Maya Sakamoto

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2019 at 20:30
 
Avatar
Name
Maya Sakamoto
E-mail
msakamoto30dent.tohoku.ac.jp
Affiliation
Tohoku University
Section
Dental Hospital

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Effect of exposure parameters and gutta-percha cone size on fracture-like artifacts in endodontically treated teeth on cone-beam computed tomography images
Masahiro Iikubo, Toyohiro Kagawa, Junya Fujisawa, Akira Kumasaka, Takashi Nishioka, Ikuho Kojima, Maya Sakamoto, Kaoru Kobayashi, Kenji Yuasaura M, Tominaga T, Takahashi S
Oral Radiology      Oct 2019   [Refereed]
Use of of a lymphatic drug delivery system and sonoporation to target malignant metastatic breast cancer cells proliferating in the marginal sinuses.
Kato S, Shirai Y, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Scientific Reports.   9(1) ePub-PMID:31519920   Sep 2019   [Refereed]
A model system for studying superselective radiotherapy of lymph node metastasis in mice with swollen lymph nodes
Ryohei Kikuchi, Ariunbuyan Sukhbaatar, Maya Sakamoto, Shiro Mori, Tetsuya Kodama
Clinical and Translational Radiation Oncology   DOI:10.1016/j.ctro.2019.05.002    May 2019   [Refereed]
The effect of anti-IL-6 receptor antibody forthe treatment of McH-lpr/lpr-RA1 mice that spontaneously developed destructivearthritis and enthesitis.
Kikuchi R, Sukhbaatar A, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
20 286-ePub-PMID:31200688   2019   [Refereed]
Treatment of false‐negative metastatic lymph nodes by a lymphatic drug delivery system with 5‐fluorouracil.
Fujii H, Horie S, Sukhbaatar A, Mishra R, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Cancer Med.   DOI:10.1002/cam4.2125(5) 2244-2251 ePub-PMID:30945479   May 2019   [Refereed]
Imaging of the mouse lymphatic sinus during early-stage lymph node metastasis using intranodal lymphangiography with X-ray micro-computed tomography
Iwamura R, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Molecular Imaging and Biology   ePub-PMID:30607526    2018   [Refereed]
Ouchi T, Sukhbaatar A, Horie S, Sakamoto M, Shiga K, Mori S, Kodama T
Ultrasound in medicine & biology   44(8) 1818-1827   Aug 2018   [Refereed]
Kojima I, Sakamoto M, Iikubo M, Shimada Y, Nishioka T, Sasano T
Oral diseases      Jul 2018   [Refereed]
Ogawa T, Kojima I, Ishii R, Sakamoto M, Murata T, Suzuki T, Kato K, Nakanome A, Ohkoshi A, Ishida E, Kakehata S, Shiga K, Katori Y
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   275(6) 1613-1621   Jun 2018   [Refereed]
嵯峨井 俊, 小川 武則, 臼渕 肇, 小嶋 郁穂, 村田 隆紀, 阪本 真弥, 高橋 昌宏, 西條 憲, 加藤 健吾, 中目 亜矢子, 大越 明, 東 賢二郎, 石井 亮, 香取 幸夫
頭頸部外科   27(3) 379-385   Feb 2018
頭頸部原発骨肉腫6例を報告する。年齢は15歳から84歳(中央値63.5歳)、男女比5対1、下顎骨原発4例、上顎骨1例、喉頭1例であった。TNM stageは、IIA5例、III1例であった。組織学的には、骨芽細胞型5例、軟骨芽細胞型1例であった。治療は、全例に手術治療を行ったが、補助療法として化学療法が5例、放射線治療が1例に施行された。手術は、開頭頭蓋底手術2例を含む顎骨切除5例、喉頭全摘術1例に施行され、断端評価においては、陰性5例、陽性1例であった。2例が再発(局所1例、遠隔転移再発...
