三村 尚也

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 12:07
 
アバター
研究者氏名
三村 尚也
 
ミムラ ナオヤ
所属
千葉大学医学部附属病院
部署
輸血・細胞療法部
職名
助教・診療講師
学位
医学博士(千葉大学大学院)
科研費研究者番号
00422220

研究分野

 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本骨髄腫学会  代議員・学会誌編集委員
 
 
 - 
現在
日本血液学会  評議員
 

受賞

 
2016年
千葉医学会賞
 
2014年
日本骨髄腫学会 加納賞
 
2011年
国際骨髄腫財団 The 2011 Brian D. Novis Research Award, junior grant
 

論文

 
Takaishi K, Muto T, Mimura N, Takiguchi J, Nagao Y, Oshima-Hasegawa N, Tsukamoto S, Takeda Y, Mitsukawa S, Takeuchi M, Ohwada C, Ota S, Iseki T, Nakaseko C, Sakaida E
International journal of hematology   108(4) 452-455   2018年10月   [査読有り]
Kawajiri-Manako C, Mimura N, Fukuyo M, Namba H, Rahmutulla B, Nagao Y, Togasaki E, Shimizu R, Oshima-Hasegawa N, Tsukamoto S, Mitsukawa S, Takeda Y, Ohwada C, Takeuchi M, Iseki T, Misawa S, Yokote K, Tsuiji M, Kuwabara S, Sakaida E, Kaneda A, Nakaseko C
American journal of hematology   93(9) 1161-1168   2018年9月   [査読有り]
Ohwada C, Sakaida E, Kawajiri-Manako C, Nagao Y, Oshima-Hasegawa N, Togasaki E, Muto T, Tsukamoto S, Mitsukawa S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Shimizu N, Misawa S, Iseki T, Kuwabara S, Nakaseko C
Blood   131(19) 2173-2176   2018年5月   [査読有り]
Togasaki E, Shimizu N, Nagao Y, Kawajiri-Manako C, Shimizu R, Oshima-Hasegawa N, Muto T, Tsukamoto S, Mitsukawa S, Takeda Y, Mimura N, Ohwada C, Takeuchi M, Sakaida E, Iseki T, Yoshitomi H, Ohtsuka M, Miyazaki M, Nakaseko C
Annals of hematology   97(4) 655-662   2018年4月   [査読有り]
齊藤 朋子, 千葉 哲博, 前田 隆宏, 大岡 美彦, 神崎 洋彰, 横山 昌幸, 日下部 裕子, 小笠原 定久, 鈴木 英一郎, 安井 伸, 太和田 暁之, 神田 達郎, 丸山 紀史, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 恵美子, 加藤 直也
肝臓   58(12) 647-653   2017年12月
症例は72歳男性。C型肝炎を背景に発症した門脈本幹腫瘍塞栓を伴う多発性肝細胞癌(HCC)に対して、大腿動脈アプローチでリザーバーシステムを留置した後に同日より肝動注療法(low dose FP療法)を開始し、一旦退院となった。しかし、治療開始後16日目の外来受診時に血小板数が0.3×10^4/μLと著明な減少を認めたために緊急入院となった。赤血球数、白血球数は正常であり、骨髄穿刺所見もほぼ正常であった。播種性血管内凝固症候群、特発性血小板減少性紫斑病などとの鑑別が問題となったが、ヘパリン起...
Hideshima T, Mazitschek R, Qi J, Mimura N, Tseng JC, Kung AL, Bradner JE, Anderson KC
Oncotarget   8(46) 80109-80123   2017年10月   [査読有り]
三川 紫緒, 三村 尚也, 立花 美智子, 日野 もえ子, 竹田 勇輔, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 中世古 知昭, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   63(4) 592-598   2017年8月
同種造血幹細胞移植は、高度な倫理性と専門性を有した多職種が関与する集学的チーム医療であり、造血細胞移植コーディネーター(HCTC)は、ドナーと移植患者双方の安全と支援に寄与する役割を担う。当院では、2014年に輸血・細胞療法部医師とHCTCにより、患者と独立した立場でドナーの安全性確保を目的としたドナー外来を開設した。今回、開設後1年間に当外来を受診した血縁ドナー候補者30例を対象にドナー外来の有用性と意義について解析した。30例のうち14例が他院で既にHLA検査を施行されていた。医師によ...
Rizq O, Mimura N, Oshima M, Saraya A, Koide S, Kato Y, Aoyama K, Nakajima-Takagi Y, Wang C, Chiba T, Ma A, Jin J, Iseki T, Nakaseko C, Iwama A
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   23(16) 4817-4830   2017年8月   [査読有り]
多発性骨髄腫の治癒に向けた新規分子標的療法の開発(Novel therapeutic approaches to achieve the cure of multiple myeloma)
三村 尚也
千葉医学雑誌   93(2) 17-23   2017年4月
形質細胞の悪性腫瘍である多発性骨髄腫は未だ治癒困難な血液がんである。骨髄腫細胞は多様な遺伝子変異やシグナル伝達経路を持ち,また骨髄微小環境に守られて薬剤耐性を獲得している。我々は今までに,骨髄腫細胞生存の鍵である小胞体ストレス応答を標的にしたIRE1α-XBP1阻害剤,重要なシグナル伝達経路を標的とした新規選択的Akt阻害剤,エピジェネティック機構を標的としたヒストンメチル化酵素EZH2とEZH1の共阻害剤について,骨髄腫の前臨床での治療効果とそのメカニズムを明らかにし,特にこれらの新規薬...
前田 隆宏, 大岡 美彦, 横山 昌幸, 若松 徹, 井上 将法, 齊藤 朋子, 日下部 裕子, 小笠原 定久, 鈴木 英一郎, 太和田 暁之, 三村 尚也, 堺田 恵美子, 中世古 知昭, 岸本 充, 千葉 哲博
肝臓   58(3) 176-182   2017年3月
症例は46歳の男性。1ヵ月前より全身倦怠感および黄疸が出現したため近医を受診した。血液検査にて末梢血の芽球出現を伴う汎血球減少と黄疸を認めたため、精査・加療目的で当院を紹介受診した。骨髄検査では芽球様細胞(90.2%)を認め、遺伝子検査にてPML-RARA融合遺伝子が検出されたことから、急性前骨髄球性白血病(APL)と診断された。また腹部ダイナミックCTでは、胆管浸潤を伴った多発性肝細胞癌(HCC)が認められた。一過性の胆道出血を認めたものの胆管炎の合併はなかったため、APLに対する治療を...
Hideshima T, Cottini F, Nozawa Y, Seo HS, Ohguchi H, Samur MK, Cirstea D, Mimura N, Iwasawa Y, Richardson PG, Munshi NC, Chauhan D, Massefski W, Utsugi T, Dhe-Paganon S, Anderson KC
Blood   129(10) 1308-1319   2017年3月   [査読有り]
Yokoyama M, Chiba T, Zen Y, Oshima M, Kusakabe Y, Noguchi Y, Yuki K, Koide S, Tara S, Saraya A, Aoyama K, Mimura N, Miyagi S, Inoue M, Wakamatsu T, Saito T, Ogasawara S, Suzuki E, Ooka Y, Tawada A, Otsuka M, Miyazaki M, Yokosuka O, Iwama A
Oncotarget   8(13) 21315-21326   2017年3月   [査読有り]
