古屋 晋一

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 16:52
 
アバター
研究者氏名
古屋 晋一
 
フルヤ シンイチ
URL
http://www.neuropiano.net
所属
ソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)
職名
リサーチャー・文部科学省 卓越研究員
学位
学士(工学)(大阪大学), 修士(人間科学)(大阪大学), 博士(医学)(大阪大学)
その他の所属
上智大学ハノーファー音楽演劇大学京都市立芸術大学/東京音楽大学/エリザベト音楽大学/昭和音楽大学ピアノアートアカデミー
科研費研究者番号
20509690
ORCID ID
0000-0003-1387-6645

プロフィール

【研究の目的】
音楽を愛する全ての人が、心に思い描いた表現を身体に無理なく創造することを実現するため、音楽演奏の脳神経メカニズムや身体運動・感覚技能の熟達支援,音楽家の脳神経疾患について研究し,その社会実装に取り組んでいます。
【研究内容】
①音楽家の超絶技巧や多彩な表現を生み出す運動制御・運動学習メカニズムの解明と熟達支援法の開発
②音楽家の局所性ジストニアの脳神経メカニズムの解明と機能回復訓練法の開発
【職歴】
2017 年‐ 現職
2014 年‐2017年 上智大学 理工学部 情報理工学科 准教授
2011 年-2014 年 ハノーファー音楽演劇大学 音楽生理学・音楽家医学研究所 博士研究員
2009 年-2011 年 ミネソタ大学 神経科学部 博士研究員
2008 年-2009 年 関西学院大学 理工学研究科 ヒューマンメディア研究センター 博士研究員
【学歴】
2005 年-2008 年 大阪大学大学院 医学系研究科 博士課程 博士(医学)
2004 年-2005 年 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程
2002 年-2004 年 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士前期課程 修士(人間科学)
1998 年-2002 年 大阪大学 基礎工学部 システム科学科 学士(工学)

受賞

 
2016年
文部科学省 卓越研究員
 
2017年3月
上智大学 Attractive Lecture Award
 
2014年
日本オペレーションズ・リサーチ学会 事例研究賞
受賞者: 巳波弘佳,古屋晋一,長田典子
 
2014年9月
計測自動制御学会 生体生理工学部門 研究奨励賞
 
2013年12月
ドイツ研究振興協会(DFG) Heisenberg Fellowship
 
2012年2月
日本学術振興会 海外特別研究員
 
2011年10月
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 ポストドクトラル・フェローシップ
 
2010年4月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2009年4月
Society for Neural Control of Movement (NCM) Travel Scholarship Award
 
2008年4月
大阪大学 共通教育賞
 

書籍等出版物

 
Treatment of Dystonia
Eckart Altenmuller, Shinichi Furuya (担当:共著, 範囲:Experimental Occupational and Brain Stimulation therapies for musician’s dystonia)
Cambridge University Press   2018年8月   ISBN:9781107132863
Cambridge Handbook on Expertise and Expert Performance
Eckart Altenmuller, Shinichi Furuya (担当:共著, 範囲:Brain Changes Associated with Acquisition of Musical Expertise)
Cambridge University Press   2018年5月   ISBN:9781107137554
Oxford Handbook of Music Psychology Second Edition
Eckart Altenmuller, Shinichi Furuya (担当:共著, 範囲:Chapter 31 “Planning and Performance”)
Oxford University Press   2017年   
音楽と脳
津本忠治,舘野泉,樋口輝彦,本田学,佐藤正之,古屋晋一,杉山(矢崎)陽子,宮下保司 (担当:共著, 範囲:音楽家の脳 脳のやわらかさの光と闇)
クバプロ   2016年   ISBN:978-4-87805-148-7
『ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム』
古屋 晋一
春秋社   2012年1月   ISBN:9784393935637