症例をどうみるか MRIが診断に有用であった頭頸部悪性腫瘍の2症例
中目 亜矢子, 小川 武則, 小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 村田 隆紀, 臼渕 肇, 石井 亮, 川村 善宜, 大越 明, 嵯峨井 俊, 香取 幸夫
JOHNS   34(1) 132-137   Jan 2018
DWI、ADC値を用いたMRI診断が有用であった化学療法、放射線治療後頭頸部悪性腫瘍の2症例(症例1:28歳男性、症例2:65歳男性)について報告した。今回の2症例では、化学療法による腫瘍細胞密度の低下(細胞間質の増加)や(症例1)、手術後の非再発性変化(症例2)をDWI低信号、ADC高値として描出しており、DWI、ADC画像を用いたMRI撮影は、頭頸部悪性腫瘍治療後FDG-PET陽性例に対する追加検査として有用であると考えられた。
小川 武則, 小嶋 郁穂, 村田 隆紀, 阪本 真弥, 岸田 佳太, 高橋 紀善, 松下 晴雄, 荒川 一弥, 野村 和弘, 中目 亜矢子, 大越 明, 東 賢二郎, 石井 亮, 嵯峨井 俊, 神宮 啓一, 香取 幸夫
頭頸部癌   43(4) 409-414   Dec 2017
頭蓋底浸潤鼻副鼻腔癌の治療法として、手術(開頭、顔面切開、内視鏡)、化学放射線治療(RADPLAT、全身投与)があるが、1:硬膜浸潤診断が困難であり内視鏡単独手術適応に迷う事がある、2:内頸動脈系にはRADPLAT困難であるが頻度が不明、3:有効な全身化学療法レジメンがないなどの問題点がある。治療アルゴリズム作成を目的とし、上記問題解決を目指した後方視的観察研究を行った。対象は、2002年から2017年の間に加療した頭蓋底浸潤頭頸部癌92例(鼻副鼻腔癌68例)である。結果として、1:頭蓋底...
Mikada M, Sukhbaatar A, Miura Y, Horie S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Cancer science   108(5) 846-852   May 2017   [Refereed]
若盛 隼, 小川 武則, 臼渕 肇, 阪本 真弥, 小嶋 郁穂, 村田 隆紀, 嵯峨井 俊, 中目 亜矢子, 大越 明, 東 賢二郎, 石井 亮, 白倉 真之, 石川 智彦, 香取 幸夫
頭頸部外科   26(3) 389-393   Feb 2017
耳下腺腫瘍内で異なるダイナミックMRI像、拡散強調像、拡散係数を示し、悪性腫瘍箇所を同定し得た多形腺腫由来癌の1例を経験したため報告する。症例は64歳男性。20年前より徐々に増大する左耳下部腫脹にて受診。MRIにて約4×3cmの腫瘤を認め、2度の穿刺吸引細胞診、エコー下針生検で耳下腺癌疑いの診断にて、手術治療を行った。術後病理結果にて唾液腺導管癌の診断であり、癌腫部分の他、高度な硝子様瘢痕箇所を認め、多形腺腫由来癌に矛盾しない病理所見と臨床経過から多形腺腫由来癌と診断した。癌腫部分のみダイ...
Kojima I, Sakamoto M, Iikubo M, Kumamoto H, Muroi A, Sugawara Y, Satoh-Kuriwada S, Sasano T.
Oral Diseases.   23 84-90   2017   [Refereed]
Sato T, Takemura T, Ouchi T, Mori S, Sakamoto M, Arai Y, Kodama T
Journal of Cancer   8(5) 704-715   2017   [Refereed]
Iikubo M, Nishioka T, Okura S, Kobayashi K, Sano T, Katsumata A, Ariji E, Kojima I, Sakamoto M, Sasano T
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   122(5) 631-637   Nov 2016   [Refereed]
Shoji N, Endo Y, Iikubo M, Ishii T, Harigae H, Aida J, Sakamoto M, Sasano T
Journal of pharmacological sciences   132(3) 187-191   Nov 2016   [Refereed]
Hidaka H, Tatewaki Y, Sakamoto M, Kobayashi T, Yuasa Y, Yuasa R, Nomura K, Yamauchi D, Katori Y
Otology & neurotology : official publication of the American Otological Society, American Neurotology Society [and] European Academy of Otology and Neurotology   37(7) e217-21   Aug 2016   [Refereed]
Miura Y, Mikada M, Ouchi T, Horie S, Takeda K, Yamaki T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Cancer science   107(3) 224-232   Mar 2016   [Refereed]
Kumasaka A, Iikubo M, Nishioka T, Kojima I, Shoji N, Sakamoto M, Sasano T
Clinical implant dentistry and related research   17(6) 1174-1179   Dec 2015   [Refereed]
Ito K, Noro K, Yanagisawa Y, Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T, Aoki T
Ultrasound in medicine & biology   41(12) 3120-3130   Dec 2015   [Refereed]
Iikubo M, Osano T, Sano T, Katsumata A, Ariji E, Kobayashi K, Sasano T, Wakoh M, Seki K, Kojima I, Sakamoto M
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   120(4) 521-527   Oct 2015   [Refereed]
Kato S, Shirai Y, Kanzaki H, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Ultrasound in medicine & biology   41(5) 1411-1421   May 2015   [Refereed]
Shao L, Ouchi T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Biochemical and biophysical research communications   460(3) 543-548   May 2015   [Refereed]
Sato T, Mori S, Sakamoto M, Arai Y, Kodama T
PloS one   10(4) e0123619   2015   [Refereed]
Sakamoto M, Iikubo M, Kojima I, Sasano T, Mugikura S, Murata T, Watanabe M, Shiga K, Ogawa T, Takahashi S.