Muto T, Ohwada C, Takaishi K, Isshiki Y, Nagao Y, Hasegawa N, Kawajiri-Manako C, Togasaki E, Shimizu R, Tsukamoto S, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Misawa S, Shimizu N, Iseki T, Kuwabara S, Nakaseko C
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation   23(2) 361-363   2017年2月   [査読有り]
Shimizu R, Ohwada C, Nagao Y, Togasaki E, Kawajiri C, Muto T, Tsukamoto S, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Iseki T, Nakaseko C
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(3) 353-356   2017年   [査読有り]
Sugita Y, Ohwada C, Kawaguchi T, Muto T, Tsukamoto S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Shimizu N, Tanaka H, Abe D, Fukazawa M, Sugawara T, Aotsuka N, Nishiwaki K, Shono K, Ebinuma H, Fujimura K, Bujo H, Yokote K, Nakaseko C
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   463 47-52   2016年12月   [査読有り]
Shimizu R, Muto T, Aoyama K, Choi K, Takeuchi M, Koide S, Hasegawa N, Isshiki Y, Togasaki E, Kawajiri-Manako C, Nagao Y, Tsukamoto S, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Ohwada C, Sakaida E, Iseki T, Starczynowski DT, Iwama A, Yokote K, Nakaseko C
Leukemia research   50 85-94   2016年11月   [査読有り]
Hideshima T, Qi J, Paranal RM, Tang W, Greenberg E, West N, Colling ME, Estiu G, Mazitschek R, Perry JA, Ohguchi H, Cottini F, Mimura N, Görgün G, Tai YT, Richardson PG, Carrasco RD, Wiest O, Schreiber SL, Anderson KC, Bradner JE
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(46) 13162-13167   2016年11月   [査読有り]
木村 賢司, 武内 正博, 長谷川 渚, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 川尻 千華, 武藤 朋也, 塚本 祥吉, 竹田 勇輔, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 太田 聡, 井関 徹, 中世古 知昭
臨床血液   57(6) 765-770   2016年6月
症例は34歳男性。汎血球減少を主訴に来院し,急性前骨髄球性白血病(APL)と診断してall-trans retinoic acid(ATRA)を開始した。第25病日に発熱,呼吸困難,肺浸潤影を認め,分化症候群(DS)と診断。ATRA投与を中止し,ステロイド投与にて改善した。第29病日にATRAを半量より再開後,口内炎・咽頭痛の増悪を認めたため第37病日にATRAを中止し,酸素化の悪化を認め第42病日にステロイドを増量した。第48病日に突然右下腹部痛を訴え,回盲部の消化管穿孔と診断され緊急回...
Kimura K, Takeuchi M, Hasegawa N, Togasaki E, Shimizu R, Kawajiri C, Muto T, Tsukamoto S, Takeda Y, Ohwada C, Sakaida E, Sakai S, Mimura N, Ota S, Iseki T, Nakaseko C
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   57(6) 765-770   2016年6月   [査読有り]
Matsui S, Takeda Y, Isshiki Y, Yamazaki A, Nakao S, Takaishi K, Nagao Y, Hasegawa N, Togasaki E, Shimizu R, Kawajiri C, Sakai S, Mimura N, Takeuchi M, Ohwada C, Sakaida E, Iseki T, Imadome K, Nakaseko C
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   57(5) 624-629   2016年5月   [査読有り]
Muto T, Ohwada C, Sawai S, Beppu M, Tsukamoto S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Sogawa K, Misawa S, Shimizu N, Iseki T, Nomura F, Kuwabara S, Nakaseko C
Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis   54(2) 276-281   2016年4月   [査読有り]
Ohguchi H, Hideshima T, Bhasin MK, Gorgun GT, Santo L, Cea M, Samur MK, Mimura N, Suzuki R, Tai YT, Carrasco RD, Raje N, Richardson PG, Munshi NC, Harigae H, Sanda T, Sakai J, Anderson KC
Nature communications   7 10258   2016年1月   [査読有り]
Muto T, Ohwada C, Yamazaki A, Sugita Y, Tsukamoto S, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Iseki T, Shimizu N, Morio T, Nakaseko C
Leukemia & lymphoma   57(1) 230-232   2016年   [査読有り]
Mimura N, Hideshima T, Anderson KC
Experimental hematology   43(8) 732-741   2015年8月   [査読有り]
Muto T, Takeuchi M, Yamazaki A, Sugita Y, Tsukamoto S, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Ohwada C, Sakaida E, Aotsuka N, Iseki T, Nakaseko C
International journal of hematology   102(1) 86-92   2015年7月   [査読有り]
Tanaka H, Kawajiri C, Sakai S, Takeda Y, Kawaguchi T, Mimura N, Sakaida E, Ohwada C, Takeuchi M, Hashimoto S, Takagi T, Nakaseko C
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   55(2) 109-112   2015年   [査読有り]
Suzuki R, Kikuchi S, Harada T, Mimura N, Minami J, Ohguchi H, Yoshida Y, Sagawa M, Gorgun G, Cirstea D, Cottini F, Jakubikova J, Tai YT, Chauhan D, Richardson PG, Munshi N, Ando K, Utsugi T, Hideshima T, Anderson KC
PloS one   10(12) e0143847   2015年   [査読有り]
