0) 384-384   2007
ナノサイズSiCを原料粉末としてSPS法によりSiC多孔体を作製した。焼結条件として圧力、昇温速度、焼結温度、助剤の種類の影響について調査し、XRD、SEM、3点曲げ強度試験の評価を行った。これらの調査により、粒成長を抑制したSiC多孔体を作製する条件は圧力15MPa、昇温速度100℃/min、焼結温度1950℃、助剤AlN-Y2O3であることが分かった。さらに気孔形成剤としてポリメタクリル酸メチル(PMMA)を添加することで細孔構造を制御した多...
INADA Miki, KAMADA Kai, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
Journal of the Ceramic Society of Japan   114(1334) 814-818   Oct 2006
TiO_2 nanoparticles were synthesized by self-hydrolysis of TiOCl_2 using conventional and microwave heating methods. By XRD analysis, rutile and anatase phases were detected at the early stage of reaction. In conventional heating method, the XRD p...
MATSUI Koji, TANAKA Kenji, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
Journal of the Ceramic Society of Japan   114(1333) 763-768   Sep 2006
The sintering behavior of 7.8mol% Yttria-stabilized cubic stabilized zirconia (Y-CSZ) powders was investigated, with emphasis on the effect of Al_2O_3 addition at the initial sintering stage. The shrinkage of powder compact was measured under cons...
ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
工学・工業教育研究講演会講演論文集   18 362-363   Jul 2006

Books etc

 
Ashokkumar Muthupandian, Cavalieri Francesca
Springer   2016   ISBN:9789812872777
Grieser F, Choi PK, Harada H, Okitsu K, Enomoto N, Yasui K.
Elsevier   2015   ISBN:9780128015308

Conference Activities & Talks

 
Sonoprocess of iron-based nanoparticles
Naoya Enomoto
20 Oct 2017   
Sonoprocess of Iron-based Nanoparticles [Invited]
Naoya Enomoto
3rd Meeting of the Asia-Oceanian Society of Sonochemistry   14 Sep 2017   
水熱炭化法により作製したカーボンスフィアの細孔構造とキャパシタ特性
岡崎亮太, 稲田幹, 榎本尚也, 林克郎
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   1 Sep 2015   
テープキャスト法によるNASICONメンブレンの作製
大久保圭祐, 稲田幹, 榎本尚也, 林克郎
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   1 Sep 2015   
水溶液系Na‐空気電池に向けたカーボン材料の検討
井田大達, 稲田幹, 榎本尚也, 林克郎
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   6 Mar 2015   
テンプレートの抽出除去によるメソポーラスシリカーチタニアの構造調査
平田伸吾, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一, 林克郎
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   6 Mar 2015   
ビーズミルプロセスによるハイドロキシアパタイトナノ粒子の作製と評価
川地麻里奈, 林克郎, 榎本尚也, 稲田幹, 松本広重
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2015   
ゾル‐ゲルプロセスによる非晶質リン酸チタン固体電解質の作製と物性評価
藤原しおり, 林克郎, 榎本尚也, 稲田幹, 松本広重
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2015   
チタニア‐シリカ複合多孔体の組成と光触媒能
吉川将平, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一, 林克郎
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2015   
水熱炭化法によるカーボンスフィアの構造とキャパシタ特性
稲田幹, 新谷俊介, 榎本尚也, 北條純一, 林克郎
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   25 Aug 2014   
透光性窒化ケイ素セラミックスの焼結条件と微細構造
北條純一, YANG Wenwu, 稲田幹, 榎本尚也
粉体粉末冶金協会講演概要集   3 Jun 2014   
メソポーラスチタニア‐シリカの組成と光触媒活性
稲田幹, 吉川将平, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   7 Mar 2014   
直流電界下におけるジルコニアセラミックスの表面電荷蓄積メカニズム
松本孝平, 原浩之, 榎本尚也, 北條純一, 田中優実
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   9 Jan 2014   
グルコース水熱炭化法によるカーボンスフィアの合成と構造評価
新谷俊介, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   9 Jan 2014   
メソポーラスシリカ‐チタニア光触媒の構造解析と触媒活性
稲田幹, 片上洋平, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   28 Aug 2013   
メソポーラスチタニア‐シリカの合成と触媒特性
吉川将平, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   28 Aug 2013   
フッ素含有炭酸アパタイトの脱炭酸挙動とイオン伝導特性
川地麻里奈, 田中優実, 久貫悠美, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   11 Mar 2013   
欠陥過剰型ジルコニアセラミックスの誘電分散特性
田中優実, 松本孝平, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   9 Jan 2013   
高表面電位アパタイトセラミックエレクトレットの開発
宮本泰晃, 田中優実, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   9 Jan 2013   
メソポーラスシリカ‐チタニア複合触媒の合成と光触媒活性
片上洋平, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   9 Jan 2013   
α‐SiC光触媒の構造とCO2還元特性
菊池早記, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一, 赤松正守, 森脇圭一郎
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   9 Jan 2013   
炭化ケイ素‐窒化アルミニウム複合焼結体の微細構造と物性評価