Int J Oral Maxillofac Surg.   43(9) 1035-1041   2014   [Refereed]
Sasano T, Satoh-Kuriwada S, Shoji N, Iikubo M, Kawai M, Uneyama H, Sakamoto M
Current pharmaceutical design   20(16) 2750-2754   2014   [Refereed]
Okuno T, Kato S, Hatakeyama Y, Okajima J, Maruyama S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   172(3) 879-884   Dec 2013   [Refereed]
Li L, Mori S, Kodama M, Sakamoto M, Takahashi S, Kodama T
Cancer research   73(7) 2082-2092   Apr 2013   [Refereed]
Li L, Mori S, Sakamoto M, Takahashi S, Kodama T
PloS one   8(2) e55797   2013   [Refereed]
Satoh-Kuriwada S, Iikubo M, Shoji N, Sakamoto M, Sasano T
Archives of oral biology   57(8) 1121-1126   Aug 2012   [Refereed]
東北大学病院におけるインプラント術前CT検査の臨床統計学的検討
古内 壽, 小嶋 郁穂, 酒井 梓, 佐藤 恭子, 佐藤 しづ子, 菅原 由美子, 飯久保 正弘, 庄司 憲明, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
東北大学歯学雑誌   31(1) 8-15   Jun 2012
安全で確実なインプラント治療のために、埋入前CT検査による顎骨の3次元的画像診断の重要性が増している。今回われわれは、2006年4月から2011年3月までに、東北大学病院にてインプラントの術前CT検査を施行した1,018例について臨床統計学的検討を行った。1.性別は男性346例、女性672例で女性が多かった。2.年齢は16歳から86歳で、平均年齢は男性53.9歳、女性52.8歳、年齢分布では男女とも50歳代が最も多かった。3.全CT検査に占めるインプラント術前検査の割合は23.0%であった...
Ogawa T, Suzuki T, Sakamoto M, Watanabe M, Tateda Y, Oshima T, Kato K, Sagai S, Kobayashi T, Shiga K
The Tohoku journal of experimental medicine   227(1) 53-57   May 2012   [Refereed]
Maya Sakamoto
Kojima I, Sakamoto M, Watanabe M, Takahashi S, Mugikura S, Shiga K, Iikubo M, Yamamura MJ,Sasano T.   28 24-31   2012   [Refereed]
Iikubo M, Kojima I, Sakamoto M, Kobayashi A, Ikeda H, Sasano T
International journal of endocrinology   2012 254367   2012   [Refereed]
Kodama T, Tomita N, Yagishita Y, Horie S, Funamoto K, Hayase T, Sakamoto M, Mori S
Cancer research   71(22) 6957-6964   Nov 2011   [Refereed]
歯科受診患者の主訴に関する診断学的研究 過去30年間の主訴の変遷と社会的背景について
小嶋 郁穂, 飯久保 正弘, 金田 直人, 阪本 真弥, 佐々城 真, 熊坂 晃, 鈴木 宏尚, 伊藤 あゆみ, 山村 宗正, 佐藤 恭子, 酒井 梓, 佐藤 しづ子, 菅原 由美子, 古内 壽, 庄司 憲明, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   24(3) 320-325   Oct 2011
歯科受診患者の主訴の変遷について、1981年、1996年、2009年の各年に来院した患者から1000名ずつ抽出して調べた。患者の性別は女性が多く、平均年齢は高齢化していた。1981年の主訴は疼痛、歯列不正、腫脹、う蝕・歯周病治療希望の順に多く、1996年では疼痛、腫脹、歯列不正、顎関節異常、2009年は疼痛、腫脹、抜歯依頼、う蝕・歯周病治療希望の順であった。各年とも疼痛が最も多かったが、「疼痛」や「腫脹」は2009年で有意に減少し、「歯列不正」は経年的に有意に減少し、「抜歯依頼」と「口腔粘...