Tsukamoto S, Nagao Y, Yamazaki A, Sugita Y, Muto T, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Ohwada C, Sakaida E, Yokote K, Iseki T, Nakaseko C
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(24) 3197-3200   2015年   [査読有り]
Sugita Y, Ohwada C, Nagao Y, Kawajiri C, Shimizu R, Togasaki E, Yamazaki A, Muto T, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Iseki T, Yokote K, Nakaseko C
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   55(3) 163-168   2015年   [査読有り]
Nakamoto S, Kanda T, Nakaseko C, Sakaida E, Ohwada C, Takeuchi M, Takeda Y, Mimura N, Iseki T, Wu S, Arai M, Imazeki F, Saito K, Shirasawa H, Yokosuka O
International journal of molecular sciences   15(11) 21455-21467   2014年11月   [査読有り]
Mimura N, Hideshima T, Shimomura T, Suzuki R, Ohguchi H, Rizq O, Kikuchi S, Yoshida Y, Cottini F, Jakubikova J, Cirstea D, Gorgun G, Minami J, Tai YT, Richardson PG, Utsugi T, Iwama A, Anderson KC
Cancer research   74(16) 4458-4469   2014年8月   [査読有り]
Jin H, Mimura N, Kashio M, Koseki H, Aoe T
PloS one   9(11) e112837   2014年   [査読有り]
Bae J, Smith R, Daley J, Mimura N, Tai YT, Anderson KC, Munshi NC
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   18(17) 4850-4860   2012年9月   [査読有り]
Fabre C, Mimura N, Bobb K, Kong SY, Gorgun G, Cirstea D, Hu Y, Minami J, Ohguchi H, Zhang J, Meshulam J, Carrasco RD, Tai YT, Richardson PG, Hideshima T, Anderson KC
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   18(17) 4669-4681   2012年9月   [査読有り]
Mimura N, Fulciniti M, Gorgun G, Tai YT, Cirstea D, Santo L, Hu Y, Fabre C, Minami J, Ohguchi H, Kiziltepe T, Ikeda H, Kawano Y, French M, Blumenthal M, Tam V, Kertesz NL, Malyankar UM, Hokenson M, Pham T, Zeng Q, Patterson JB, Richardson PG, Munshi NC, Anderson KC
Blood   119(24) 5772-5781   2012年6月   [査読有り]
Dobashi T, Tanabe S, Jin H, Mimura N, Yamamoto T, Nishino T, Aoe T
Journal of cellular and molecular medicine   14(12) 2816-2826   2010年12月   [査読有り]
Mimura N, Tsujimura H, Ise M, Sakai C, Takagi T, Nagata M, Kumagai K
European journal of haematology   85(4) 353-357   2010年10月   [査読有り]
Görgün G, Calabrese E, Soydan E, Hideshima T, Perrone G, Bandi M, Cirstea D, Santo L, Hu Y, Tai YT, Nahar S, Mimura N, Fabre C, Raje N, Munshi N, Richardson P, Anderson KC
Blood   116(17) 3227-3237   2010年10月   [査読有り]
三村 尚也, 小島 広成, 辻村 秀樹, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 深井 健一, 横須賀 收, 熊谷 匡也
臨床血液   51(3) 213-215   2010年3月
リツキシマブを投与したB細胞リンパ腫患者123例を対象に、B型肝炎ウイルス(HBV)再活性化予防について検討した。治療内訳はR-CHOP療法施行が97例、リンパ腫再発例でリツキシマブを併用したCHASE療法が13例、ESHAP療法が2例、MEVP療法が7例、その他の治療が4例であった。HBs抗原陽性は123例中4例に認め、いずれもHBV-DNA陽性で、化学療法開始時〜終了後最低1年間エンテカビル(ETV)の予防投与を行い、4〜12ヵ月経過して肝炎発症は認めていない。HBs抗体とHBc抗体の...
Sumimoto H, Tsujimura H, Ise M, Mimura N, Sakai C, Takagi T, Kumagai K
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(13) 1297-1301   2010年   [査読有り]
三村 尚也, 辻村 秀樹, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 小島 広成, 深井 健一, 横須賀 收, 高木 敏之, 熊谷 匡也
臨床血液   50(12) 1715-1719   2009年12月
リツキシマブ併用化学療法におけるラミブジン(LAM)予防投与終了後にB型肝炎ウイルス(HBV)再活性化を来したB細胞リンパ腫3例を報告する。3例ともにHBs抗原陽性のHBVキャリアであり,リツキシマブ併用CHOP療法にLAMによる肝炎予防を併用した。HBV再活性化の時期は,リツキシマブ併用化学療法終了後それぞれ6,8,13ヵ月後であった。また,LAMの内服期間は治療後それぞれ2,6,11ヵ月であった。2例はLAMの再開,1例はエンテカビル投与によって治療し軽快した。HBVキャリアに対する化...
大山 奈海, 伊勢 美樹子, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 酒井 力, 熊谷 匡也
臨床血液   50(2) 102-106   2009年2月
71歳男性。患者は右頸部痛を主訴に、精査の結果、多発性骨髄腫(病期IIIA)と診断され、頸椎病変に放射線治療を施行後、MP療法を行い、M蛋白は減少した。しかし、その後、M蛋白の再増加をが認められ、左股関節〜大腿骨の新病変に対し放射線治療を行うとともVCAP療法を開始したが、発熱と閉塞性黄疸が出現した。腹部超音波および造影MRIでは中部総胆管から肝門部にかけて腫瘤性病変がみられ、EUS-FNAを行った結果、本症例は髄外形質細胞腫と診断され、治療として閉塞性黄疸に対する胆管ステント留置後、ボル...
Mimura N, Yuasa S, Soma M, Jin H, Kimura K, Goto S, Koseki H, Aoe T
Molecular and cellular biology   28(1) 293-301   2008年1月   [査読有り]
台湾骨髄バンクより同種末梢血幹細胞移植を施行したMinor-ABO mismatchの一症例
清水 直美, 清宮 美香, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 伊藤 道博, 井関 徹, 三村 尚也, 趙 龍, 中世古 知昭, 西村 美樹
日本輸血学会雑誌   52(2) 338-338   2006年5月
Hamada H, Suzuki M, Yuasa S, Mimura N, Shinozuka N, Takada Y, Suzuki M, Nishino T, Nakaya H, Koseki H, Aoe T
Molecular and cellular biology   24(18) 8007-8017   2004年9月   [査読有り]

