Maasa Kobayashi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 3, 2019 at 14:43
 
Avatar
Name
Maasa Kobayashi
Affiliation
St. Luke's International University
Section
School of Nursing
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D(St. Luke's College of Nursing)
Research funding number
00439514

Profile

2014 April- Assosiate Professor, St. Luke's INternational University, School of Nursing
2006 April- 2014 March Assistant Professor, St. Luke's College of Nursing, School of Nursing ,Community Health Nursing, PHN,RN

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2014
 - 
Today
Associate Professor, School of Nursing, St. Luke's International University
 
Apr 2006
 - 
Mar 2014
Assistant Professor, School of Nursing, St. Luke's College of Nursing
 
Feb 2011
 - 
Apr 2011
Visiting Scholar, Psychosocial and Community Health, University of Washington
 

Awards & Honors

 
Jan 2016
Development of Health Promotion Program to nurture "attachment to the local community", Poster Award, The 4th Annual Meeting of the Japan Academy of Public Health Nursing
Winner: Atsuko Taguchi, Yukie Mikasa, Yauko Mitsumori, Maasa Kobayashi, et al.
 
Jan 2016
Concept analysis of “attachment to the local community” for public health nursing, The Incentive Award of Article, Japan Academy of Public Health Nursing
Winner: Junko Omori, Yasuko Mitsumori, Maasa Kobayashi, et al.
 
Nov 2014
Ethical Issues in Practice: A Survey of Home Visiting Nurses in Japan, Award for excellence, Japan Journal of Nursing Science
Winner: Kiyomi Asahara, Wakanako Ono, Maasa Kobayashi, Junko Omori, Yumiko Momose, Hiromi Todome, Emiko Konishi
 
Jul 2010
Outsourcing the Infant Health Examination : PHN’s Perspectives of Relationships with Community Members, The Incentive Award of Article, Japan Academy of Community Health Nursing
Winner: Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara
 
Nov 2007
Evaluation of the Ethics Education Program for Home Health Nursing -The Changes in the Awareness of Home Health Nurses and Changes in MSQ-, Poster Award, The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing
Winner: Akiko Ozaki, Yumiko Momose, Masako Sakai, Maasa Kobayashi, Kiyomi Asahara, Hiroko Nagae, Junko Omori, Maki Umeda, Toshie Miyazaki, Emiko Konishi
 

Published Papers

 
保健師養成機関における「公衆衛生看護の倫理」教育の実態
小林 真朝, 麻原 きよみ, 大森 純子, 宮崎 美砂子, 宮崎 紀枝, 安齋 由貴子, 小野 若菜子, 三森 寧子
日本公衆衛生雑誌   65(1) 25-33   Jan 2018
目的 公衆衛生看護の倫理に関するモデルカリキュラム・教育方法・教材開発のために、全国の保健師養成機関における倫理教育に関する実態を把握することを目的とした。方法 全国の保健師養成機関(専修学校(1年課程の保健師養成所、4年課程の保健看護統合カリキュラム校)、短大専攻科、大学)229校に質問紙を送付し、公衆衛生看護教育を担当する教員に回答を求めた。質問紙の内容は、回答者および所属機関の属性や保健師資格教育の形態のほか、公衆衛生看護の倫理の独立・関連科目の有無と導入予定、公衆衛生看護以外の倫理...
保健師基礎教育における放射線教育の意義と効果
永井 智子, 小西 恵美子, 小林 真朝, 梅田 麻希, 小野 若菜子, 三森 寧子, 麻原 きよみ
日本放射線看護学会誌   5(1) 39-46   Mar 2017
2011年の福島第一原子力発電所事故で、保健師基礎教育において放射線教育を行うことの重要性を痛感し、2014年度より、学部4年次の公衆衛生看護専門科目の中に「放射線防護」の授業を組み込んでいる。本稿では、2015年度の「放射線防護」の授業概要と、授業終了時に学生が提出したアンケートの回答結果を記述する。また、学生が得た学びを明らかにするとともに、保健師基礎教育において放射線教育を実施するうえでの示唆を得る。63名の学生全員がこの授業を受け、そのうちの58名が、アンケート回答内容の分析を承諾...
Sakai T, Omori J, Takahashi K, Mitsumori Y, Kobayashi M, Ono W, Miyazaki T, Anzai H, Saito M
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   64(4) 226   2017   [Refereed]
酒井 太一, 大森 純子, 高橋 和子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 宮崎 紀枝, 安齋 ひとみ, 齋藤 美華
日本公衆衛生雑誌   63(11) 664-674   Nov 2016
目的 向老期世代における新たな社会関係の醸成と保健事業での活用を目指し、"地域への愛着"を測定するための尺度を開発することを目的とした。方法 "地域への愛着"の概念を明らかにした先行研究に基づき合計30項目を"地域への愛着"の尺度案とした。対象は東京近郊に位置するA県B市の住民とし住民基本台帳データより、50〜69歳の地域住民から居住エリア・年代・男女比に基づき1,000人を多段階無作為抽出し、無記名自記式質問用紙を郵送にて配布・回収した。収集されたデータを用いて尺度の計量心理学的検討を行...
Asahara, Kiyomi; Kobayashi, Maasa; Ono, Wakanako; Omori, Junko; Todome, Hiromi; Konishi, Emiko; Miyazaki, Toshie
Public Health Nursing   29(3) 266-275   May 2012   [Refereed]