Iikubo M, Kobayashi K, Mishima A, Shimoda S, Daimaruya T, Igarashi C, Imanaka M, Yuasa M, Sakamoto M, Sasano T
Oral surgery, oral medicine, oral pathology, oral radiology, and endodontics   108(5) e70-4   Nov 2009   [Refereed]
Iikubo M, Kobayashi A, Kojima I, Ikeda H, Sakamoto M, Sasano T
Archives of oral biology   53(10) 924-927   Oct 2008   [Refereed]
A case of masticatory disturbance incidental to trigeminal schwannoma: changes in occlusal force and masticatory sensation before and after radiosurgery.
Iikubo M, Sakamoto M, Furuuchi T, Fujimura M, Tominaga T, Takahashi S
Brit J Radiol.   81(3) 84-87   2008   [Refereed]
Kojima I, Iikubo M, Kobayashi A, Ikeda H, Sakamoto M, Sasano T.
Horm Metab Res.   40 533-538   2008   [Refereed]
Kobayashi A, Iikubo M, Kojima I, Ikeda H, Sakamoto M, Sasano T.
Horm Metab Res.   38 146-151   2006   [Refereed]
Toda Y, Aoki R, Ikeda Y, Azuma Y, Kioka N, Matsuo M, Sakamoto M, Mori S, Fukumoto M, Ueda K
Pathology international   55(10) 639-643   Oct 2005   [Refereed]
Iikubo M, Ikeda H, Kobayashi A, Kojima I, Hashimoto K, Sakamoto M, Sasano T.
Horm Metab Res.   36 696-701   2004   [Refereed]
Sasano T, Kuribara N, Iikubo M, Yoshida A, Satoh-Kuiriwada S, Shoji N, Sakamoto M
The Tohoku journal of experimental medicine   200(2) 75-83   Jun 2003   [Refereed]
Shoji N, Sasano T, Inukai K, Satoh-Kuriwada S, Iikubo M, Furuuchi T, Sakamoto M.
Arch Oral Biol.   48 761-765   2003   [Refereed]
Usefulness of heavily T2 weighted magnetic resonance images for the differential diagnosis
Sakamoto M, Sasano T, Higano S, Takahashi S, Iikubo M, Kakehata S.
Dentomaxillofacial Rad.   32 1-7   2003   [Refereed]
Iikubo M, Sasano T, Shoji N, Sakamoto M
The Tohoku journal of experimental medicine   197(1) 47-53   May 2002   [Refereed]
Sakamoto M, Sasano T, Higano S, Takahashi S, Nagasaka T, Yanagawa I, Hosogai Y,
30 276-284   2001   [Refereed]
Effect of capsaicin and atropine on uptake of F-18 fluorodeoxyglicose in rat salivary glands.
Fujiwara K, Yamaguchi F, Rikimaru H, Taniguchi M, IIkubo M, Sakamoto M, Sasano T, Itoh M.
CYRIC Annual Report.   2000 95-99   2001   [Refereed]
Disk position and morphology in patients with nonreducing disc displacement treated by
Sato S, Sakamoto M, Kawamura S, Motegi K.
Int J Oral Maxillofac Surg.   28 253-257   1999   [Refereed]
Sato S, Sakamoto M, Kawamura S, Motegi K.
J Oral Maxillofac Surg.   57 23-29   1999   [Refereed]
Anti-cytoplasmic autoantibodies reactive with epithelial cells of the salivary gland in sera from
Sakamoto M, Miyazawa M, Mori S, Fujisawa R.
