Masaei Sato

J-GLOBAL         Last updated: Feb 21, 2019 at 10:37
 
Avatar
Name
Masaei Sato
E-mail
masaeiaffrc.go.jp
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Research funding number
10355258

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Development of Decision Support System using Farming-systems Database and Management Support Service through Data Cooperation
Masaei Sato
Kanto Tokai Hokuriku Journal of Farm Management   (109) 15-22   Feb 2019   [Refereed]
Approach to Agricultural Knowledge Management Using Decision Support System for Farm Planning
Masaei Sato
International Training-Workshop on Developing Knowledge Management in Agriculture for Small-scale Farmers, May 9-11, 2017, Elvira O.tan Hall, PCAARRD, Los Banos, Laguna, Philippines   29-43   May 2017   [Invited]
Construction of Farming Technology System for Animal Capturing and its Utilization for Countermeasures against Wildlife Damage
SATO Masaei, TAKEUCHI Masahiko, YAMABATA Naoto and HIRATA Shigeki
(107) 55-61   Feb 2017   [Refereed]
澤田 守, 佐藤 正衛, 宮武 恭一, 松本 浩一, 菅野 雅之
関東東海北陸農業経営研究 = Kantō Tōkai Hokuriku journal of farm management   (106) 53-58   Feb 2016
松本浩一, 佐藤正衛, 大室健治
関東東海農業経営研究   (105) 27-33   Feb 2015

Misc

 
杉戸克裕, 佐藤正衛, 川上秀和
東北農業研究成果情報   (19) 278-279   Jul 2005
古家淳, 尾関秀樹, 南石晃明, 佐藤正衛, 石橋喜美子, 橋詰登, 佐藤孝一, 市田知子, 吉井邦恒
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (378) 85P   Mar 2002
佐藤正衛, 南石晃明
研究成果情報 総合農業   2000 348-349   Mar 2001

Books etc

 
hercules Antonio Do Prado and Alfredo Jose Barreto Luiz and Homero Chaib Filho (ed.) "Computational Methods for Agricultural Research: Advances and Applications"
Susumu Uchida, Kiyotada Hayashi, Masaei Sato, Shingo Hokazono (Part:Contributor, Construction of Agri-Environmental Data Using Computational Methods: The Case of Life Cycle Inventories for Agricultural Production Systems)
IGI Global   Mar 2011   

Conference Activities & Talks

 
佐藤正衛, 竹内正彦
野生生物と社会学会大会プログラム・講演要旨集   21 Nov 2015   
Hokazono Shingo, Hayashi Kiyotada, Sato Masaei
Abstracts for ILCAJ meeting   2010   
日本で生産される大豆の8割以上は水田転作により作られているが、この田畑輪換には雑草防除やメタン発生低減等の副次的効果もあり、特に前者には有機農業への効果が期待される。そこで本研究では、水稲と大豆を含む慣行および有機水田輪作体系の比較LCAを実施し、影響領域間のみならず作物間の環境影響のトレードオフを分析したうえで水田転作による有機大豆生産の可能性と課題について検討した。
Hayashi Kiyotada, Uchida Susumu, Hokazono Shingo, Sato Masaei
Abstracts for ILCAJ meeting   2009   
日本における農業生産システムを対象としたライフサイクルインベントリ(農研機構LCI)データベースを構築した。現在までに作成した農業生産システムは、水稲作(有機栽培、特別栽培を含む)、畑作(エネルギー生産用作物栽培を含む)等である。また、それらのバックグラウンドプロセスとして、農業施設、農業機械、農作業プロセス、化学肥料、有機肥料、農薬、種苗に関するプロセスのインベントリデータを作成した。本報告では、本データベースの概要を紹介する。
Sato Masaei, Hokazono Shingo, Uchida Susumu, Hayashi Kiyotada
Abstracts for ILCAJ meeting   2009   
作物の種苗は農業生産における基礎的投入要素であり,その生産状況をLCAの観点から分析することは食料自給率の議論において重要であろう。しかしその生産方法には作物ごとの特性や地域性が存在すること等により,生産プロセスのインベントリデータが構築されておらず分析が十分ではなかった。本報告では,国内主要作物について作物別に種苗生産プロセスの特徴を考慮したインベントリ分析を実施し,ライフサイクルの観点から自給率について考察をおこなう。
Hokazono Shingo, Hayashi Kiyotada, Sato Masaei, Uchida Susumu
Abstracts for ILCAJ meeting   2009   
環境や安全を志向した様々な農業について環境影響評価が試みられているが、これらを同一条件下で実践している現地事例に基づいて比較したものは少ない。そこで本研究では、有機栽培(機械除草・アイガモ除草)、特別栽培、慣行栽培に関する水稲現地実証試験をもとに地球温暖化と富栄養化について比較LCAを実施した。この結果より機能単位やシステム境界による影響評価の違いを分析し、有機栽培や特別栽培の課題と可能性を検討した。