大橋直義

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/11 18:37
 
アバター
研究者氏名
大橋直義
 
オオハシナオヨシ
所属
和歌山大学
部署
教育学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
50636420

プロフィール

和歌山大学教育学部准教授。研究手法は国文学・文献学。寺社縁起・巡礼記・私撰国史・軍記・説話等の文献資料学的研究、巡礼・参詣の史的研究。アジア・ヨーロッパの巡礼とその文献にも興味津々です。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
和歌山大学教育学部 国語教育専修(国文学) 准教授
 
2015年4月
 - 
現在
和歌山大学 紀州経済史文化史研究所 副所長
 
2018年
 - 
現在
国際日本文化研究センター 客員准教授
 
2016年4月
 - 
現在
摂南大学 外国語学部 非常勤講師
 
2010年10月
 - 
2012年3月
日本女子大学文学部日本文学科 非常勤講師
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
慶應義塾大学大学院 文学研究科(博士課程) 国文学専攻
 
2000年4月
 - 
2001年3月
慶應義塾大学  教職特別課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
慶應義塾大学大学院 文学研究科(修士課程) 国文学専攻
 
1993年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学 文学部 文学科 国文学専攻
 

書籍等出版物

 
特別展図録 加太・友ヶ島の信仰と歴史―葛城修験二十八宿の世界―
紀州経済史文化史研究所編 (担当:監修)
2019年1月   
延慶本平家物語全注釈第六本(巻十一)
延慶本注釈の会 (担当:共著, 範囲:共同執筆のため抽出不可)
2018年3月   ISBN:9784762935404
軍記物語の窓 第五集
大橋直義 (担当:分担執筆, 範囲:架蔵〔浄土真宗説話抜書〕翻刻抄―浄土真宗教団における『平家物語』関連説話の一端について―)
2017年12月   ISBN:978-4-7576-0855-9
特別展図録 紀州地域と西国順礼
紀州経済史文化史研究所 編 (担当:監修)
2017年11月   
特別展図録 道成寺と日高 川―道成寺縁起と流域の宗教文化―
和歌山県立博物館 編 (担当:分担執筆, 範囲:道成寺建立縁起の展開と来歴)
2017年10月   

論文

 
粉河寺御池坊蔵『粉河寺御池海岸院本尊縁起絵巻』翻刻と解題
大橋直義
紀州経済史文化史研究所紀要   (39) 61-96   2018年12月   [査読有り]
『扶桑略記』陽成天皇紀の方法─〈不戦の軍記〉と漢文伝記と―
大橋直義
文学(岩波書店)   16(2) 88-105   2015年3月   [招待有り]
引用と物語―歴史物語など―
大橋直義
日本文学(日本文学協会)   60(7) 2-13   2011年7月   [招待有り]
『恋塚物語』考
大橋直義
軍記と語り物(軍記・語り物研究会)   (47) 50-62   2011年3月   [査読有り]
神宮文庫蔵『〔南都巡礼記〕』(『類聚神祇本源』紙背)翻刻と解題
大橋直義
三田国文   (48) 1-24   2008年12月

Misc

 
Exhibition Report 2018年度特別展 加太・友ヶ島の信仰と歴史―葛城修験二十八宿の世界―
大橋直義
きのみなと   (2) 7-7   2019年3月
小学校国語における狂言「柿山伏」―異文化理解にむけて―
大橋直義
和歌山大学教育学部紀要:人文科学   (69) 62-57   2019年2月
「絵本」とアクティヴ・ラーニング―小学校における伝統的言語文化教育との融合を目指して―
大橋直義
和歌山大学教育学部紀要:教育科学   (69) 182-176   2019年2月
[書評]佐藤愛弓著『中世真言僧の言説と歴史認識』
大橋直義
説話文学研究(説話文学会)   (53) 172-175   2018年8月   [依頼有り]
庭園をめぐる物語―河原院と棲霞観についての覚書―
大橋直義
小野健吉編『観光資源としての庭園(2)』(科研費基盤B報告書、課題番号:26283021、研究代表者:小野健吉)   67-76   2018年3月

講演・口頭発表等

 
道成寺の縁起と芸能―南北朝から近世への道程―
大橋直義
第6回紀州地域学共同研究会研究集会   2019年3月10日   
『七宝瀧寺縁起』と志一上人のことなど
大橋直義
第6回紀州地域学共同研究会研究集会   2019年3月9日   
粉河寺の歴史叙述とその体系
大橋直義
関西軍記物語研究会 第92回例会   2018年4月22日   
花山院と那智・西国順礼
大橋直義
国際日本文化研究センター共同研究「説話文学と歴史史料の間に」   2018年2月10日   国際日本文化研究センター
庭園をめぐる物語ー河原院・棲霞観・三善卿華亭・粉河寺などー [招待有り]
大橋直義
観光資源としての庭園に関する研究会   2017年11月23日   

競争的資金等の研究課題

 
紀州地域の寺社圏における歴史叙述資料の文献学的研究―史的言説の集積と考証―
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 大橋直義
応永・永享期文化論―「北山文化」「東山文化」という大衆的歴史観のはざまで―
国際日本文化研究センター: 共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 大橋直義・呉座勇一
和歌山県海草郡紀美野町小川八幡神社所蔵大般若経の研究
東京大学史料編纂所: 2018年度一般共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 竹中康彦
説話文学と歴史史料の間に
国際日本文化研究センター: 共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 倉本一宏
紀州地域に存する古典籍およびその関連資料・文化資源の基礎的研究
国文学研究資料館: 歴史的典籍NW事業(公募型共同研究)
研究期間: 2014年10月 - 2017年9月    代表者: 大橋直義

委員歴

 
2017年
 - 
現在
中世文学会  委員
 
2017年12月
 - 
現在
関西軍記物語研究会  委員
 
2016年
 - 
現在
仏教文学会  広報委員長
 
2013年
 - 
現在
仏教文学会  委員
 
2014年
 - 
2015年
仏教文学会  副代表委員
 

Works

 
[特別展]加太・友ヶ島の信仰と歴史―葛城修験二十八宿の世界―(図録有)
大橋直義(主担当)   その他   2019年1月 - 2019年3月
[特別展]紀州地域と西国順礼(図録有)
大橋直義(主担当)   その他   2017年11月 - 2017年12月
中世文学会・秋季大会 エクスカーション・展示コーディネイター
大橋直義   その他   2017年11月
[特別展]道成寺の縁起―伝承と実像(図録有)
大橋直義(主担当)   その他   2016年11月 - 2016年12月
説話文学会例会シンポジウム「〈根来寺〉の輪郭─空間・資料・人」エクスカーション・展観コーディネーター
大橋直義   その他   2013年12月

社会貢献活動

 
平清盛と西行―霊験と旅路―
【講師】  岸和田健老大学  2018年9月18日
紀伊半島と西国順礼─縁起・旅・書物ー
【講師】  和歌山大学岸和田サテライトキャンパス  わだい浪切サロン100回記念会  2018年3月21日
紀伊半島のモノガタリー”日本のお話しプロジェクト”(NOP)始動ー
【講師】  和歌山大学教育学部附属中学校  知の冒険旅行  2017年9月26日
平家物語と熊野
【講師】  岸和田健老大学  2017年9月19日
文覚の恋―『平家物語』と室町物語
【講師】  2016年9月13日