J Oral Pathol Med.   28 20-25   1999   [Refereed]
Comparison of ipsilateral activation between right and left handers: a functional MR imaging study.
Laxmi NS, Higano S, Takahashi S, Kurihara N, Furuta S, Tamura H, Shimanuki Y, Mugikura S, Fujii T, Yamodori A, Sakamoto M, Yamada S.
Neuro Report.   9 1861-1866   1998   [Refereed]
Functional MR Imaging of Cortical Activation of the Cerebral Hemispheres during Motor tasks.
Laxmi NS, Higano S, Takahashi S, Abe Y, Sakamoto M, Kurihara N, Furuta S, Tamura H, Yanagawa I, Fujii T, Ishibashi T, Maruoka S, Yamada S.
American J Neuroradiol.   19 275-280   1998   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Importance of osmotic pressure for lymphatic drug delivery system.
Mishra R, Fukumura R, Ariunbuyan S, Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T.
28 Sep 2019   
Flow dynamics of lymphatic drug delivery system in in mice.
Mishra Radhika, Sukhbaatar Ariunbuyan, 阪本真弥,森士朗,小玉哲也.
4 Jul 2019   
マイクロCTと高周波超音波を用いたリンパ造影によるリンパ節転移の新たな診断手法の開発
岩村 亮, 森 士朗, 阪本 真弥, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
転移リンパ節の解剖学的な背景に関する研究
武田 航, 藤井 穂乃香, 堀江 佐知子, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
Excessive Lateral Dental Arch Expansion in Experimentally Developed Acromegaly-like Rats.
Iikubo M, Kojima I, Sakamoto M, Sasano T.
The 31th IADR-SEA and 28th SEAADE   Aug 2017   
Diagnostic performance of MR imaging of three major salivary glands for sjögren’s syndrom.
Kojima I, Sakamoto M, Iikubo M, Sasano T.
International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology   Apr 2017   
シェーグレン症候群における唾液腺MR imagingの診断精度 正診率83%の高空間分解能3D MR sialography
小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 飯久保 正弘, 熊本 裕行, 室井 梓, 菅原 由美子, 佐藤 しづ子, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2017   
シェーグレン症候群における唾液腺MR imagingの診断精度 正診率83%の高空間分解能3D MR sialography
小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 飯久保 正弘, 熊本 裕行, 室井 梓, 菅原 由美子, 佐藤 しづ子, 笹野 高嗣
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2016   
IGF-Iは抜歯後のラット歯槽骨吸収を抑制する
熊坂 晃, 飯久保 正弘, 西岡 貴志, 小嶋 郁穂, 庄司 憲明, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
歯科放射線   Jun 2016   
口腔癌の頸部リンパ節転移診断における3テスラblack-blood MR imagingの有用性について
阪本 真弥, 小嶋 郁穂, 飯久保 正弘, 近藤 千裕, 伊藤 康一, 青木 孝文, 小川 武則, 森 士朗, 小玉 哲也, 笹野 高嗣
歯科放射線   Jun 2016   
3テスラblack-blood MR imagingが口腔癌患者の頸部リンパ節転移診断に有用であった2症例
小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 飯久保 正弘, 小川 武則, 渡邉 みか, 大田 英揮, 村田 隆紀, 森 士朗, 小玉 哲也, 笹野 高嗣
歯科放射線   Jun 2016   
シェーグレン症候群の耳下腺、顎下腺、舌下腺のMRIに関する診断学的研究 MR信号強度不均一とMR sialography点状高信号域の診断精度について
嶋田 雄介, 小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 飯久保 正弘, 室井 梓, 菅原 由美子, 佐藤 しづ子, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2016   
CT画像にみられる根管充填剤による歯根破折様アーチファクトについて
飯久保 正弘, 嶋田 雄介, 佐々城 真, 熊坂 晃, 小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2016   
Perfusion defect in metastatic lymph node using micro CT.