Misc

 
【多発性骨髄腫学-最新の診療と基礎研究-】 多発性骨髄腫基礎研究の最新動向 多発性骨髄腫におけるエピジェネティック異常
三村 尚也, 岩間 厚志
日本臨床   74(増刊5 多発性骨髄腫学) 163-167   2016年7月
【多発性骨髄腫-基礎・臨床研究の最新動向-】 基礎研究 骨髄腫におけるエピゲノム異常
三村 尚也
日本臨床   76(7) 1110-1116   2018年7月
選択的Akt阻害剤による多発性骨髄腫の新規治療戦略
三村 尚也
血液内科   71(5) 634-639   2015年11月
【B型肝炎ウイルス再活性化の問題点と対策】 リツキシマブ併用化学療法におけるHBV再活性化への対策
小島 広成, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 菅原 武明, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 深井 健一, 横須賀 收, 熊谷 匡也
消化器内科   51(4) 433-436   2010年10月
著者らの施設でリツキシマブ併用化学療法を行ったB細胞リンパ腫患者123例を対象にガイドラインを用いた診療を行い、その結果を報告した。1)初診時にガイドラインを完全に満たす検査を行ったものは92例(74.8%)であり、うちHBs抗原陽性例は4例(4.3%)、HBs抗原陰性でHBs抗体ないしHBc抗体陽性例は26例(28.3%)であった。2)HBs抗原陽性例に対しては肝炎予防としてETV投与が行われたが、現時点でHBVの再活性化による肝炎は認められなかった。3)HBs抗体ないしHBc抗体陽性例...
悪性腫瘍に合併したListeria monocytogenes菌血症 成人5症例の臨床的・細菌学的検討
酒井 力, 熊谷 匡也, 辻村 秀樹, 伊勢 美樹子, 三村 尚也, 里村 秀行
臨床と微生物   35(1) 103-107   2008年1月
過去13年間に悪性腫瘍に合併したL.monocytogenes菌血症を5例経験し、その臨床像を報告した。臨床像および検査所見を診療録から検討した。血液から分離したL.monocytogenes 5株は、penicillin G、セファロスポリン剤、imipenem/cilastatin、gentamicin、vancomycin、ニューキノロン剤に良好な感受性を示した。しかし、ampicillin(ABPC)には1つの菌株がresistantで他の4株はsusceptibleであった。4例...
強化療法として自家末梢血幹細胞移植を行い長期寛解を維持している急性リンパ性白血病の1例
三村 尚也, 熊谷 匡也
臨床腫瘍プラクティス   3(4) 427-429   2007年11月
36歳男。咽頭痛と発熱が出現し、近医で白血球減少、血小板減少を認め、輸血と抗生剤による治療を行ったが改善しなかった。精査加療目的で当科転院となり、骨髄穿刺検査、白血病芽球の表面抗原、染色体分析よりCALLA(CD10)陽性のcommon B-急性リンパ性白血病(ALL)(L2)と診断し、JALSG ALL97プロトコールに従って化学療法を開始した。寛解療法day 17でL-アスパラギナーゼ投与による凝固異常、深部静脈血栓症を認め、同薬剤と硫酸ビンクリスチンを中止した。Day 24の骨髄検査...
【示唆に富む肝・胆・膵腫瘍症例】 肝臓 肝細胞癌との鑑別に苦慮した症例 限局性結節性過形成の1症例
相 正人, 竜 崇正, 中堀 進, 趙 明浩, 藤田 淳一, 三村 尚也, 泉 誠, 佐久間 洋一, 岡田 正, 古木 新, 平田 哲士, 近藤 福雄
肝・胆・膵   47(6) 851-858   2003年12月
21歳男.健康診断で腹部超音波検査を施行された際に肝腫瘍を指摘された.腹部超音波検査で肝左葉S2からS3にかけ径45×27mm大のhypoecoic massが認められた.腹部CT,MRI,腹部血管造影,CTA,CTAPの画像検査を行った結果,central scar,spoke-wheel patternを認めず,造影CT,SPIO-MRIよりHAが疑われ,肝外側区域切除術を行った.切除標本肉眼所見でマクロでは腫瘍は単結節型で大きさは5.0×3.9cm,褐色で境界明瞭な被膜を有し内部には...
複数の化学療法に反応し4年間を超える生存を得ている切除不能膵癌の1例
関 厚佳, 三村 尚也, 高橋 正憲, 古木 新, 鵜飼 伸一, 藤田 淳一, 中堀 進
胆と膵   24(9) 669-673   2003年9月
57歳男.倦怠感,食欲不振,皮膚掻痒感,尿黄染を主訴とした.入院時の血液検査では肝胆道系酵素の上昇と腫瘍マーカーの上昇を認めた.腹部超音波像にて膵鉤部の腫瘤と主膵管の拡張を認めた.腹部造影CT上,大動脈周囲リンパ節の腫大と下大静脈への浸潤が疑われる膵鉤部の腫瘤を認めた.ERCPにて主膵管は膵頭部狭窄と末梢の数珠状拡張を認め,下部総胆管は狭窄していた.胆汁細胞診にて低分化腺癌と思われるclass Vの細胞を認め,膵頭部癌T4N3M0 stage IVbと診断した.手術適応なしと考え,胆管ステ...
嚢胞性病変を伴い特異な形態を呈した肝腺癌の1例
三村 尚也, 中堀 進, 藤田 淳一, 相 正人, 竜 崇正, 岡田 正, 佐久間 洋一, 趙 明浩, 泉 誠, 古木 新, 近藤 福雄
Liver Cancer   9(1) 36-45   2003年5月
67歳男性.嚢胞性病変を伴い特異な形態を呈した肝腺癌の1例を経験した.患者は約8ヵ月前に胃前庭部のI型早期胃癌で粘膜切除術を施行し,その後,残存の疑いで腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行した.しかし,右季肋部に腫瘤を自覚したため精査加療の目的で再び入院となった.入院時所見では,造影CTで肝S4に嚢胞性病変と肝外に突出した腫瘤が認められ,MRIでは腫瘍はT1強調像でlow intensity,T2強調像でhigh intensityの嚢胞部とT2で一部high intensityを呈する腫瘤部で構...
診断に苦慮した限局性結節性過形成の1例
相 正人, 竜 崇正, 三村 尚也, 藤田 淳一, 中堀 進, 泉 誠, 趙 明浩, 佐久間 洋一, 岡田 正, 古木 新, 平田 哲士, 近藤 福雄
Liver Cancer   8(1) 43-51   2002年5月
21歳男.肝腫瘍精査,治療を主訴とした.鑑別診断として,背景,画像上肝細胞癌(HCC)は否定的であり,限局性結節過形成(FNH)及びadenomaが疑われた.しかし中心瘢痕は偏在性に存在しており,血管造影においてはむしろ肝細胞腺腫(HA)の所見を示した.切除標本上,内部に中心瘢痕を認め,辺縁部には偽胆管増生が明瞭であったためFNHと診断した.病理学的定義によれば,中心瘢痕は放射状であるが,本例では瘢痕組織は中心に存在しないうえ,放射状も示していない為,非定型例と考えられた

書籍等出版物

 
多発性骨髄腫 新規治療薬の使い方・考え方
三村 尚也 (担当:分担執筆)
先端医学社   2017年   
多発性骨髄腫Updating 第10巻
三村 尚也 (担当:分担執筆)
医薬ジャーナル社   2017年   
ここが知りたい遺伝子診療はてなBOOK
三村 尚也 (担当:分担執筆)
中外医学社   2018年   