Misc

 
地域への愛着を育む取り組み 新たな英略的実践の開発
大森 純子, 田口 敦子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 戸田 亜紀子, 矢野 しのぶ, 三笠 幸恵, 地域への愛着研究会
保健師ジャーナル   73(1) 62-67   Jan 2017
(37) 47-52   Mar 2011
In 2008,the Student Affiirs Division of St. Luke's College of Nursing launched an initiativefor acquiring appropriate communication skills and basic manners so that students caneffectively fulfill this institution's educational objectives and bene...

Conference Activities & Talks

 
地域保健活動における主要用語の定義 デルファイ法を用いた全国調査
永井 智子, 梅田 麻希, 麻原 きよみ, 三森 寧子, 遠藤 直子, 江川 優子, 小林 真朝, 佐伯 和子, 大森 純子, 嶋津 多恵子, 川崎 千恵, 永田 智子, 佐川 きよみ, 小西 美香子
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2018   
職場に犬を介在させることの効果 産業保健の視点から
菅原 由紀, 小林 真朝
ヒトと動物の関係学会誌   Mar 2015   
放射線防護文化形成のための実践モデル「保健師との協働ミーティング」の効果と課題
大森 純子, 麻原 きよみ, 矢吹 敦子, 川崎 千恵, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 北宮 千秋
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
放射線防護文化形成のための実践モデル「既存事業における健康講話と対話」の効果
川崎 千恵, 麻原 きよみ, 矢吹 敦子, 大森 純子, 荒木田 美香子, 小野 若菜子, 小林 真朝, 三森 寧子, 北宮 千秋
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
公衆衛生看護のための"地域への愛着"の概念分析
大森 純子, 三森 寧子, 小林 真朝, 小野 若菜子, 安齋 ひとみ, 高橋 和子, 宮崎 紀枝, 酒井 太一, 齋藤 美華
日本公衆衛生看護学会誌   Oct 2014   
目的:公衆衛生看護の実践に"地域への愛着"の概念を取り入れる根拠と、活動に有用な示唆を得るため、個人の内面や人と人との関係性と、地域との関係に着目して概念を分析した。方法:居住地の社会的な活動に携っている研究参加者9人にインタビューを行った。概念の特性、その形成に影響する要因、形成により期待される成果の3つの枠組みを用いて、データの意味内容に基づきカテゴリを抽出した。カテゴリ間の関係に着目し、個人レベル、個人間レベル、地域(近隣〜自治体)レベルの3つの次元を組み込んだ概念の全体構造を検討し...

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Kiyomi ASAHARA
The purpose of this study was to describe the relationships between the culture of Japanese administrative organizations and the ethical practice of public health nurses (PHNs). We collected data by conducting interviews, observation of participan...
Development of a Companion Animals Assisted Community Program for Health Promotion
Japan Society of Private Colleges and Universities of Nursing: Grant for Young Researchers
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010    Investigator(s): Maasa Kobayashi
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2010    Investigator(s): Kiyomi ASAHARA
The purposes of this study were to develop an educational ladder and the relevant programs for ethics education to promote effective practice of public health nurses (PHNs) and home visiting nurses (HVNs) in Japan. We conducted the interviews and ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2006 - 2009    Investigator(s): Junko OMORI
This paper is about a pilot program entitled "Let's think of ourselves 10 years from now (future blueprint: future tree)" which targeted middle-aged and older women in a new residential area. We conducted a year long continuous evaluation of the p...