Yamaki T, Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T
13th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound   19 Oct 2015   
リンパ節転移の新たな診断指標の提案
八巻 哲平, 阪本 真弥, 森 士朗, 志賀 清人, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
フォトサーマル効果と表面冷却による低侵襲加熱法を利用したリンパ節転移治療法の開発
松木 大輔, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
リンパ節内圧によるリンパ節担癌の進行とその化学療法の評価方法の検討
武田 航, 森 士朗, 阪本 真弥, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
ドキソルビシン内封リポソームを用いたリンパ節内における薬剤分布に関する研究
吉羽 正太, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Oct 2015   
リンパ行性薬剤投与とソノポレーションによる腫瘍リンパ節治療法開発
加藤 茂樹, 森 士朗, 阪本 真弥, 小玉 哲也
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   Jun 2015   
ソノポレーション法によるリンパ球への遺伝子導入
加藤 茂樹, 森 士朗, 阪本 真弥, 小玉 哲也
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   Jun 2015   
IGF-Iは抜歯後のラット歯槽骨吸収を抑制する
熊坂 晃, 飯久保 正弘, 小嶋 郁穂, 庄司 憲明, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2015   
水平的歯根破折に関する画像診断学的研究 角度の異なる歯根破折線の検出能に関する二等分法、平行法および歯科用CTの比較
佐々城 真, 飯久保 正弘, 橋本 直也, 嶋田 雄介, 小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2015   
IGF-Iは抜歯後のラット歯槽骨吸収を抑制する
熊坂 晃, 飯久保 正弘, 小嶋 郁穂, 庄司 憲明, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2014   
水平的歯根破折に関する画像診断学的研究 角度の異なる歯根破折線の検出能に関する二等分法、平行法および歯科用CTの比較
佐々城 真, 飯久保 正弘, 橋本 直也, 嶋田 雄介, 小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2014   
センチネルリンパ節切除後の二次リンパ節転移を予防する薬剤送達法の開発(Development of drug delivery system to prevent metastasis in secondary lymph node after sentinel lymph node removal)
大内 友貴, 松木 大輔, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
マイクロCTを用いた転移リンパ節内血管構造解析に関する研究(Study of vascular structure analysis in lymph node metastasis using microCT)
柳沢 ゆかり, 八巻 哲平, 志賀 清人, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
リンパ節転移治療におけるドキソルビシン封入温度感受性リポソームと光熱療法の併用(Combined application of doxorubicin-loaded thermosensitive liposomes and photothermal therapy in lymph nodes)
松木 大輔, 大内 友貴, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
転移リンパ節に対する超音波と微小気泡を利用したリンパ行性薬剤送達法の開発(development of intralymphatic drug delivery system for metastatic lymph nodes by sonoporation with nano/micro bubbles)
白井 優子, 佐藤 琢磨, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
マイクロCTを用いた転移リンパ節内の血管構造解析(Vascular structural analysis in metastatic lymph node by Micro-CT)
八巻 哲平, 柳沢 ゆかり, 阪本 真弥, 森 士朗, 志賀 清人, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2014   
Novel antitumor therapy for tumor bearing lymph node by lymphatic administration and sonoporation.
Kato S, Shirai Y, Morikawa H, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
9th International Workshop on Biomaterials in Interface Science   Aug 2014   
マウス転移リンパ節モデルに対する低出力超音波と微小気泡を用いた抗がん剤治療に関する研究
佐藤 琢磨, 阪本 真弥, 森 士朗, 荒井 陽一, 小玉 哲也
日本泌尿器科学会総会   Apr 2014   
シェーグレン症候群患者の唾液腺MR-sialographyにおける点状高信号域の検出能 3D法と2D法の比較検討
小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 飯久保 正弘, 酒井 梓, 菅原 由美子, 佐藤 しづ子, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2014   
