Tesshi Yamada

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2018 at 19:19
 
Avatar
Name
Tesshi Yamada
E-mail
tyamadancc.go.jp
Affiliation
National Cancer Center,Research Institute

Published Papers

 
Frequent co-localization of Cox-2 and laminin-5 gamma2 chain at the invasive front of early-stage lung adenocarcinomas.
Niki T, Kohno T, Iba S, Moriya Y, Takahashi Y, Saito M, Maeshima A, Yamada T, Matsuno Y, Fukayama M, Yokota J, Hirohashi S
The American journal of pathology   160(3) 1129-1141   Mar 2002   [Refereed]
Clinicopathological significance of epigenetic inactivation of RASSF1A at 3p21.3 in stage I lung adenocarcinoma.
Tomizawa Y, Kohno T, Kondo H, Otsuka A, Nishioka M, Niki T, Yamada T, Maeshima A, Yoshimura K, Saito R, Minna JD, Yokota J
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   8(7) 2362-2368   Jul 2002   [Refereed]
Takei H, Asamura H, Maeshima A, Suzuki K, Kondo H, Niki T, Yamada T, Tsuchiya R, Matsuno Y
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   124(2) 285-292   Aug 2002   [Refereed]
Maeshima AM, Niki T, Maeshima A, Yamada T, Kondo H, Matsuno Y
Cancer   95(12) 2546-2554   Dec 2002   [Refereed]
Suppression of intestinal polyposis in Mdr1-deficient ApcMin/+ mice.
Yamada T, Mori Y, Hayashi R, Takada M, Ino Y, Naishiro Y, Kondo T, Hirohashi S
Cancer research   63(5) 895-901   Mar 2003   [Refereed]
Yoshimura A, Gemma A, Hosoya Y, Komaki E, Hosomi Y, Okano T, Takenaka K, Matuda K, Seike M, Uematsu K, Hibino S, Shibuya M, Yamada T, Hirohashi S, Kudoh S
Genes, chromosomes & cancer   37(2) 159-164   Jun 2003   [Refereed]
Terasaki H, Niki T, Matsuno Y, Yamada T, Maeshima A, Asamura H, Hayabuchi N, Hirohashi S
The American journal of surgical pathology   27(7) 937-951   Jul 2003   [Refereed]
Yasuda J, Tsuchiya A, Yamada T, Sakamoto M, Sekiya T, Hirohashi S
Biochemical and biophysical research communications   308(2) 227-233   Aug 2003   [Refereed]
Proteomic analysis of intestinal epithelial cells expressing stabilized beta-catenin.
Seike M, Kondo T, Mori Y, Gemma A, Kudoh S, Sakamoto M, Yamada T, Hirohashi S
Cancer research   63(15) 4641-4647   Aug 2003   [Refereed]
Kondo T, Seike M, Mori Y, Fujii K, Yamada T, Hirohashi S
Proteomics   3(9) 1758-1766   Sep 2003   [Refereed]
Yasuda J, Yokoo H, Yamada T, Kitabayashi I, Sekiya T, Ichikawa H
Cancer science   95(1) 52-57   Jan 2004   [Refereed]
Honda K, Yamada T, Seike M, Hayashida Y, Idogawa M, Kondo T, Ino Y, Hirohashi S
Oncogene   23(30) 5257-5262   Jul 2004   [Refereed]
Yokoo H, Kondo T, Fujii K, Yamada T, Todo S, Hirohashi S
Hepatology (Baltimore, Md.)   40(3) 609-617   Sep 2004   [Refereed]
Seike M, Kondo T, Fujii K, Yamada T, Gemma A, Kudoh S, Hirohashi S
Proteomics   4(9) 2776-2788   Sep 2004   [Refereed]
Honda K, Yamada T, Hayashida Y, Idogawa M, Sato S, Hasegawa F, Ino Y, Ono M, Hirohashi S
Gastroenterology   128(1) 51-62   Jan 2005   [Refereed]
Naishiro Y, Yamada T, Idogawa M, Honda K, Takada M, Kondo T, Imai K, Hirohashi S
Oncogene   24(19) 3141-3153   Apr 2005   [Refereed]
Fujii K, Kondo T, Yokoo H, Yamada T, Iwatsuki K, Hirohashi S
Proteomics   5(5) 1411-1422   Apr 2005   [Refereed]
Nitori N, Ino Y, Nakanishi Y, Yamada T, Honda K, Yanagihara K, Kosuge T, Kanai Y, Kitajima M, Hirohashi S
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   11(7) 2531-2539   Apr 2005   [Refereed]
Idogawa M, Yamada T, Honda K, Sato S, Imai K, Hirohashi S
Gastroenterology   128(7) 1919-1936   Jun 2005   [Refereed]
Seike M, Kondo T, Fujii K, Okano T, Yamada T, Matsuno Y, Gemma A, Kudoh S, Hirohashi S
Proteomics   5(11) 2939-2948   Jul 2005   [Refereed]
Mori Y, Kondo T, Yamada T, Tsuchida A, Aoki T, Hirohashi S
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   823(2) 82-97   Sep 2005   [Refereed]
Hara T, Honda K, Ono M, Naito K, Hirohashi S, Yamada T
The Journal of urology   174(4 Pt 1) 1213-1217   Oct 2005   [Refereed]
Hayashida Y, Honda K, Idogawa M, Ino Y, Ono M, Tsuchida A, Aoki T, Hirohashi S, Yamada T
Cancer research   65(19) 8836-8845   Oct 2005   [Refereed]
Sato S, Idogawa M, Honda K, Fujii G, Kawashima H, Takekuma K, Hoshika A, Hirohashi S, Yamada T
Gastroenterology   129(4) 1225-1236   Oct 2005   [Refereed]
Fujii K, Kondo T, Yokoo H, Yamada T, Matsuno Y, Iwatsuki K, Hirohashi S
Proteomics   5(16) 4274-4286   Nov 2005   [Refereed]
Honda K, Hayashida Y, Umaki T, Okusaka T, Kosuge T, Kikuchi S, Endo M, Tsuchida A, Aoki T, Itoi T, Moriyasu F, Hirohashi S, Yamada T
Cancer research   65(22) 10613-10622   Nov 2005   [Refereed]
Hayashida Y, Honda K, Osaka Y, Hara T, Umaki T, Tsuchida A, Aoki T, Hirohashi S, Yamada T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   11(22) 8042-8047   Nov 2005   [Refereed]
Fujii K, Kondo T, Yokoo H, Okano T, Yamada M, Yamada T, Iwatsuki K, Hirohashi S
Proteomics   6(5) 1640-1653   Mar 2006   [Refereed]
Ono M, Shitashige M, Honda K, Isobe T, Kuwabara H, Matsuzuki H, Hirohashi S, Yamada T
Molecular & cellular proteomics : MCP   5(7) 1338-1347   Jul 2006   [Refereed]
Serum tumor markers for pancreatic cancer: the dawn of new era?
Okusaka T, Yamada T, Maekawa M
JOP : Journal of the pancreas   7(4) 332-336   Jul 2006   [Refereed]
[Early detection of pancreatic cancer by novel proteomic technique].