講演・口頭発表等

 
高サイトカイン血症を呈し血球貪食症候群を合併した甲状腺クリーゼの2例
木下 大輔, 石田 晶子, 吉井 聡美, 出口 ハンナ, 田村 愛, 藤本 真徳, 駒井 絵里, 河野 貴史, 樋口 誠一郎, 佐久間 一基, 永野 秀和, 橋本 直子, 鈴木 佐和子, 小出 尚史, 横手 幸太郎, 田中 知明, 山崎 美貴, 三村 尚也
千葉医学雑誌   2018年6月   
著明な高IgM血症を伴ったMALTリンパ腫の1例
和泉 真太郎, 木村 賢治, 竹田 勇輔, 山崎 美貴, 三科 達三, 長井 友莉恵, 高石 浩司, 一色 佑介, 日野 裕太郎, 栢森 健介, 大島 渚, 塚本 祥吉, 堺田 恵美子, 武内 正博, 大和田 千桂子, 井関 徹, 三川 紫緒, 三村 尚也, 横手 幸太郎, 中世古 知昭
千葉医学雑誌   2018年6月   
多発骨硬化性病変とともに巨大骨破壊性病変を伴ったPOEMS症候群の一例
三科 達三, 塚本 祥吉, 長井 友莉恵, 山崎 美貴, 石井 改, 栢森 健介, 木村 賢司, 一色 佑介, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 大島 渚, 三川 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 井関 徹, 三輪 哲義, 堺田 惠美子, 中世古 知昭
International Journal of Myeloma   2018年5月   
同種移植後移植再発に対しIMiDsにより長期生存が得られている若年発症多発性骨髄腫の一例
木村 賢司, 塚本 祥吉, 三科 達三, 長井 友莉恵, 山崎 美貴, 石井 改, 栢森 健介, 一色 佑介, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 大島 渚, 三川 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 井関 徹, 堺田 惠美子, 中世古 知昭
International Journal of Myeloma   2018年5月   
免疫調節薬投与中の患者における抗血小板薬および抗凝固薬の安全性と有効性
高石 浩司, 和泉 真太郎, 長井 友莉恵, 三科 達三, 山崎 美貴, 一色 佑介, 栢森 健介, 木村 賢司, 日野 裕太郎, 大島 渚, 塚本 祥吉, 三川 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 武内 正博, 井関 徹, 中世古 知昭, 堺田 惠美子
International Journal of Myeloma   2018年5月   
M蛋白量評価法の差違に基づく多発性骨髄腫における治療効果判定の比較検討
武内 正博, 和泉 真太郎, 長井 友莉恵, 三科 達三, 山崎 美貴, 一色 佑介, 栢森 健介, 木村 賢司, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 大島 渚, 塚本 祥吉, 三川 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 井関 徹, 中世古 知昭, 堺田 惠美子
International Journal of Myeloma   2018年5月   
全身性ALアミロイドーシスに対するボルテゾミブの有用性 千葉県における多施設共同後方視的観察研究
竹田 勇輔, 塚本 祥吉, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 小林 宏紀, 成田 健太郎, 末永 孝生, 清水 亮, 田中 宏明, 青墳 信之, 杉田 泰雅, 菅原 武明, 小野田 昌弘, 小澤 真一, 原 暁, 趙 龍桓, 松浦 康弘, 中世古 知昭, 堺田 惠美子
International Journal of Myeloma   2018年5月   
原発性マクログロブリン血症およびIgM MGUS患者の末梢血単核球を用いた次世代シーケンサーによるMYD88 L265P遺伝子変異解析
大和田 千桂子, 仲村 彩子, 武内 正博, 竹田 勇輔, 塚本 祥吉, 三村 尚也, 大島 渚, 杉田 泰雅, 田中 宏明, 脇田 久, 青墳 信之, 末永 孝生, 小原 收, 中世古 知昭, 堺田 惠美子
International Journal of Myeloma   2018年5月   
分子病態の解明 新規骨髄腫マウスモデルの作製
リズク・オラ, 三村 尚也, 井関 徹, 堺田 惠美子, 中世古 知昭, 岩間 厚志
International Journal of Myeloma   2018年5月   
骨髄腫類縁疾患の分子病態と治療戦略 POEMS症候群における形質細胞の網羅的遺伝子解析
三村 尚也
International Journal of Myeloma   2018年5月   
骨髄腫における次世代の治療戦略 骨髄腫における治療標的としてのエピゲノム異常
三村 尚也
日本リンパ網内系学会会誌   2018年5月   
生着前に著明なドナー由来の末梢血Tリンパ球増加を認めた非血縁者間骨髄移植の1例
長井 友莉恵, 塚本 祥吉, 和泉 真太郎, 三科 達三, 山崎 美貴, 栢森 健介, 日野 裕太郎, 木村 賢司, 高石 浩司, 一色 佑介, 大島 渚[長谷川], 三川 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 武内 正博, 井関 徹, 中世古 知昭, 堺田 惠美子
臨床血液   2018年5月   
単核球移植による血管新生療法は血栓性促進をもたらす可能性がある
三川 紫緒, 舘野 馨, 豊田 幸子, 三村 尚也, 猪越 ひろむ, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 小林 欣夫, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2018年4月   
ABO血液型不適合母児間でのIgG型抗A、抗B抗体の移行状況
長谷川 浩子, 伊藤 道博, 小橋 早紀, 山本 浩子, 三川 紫緒, 三村 尚也, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2018年4月   
原発性ALアミロイドーシスに対する新規薬剤の有用性
竹田 勇輔, 塚本 祥吉, 三川 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 井関 徹, 中世古 知昭, 堺田 惠美子, 横手 幸太郎
日本内科学会雑誌   2018年2月   
著明な高IgM血症を伴った節外性濾胞辺縁帯粘膜関連リンパ組織型リンパ腫の1例
和泉 真太郎, 木村 賢司, 竹田 勇輔, 山崎 美貴, 三科 達三, 長井 友莉恵, 高石 浩司, 永尾 侑平, 大島 渚[長谷川], 塚本 祥吉, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 井関 徹, 太田 聡, 中世古 知昭, 堺田 惠美子
臨床血液   2017年11月   
23価肺炎球菌ワクチン接種後に肺炎球菌性敗血症をきたした移植後濾胞性リンパ腫の1例
田村 百合, 竹田 勇輔, 一色 佑介, 栢森 健介, 木村 賢司, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 永尾 侑平, 長谷川 渚, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 井関 徹, 中世古 知昭
臨床血液   2017年8月   
きわめて若年で発症し、脳梗塞を併発したCastleman disease variant POEMS症候群の1例
滝口 純, 大和田 千桂子, 田村 百合, 栢森 健介, 木村 賢司, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 永尾 侑平, 真子 千華, 大島 渚, 竹田 勇輔, 武内 正博, 堺田 恵美子, 中世古 知昭, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 井関 徹, 三澤 園子, 桑原 聡