シェーグレン症候群患者の唾液腺MR-sialographyにおける点状高信号域の検出能 3D法と2D法の比較検討
小嶋 郁穂, 阪本 真弥, 飯久保 正弘, 酒井 梓, 菅原 由美子, 佐藤 しづ子, 笹野 高嗣
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2013   
リンパ節癌細胞移植マウスに対する超音波およびナノマイクロバブルをもちいたドラッグデリバリーに関する研究(Drug delivery to the mouse model of tumor bearing lymphnode with nano/microbubbles and ultrasound)
佐藤 琢磨, 阪本 真弥, 森 士朗, 荒井 陽一, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
リンパ節転移早期診断のための間質液圧特性に関する研究(Characterization of the interstitial fluid pressure for diagnosis of lymph node metastasis)
三浦 由宣, 三ヶ田 護, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Oct 2013   
EPR効果による近赤外蛍光粒子封入リポソームの腫瘍集積性に関する研究
三ヶ田 護, Sax Nicolas, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   Jun 2013   
口腔乾燥感は総唾液分泌量よりも小唾液腺分泌量と関連する
佐藤 しづ子, 飯久保 正弘, 庄司 憲明, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2013   
口腔乾燥感は刺激時総唾液量よりも小唾液腺分泌量に依存する
佐藤 しづ子, 飯久保 正弘, 庄司 憲明, 河合 美佐子, 畝山 寿之, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本味と匂学会誌   Dec 2012   
口腔乾燥感は総唾液分泌量よりも小唾液腺分泌量と関連する
佐藤 しづ子, 飯久保 正弘, 庄司 憲明, 阪本 真弥, 笹野 高嗣
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2012   
プラズモン共鳴を利用した局所的熱療法のリンパ節転移治療への応用
奥野 竜希, 長谷川 奈保, 畠山 友梨子, 加藤 茂樹, 阪本 真弥, 森 士郎, 小玉 哲也
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   Nov 2012   
乳がんにおける腫瘍周辺上皮組織のリンパ管および血管分布に関する研究(The distribution of lymphatic and blood vessels in the peritumoral epithelium tissue in breast cancer)
三浦 由宣, 佐藤 琢磨, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
二光子顕微鏡をもちいたEPR効果による腫瘍内ナノ粒子流出の観察(Observation of extravasated nano-particls inside solid tumor caused by EPR effect with two photon microscopy)
三ヶ田 護, サックス・ニコラ, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Aug 2012   
リンパ行性薬剤送達システム開発ためのリンパ節およびリンパ管内の流動特性
畠山 友梨子, サックス・ニコラ, 奥野 竜希, 加藤 茂樹, 森 士郎, 阪本 真弥, 小玉 哲也
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   Jun 2012   
唾液腺腫瘍のMR診断における被膜様増強効果の意義について
阪本 真弥, 飯久保 正弘, 小嶋 郁穂, 笹野 高嗣
日本口腔粘膜学会雑誌   Dec 2011   
鼠径リンパ節内の圧力上昇にともなう輸出リンパ管への流出特性(Characteristics of the flow to the efferent lymphatic vessel upon increased pressure in the groin lymph node)
畠山 友梨子, 李 麗, サックス・ニコラ, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Sep 2011   
頭頸部癌所属リンパ節転移の診断・治療に向けたリンパ節腫大マウスを用いたリンパ節転移モデルの開発
李 麗, 森 士朗, 柳下 陽子, サックス・ニコラ, 堀江 佐知子, 渡邊 夕紀子, 高地 崇, 李 深偉, 宮下 仁, 森川 秀広, 阪本 真弥, 小玉 哲也
頭頸部癌   May 2011   
頭頸部癌遺伝子治療に向けたナノバブルと超音波によるNIS遺伝子導入と124I-PETイメージング
渡邊 夕紀子, 森 士朗, 堀江 佐知子, サックス・ニコラ, 李 麗, 李 深偉, 柳下 陽子, 高地 崇, 船木 善仁, 菊池 洋平, 山崎 浩道, 石井 慶造, 阪本 真弥, 宮下 仁, 小玉 哲也
頭頸部癌   May 2011   
ナノバブルと超音波を用いたTNF-alpha遺伝子導入による抗腫瘍効果の評価(TNF-alpha gene delivery using nanobubbles and ultrasound for cancer therapy)
堀江 佐知子, 渡邊 夕紀子, 小島 貴則, 陳 鋭, 李 麗, 柳下 陽子, サックス・ニコラ, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Aug 2010   
膀胱がん治療に向けた二重超音波照射法の数値的至適化(Theoretical optimization of a dual intensity ultrasound system for development of bladder cancer treatment)
小島 貴則, 堀江 佐知子, 渡邊 夕紀子, 陳 鋭, 李 麗, 阪本 真弥, 森 士朗, 小玉 哲也
日本癌学会総会記事   Aug 2010