基本情報

所属
大阪大学 文学研究科 講師
学位
博士(京都大学)

連絡先
nayuta.mikilet.osaka-u.ac.jp
研究者番号
40727088
J-GLOBAL ID
201401008760825963
researchmap会員ID
B000236727

she/her

2013年3月 京都大学大学院文学研究科博士課程 指導認定退学
2015年9月 博士(文学)取得(京都大学)

専門は現代分析哲学、言語哲学、特にP. グライスやその影響下にある意図基盤意味論の論者たちによる話し手の意味(speaker meaning)の分析。そのほかに、形式意味論、語用論、心の哲学などに関する論文がある。単著『話し手の意味の心理性と公共性』にて、グライスの意図基盤意味論を批判し、話し手の意味の理論と共同行為論を結びつけることによる新たなコミュニケーション・モデルを提案している。

現在は、共同行為論的観点から話し手の意図や信念、目的などには還元できないコミュニケーションがいかに生まれてくるかを考察するとともに、それによっていかにしてコミュニケーション特有の暴力の形態が生じるのかを論じようとしている。

『群像』誌上で「言葉の展望台」を連載中。


経歴

  10

委員歴

  5

論文

  17

MISC

  26

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  29

担当経験のある科目(授業)

  5

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

その他

  2