Honda K, Ono M, Shitashige M, Yamada T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64(9) 1745-1755   Sep 2006   [Refereed]
Idogawa M, Masutani M, Shitashige M, Honda K, Tokino T, Shinomura Y, Imai K, Hirohashi S, Yamada T
Cancer research   67(3) 911-918   Feb 2007   [Refereed]
Hara T, Honda K, Shitashige M, Ono M, Matsuyama H, Naito K, Hirohashi S, Yamada T
Molecular & cellular proteomics : MCP   6(3) 479-491   Mar 2007   [Refereed]
Shitashige M, Naishiro Y, Idogawa M, Honda K, Ono M, Hirohashi S, Yamada T
Gastroenterology   132(3) 1039-1054   Mar 2007   [Refereed]
Kakisaka T, Kondo T, Okano T, Fujii K, Honda K, Endo M, Tsuchida A, Aoki T, Itoi T, Moriyasu F, Yamada T, Kato H, Nishimura T, Todo S, Hirohashi S
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   852(1-2) 257-267   Jun 2007   [Refereed]
Kikuchi S, Honda K, Handa Y, Kato H, Yamashita K, Umaki T, Shitashige M, Ono M, Tsuchida A, Aoki T, Hirohashi S, Yamada T
Cancer science   98(6) 822-829   Jun 2007   [Refereed]
[Biological role of actinin-4 for cancer invasion and metastasis].
Honda K, Yamada T
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   79(7) 643-654   Jul 2007   [Refereed]
Usefulness of serum protein profiling for prediction of preoperative chemoradiosensitivity of esophageal cancer.
Ota Y, Takagi Y, Osaka Y, Shinohara M, Hoshino S, Tsuchida A, Aoki T, Honda K, Yamada T
Oncology reports   18(3) 653-657   Sep 2007   [Refereed]
Huang L, Shitashige M, Satow R, Honda K, Ono M, Yun J, Tomida A, Tsuruo T, Hirohashi S, Yamada T
Gastroenterology   133(5) 1569-1578   Nov 2007   [Refereed]
Yamamoto S, Tsuda H, Honda K, Kita T, Takano M, Tamai S, Inazawa J, Yamada T, Matsubara O
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   20(12) 1278-1285   Dec 2007   [Refereed]
Shitashige M, Satow R, Honda K, Ono M, Hirohashi S, Yamada T
Cancer science   98(12) 1862-1867   Dec 2007   [Refereed]
Shitashige M, Hirohashi S, Yamada T
Cancer science   99(4) 631-637   Apr 2008   [Refereed]
Shitashige M, Satow R, Honda K, Ono M, Hirohashi S, Yamada T
Gastroenterology   134(7) 1961-71, 1971.e1   Jun 2008   [Refereed]
Yamaguchi U, Nakayama R, Honda K, Ichikawa H, Hasegawa T, Shitashige M, Ono M, Shoji A, Sakuma T, Kuwabara H, Shimada Y, Sasako M, Shimoda T, Kawai A, Hirohashi S, Yamada T
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   26(25) 4100-4108   Sep 2008   [Refereed]
Kikuchi S, Honda K, Tsuda H, Hiraoka N, Imoto I, Kosuge T, Umaki T, Onozato K, Shitashige M, Yamaguchi U, Ono M, Tsuchida A, Aoki T, Inazawa J, Hirohashi S, Yamada T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   14(17) 5348-5356   Sep 2008   [Refereed]
Negishi A, Ono M, Handa Y, Kato H, Yamashita K, Honda K, Shitashige M, Satow R, Sakuma T, Kuwabara H, Omura K, Hirohashi S, Yamada T
Cancer science   100(3) 514-519   Mar 2009   [Refereed]
Yamamoto S, Tsuda H, Honda K, Onozato K, Takano M, Tamai S, Imoto I, Inazawa J, Yamada T, Matsubara O
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   22(4) 499-507   Apr 2009   [Refereed]
Matsubara J, Ono M, Negishi A, Ueno H, Okusaka T, Furuse J, Furuta K, Sugiyama E, Saito Y, Kaniwa N, Sawada J, Honda K, Sakuma T, Chiba T, Saijo N, Hirohashi S, Yamada T
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   27(13) 2261-2268   May 2009   [Refereed]
Negishi A, Masuda M, Ono M, Honda K, Shitashige M, Satow R, Sakuma T, Kuwabara H, Nakanishi Y, Kanai Y, Omura K, Hirohashi S, Yamada T
Cancer science   100(9) 1605-1611   Sep 2009   [Refereed]
Ono M, Matsubara J, Honda K, Sakuma T, Hashiguchi T, Nose H, Nakamori S, Okusaka T, Kosuge T, Sata N, Nagai H, Ioka T, Tanaka S, Tsuchida A, Aoki T, Shimahara M, Yasunami Y, Itoi T, Moriyasu F, Negishi A, Kuwabara H, Shoji A, Hirohashi S, Yamada T
The Journal of biological chemistry   284(42) 29041-29049   Oct 2009   [Refereed]
Yamaguchi U, Honda K, Satow R, Kobayashi E, Nakayama R, Ichikawa H, Shoji A, Shitashige M, Masuda M, Kawai A, Chuman H, Iwamoto Y, Hirohashi S, Yamada T
Cancer science   100(12) 2268-2274   Dec 2009   [Refereed]
Kobayashi E, Masuda M, Nakayama R, Ichikawa H, Satow R, Shitashige M, Honda K, Yamaguchi U, Shoji A, Tochigi N, Morioka H, Toyama Y, Hirohashi S, Kawai A, Yamada T
Molecular cancer therapeutics   9(3) 535-544   Mar 2010   [Refereed]
Matsubara J, Ono M, Honda K, Negishi A, Ueno H, Okusaka T, Furuse J, Furuta K, Sugiyama E, Saito Y, Kaniwa N, Sawada J, Shoji A, Sakuma T, Chiba T, Saijo N, Hirohashi S, Yamada T
Molecular & cellular proteomics : MCP   9(4) 695-704   Apr 2010   [Refereed]
Satow R, Shitashige M, Kanai Y, Takeshita F, Ojima H, Jigami T, Honda K, Kosuge T, Ochiya T, Hirohashi S, Yamada T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   16(9) 2518-2528   May 2010   [Refereed]
Shitashige M, Satow R, Jigami T, Aoki K, Honda K, Shibata T, Ono M, Hirohashi S, Yamada T
Cancer research   70(12) 5024-5033   Jun 2010   [Refereed]
Satow R, Shitashige M, Jigami T, Honda K, Ono M, Hirohashi S, Yamada T
The Journal of biological chemistry   285(34) 26289-26294   Aug 2010   [Refereed]
Yokomizo A, Takakura M, Kanai Y, Sakuma T, Matsubara J, Honda K, Naito S, Yamada T, Ono M