千葉医学雑誌   2017年8月   
早老症Werner症候群に合併した骨髄異形成症候群に対するアザシチジンの使用経験
田村 百合, 大島 渚, 竹田 勇輔, 大和田 千桂子, 栢森 健介, 木村 賢司, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 一色 佑介, 塚本 祥吉, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 堺田 惠美子, 井関 徹, 横手 幸太郎, 中世古 知昭
千葉医学雑誌   2017年8月   
心アミロイドーシスを合併したIgD型ALアミロイドーシスに対してボルテゾミブ・デキサメサゾン療法が奏功した1例
松井 愼一郎, 井関 徹, 竹田 勇輔, 高石 浩司, 田村 百合, 滝口 純, 栢森 健介, 木村 賢司, 日野 裕太郎, 一色 佑介, 永尾 侑平, 真子 千華, 大島 渚, 塚本 祥吉, 大和田 千桂子, 武内 正博, 堺田 恵美子, 中世古 知昭, 酒井 紫緒, 三村 尚也
千葉医学雑誌   2017年8月   
当院における新鮮凍結血漿の使用動向および検査実施状況について
長谷川 浩子, 伊藤 道博, 山本 浩子, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2017年6月   
輸血・細胞療法部における非血縁者間造血幹細胞移植ドナー外来の有用性と安全性に関する検討
三川 紫緒, 三村 尚也, 立花 美智子, 押尾 知子, 猪越 ひろむ, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 堺田 恵美子, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2017年6月   
血液成分分離装置スペクトラOPTIA MNC/CMNC血液成分採取モードの比較 看護や安全性を比較して
猪越 ひろむ, 押尾 知子, 上野 成子, 荘司 京子, 三村 尚也, 酒井 紫緒, 山本 浩子, 長谷川 浩子, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2017年6月   
POEMS症候群における形質細胞の網羅的遺伝子解析
永尾 侑平, 三村 尚也, 竹田 淳恵, 大島 基彦, 吉田 健一, 堺田 惠美子, 横手 幸太郎, 桑原 聡, 眞田 昌, 岩間 厚志, 小川 誠司, 中世古 知昭
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集   2017年4月   
POEMS症候群における形質細胞の遺伝学的特徴
永尾 侑平, 三村 尚也, 竹田 淳恵, 大島 基彦, 吉田 健一, 竹田 勇輔, 大和田 千桂子, 武内 正博, 堺田 惠美子, 井関 徹, 桑原 聡, 眞田 昌, 岩間 厚志, 小川 誠司, 中世古 知昭
International Journal of Myeloma   2017年4月   
POEMS症候群におけるNGSを用いたλ鎖レパトア解析によるクローナルλ鎖再構成と疾患活動性の解析
中世古 知昭, 真子 千華, 三村 尚也, 福世 宏枝, 福世 真樹, 永尾 侑平, 大島 渚, 塚本 祥吉, 高石 浩司, 酒井 紫緒, 竹田 勇輔, 大和田 千桂子, 武内 正博, 井関 徹, 三澤 園子, 桑原 聡, 金田 篤志, 堺田 惠美子
International Journal of Myeloma   2017年4月   
新規治療薬 基礎 骨髄腫細胞におけるプロテアソーム阻害剤とEZH2/1共阻害剤の相乗効果の分子メカニズム
三村 尚也
International Journal of Myeloma   2017年4月   
生体腎移植後リンパ増殖性疾患7例の検討
武内 正博, 永尾 侑平, 大島 渚, 酒井 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 横手 幸太郎, 中世古 知昭
日本内科学会雑誌   2017年2月   
きわめて若年で発症したCastleman disease variant POEMS症候群の1例
滝口 純, 大和田 千桂子, 田村 百合, 栢森 健介, 木村 憲司, 高石 浩司, 日野 裕太郎, 永尾 侑平, 川尻 千華, 長谷川 渚, 酒井 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 武内 正博, 堺田 恵美子, 井関 徹, 三澤 園子, 桑原 聡
臨床血液   2016年11月   
自己免疫性多内分泌腺症I型に合併した赤芽球癆に対しATG療法が奏功した1例
中尾 三四郎, 杉田 泰雅, 高石 浩司, 一色 佑介, 永尾 侑平, 長谷川 渚, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 川尻 千華, 竹田 勇輔, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 恵美子, 中世古 知昭, 三村 尚也, 酒井 紫緒, 井関 徹, 後藤 茂正
千葉医学雑誌   2016年10月   
著明な心嚢水貯留を主症状として発症し同種末梢血幹細胞移植が奏効した慢性活動性EBウイルス感染症
松井 愼一郎, 竹田 勇輔, 一色 佑介, 山崎 敦子, 中尾 三四郎, 高石 浩司, 永尾 侑平, 長谷川 渚, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 川尻 千華, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 恵美子, 井関 徹, 今留 謙一, 中世古 知昭
臨床血液   2016年5月   
症例は23歳女性。持続する発熱,息切れを主訴に受診。CTにて著明な心嚢水貯留,肝脾腫,軽度の頸部・縦隔リンパ節腫脹があり,EBV抗体価異常,血中EBV-DNA高値から,慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)と診断した。末梢血リンパ球におけるEBV感染細胞はCD4+T細胞であった。Prednisolone,etoposide,cyclosporineによる治療を開始し,熱型,心嚢水貯留は改善したが,血中EBV-DNAの改善を認めなかったため,フルダラビン,メルファランによる前処置後EBV...
EZH2・EZH1阻害剤は骨髄腫細胞のボルテゾミブ感受性を増強する
三村 尚也, リズク・オラ, 井関 徹, 中世古 知昭, 岩間 厚志
International Journal of Myeloma   2016年4月   
新規診断・治療法の開発 多発性骨髄腫に対する新規エピジェネティック治療
三村 尚也
International Journal of Myeloma   2016年4月   
急性骨髄性白血病におけるがん抑制遺伝子NR4A3発現抑制に対する遺伝子内DNA高メチル化の関与
清水 亮, 武藤 朋也, 武内 正博, 小出 周平, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 井関 徹, 横手 幸太郎, 岩間 厚志, 中世古 知昭
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集   2016年4月   
RhD陽性赤血球製剤の緊急輸血を受けたRhD陰性褥婦への中和目的での抗RhD免疫グロブリン投与の一例
伊藤 道博, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 田中 宏一, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 井関 徹, 村澤 利延, 丹 麻美
日本輸血細胞治療学会誌   2016年4月   
当院における血液成分分離装置COBE Spectraを用いた骨髄濃縮法に関する後方視的解析