徳永竜二, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   12 Sep 2012   
欠陥導入ジルコニアの酸素還元特性
松本孝平, 田中優実, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   12 Sep 2012   
メソポーラスシリカ‐チタニア複合粉体の合成と光触媒活性
片上洋平, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
粉体粉末冶金協会講演概要集   22 May 2012   
酸化チタン‐酸化亜鉛系湿式太陽電池の複合電極構造と特性
北條純一, TONG Hui, 新谷俊介, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也
粉体粉末冶金協会講演概要集   22 May 2012   
カーボンスフィアの水熱炭化合成と構造評価
稲田幹, 古賀貴寛, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
粉体粉末冶金協会講演概要集   22 May 2012   
多孔質セリア粒子の合成と燃焼触媒特性
AN Y., 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   19 Mar 2012   
α‐SiC粒子の低温合成と光還元能評価
菊池早記, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   19 Mar 2012   
水熱炭化法によるカーボンスフィアの合成と構造解析
稲田幹, 古賀貴寛, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   19 Mar 2012   
セリア焼結体の粒界,粒内イオン伝導特性の解析
JIANG Z., 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2012   
フッ素添加炭酸アパタイトのイオン電導特性
田中優実, 久貫悠美, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2012   
Y‐TZPの低温劣化に及ぼす表面蓄積電荷の影響
原浩之, 田中優実, 稲田幹, 榎本尚也, 永井亜希子, 山下仁大, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2012   
水熱炭化によるカーボンスフィアの合成とキャパシタ特性評価
古賀貴寛, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2012   
自己加水分解による酸化チタン合成と触媒特性評価
稲田幹, 岩元一哲, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2012   
炭酸アパタイト系化合物の固体電解質特性
田中優実, 久貫悠美, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
固体イオニクス討論会講演要旨集   7 Dec 2011   
オキシハイドロキシアパタイトの分極特性
宮本泰晃, 田中優美, 稲田幹, 榎本尚也, 永井亜希子, 山下仁大, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
B型炭酸アパタイトの熱安定性とイオン伝導性に及ぼすフッ素添加の影響
久貫悠美, 田中優実, 稲田幹, 榎本尚也, 永井亜希子, 山下仁大, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
グルコースの水熱炭化によるカーボンスフィアの合成:添加剤の影響
古賀貴寛, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
メソ多孔質シリカ触媒材料の吸着・光分解シナジー効果
稲田幹, 山下翔悟, 田中優美, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
ジルコニアセラミックスの低温劣化に及ぼす電荷注入効果
原浩之, 田中優美, 稲田幹, 榎本尚也, 永井亜希子, 山下仁大, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
酸素還元触媒反応活系に及ぼす静電場導入効果
田中優実, 原浩之, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
メソポーラスシリカ光分解触媒フィルタの開発
片上洋平, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
セリア焼結体のイオン伝導に及ぼす微構造の影響
JIANG Z., 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
光触媒繊維体におけるソノ・フォトシナジー効果
宮島俊和, 田中優実, 稲田幹, 榎本尚也, 田中健一郎, 田中里香, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   7 Sep 2011   
マイクロ波水熱法による籾殻からの活性炭合成
北條純一, 古賀貴寛, 稲田幹, 田中優美, 榎本尚也
粉体粉末冶金協会講演概要集   30 May 2011   
Evaluations of reactivity of refractory oxides against waste melting furnace slags
津田 秀行, 澤野 祥子, 榎本 尚也
セメント用耐火物研究会報告集   18 May 2011   
Evaluations of Wettability and Reactivity of Refractory Oxides against Waste Melting Furnace Slags
TSUDA Hideyuki, SARUWATARI Yasunobu, MURAKAMI Kakuichi, ENOMOTO Naoya, HOJO Junichi
耐火物 = Refractories   1 Apr 2011   
マイクロ波水熱炭化法によるカーボンスフィアの合成
古賀貴寛, 稲田幹, 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   16 Mar 2011   
ナノ粒子の溶液合成におけるアンコンシャスプロセス因子
榎本尚也, 木村純平, 稲田幹, 田中優実, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   16 Mar 2011   
ジルコニアセラミックスの低温劣化に対する表面電荷の影響
原浩之, 田中優実, 稲田幹, 榎本尚也, 永井亜希子, 山下仁大, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   16 Mar 2011   
炭素還元窒化法によるSiC‐AlN固溶体の作製及びSPS焼結
ZHANG L., 田中優実, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   11 Jan 2011   
酸化物イオン伝導を利用したジルコニアセラミックエレクトレットの創成
田中優実, 原浩之, 稲田幹, 榎本尚也, 永井亜希子, 山下仁大, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   11 Jan 2011   
S02 Sonoproces of Ceramic Materials : Physics and Chemistry of Intensive and Subtle Ultrasonications(Special session)
Enomoto Naoya
Proceedings of the annual meeting of the Japan Society of Sonochemistry   21 Oct 2010   
Ceramic processing, such as nanoparticles synthesis via precipitation, sol-gel method, electrochemical deposition, spray pyrolysis, metallurgy, and so forth, can be stimulated by physicochemical actions of ultrasound. In this presentation, various...