Cancer biomarkers : section A of Disease markers   10(3-4) 175-183   2011   [Refereed]
Hiraoka N, Yamazaki-Itoh R, Ino Y, Mizuguchi Y, Yamada T, Hirohashi S, Kanai Y
Gastroenterology   140(1) 310-321   Jan 2011   [Refereed]
Matsubara J, Honda K, Ono M, Tanaka Y, Kobayashi M, Jung G, Yanagisawa K, Sakuma T, Nakamori S, Sata N, Nagai H, Ioka T, Okusaka T, Kosuge T, Tsuchida A, Shimahara M, Yasunami Y, Chiba T, Hirohashi S, Yamada T
Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology   20(1) 160-171   Jan 2011   [Refereed]
Murakoshi Y, Honda K, Sasazuki S, Ono M, Negishi A, Matsubara J, Sakuma T, Kuwabara H, Nakamori S, Sata N, Nagai H, Ioka T, Okusaka T, Kosuge T, Shimahara M, Yasunami Y, Ino Y, Tsuchida A, Aoki T, Tsugane S, Yamada T
Cancer science   102(3) 630-638   Mar 2011   [Refereed]
Kato H, Nishimura T, Ikeda N, Yamada T, Kondo T, Saijo N, Nishio K, Fujimoto J, Nomura M, Oda Y, Lindmark B, Maniwa J, Hibino H, Unno M, Ito T, Sawa Y, Tojo H, Egawa S, Edula G, Lopez M, Wigmore M, Inase N, Yoshizawa Y, Nomura F, Marko-Varga G
Journal of proteomics   74(6) 759-764   May 2011   [Refereed]
Osaki M, Takeshita F, Sugimoto Y, Kosaka N, Yamamoto Y, Yoshioka Y, Kobayashi E, Yamada T, Kawai A, Inoue T, Ito H, Oshimura M, Ochiya T
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   19(6) 1123-1130   Jun 2011   [Refereed]
Ito H, Honda K, Satow R, Arai E, Shitashige M, Ono M, Sakuma T, Sakano S, Naito K, Matsuyama H, Yamada T
Japanese journal of clinical oncology   41(7) 847-853   Jul 2011   [Refereed]
Matsubara J, Honda K, Ono M, Sekine S, Tanaka Y, Kobayashi M, Jung G, Sakuma T, Nakamori S, Sata N, Nagai H, Ioka T, Okusaka T, Kosuge T, Tsuchida A, Shimahara M, Yasunami Y, Chiba T, Yamada T
Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology   20(10) 2195-2203   Oct 2011   [Refereed]
Miyamoto T, Kitamura N, Ono M, Nakamura Y, Yoshida M, Kamino H, Murai R, Yamada T, Arakawa H
Scientific reports   2 379   2012   [Refereed]
Ono M, Kamita M, Murakoshi Y, Matsubara J, Honda K, Miho B, Sakuma T, Yamada T
International journal of proteomics   2012 897412   2012   [Refereed]
Honda K, Okusaka T, Felix K, Nakamori S, Sata N, Nagai H, Ioka T, Tsuchida A, Shimahara T, Shimahara M, Yasunami Y, Kuwabara H, Sakuma T, Otsuka Y, Ota N, Shitashige M, Kosuge T, Büchler MW, Yamada T
PloS one   7(10) e46908   2012   [Refereed]
Takakura M, Yokomizo A, Tanaka Y, Kobayashi M, Jung G, Banno M, Sakuma T, Imada K, Oda Y, Kamita M, Honda K, Yamada T, Naito S, Ono M
ISRN oncology   2012 768190   2012   [Refereed]
Satow R, Shitashige M, Jigami T, Fukami K, Honda K, Kitabayashi I, Yamada T
Gastroenterology   142(3) 572-581   Mar 2012   [Refereed]
Kashima L, Idogawa M, Mita H, Shitashige M, Yamada T, Ogi K, Suzuki H, Toyota M, Ariga H, Sasaki Y, Tokino T
The Journal of biological chemistry   287(16) 12975-12984   Apr 2012   [Refereed]
Yamamoto S, Tsuda H, Honda K, Takano M, Tamai S, Imoto I, Inazawa J, Yamada T, Matsubara O
Histopathology   60(7) 1073-1083   Jun 2012   [Refereed]
Honda K, Ono M, Shitashige M, Masuda M, Kamita M, Miura N, Yamada T
Japanese journal of clinical oncology   43(2) 103-109   Feb 2013   [Refereed]
Yoneyama T, Ohtsuki S, Ono M, Ohmine K, Uchida Y, Yamada T, Tachikawa M, Terasaki T
Journal of proteome research   12(2) 753-762   Feb 2013   [Refereed]
Noro R, Yamada T
Chinese clinical oncology   2(1) 3   Mar 2013   [Refereed]
Ohtomo R, Mori T, Shibata S, Tsuta K, Maeshima AM, Akazawa C, Watabe Y, Honda K, Yamada T, Yoshimoto S, Asai M, Okano H, Kanai Y, Tsuda H
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   26(8) 1041-1050   Aug 2013   [Refereed]
Makuuchi Y, Honda K, Osaka Y, Kato K, Kojima T, Daiko H, Igaki H, Ito Y, Hoshino S, Tachibana S, Watanabe T, Furuta K, Sekine S, Umaki T, Watabe Y, Miura N, Ono M, Tsuchida A, Yamada T
Cancer science   104(8) 1045-1051   Aug 2013   [Refereed]
Kobayashi E, Satow R, Ono M, Masuda M, Honda K, Sakuma T, Kawai A, Morioka H, Toyama Y, Yamada T
Oncology   86(2) 94-103   2014   [Refereed]
Fukushima S, Yoshida A, Honda K, Maeshima AM, Narita Y, Yamada T, Shibui S, Tsuda H
Brain tumor pathology   31(1) 11-16   Jan 2014   [Refereed]
Matsukawa S, Morita K, Negishi A, Harada H, Nakajima Y, Shimamoto H, Tomioka H, Tanaka K, Ono M, Yamada T, Omura K
Cancer medicine   3(2) 349-361   Apr 2014   [Refereed]
Yamada T
Digestive diseases and sciences   59(5) 895-896   May 2014   [Refereed]
Watabe Y, Mori T, Yoshimoto S, Nomura T, Shibahara T, Yamada T, Honda K
Cancer medicine   3(3) 613-622   Jun 2014   [Refereed]
Masuda M, Chen WY, Miyanaga A, Nakamura Y, Kawasaki K, Sakuma T, Ono M, Chen CL, Honda K, Yamada T
Molecular & cellular proteomics : MCP   13(6) 1429-1438   Jun 2014   [Refereed]
Histological growth pattern of and alpha-actinin-4 expression in thyroid cancer.
Tanaka N, Yamashita T, Yamamoto S, Matsunobu T, Tsuda H, Honda K, Yamada T, Tamai S, Shiotani A
Anticancer research   34(6) 3157-3163   Jun 2014   [Refereed]
Fukumoto M, Kurisu S, Yamada T, Takenawa T
PloS one   10(4) e0120616   2015   [Refereed]
The alternatively spliced actinin-4 variant as a prognostic marker for metastasis in small-cell lung cancer.