酒井 紫緒, 三村 尚也, 猪越 ひろむ, 押尾 知子, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 伊藤 道博, 中世古 知昭, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2016年4月   
当院における慢性骨髄性白血病患者の付加的染色体異常の頻度と予後の解析
武内 正博, 酒井 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 井関 徹, 横手 幸太郎, 中世古 知昭
日本内科学会雑誌   2016年2月   
Dose adjusted(DA)-EPOCH-R療法が奏功したグレイゾーンリンパ腫の1例
三科 達三, 杉田 泰雅, 大和田 千桂子, 山崎 美貴, 永尾 侑平, 川尻 千華, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 山崎 敦子, 武藤 朋也, 酒井 紫緒, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 武内 正博, 堺田 恵美子, 井関 徹, 中世古 知昭
千葉医学雑誌   2015年12月   
心嚢水貯留を伴う慢性活動性EBウイルス感染症に対して同種PBSCTを行った1例
松井 慎一郎, 竹田 勇輔, 中尾 三四郎, 高石 浩司, 一色 佑介, 永尾 侑平, 長谷川 渚, 川尻 千華, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 井関 徹, 中世古 知昭
臨床血液   2015年11月   
慢性活動性EBウイルス感染症治療中に播種性トリコスポロン症をきたした一例
一色 佑介, 堺田 惠美子, 竹田 勇輔, 三科 達三, 中尾 三四郎, 高石 浩司, 永尾 侑平, 東ヶ崎 絵美, 川尻 千華, 長谷川 渚, 清水 亮, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 井関 徹, 中世古 知昭
The Japanese Journal of Antibiotics   2015年8月   
骨破壊性腫瘤病変を形成し急速進行性のPOEMS症候群にBD療法が奏効した1例
三科 達三, 竹田 勇輔, 永尾 侑平, 川尻 千華, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 杉田 泰雅, 山崎 敦子, 武藤 朋也, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 井関 徹, 横手 幸太郎, 中世古 知昭
臨床血液   2015年5月   
EZH2阻害による多発性骨髄腫の新規治療戦略
三村 尚也, Rizq Ola, 井関 徹, 中世古 知昭, 岩間 厚志
International Journal of Myeloma   2015年5月   
当院における血縁者間末梢血幹細胞採取効率に関する検討
酒井 紫緒, 三村 尚也, 猪越 ひろむ, 押尾 知子, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 伊藤 道博, 中世古 知昭, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2015年4月   
当院における輸血後感染症検査実施状況について
伊藤 道博, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 井関 徹
日本輸血細胞治療学会誌   2015年4月   
産科危機的出血症例"コードむらさき"シミュレーションを実施して
長谷川 浩子, 伊藤 道博, 山本 浩子, 酒井 紫緒, 三村 尚也, 井関 徹, 田中 宏一, 鳥越 美洋
日本輸血細胞治療学会誌   2015年4月   
メソトレキセート関連リンパ増殖性疾患の臨床像と予後に関する検討
堺田 惠美子, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 武内 正博, 井関 徹, 瀧沢 史佳, 池田 啓, 中島 裕史, 中世古 知昭
日本内科学会雑誌   2015年2月   
多発性骨髄腫の幹細胞採取効率と安全性、G-CSF単独と大量cyclophosphamide療法との比較
清水 直美, 酒井 紫緒, 赤尾 健一, 大旗 彩子, 永尾 侑平, 川尻 千華, 東ヶ崎 絵美, 清水 亮, 杉田 泰雅, 山崎 敦子, 武藤 朋也, 塚本 祥吉, 竹田 勇輔, 武内 正博, 大和田 千桂子, 堺田 惠美子, 三村 尚也, 井関 徹, 中世古 知昭
International Journal of Myeloma   2014年5月   
FARP1遺伝子による多発性骨髄腫のデキサメサゾン耐性機序の解析
山崎 敦子, 武内 正博, 清水 亮, 東ヶ崎 絵美, 川尻 千華, 武藤 朋也, 竹田 勇輔, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 恵美子, 清水 直美, 中世古 知昭
International Journal of Myeloma   2014年5月   
選択的Akt阻害による抗骨髄腫効果とプロテアソーム阻害との併用効果の解析
三村 尚也, 秀島 輝, 下村 俊泰, Rizq Ola, 宇津木 照洋, 井関 徹, 中世古 知昭, 岩間 厚志, Anderson Kenneth
International Journal of Myeloma   2014年5月   
細胞の中の生々流転 「もの」の動態に基づく機能制御 小胞体シャペロンBiPのソーテイング異常によって起こる発生過程から老年期に見られる病態
青江 知彦, 三村 尚也, 木村 敬太, 小見田 真理, 神 久予
日本細胞生物学会大会講演要旨集   2013年5月   
悪性リンパ腫に対するリツキシマブ併用化学療法後のB型肝炎ウイルス再活性化
三村 尚也, 辻村 秀樹, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 熊谷 匡也, 小島 広成, 高木 敏之
千葉医学雑誌   2009年12月   
ALアミロイドーシスによるネフローゼ症候群を合併した多発性骨髄腫の3例
伊勢 美樹子, 酒井 力, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 高木 敏之, 熊谷 匡也
臨床血液   2009年9月   
B型肝炎ウイルス再活性化の問題点とその対策 リツキシマブ併用化学療法におけるHBV再活性化への対策
小島 広成, 三村 尚也, 熊谷 匡也
肝臓   2009年9月   
リツキシマブ併用化学療法におけるラミブジン予防投与終了後にHBV再活性化を来したB細胞リンパ腫の3例
清水 太郎, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 熊谷 匡也, 高木 敏之
臨床血液   2009年8月   
Bortezomib療法が奏功した難治性髄外性形質細胞腫の一例
渡邉 玲子, 三村 尚也, 伊勢 美樹子, 辻村 秀樹, 酒井 力, 熊谷 匡也
臨床血液   2009年4月   
大腿骨に原発し4年間の寛解後に孤立性脳腫瘍として再発したB-cell Lymphoblastic lymphoma(B-LBL)の一例
小林 沙織, 辻村 秀樹, 三村 尚也, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 熊谷 匡也
臨床血液   2009年4月   
長期間緩慢な経過をたどったALK陰性未分化大細胞性リンパ腫(ALCL)の一剖検例
塩田 恵理, 辻村 秀樹, 三村 尚也, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 熊谷 匡也, 高木 敏之
臨床血液   2009年4月   
難治性ホジキン病に対する自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法の治療成績
三村 尚也, 辻村 秀樹, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 高木 敏之, 熊谷 匡也