論文

 
Resting-state basal ganglia connectivity codes a motor musical skill and its disruption due to a disease process.
Kahori Kita*, Jaroslav Rokicki*, Shinichi Furuya, Takashi Sakamoto, Takashi Hanakawa
Movement Disorders   33(9) 1472-1480   2018年   [査読有り]
Aberrant cortical excitability explains the loss of hand dexterity in musician’s dystonia
Shinichi Furuya*, Kazumasa Uehara*, Takashi Sakamoto, Takashi Hanakawa
The Journal of Physiology   596(12) 2397-2411   2018年   [査読有り]
Temporal exploration in sequential movements shapes efficient neuromuscular control
Shinichi Furuya*, Sayuri Yokota*
Journal of Neurophysiology   120(1) 196-210   2018年   [査読有り]
State anxiety disorganizes finger movements during musical performance
Shuntaro Kotani, Shinichi Furuya
Journal of Neurophysiology   120(2) 439-451   2018年   [査読有り]
Probing sensory-motor integration during musical performance.
Shinichi Furuya*, Yuta Furukawa*, Kazumasa Uehara, Takanori Oku
Annals of the New York Academy of Sciences   1423(1) 211-218   2018年   [査読有り]
The acquisition of skilled finger movements is accompanied by the reorganization of the corticospinal system
Masato Hirano, Shinji Kubota, Shinichi Furuya, Yoshiki Koizume, Shinya Tanaka, and Kozo Funase
Journal of Neurophysiology   119(2) 573-584   2018年   [査読有り]
Individual differences in sensorimotor skills among musicians
Shinichi Furuya
Current Opinion in Behavioral Sciences   20 61-66   2018年   [査読有り]
Expertise-dependent motor somatotopy of music perception
Yuta Furukawa, Kazumasa Uehara, Shinichi Furuya
Neuroscience Letters   650 97-102   2017年   [査読有り]
Apollos Gift and Curse: Making music as a model for adaptive and maladaptive plasticity
Eckart Altenmuller, Shinichi Furuya
Neuroforum   23(2) 57-75   2017年   [査読有り]
Research priorities in limb and task-specific dystonias
Sarah Pirio Richardson, Eckart Altenmüller, Katharine Alter, Ron L. Alterman, Robert Chen, Steven Frucht, Shinichi Furuya, Joseph Jankovic, H. A. Jinnah, Teresa J. Kimberley, Codrin Lungu, Joel S. Perlmutter, Cecília N. Prudente, Mark Hallett
Frontiers in Neurology   8(170)    2017年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
技能獲得メカニズムの原理解明および獲得支援システムへの展開
JST: CREST
研究期間: 2017年10月 - 2023年3月    代表者: 小池英樹
音楽演奏表情データベースPEDBの拡充とその実践的活用
JSPS: 科研費 基盤B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 片寄晴弘
連続運動の神経機序解明に向けた閉ループ非侵襲脳磁気刺激システムの開発
JSPS: 科研費 萌芽
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 古屋晋一
局所性ジストニアをモデルとした過剰訓練による脳神経可塑性異常の機序の解明
中島記念国際交流財団: 若手研究者研究助成金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 古屋晋一
局所性ジストニアの神経生理学的機序の解明
成茂神経科学研究助成基金: 
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月    代表者: 古屋晋一
過剰訓練が引き起こす脳神経疾患のリハビテーション法の開発
JSPS: 科研費 若手A
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 古屋晋一
巧緻技能を支える脳神経機能の統合的理解
上智大学: 学術研究特別推進費(学内)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 古屋 晋一
人間と道具の調和を妨げる脳神経疾患の情報処理機構の解明
立石科学技術振興財団: 研究助成A
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 古屋晋一
局所性ジストニアの神経リハビリテーション法の開発
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 古屋晋一
超絶技巧を生み出す運動技能の解明
ヤマハ音楽振興会: 研究活動支援
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 古屋晋一

研究分野

 
 

講演・口頭発表等

 
Psychological stress disorganizes dexterous movements in musical performance [招待有り]
Shinichi Furuya
Workshop on Music cognition, emotion and audio technology   2016年11月7日   
古屋晋一
SICEライフエンジニアリング部門シンポジウム   2016年11月4日   
Shinichi Furuya
第10回Motor Control研究会   2016年9月3日   
Shinichi Furuya
International Workshop of Music, Brain and Body   2016年8月31日   
Adaptive and maladaptive changes in hand synergy of musicians [招待有り]
Shinichi Furuya
Embodied-Brain: Perspectives from Motor Control and Muscle Synergies   2016年5月31日   

Misc

 
機能画像
古屋 晋一
Modern Physician   37(6)    2017年   [依頼有り]
音楽科のヘルスケア:現状と課題
古屋 晋一
日本医事新報   4759 49-49   2015年
脳神経疾患に対する補完代替医療としての神経音楽療法
古屋 晋一
神経眼科   30(3) 267-272   2013年   [依頼有り]
ピアノ演奏コンピュータグラフィクス制作技術
巳波弘佳,古屋晋一,長田典子
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   58(3) 149-155   2013年3月
古屋晋一
バイオメカニズム学会誌   35(3) 168-175   2011年8月