Okamoto N, Suzuki H, Kawahara K, Honda K, Miura N, Hirashima T, Tamiya M, Morishita N, Shiroyama T, Tanaka A, Tani E, Hamaguchi M, Kitani M, Yamada T, Kawase I
Anticancer research   35(3) 1663-1667   Mar 2015   [Refereed]
Kamita M, Mori T, Sakai Y, Ito S, Gomi M, Miyamoto Y, Harada A, Niida S, Yamada T, Watanabe K, Ono M
Proteomics   15(9) 1622-1630   May 2015   [Refereed]
Miyanaga A, Masuda M, Tsuta K, Kawasaki K, Nakamura Y, Sakuma T, Asamura H, Gemma A, Yamada T
Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   10(5) 844-851   May 2015   [Refereed]
Masuda M, Yamada T
Biochimica et biophysica acta   1854(6) 651-657   Jun 2015   [Refereed]
Honda K, Kobayashi M, Okusaka T, Rinaudo JA, Huang Y, Marsh T, Sanada M, Sasajima Y, Nakamori S, Shimahara M, Ueno T, Tsuchida A, Sata N, Ioka T, Yasunami Y, Kosuge T, Miura N, Kamita M, Sakamoto T, Shoji H, Jung G, Srivastava S, Yamada T
Scientific reports   5 15921   Nov 2015   [Refereed]
Arai E, Gotoh M, Tian Y, Sakamoto H, Ono M, Matsuda A, Takahashi Y, Miyata S, Totsuka H, Chiku S, Komiyama M, Fujimoto H, Matsumoto K, Yamada T, Yoshida T, Kanai Y
International journal of cancer   137(11) 2589-2606   Dec 2015   [Refereed]
Masuda M, Sawa M, Yamada T
Pharmacology & therapeutics   156 1-9   Dec 2015   [Refereed]
Sawa M, Masuda M, Yamada T
Expert opinion on therapeutic targets   20(4) 419-429   2016   [Refereed]
Yoneyama T, Ohtsuki S, Honda K, Kobayashi M, Iwasaki M, Uchida Y, Okusaka T, Nakamori S, Shimahara M, Ueno T, Tsuchida A, Sata N, Ioka T, Yasunami Y, Kosuge T, Kaneda T, Kato T, Yagihara K, Fujita S, Huang W, Yamada T, Tachikawa M, Terasaki T
PloS one   11(8) e0161009   2016   [Refereed]
Shiba S, Morizane C, Hiraoka N, Sasaki M, Koga F, Sakamoto Y, Kondo S, Ueno H, Ikeda M, Yamada T, Shimada K, Kosuge T, Okusaka T
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   16(1) 99-105   Jan 2016   [Refereed]
Miura N, Kamita M, Kakuya T, Fujiwara Y, Tsuta K, Shiraishi H, Takeshita F, Ochiya T, Shoji H, Huang W, Ohe Y, Yamada T, Honda K
Oncotarget   7(22) 33165-33178   May 2016   [Refereed]
Masuda M, Uno Y, Ohbayashi N, Ohata H, Mimata A, Kukimoto-Niino M, Moriyama H, Kashimoto S, Inoue T, Goto N, Okamoto K, Shirouzu M, Sawa M, Yamada T
Nature communications   7 12586   Aug 2016   [Refereed]
Takahashi N, Iwasa S, Fukahori M, Sudo K, Sasaki Y, Shoji H, Honma Y, Okita NT, Takashima A, Hamaguchi T, Boku N, Shimada Y, Honda K, Yamada T, Yamada Y
Cancer chemotherapy and pharmacology   78(3) 567-575   Sep 2016   [Refereed]
Masuda M, Yamada T
Expert opinion on therapeutic targets   21(4) 353-355   Apr 2017   [Refereed]
Yamada T, Masuda M
Cancer science   108(5) 818-823   May 2017   [Refereed]
Hirata Y, Kobayashi T, Nishiumi S, Yamanaka K, Nakagawa T, Fujigaki S, Iemoto T, Kobayashi M, Okusaka T, Nakamori S, Shimahara M, Ueno T, Tsuchida A, Sata N, Ioka T, Yasunami Y, Kosuge T, Kaneda T, Kato T, Yagihara K, Fujita S, Yamada T, Honda K, Azuma T, Yoshida M
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   468 98-104   May 2017   [Refereed]

Misc

 
「意識高い」学生は「使える」か? 医療プロフェッショナリズム教育の学生評価から
林 省吾, 荻野 美恵子, 清水 伸幸, 宮田 哲郎, 山田 哲司, 矢野 晴美, 北村 聖, 赤津 晴子, 吉田 素文
医学教育   49(Suppl.) 133-133   Jul 2018
骨肉腫治療におけるTNIK阻害剤の可能性
弘實 透, 増田 万里, 後藤 尚子, 菅野 哲平, 浅野 尚文, 小林 英介, 川井 章, 堀内 圭輔, 松本 守雄, 中村 雅也, 澤 匡明, 森岡 秀夫, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   33 57-58   Mar 2018
メベンダゾールの骨肉腫治療における可能性
弘實 透, 増田 万里, 浅野 尚文, 小林 英介, 川井 章, 堀内 圭輔, 松本 守雄, 中村 雅也, 澤 匡明, 森岡 秀夫, 山田 哲司
日本整形外科学会雑誌   92(3) S973-S973   Mar 2018
大腸がんの新規治療標的分子の発見とその阻害化合物の開発
山田 哲司
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 34-34   Mar 2018
I期肺腺癌再発予測システムの構築 術後化学療法とACTN4遺伝子増幅
野呂 林太郎, 本田 一文, 三浦 奈美, 白石 英晶, 藤原 豊, 大江 裕一郎, 石井 源一郎, 蔦 幸治, 淺村 尚生, 山田 哲司, 清家 正博, 久保田 馨, 弦間 昭彦
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 O25-3   Oct 2017
ケミカルバイオロジーを基盤とした抗がん剤創薬 TNIKキナーゼを標的とした大腸癌治療薬の開発
山田 哲司, 増田 万里
日本癌学会総会記事   76回 S4-4   Sep 2017
TNIKは骨肉腫の新規治療標的となりうる
弘實 透, 増田 万里, 後藤 尚子, 浅野 尚文, 小林 英介, 川井 章, 堀内 圭輔, 澤 匡明, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   76回 P-1287   Sep 2017
大腸がん幹細胞を標的とする新規TNIK阻害剤NCB-0846が作用する分子ネットワークの解明
増田 万里, 宇野 佑子, 森山 英樹, 弘實 透, 後藤 尚子, 澤 匡明, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   76回 E-2034   Sep 2017
TNIK阻害剤はWntシグナルを減弱させてがん幹細胞画分を減少させる
宇野 佑子, 増田 万里, 森山 英樹, 澤 匡明, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   76回 P-2350   Sep 2017
食道癌患者におけるCirculating tumor DNAを用いたLiquid biopsy systemの開発
岩谷 岳, 遠藤 史隆, 佐々木 泰史, 八重樫 瑞典, 千葉 丈広, 秋山 有史, 増田 万里, 山田 哲司, 時野 隆至, 西塚 哲
日本癌学会総会記事   76回 J-3064   Sep 2017
新規TNIK阻害薬によるEMT制御
