澁谷和幹

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/08 21:55
 
アバター
研究者氏名
澁谷和幹
所属
千葉大学
部署
医学部附属病院

研究分野

 
 

論文

 
Suichi T, Misawa S, Beppu M, Takahashi S, Sekiguchi Y, Shibuya K, Amino H, Tsuneyama A, Suzuki YI, Nakamura K, Sato Y, Kuwabara S
Neurology   93(10) e975-e983   2019年9月   [査読有り]
Nakamura K, Shibuya K, Nishino I, Kuwabara S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(13) 1967-1968   2019年7月   [査読有り]
Shibuya K, Yoshida T, Misawa S, Sekiguchi Y, Beppu M, Amino H, Suzuki YI, Suichi T, Tsuneyama A, Nakamura K, Kuwabara S
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2019年7月   [査読有り]
Shibuya K, Tsuneyama A, Beppu M, Misawa S, Sekiguchi Y, Amino H, Suzuki YI, Suichi T, Nakamura K, Kuwabara S
Muscle & nerve   59(4) E28-E30   2019年4月   [査読有り]
Shibuya K
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   71(3) 257-263   2019年3月   [査読有り]

Misc

 
意識障害を主症状とした抗MOG抗体関連疾患の71歳男性例
水地 智基, 櫻井 透, 小澤 由希子, 澁谷 和幹, 杉山 淳比古, 森 雅裕, 桑原 聡
臨床神経学   59(4) 217-217   2019年4月
【Spine Neurology】特異な手内筋萎縮Split Hand
澁谷 和幹
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   71(3) 0257-0263   2019年3月
<文献概要>Split handとは,母指球筋や第一背側骨間筋が萎縮するのに対し,小指球筋が比較的保たれる現象を指す。この所見は,筋萎縮性側索硬化症(ALS)に特異的に認められると考えられている。本論では,split handを呈したALS症例を紹介し,ALS診断におけるこの症候の有用性,およびこの現象に基づく最新の病態研究について概説する。
WAB失語症検査と脳血流画像でみた筋萎縮性側索硬化症における書字の誤り
櫻井 透, 平野 成樹, 阿部 翠, 宇治 百合子, 鈴木 弘子, 楠本 千尋, 清水 啓介, 仲野 義和, 鈴木 政秀, 澁谷 和幹, 村田 淳, 桑原 聡
高次脳機能研究   39(1) 113-113   2019年3月
ノルマルヘキサン長期乱用により末梢神経障害を生じた52歳男性例
北山 仁久, 澁谷 和幹, 大谷 龍平, 小出 恭輔, 山中 義崇, 杉山 淳比古, 桑原 聡
臨床神経学   58(12) 777-777   2018年12月
POEMS症候群における化学療法の長期成績 治療終了をどう決断するか?
水地 智基, 三澤 園子, 関口 縁, 澁谷 和幹, 網野 寛, 常山 篤子, 鈴木 陽一, 桑原 聡
末梢神経   29(2) 254-254   2018年12月