千葉医学雑誌   2008年12月   
EBUS-TBNAにより診断した皮下脂肪織炎型T細胞リンパ腫多発肺転移の1例
山本 高義, 中島 崇裕, 西村 大樹, 石川 亜紀, 板倉 明司, 新行内 雅斗, 飯笹 俊彦, 木村 秀樹, 三村 尚也, 尾崎 大輔
気管支学   2008年11月   
食道静脈瘤の発達を伴った非硬変性続発性ヘモクロマトーシスの一例
奥川 英博, 丸山 紀史, 今田 浩史, 石橋 啓如, 高橋 正憲, 三村 尚也, 横須賀 收
日本門脈圧亢進症学会雑誌   2008年10月   
当科における孤立性形質細胞腫瘍(solitary plasmacytoma)14例の臨床的検討
伊勢 美樹子, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 酒井 力, 高木 敏之, 熊谷 匡也
臨床血液   2008年9月   
肝門部髄外腫瘤で再発し超音波内視鏡下針生検で診断しえた多発性骨髄腫
大山 奈海, 伊勢 美樹子, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 酒井 力, 熊谷 匡也
臨床血液   2008年7月   
IgM型M蛋白血症を伴った肺原発MALTリンパ腫の4例
伊勢 美樹子, 酒井 力, 三村 尚也, 辻村 秀樹, 高木 敏之, 熊谷 匡也
日本リンパ網内系学会会誌   2008年5月   
濾胞性リンパ腫に対する同種末梢血幹細胞移植後にDonor Cell-Derived Leukemia(DCL)を発症した一例
渡邉 玲子, 辻村 秀樹, 三村 尚也, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 高木 敏之, 熊谷 匡也
臨床血液   2008年2月   
食道癌に対する化学放射線同時併用療法後にBurkitt Leukemiaを発症した一例
横田 めぐみ, 辻村 秀樹, 三村 尚也, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 高木 敏之, 熊谷 匡也
臨床血液   2008年2月   
下腿軟部組織に発症し特異な経過を辿った非定型NK/T細胞リンパ腫の一例
西村 大樹, 辻村 秀樹, 三村 尚也, 伊勢 美樹子, 酒井 力, 高木 敏之, 熊谷 匡也
臨床血液   2008年2月   
食道癌に対する化学放射線同時併用療法(CRT)後に急性白血病を発症した3症例
三村 尚也, 伊勢 美樹子, 辻村 秀樹, 酒井 力, 高木 敏之, 永田 松夫, 熊谷 匡也
臨床血液   2007年9月   
ins(12;8)(p13;q11q21)を有する慢性好酸球性白血病から新規に同定したTEL-LYN融合遺伝子異常
田中 宏明, 武内 正博, 小田 佳世, 堺田 恵美子, 阿部 大二郎, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 小澤 真一, 清水 直美, 趙 龍桓, 西村 美樹, 宮城 聡, 岩間 厚志, 齋藤 康, 中世古 知昭
臨床血液   2007年9月   
タンパク質の一生 シャペロン変異体を発現するノックインマウスにおいて小胞体の品質管理の変化は皮質形成異常の原因となる(Altered quality control in the endoplasmic reticulum causes cortical dysplasia in knock-in mice expressing a mutant chaperone)
三村 尚也, 湯浅 茂樹, 神 久代, 木村 敬太, 後藤 茂正, 古関 明彦, 青江 知彦
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   2007年5月   
POEMS症候群に対する自家末梢血幹細胞採取(auto-PBSCH)8症例の検討
三村 尚也, 清水 直美, 藤田 淑香, 長谷川 浩子, 山本 浩子, 伊藤 道博, 井関 徹, 趙 龍桓, 中世古 知昭, 西村 美樹
日本輸血細胞治療学会誌   2007年4月   
Para-neoplastic syndromeによる感覚性多発神経炎を来たしたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例
阿部 大二郎, 中世古 知昭, 竹田 勇輔, 田中 宏明, 小田 佳世, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 小澤 真一, 堺田 恵美子, 増田 真一, 清水 直美, 趙 龍桓, 西村 美樹, 齋藤 康
臨床血液   2006年9月   
ALLに対するR-PBSCT後ドナー由来の二次性MDSを発症した一例
増田 真一, 小澤 真一, 竹田 勇輔, 田中 宏明, 阿部 大二郎, 小田 佳世, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 恵美子, 清水 直美, 趙 龍桓, 中世古 知昭, 西村 美樹
臨床血液   2006年9月   
同種ミニ移植後に慢性GVHDによる両下肢に限局した筋炎・筋膜炎を発症した多発性骨髄腫の一例
小田 佳世, 中世古 知昭, 竹田 勇輔, 田中 宏明, 阿部 大二郎, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 小澤 真一, 堺田 恵美子, 増田 真一, 清水 直美, 趙 龍桓, 西村 美樹, 齋藤 康
臨床血液   2006年9月   
慢性GVHD58例の治療反応性についての解析
小澤 真一, 竹田 裕輔, 田中 宏明, 阿部 大二郎, 小田 佳世, 三村 尚也, 大和田 千桂子, 堺田 恵美子, 増田 真一, 清水 直美, 趙 龍桓, 中世古 知昭, 西村 美樹, 上原 多恵子, 小野田 昌弘, 横田 朗
臨床血液   2006年9月   
細胞内輸送の障害による疾患モデルマウス
三村 尚也, 青江 知彦
千葉医学雑誌   2005年12月   
化学療法により長期生存が得られた切除不能膵癌の1例
関 厚佳, 高橋 正憲, 鵜飼 伸一, 中堀 進, 三村 尚也
千葉医学雑誌   2004年6月   
自家末梢血幹細胞移植により緩解を得たCutaneus anaplastic large cell lymphomaの一例
三村 尚也, 清宮 美香, 成田 光朗, 後藤 茂正, 税所 宏光
臨床血液   2003年8月   
B型肝硬変に対するラミブジンの使用経験(第2報)
三村 尚也, 中堀 進, 関 厚佳, 藤田 淳一
千葉医学雑誌   2003年6月   
千葉県香取地区における肝炎検診の現状
関 厚佳, 中堀 進, 三村 尚也, 藤田 淳一
千葉医学雑誌   2003年6月   
複数の化学療法に反応し4年間を越える生存を得ている切除不能膵癌の一例
三村 尚也, 中堀 進, 藤田 淳一, 関 厚佳
膵臓   2003年6月   
上部消化管内視鏡にて診断可能であった空腸癌の1例
三村 尚也, 藤田 淳一, 相 正人, 中堀 進, 趙 明浩, 石川 千佳, 今園 修, 岡田 正, 竜 崇正
千葉医学雑誌   2001年12月   

競争的資金等の研究課題

 
骨髄異形成症候群の最適医療に有用な転写ネットワークバイオ マーカーの同定と臨床的有用性の検証
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 岩間 厚志
エピジェネティクスから迫る多発性骨髄腫の発症機構の解明と薬剤耐性化の克服
日本学術振興会: 科学研究費助成 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 三村 尚也
ポリコームヒストン修飾を標的とした新規エピジェネティック治療法の開発
日本医療研究開発機構: 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 岩間 厚志
多発性骨髄腫における新規治療標的としてのヒストンメチル化異常の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 三村 尚也