菅野 哲平, 増田 万里, 宇野 佑子, 森山 英樹, 後藤 尚子, 清家 正博, 澤 匡明, 弦間 昭彦, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   76回 J-3100   Sep 2017
新規TNIK阻害薬による上皮間葉移行の制御
菅野 哲平, 増田 万理, 宇野 佑子, 森山 英樹, 後藤 尚子, 清家 正博, 澤 匡明, 弦間 昭彦, 山田 哲司
肺癌   57(5) 416-416   Sep 2017
【腫瘍マーカーの実力】 新しい腫瘍マーカーをめざして 次世代の研究開発戦略
山田 哲司
日本医事新報   (4867) 42-48   Aug 2017
<Point>▼スクリーニングに有用性が示された腫瘍マーカーは前立腺特異抗原(PSA)に限られる▼腫瘍マーカーの適切な陽性的中率は、次段階のスクリーニングの効率によって決まる▼アポリポA2蛋白アイソフォームは膵癌患者で低下する早期診断血液マーカーである▼日本医療研究開発機構(AMED)の次世代がん医療創生研究事業では、新しい腫瘍マーカーの探索と検証を支援している▼腫瘍マーカーの第三者検証を行う仕組みがわが国にも必要である(著者抄録)
骨肉腫治療におけるTNIK阻害剤の可能性
弘實 透, 増田 万里, 後藤 尚子, 菅野 哲平, 浅野 尚文, 小林 英介, 川井 章, 堀内 圭輔, 松本 守雄, 中村 雅也, 澤 匡明, 森岡 秀夫, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   37回 76-77   Aug 2017
TRAF2 and NCK-interacting protein kinase(TNIK)は骨肉腫の分子標的となりうる
弘實 透, 浅野 尚文, 小林 英介, 川井 章, 堀内 圭輔, 松本 守雄, 澤 匡明, 森岡 秀夫, 中村 雅也, 山田 哲司
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1714-S1714   Aug 2017
TNIKを介したWntシグナル阻害は骨肉腫細胞に対し抗腫瘍作用を示す
弘實 透, 増田 万里, 浅野 尚文, 小林 英介, 川井 章, 堀内 圭輔, 松本 守雄, 澤 匡明, 森岡 秀夫, 中村 雅也, 山田 哲司
日本整形外科学会雑誌   91(6) S1391-S1391   Jun 2017
非小細胞肺がんの分子腫瘍マーカー
野呂 林太郎, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 6-7   Mar 2017
ACTN4の発現はI/II期肺腺がんにおける術後補助化学療法の有効性を予測するバイオマーカーである
三浦 奈美, 庄司 広和, 鬼谷 薫, 山田 哲司, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 13-14   Mar 2017
腋窩リンパ節転移陰性、ホルモン受容体陽性・HER2陰性乳癌における予後因子としてのACTN4の検討
菅野 哲平, 吉田 正行, 増田 万里, 小野 麻紀子, 角屋 貴則, 後藤 尚子, 田村 研治, 木下 貴之, 津田 均, 本田 一文, 弦間 昭彦, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 23-24   Mar 2017
がんの細胞形象 細胞形象よりがん転移の分子機構へ
山田 哲司
日本病理学会会誌   106(1) 187-187   Mar 2017
【膵癌早期発見の最前線】 膵癌の検診に有用な新しい腫瘍マーカーの開発 探索と多施設検証、そして実用化へ向けた研究開発を振り返って
山田 哲司
日本医事新報   (4832) 33-40   Dec 2016
<Point>▼膵癌には有用性が確立した検診方法がない▼膵癌は罹患率が低く、高危険群者のプレスクリーニングが必要である▼アポリポ蛋白A-IIのヘテロダイマーは膵癌患者と高危険群者で有意に低下する(著者抄録)
一期肺腺癌再発予測システムの構築 術後化学療法とACTN4遺伝子増幅
野呂 林太郎, 本田 一文, 三浦 奈美, 白石 英晶, 藤原 豊, 石井 源一郎, 蔦 幸治, 清家 正博, 久保田 馨, 大江 裕一郎, 淺村 尚生, 山田 哲司, 弦間 昭彦
肺癌   56(6) 629-629   Nov 2016
Wntシグナル遮断による大腸がん幹細胞根絶を目的としたTNIK阻害剤の開発
増田 万里, 宇野 佑子, 大畑 広和, 森山 英樹, 後藤 尚子, 岡本 康司, 澤 匡明, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   75回 IS2-6   Oct 2016
Wntシグナルを標的とした大腸がん幹細胞治療薬開発の展望
山田 哲司
日本癌学会総会記事   75回 ML14-ML14   Oct 2016
新規TNIK阻害薬によるEMT制御
菅野 哲平, 増田 万理, 宇野 佑子, 森山 英樹, 後藤 尚子, 清家 正博, 澤 匡明, 弦間 昭彦, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   75回 J-3098   Oct 2016
ACTN4の発現は早期肺腺がんにおける術後化学療法の有効性を予測するバイオマーカーである
三浦 奈美, 庄司 広和, 鬼谷 薫, 山田 哲司, 本田 一文
日本癌学会総会記事   75回 P-1329   Oct 2016
TNIK阻害剤はWntシグナルを遮断して細胞遊走を抑制する
宇野 佑子, 増田 万里, 森山 英樹, 澤 匡明, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   75回 P-2351   Oct 2016
分子腫瘍マーカー診療ガイドラインとそのエビデンス 非小細胞肺がんの分子腫瘍マーカー
野呂 林太郎, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   36回 26-27   Sep 2016
ACTN4の発現はI/II期肺腺がんにおける術後補助化学療法の有効性を予測するバイオマーカーである
三浦 奈美, 庄司 広和, 鬼谷 薫, 山田 哲司, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   36回 36-37   Sep 2016
腋窩リンパ節転移陰性、ホルモン受容体陽性・HER2陰性乳癌における予後因子としてのACTN4の検討
菅野 哲平, 吉田 正行, 増田 万里, 小野 麻紀子, 角屋 貴則, 後藤 尚子, 田村 研治, 木下 貴之, 津田 均, 本田 一文, 弦間 昭彦, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   36回 46-47   Sep 2016
蠣崎 文彦, 庄司 広和, 古田 耕, 加藤 健, 吉本 世一, 松本 文彦, 森 泰昌, 福田 諭, 山田 哲司, Lim CT, 本田 一文
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 573-573   Apr 2016
プロテオミクス解析による大腸癌の治療薬開発
山田 哲司, 増田 万里
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 7-8   Dec 2015
逆相タンパクアレイによるソラフェニブ感受性及び抵抗性肝細胞がん細胞株のリン酸化プロファイリングと個別医療への応用
増田 万里, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 32-33   Dec 2015
早期膵がん・リスク疾患検出のための血漿バイオマーカーの開発 Apolipoprtin All isoformsによる早期膵がん・リスク疾患の検出
本田 一文, 小林 道元, 奥坂 拓志, 中森 正二, 島原 政司, 植野 高章, 土田 明彦, 佐田 尚宏, 井岡 達也, 安波 洋一, 小菅 智男, 鄭 基晩, 吉田 優, 東 健, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 42-43   Dec 2015
【オミックスで加速するがんバイオマーカー研究の最新動向 リスク評価、早期診断、治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー】 (第5章)がんの予後予測 肺がんの予後予測バイオマーカー
山田 哲司
遺伝子医学MOOK   (29) 184-189   Nov 2015
肺がんは早期に発見されても,一部の症例は術後再発し,必ずしも治癒には至らない。おそらく現在の診断技術では検出できない微小転移が発見時に既に存在していたものと考えられる。補助化学療法を行うことで治療成績が改善することが期待されるが,早期症例の大部分は術後補助化学療法を行わなくても治癒するため,再発リスクの高い症例の選別が必須である。actinin-4(遺伝子名ACTN4)の遺伝子増幅は肺腺がんの約15%に認められ,従来にない高いハザード比で再発リスクを予測できるバイオマーカーである。(著者抄録)
【オミックスで加速するがんバイオマーカー研究の最新動向 リスク評価、早期診断、治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー】 (第6章)治療薬のコンパニオンバイオマーカー がんの個別化医療におけるチロシンキナーゼ阻害薬とコンパニオンバイオマーカー
増田 万里, 山田 哲司
遺伝子医学MOOK   (29) 257-261   Nov 2015
分子標的治療はがんの標準的治療において重要な位置を占めるようになった。受容体型チロシンキナーゼHER2を標的とする抗体薬トラスツズマブや,c-kitおよびBcr-ablチロシンキナーゼ阻害薬イマチニブは臨床で目覚ましい効果をあげ,がん薬物療法にパラダイムシフトを引き起こした。一方,投与対象者を選択するトラスツズマブのHER2検査,およびゲフィチニブ,エルロチニブのEGFR遺伝子変異検出に始まったコンパニオン診断は医療の質と安全性の向上に貢献し,今後ますます我々の生活に身近なものになることが...