磁性ナノ粒子のソノケミカル合成
榎本尚也, 党鋒, 北條純一
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   6 Aug 2010   
廃硫酸による廃コンクリート微粉末の処理プロセスの開発 その1 試薬硫酸による最適条件の検討
新島瞬, 赤津隆, 竹本喜昭, 橋田浩, 榎本尚也, 田中享二
日本建築学会学術講演梗概集A-1 材料施工   20 Jul 2010   
廃硫酸による廃コンクリート微粉末の処理プロセスの開発 その2 廃硫酸による処理プロセスの構築
竹本喜昭, 赤津隆, 新島瞬, 橋田浩, 榎本尚也, 田中享二
日本建築学会学術講演梗概集A-1 材料施工   20 Jul 2010   
1357 Development of The Handling Process of The Waste Concrete Fine Powder Using Waste Sulfuric Acid : Part.2 Discussion of Optimal Condition Using Waste Sulfuric Acid
TAKEMOTO Yoshiaki, AKATSU Takashi, NIIJIMA Shun, HASHIDA Hiroshi, ENOMOTO Naoya, TANAKA Kyoji
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction   20 Jul 2010   
1356 Development of The Handling Process of The Waste Concrete Fine Powder Using Waste Sulfuric Acid : Part.1 Discussion of Optimal Condition Using Sulfuric Acid
NIIJIMA Shun, AKATSU Takashi, TAKEMOTO Yoshiaki, HASHIDA Hiroshi, ENOMOTO Naoya, TANAKA Kyoji
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction   20 Jul 2010   
マイクロ波エマルション法による球状多孔体の合成
北條純一, 李玲, 稲田幹, 榎本尚也
粉体粉末冶金協会講演概要集   25 May 2010   
エマルジョン・エバポレーション法によるCa3Sc2Si3O12:Ce蛍光体の合成と評価
境徹浩, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   22 Mar 2010   
自己加水分解によるブルッカイトの合成:合成条件の影響
岩元一哲, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   22 Mar 2010   
異種金属酸化物を組み込んだメソポーラスシリカ触媒の合成
山下翔悟, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   22 Mar 2010   
沈殿熟成法によるZnO粒子の形態変化
稲田幹, JIANG Z, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   22 Mar 2010   
メソポーラスシリカを利用したガラス蛍光体の合成
山下翔悟, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
Hot‐soap法を用いたTiO2,ZrO2ナノ粒子合成
深蔵俊陽, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
前駆体重合法によるSiC‐AlN複合体の作製と電気特性
ZHANG L., 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
エマルション‐エバポレーション法により合成したCa3Sc2Si3O12:Ceの蛍光特性
境徹浩, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
マイクロ波エマルション法によるCeO2‐ZrO2球状粒子の合成
LI L., 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
マイクロ波水熱法による籾殻活性炭の合成
稲田幹, 古賀貴寛, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
自己加水分解法によるブルッカイトの合成
岩元一哲, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
錯体重合法と加圧焼結によるAgSbO3セラミックスの作製
淵上暢彦, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   12 Jan 2010   
エマルション法によるCa3Sc2Si3O12:Ce蛍光体の合成
榎本尚也, 境徹浩, 北條純一
粉体粉末冶金協会講演概要集   27 Oct 2009   
マイクロ波エマルション法によるシリカ,チタニア球状多孔体の合成
LI L., 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   16 Sep 2009   
自己加水分解法により合成した高比表面積ルチルの熱安定性
稲田幹, 水江圭, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   16 Sep 2009   
不定形耐火物のスラグ侵食特性のシュミレーションとその実証
貞富善喬, 岩下和俊, 加山恒夫, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   16 Sep 2009   
ソノケミカル反応場を用いたナノセラミックス合成
榎本尚也
日本金属学会講演概要   15 Sep 2009   