ACTN4遺伝子増幅は早期肺腺がんにおける術後化学療法の有効性を予測するバイオマーカーである
三浦 奈美, 角屋 貴則, 紙田 正博, 山田 哲司, 本田 一文
日本癌学会総会記事   74回 J-1221   Oct 2015
Wntシグナル伝達経路の活性制御を目指したTNIK阻害剤の開発
宇野 佑子, 増田 万里, 澤 匡明, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   74回 P-2273   Oct 2015
固形がん患者の末梢循環腫瘍細胞と循環フリーDNAの次世代シークエンサー解析
蠣崎 文彦, 庄司 広和, 古田 耕, 加藤 健, 吉本 世一, 松本 文彦, 森 泰昌, 佐久間 朋寛, 福田 諭, 山田 哲司, Lim Chwee Teck, 本田 一文
日本癌学会総会記事   74回 J-1260   Oct 2015
早期膵がん・膵がんリスク疾患の診断法のための血漿バイオマーカー
本田 一文, 小林 道元, 奥坂 拓志, 中森 正二, 土田 明彦, 井岡 達也, 小菅 智男, 鄭 基晩, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   74回 E-1286   Oct 2015
アクチニン-4は早期がんの後発頸部リンパ節転移予測マーカーである
角屋 貴則, 森 泰昌, 渡部 幸央, 吉本 世一, 三浦 奈美, 野村 武史, 山田 哲司, Huang Wilber, 柴原 孝彦, 本田 一文
日本癌学会総会記事   74回 P-3298   Oct 2015
バイオマーカー探索を統合したがん診断に向けて 病理学の役割 プロテオミクス解析による大腸癌の治療薬開発
山田 哲司, 増田 万里
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   35回 30-31   Sep 2015
逆相タンパクアレイによるソラフェニブ感受性及び抵抗性肝細胞がん細胞株のリン酸化プロファイリングと個別医療への応用
増田 万里, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   35回 58-59   Sep 2015
早期膵がん・リスク疾患検出のための血漿バイオマーカーの開発 Apolipoprtien All isoformsによる早期膵がん・リスク疾患の検出
本田 一文, 小林 道元, 奥坂 拓志, 中森 正二, 島原 政司, 植野 高章, 土田 明彦, 佐田 尚宏, 井岡 達也, 安波 洋一, 小菅 智男, 鄭 基晩, 吉田 優, 東 健, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   35回 68-69   Sep 2015
病理と基礎生命科学との接点(第11回) 創薬標的キナーゼとコンパニオン診断
増田 万里, 山田 哲司
病理と臨床   33(2) 191-197   Feb 2015
【膵・胆道癌診療の新時代へ-診断と治療の新たな展開-】 膵癌の新しい腫瘍マーカーによる早期診断
山田 哲司
胆と膵   36(2) 93-98   Feb 2015
癌の克服において早期診断が重要で、かつ最も有効な手段であることは論を俟たない。しかし、癌検診の受診率は低く、膵癌では検診方法すら確立していない。血清・血漿の腫瘍マーカー検査は多数の被験者のスクリーニングに適していると考えられるが、現在検診に利用できるものはない。厚生労働科学補助金第3次対がん総合戦略研究事業の研究課題「がん検診に有用な腫瘍マーカーの開発」では、非侵襲的に得られる血清あるいは血漿を検体に用い、画像診断などの精密検診を行うべき症例を簡易な方法で効率良く絞ることのできる腫瘍マーカ...
【臨床プロテオミクス】 疾患研究に応用されるプロテオーム解析 臨床材料を用いたアレイ基盤プロテオミクスを用いた創薬標的・バイオマーカーの開発
小林 信, 山田 哲司, 本田 一文
医学のあゆみ   251(10) 980-983   Dec 2014
Global Human Proteome Projectが掲げるプロテオーム研究戦略として、質量分析基盤、抗体基盤、データベース・バイオインフォマティクス基盤プロテオミクスが位置づけられている。なかでも抗体基盤プロテオミクスは、疾患の原因究明や個別化医療に向けたバイオマーカー探索において有用であると報告されている。しかし、バイオマーカー候補タンパク質を多数検体で迅速に検証するための技術基盤はいまだ整備されておらず、探索から検証にかけて律速である問題も明らかになっている。そこで本稿では、創...
【がん分子診断のパラダイムシフト】 肺がんの予後予測と遺伝子シグナチャー
山田 哲司, 野呂 林太郎, 本田 一文
最新医学   69(12) 2512-2519   Dec 2014
標準的な外科切除を行っても,非小細胞肺がんのすべての症例を根治することはできず,一部の症例は再発する.そのような予後不良症例を特定し,術後補助化学療法を行うことで,治療成績が改善することが期待される.マイクロアレイによってゲノム網羅的な遺伝子発現解析が可能になり,患者の層別化に応用が期待されている.しかし,多遺伝子マーカーを実臨床に応用するには,再現性やコストの面で克服せねばならない点も多い.(著者抄録)
悪性胸膜中皮腫におけるRNAおよびターゲットエクソンシークエンスによるパスウェイ遺伝子変異
宮永 晃彦, 増田 万里, 蔦 幸治, 中村 優香, 清家 正博, 淺村 尚生, 弦間 昭彦, 山田 哲司
肺癌   54(5) 332-332   Oct 2014
小細胞肺癌における気管支鏡検体を用いたVariant actinin-4蛋白発現と予後
鈴木 秀和, 本田 一文, 岡本 紀雄, 平島 智徳, 森下 直子, 田宮 基裕, 白山 敬之, 東 裕一郎, 濱口 眞成, 田中 彩子, 谷 恵理子, 三浦 奈美, 山田 哲司, 河原 邦光, 川瀬 一郎
肺癌   54(5) 429-429   Oct 2014
唾液腺がんの予後予測におけるACTN4コピー数解析の有用性
渡部 幸央, 本田 一文, 森 泰昌, 吉本 世一, 野村 武史, 柴原 孝彦, 山田 哲司
日本口腔科学会雑誌   63(4) 436-436   Sep 2014
メタボリックエラーを利用した骨・軟部肉腫の新規治療開発
小林 英介, 窪田 大介, 川井 章, 森岡 秀夫, 堀内 圭輔, 中馬 広一, 戸山 芳昭, 山田 哲司
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1585-S1585   Aug 2014
がん浸潤・転移機構におけるアクチニン-4の臨床的意義
本田 一文, 三浦 奈美, 渡部 幸央, 野呂 林太郎, 宮永 晃彦, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 3-4   Apr 2014
肺小細胞がんにおける経気管支鏡下生検を用いたspliced variantactinin-4タンパクの発現と予後についての検討
木谷 匡志, 河原 邦光, 鈴木 秀和, 白山 敬之, 田宮 基裕, 森下 直子, 岡本 紀雄, 平島 智徳, 門田 嘉久, 太田 三徳, 佐藤 康晴, 吉野 正, 山田 哲司, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 5-6   Apr 2014
予後予測バイオマーカーであるアクチニン-4とその変異体の機能解析
三浦 奈美, 本田 一文, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 9-10   Apr 2014
小細胞肺癌における気管支鏡検体を用いたVariant actinin-4タンパク発現と予後
鈴木 秀和, 本田 一文, 岡本 紀雄, 平島 智徳, 森下 直子, 田宮 基裕, 白山 敬之, 木谷 匡志, 三浦 奈美, 山田 哲司, 河原 邦光, 川瀬 一郎
日本呼吸器学会誌   3(増刊) 152-152   Mar 2014
CpGアイランドメチル化形質陽性腎淡明細胞がんの多層的オミックス解析
新井 恵吏, 坂本 裕美, 尾野 雅哉, 高橋 順子, 宮田 彩香, 藤元 博行, 後藤 政広, 山田 哲司, 金井 弥栄
日本病理学会会誌   103(1) 231-231   Mar 2014
早期肺癌の治療最適化に向けたトランスレーショナルリサーチ
山田 哲司, 本田 一文
肺癌   53(5) 446-446   Oct 2013
アカデミアによるがん分子標的創薬の新動向 TNIKキナーゼを標的とした分子治療薬の開発(New trends in academia-driven approaches to molecular cancer therapeutics Development of a small-molecule inhibitor targeting TNIK protein kinase)
山田 哲司, 増田 万里, 澤 匡明
日本癌学会総会記事   72回 59-59   Oct 2013
CpGアイランドメチル化形質腎細胞がんの多層的オミックス解析(Integrated Multilayer-Omics Analysis in CpG Island Methylator Phenotype-positive Renal Cell Carcinomas)
新井 恵吏, 坂本 裕美, 尾野 雅哉, 高橋 順子, 宮田 彩香, 藤元 博行, 澁谷 亜矢子, 後藤 政広, 山田 哲司, 吉田 輝彦, 金井 弥栄
日本癌学会総会記事   72回 86-86   Oct 2013
2DICALを用いた大腸癌adenoma-carcinoma sequenceのプロテオーム解析(Proteomic approach to adenoma-carcinoma sequence of colorectal cancer by 2DICAL)
尾野 雅哉, 紙田 正博, 宮本 優子, 大竹 陽介, 坂本 琢, 中島 健, 松田 尚久, 斎藤 豊, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   72回 165-165   Oct 2013
ゲノム・プロテオーム解析によるソラフェニブ標的シグナル経路の解明と感受性予測マーカーの同定(Combined Proteomic and Genomic Profiling of Signaling Pathways Targeted by a Multi-kinase Inhibitor, Sorafenib)
増田 万里, 本田 一文, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   72回 198-198   Oct 2013
2DICALを用いた腎細胞がんのプロテオーム解析(Proteomic change in renal cell carcinoma analyzed by 2- dimensional image-converted analysis of LC-MS(2DICAL))
紙田 正博, 新井 恵吏, 宮本 優子, 藤元 博行, 山田 哲司, 金井 弥栄, 尾野 雅哉
日本癌学会総会記事   72回 394-394   Oct 2013
抗体基盤プロテオミクスを用いた舌がんに対する新規治療治療標的分子の探索(Screening of novel molecular targets for tongue cancer using antibody-based proteomics)
渡部 幸央, 本田 一文, 森 泰昌, 渡辺 隆文, 吉本 世一, 野村 武史, 柴原 孝彦, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   72回 448-448   Oct 2013
口腔扁平上皮癌における化学・放射線療法抵抗性予測分子(The potential predictive marker of chemotherapy and/or radiotherapy resistance in patients with oral SCC)
松川 祥, 森田 圭一, 根岸 綾子, 尾野 雅哉, 山田 哲司, 小村 健
日本癌学会総会記事   72回 449-450   Oct 2013
【膵がん治療の新たな展開】 早期診断に向けた取り組み ゲノム・プロテオーム解析
山田 哲司, 本田 一文
腫瘍内科   12(3) 239-244   Sep 2013
がん浸潤・転移機構におけるアクチニン-4の臨床的意義
本田 一文, 三浦 奈美, 渡部 幸央, 野呂 林太郎, 宮永 晃彦, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   33回 22-23   Sep 2013
肺小細胞がんにおける経気管支鏡下生検を用いたspliced variantactinin-4タンパクの発現と予後についての検討
木谷 匡志, 河原 邦光, 鈴木 秀和, 白山 敬之, 田宮 基裕, 森下 直子, 岡本 紀雄, 平島 智徳, 門田 嘉久, 太田 三徳, 佐藤 康晴, 吉野 正, 山田 哲司, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   33回 24-25   Sep 2013
アクチニン-4は臨床病期I・II期舌がんの後発頸部リンパ節転移予測マーカーである
渡部 幸央, 本田 一文, 森 泰昌, 三浦 奈美, 吉本 世一, 野村 武史, 柴原 孝彦, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   33回 26-27   Sep 2013
予後予測バイオマーカーであるアクチニン-4とその変異体の機能解析
三浦 奈美, 本田 一文, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   33回 28-29   Sep 2013
消化管がんにおける末梢循環腫瘍細胞Circulating tumor cells(CTC)に関する検討
蠣崎 文彦, 本田 一文, 加藤 健, 庄司 広和, 佐久間 朋寛, 山田 哲司, Fang Steven, Wu Andrew, Lim Chwee Teck, 古田 耕
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   33回 96-97   Sep 2013
ヒト液性試料の質 検査や解析に適正な試料を得るために 難治がん早期診断血液バイオマーカーの開発と多施設血液バイオバンクによる迅速検証法の構築
本田 一文, 山田 哲司
臨床病理   61(補冊) 110-110   Sep 2013
プロテオーム解析を利用した腰部脊柱管狭窄症における黄色靱帯変性関連分子の解析
森 大気, 渡辺 研, 紙田 正博, 酒井 義人, 伊藤 定之, 山田 哲司, 尾野 雅哉, 原田 敦, 新飯田 俊平
日本整形外科学会雑誌   87(8) S1338-S1338   Aug 2013
アポ蛋白機能 アポリポA2の翻訳後修飾による膵がん早期発見の試み
山田 哲司, 本田 一文
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   45回 144-144   Jun 2013
腰部脊柱管狭窄症の変性黄色靱帯からの病態関連分子の解析
森 大気, 紙田 正博, 酒井 義人, 伊藤 定之, 山田 哲司, 尾野 雅哉, 原田 敦, 新飯田 俊平, 渡辺 研
日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   45回・60回 75-75   Jun 2013
定量的プロテオーム解析による口腔扁平上皮癌の術前治療抵抗性予測因子の同定
松川 祥, 森田 圭一, 根岸 綾子, 原田 浩之, 中島 雄介, 島本 裕彰, 富岡 寛文, 田中 香衣, 尾野 雅哉, 山田 哲司, 小村 健
頭頸部癌   39(2) 213-213   May 2013
腎細胞がんの多層的オミックス解析
新井 恵吏, 坂本 裕美, 尾野 雅哉, 高橋 順子, 宮田 彩香, 藤元 博行, 後藤 政広, 山田 哲司, 吉田 輝彦, 金井 弥栄
日本病理学会会誌   102(1) 352-352   Apr 2013
癌の診断・治療や個別化医療に用いる腫瘍マーカーの開発と実用化
山田 哲司, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   28 3-3   Mar 2013
肺腺がん予後予測バイオマーカーとしてのアクチニン-4の有用性とその機能解析
三浦 奈美, 本田 一文, 野呂 林太郎, 竹下 文隆, 落谷 孝広, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   28 37-38   Mar 2013
質量分析の消化器疾患の診療・研究への応用(第4回) プロテオーム解析によるがん診断と治療への道
尾野 雅哉, 紙田 正博, 松原 淳一, 山田 哲司
分子消化器病   9(4) 365-370   Dec 2012
蛋白質を網羅的に解析するプロテオミクスは、質量分析計が発達し生体物質(蛋白質、脂質、糖質、代謝産物)がより簡便に解析可能になったことにより、医学、生物学の分野で活用されることに大きな期待が寄せられるようになった。われわれが独自開発した2 Dimensional Image Converted Analysis of Liquid chromatography mass spectrometry(2DICAL)は、多数検体の膨大な質量分析情報から有用な物質を選択できるプロテオミクス解析システ...