放電プラズマ焼結による窒化ケイ素多孔体の作製
北條純一, 崔大鎬, 榎本尚也
粉体粉末冶金協会講演概要集   2 Jun 2009   
還元窒化法によるCa‐α‐SiAlON蛍光粉体の合成:炭素源の影響
北條純一, 福永豊, 稲田幹, 榎本尚也
日本セラミックス協会年会講演予稿集   16 Mar 2009   
マイクロ波沈殿熟成法によるY‐Al‐OH板状結晶の合成
稲田幹, 山下翔悟, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   16 Mar 2009   
マイクロ波沈殿熟成法により作製したY(OH)3ナノシート積層体
稲田幹, 水江圭, 山下翔悟, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会年会講演予稿集   16 Mar 2009   
IrO2ナノ粒子分散Nafion膜の作製と光学特性評価
平田翔大, 鎌田海, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2009   
還元窒化法によるCa‐α‐SiAlONの合成条件と蛍光特性
福永豊, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2009   
沈殿熟成法によるチタン酸バリウム合成とマイクロ波照射効果
稲田幹, 高戸康行, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2009   
TiOCl2の自己加水分解によるルチル微結晶の合成
水江圭, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   8 Jan 2009   
炭素還元窒化法によるサイアロン蛍光体の合成
榎本尚也, 福永豊, 稲田幹, 北條純一
大阪大学接合科学研究所共同研究報告   2009   
セラミックスのソノプロセス~強い超音波と弱い超音波による物理的および化学的プロセシング~
榎本尚也
東北大学多元物質科学研究所研究発表会講演予稿集   2009   
A16 Sonochemical Synthesis of Magnetite Nanoparticles(Oral session)
Enomoto Naoya, Dang Feng, Hojo Junichi, Enpuku Keiji
Proceedings of the annual meeting of the Japan Society of Sonochemistry   5 Dec 2008   
The magnetite nanoparticles were synthesized in an ethanol-water solution under ultrasonic irradiation from a Fe(OH)_2 precipitate. XRD, TEM, TG, IR, VSM and UV/vis absorption spectrum were used to characterize the magnetite nanoparticles. It was ...
ソノケミカル反応を用いたナノセラミックプロセシング
榎本尚也, 党鋒, 倉員正明, 稲田幹, 北條純一
粉体粉末冶金協会講演概要集   5 Nov 2008   
自己加水分解法によるTiO2生成メカニズムに対する添加剤の影響
水江圭, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
単分散メソポーラスシリカ球合成における出発溶液のエイジング効果と光学的応用
境徹浩, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一, 秋山毅, 山田淳
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
強酸条件下でのTiOCl2の自己加水分解メカニズム
稲田幹, 水江圭, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
炭素還元窒化法によるCa‐α‐SiAlONの合成と蛍光体への応用
福永豊, 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
錯体重合法によるAl固溶ZnOセラミックスの作製と電気特性
淵上暢彦, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
SPS法による窒化硅素多孔体の作製
CHOI D. H., 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
セラミックスナノ粒子の核生成に対する出発溶液のエイジング効果
榎本尚也, 深蔵俊陽, 境徹浩, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
超音波照射による球状TiO2粒子の合成:pre‐,in‐situ sonication効果
深蔵俊陽, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
SPS焼結した水酸化アパタイト‐ジルコニア複合体に対するアルミナ添加効果
MOON B. K., 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
固体電気化学反応による難加工性高硬度材料の表面加工
平田翔大, 榎本尚也, 北條純一, 鎌田海
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
高機能性ヒドロキシアパタイト光触媒の開発
LI L., 稲田幹, 榎本尚也, 北條純一
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   17 Sep 2008   
単分散メソポーラスシリカ球の合成及びAuとの複合化
境徹浩, 榎本尚也, 北條純一
ナノ学会大会講演予稿集   7 May 2008