浸潤突起形成におけるアクチニン4の機能解析
伊藤 優未, 山口 英樹, 深見 希代子, 本田 一文, 三浦 奈美, 山田 哲司, 堺 隆一
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 2P-473   Dec 2012
大腸癌細胞においてβ-cateninはPMLの機能を阻害する(Beta-catenin Inhibits Promyelocytic Leukemia Protein Tumor Suppressor Function in Colorectal Cancer Cells)
佐藤 礼子, 下重 美紀, 深見 希代子, 山田 哲司
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 3P-628   Dec 2012
技術講座 プロテオミクス解析システム2DICALを用いたがんバイオマーカー開発
尾野 雅哉, 紙田 正博, 松原 淳一, 村越 雄介, 山田 哲司
細胞   44(11) 526-529   Oct 2012
タンパク質を網羅的に解析するプロテオミクスは、質量分析計によって生体物質(タンパク質、脂質、糖質、代謝産物)が解析可能になったことにより、医学、生物学の分野での活用に大きな期待が寄せられるようになった。われわれはその潮流の中で、多数検体が扱え、膨大な情報から有用な物質を選択できるプロテオミクス解析システム2DICAL(2 Dimensional Image Converted Analysis of Liquid chromatography mass spectrometry)を独自に開...
膵腫瘍治療の過去と未来 腫瘍マーカーによる膵がん早期発見の試み
山田 哲司, 本田 一文, 尾野 雅哉
日本癌治療学会誌   47(3) 709-709   Oct 2012
太田 喜洋, 立花 慎吾, 高木 融, 逢坂 由昭, 山田 哲司, 本田 一文, 土田 明彦
日本臨床外科学会雑誌   73(増刊) 816-816   Oct 2012
癌の診断・治療や個別化医療に用いる腫瘍マーカーの開発と実用化
山田 哲司, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   32回 20-20   Sep 2012
本田 一文, 馬木 智子, 三浦 奈美, 宮永 晃彦, 増田 万里, 渡辺 隆文, 渡部 幸央, 山田 哲司
日本口腔腫瘍学会誌   24(3) 95-101   Sep 2012
がん臨床において転移は重要な予後因子のひとつである。分子レベルでの転移機構の解明が望まれている。転移には細胞の運動能が深く関わっており、細胞運動を制御する因子のひとつとしてアクチン細胞骨格のダイナミックな変化があげられる。われわれはアクチン線維を束状化するアクチニン-4(actinin-4、遺伝子名:ACTN4)を単離し、本分子の発現が細胞突起形成と運動能亢進に関与することを明らかにしてきた。臨床病理学的には、アクチニン-4タンパク質の発現の上昇が浸潤性乳管がんの予後を規定するだけでなく、...
プロテオミクスを基盤とした脊柱管狭窄症肥厚靱帯のタンパク質局在
Gong Jian-Sheng, 紙田 正博, 東 祥子, 伊藤 研悠, 酒井 義人, 五十嵐 文子, 渡辺 研, 山田 哲司, 尾野 雅哉, 原田 敦, 新飯田 俊平
日本整形外科学会雑誌   86(8) S1174-S1174   Aug 2012
アクチニン4スプライスバリアントは肺神経内分泌腫瘍の予後を予測する(Prognostic significance of the alternatively spliced ACTN4 variant in high-grade neuroendocrine pulmonary tumours)
宮永 晃彦, 本田 一文, 増田 万里, 渡部 幸央, 渡辺 隆文, 品川 真吾, 淺村 尚生, 弦間 昭彦, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   71回 165-165   Aug 2012
Mieap結合タンパクとしての14-3-3γの同定とそのミトコンドリア品質管理における役割について(Identification of 14-3-3 gamma as a Mieap-interacting protein and its role in mitochondrial quality control)
中村 康之, 尾野 雅哉, 宮本 崇史, 喜多村 憲章, 加美野 宏樹, 吉田 将紀, 村井 竜也, 齋藤 有理, 佐野 仁哉, 山田 哲司, 荒川 博文
日本癌学会総会記事   71回 259-259   Aug 2012
組織マイクロアレイを用いた進行卵巣がんに対する予後および治療効果予測因子の探索(Prognostic and predictive biomarker discovery for advanced ovarian cancer by high-throughput tissue microarray screen)
本田 一文, 山本 宗平, 津田 均, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   71回 277-277   Aug 2012
高密度逆層タンパクアレイを用いたリン酸化プロファイリングと個別化治療への応用(Phosphoprofiling with Reverse-Phase Protein Arrays (KPPA): Identification of a Potential Response Predictor to Sorafenib)
増田 万里, 本田 一文, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   71回 436-436   Aug 2012
肺がん細胞におけるActinin-4の機能解析(Inhibition of actinin-4 eradicates lung cancer metastasis)
三浦 奈美, 本田 一文, 野呂 林太郎, 竹下 文隆, 渡辺 隆文, 渡部 幸央, 落合 孝広, 山田 哲司
日本癌学会総会記事   71回 489-489   Aug 2012
ショットガンプロテオミクス法により同定された腎がんの新規腫瘍マーカー、fibronectin 1
横溝 晃, 高倉 美智子, 金井 弥栄, 佐久間 朋寛, 松原 淳一, 本田 一文, 内藤 誠二, 山田 哲司, 尾野 雅哉
日本泌尿器科学会雑誌   103(2) 356-356   Mar 2012
癌の診断・治療や個別化医療に用いる腫瘍マーカーの現状と問題点
山田 哲司, 増田 万里, 下重 美紀, 尾野 雅哉, 本田 一文
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27 9-10   Feb 2012
肺原発神経内分泌腫瘍の新規予後予測マーカーの開発
宮永 晃彦, 本田 一文, 蔦 幸治, 増田 万里, 淺村 尚生, 品川 真吾, 宮本 顕友, 弦間 昭彦, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27 33-34   Feb 2012
高密度逆相タンパクアレイを用いたリン酸化タンパク質の網羅的解析及び肝がんにおけるソラフェニブ感受性予測マーカー候補の同定
増田 万里, 本田 一文, Chen Wei-Yu, 中村 優香, Chen Chi-Long, 山田 哲司
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27 57-58   Feb 2012
【分子腫瘍マーカー-治療標的と経過指標として】 分子腫瘍マーカー研究の最前線 予後と関連する新規腫瘍マーカー
山田 哲司
カレントテラピー   29(12) 1119-1123   Dec 2011
抗体テクノロジーを考える 抗体の新技術を用いた研究二題から ゲノム網羅的な抗体作成によるプロテオーム解析の新展開
山田 哲司
日本免疫学会総会・学術集会記録   40 251-251   Nov 2011
がんのオミックス研究の現状 プロテオーム解析によるがんの診断・治療法の開発
山田 哲司
日本医学会総会会誌   28回(I) 107-107   Oct 2011