アカウント登録


1 アカウント登録の受付
2 入力内容の確認
3 登録完了
この画面からアカウント登録をするには、e-Rad研究者番号(旧科研費研究者番号)が必要です。研究者番号をお持ちでない場合は、新規登録依頼に必要事項を明記の上、お申込みください。
下記項目を入力して[次へ]ボタンを押してください。
非公開に設定しても、所属機関の事務担当者は閲覧できます。予めご了承ください。
氏名*
氏名(カナ)
所属が登録されていません。
{{error}}
{{error}}
{{error}}
教授、准教授、助教、特任研究員等の正式な職階を入力してください。
{{error}}
正式な職階以外に機関から付与された称号や職名(名誉教授、Distinguished professor、特命教授、特任教授、学長補佐、センター長等)を入力して下さい。
{{error}}
{{error}}

半角英数4文字以上の文字列になるように選んでください。
パスワードはすべて半角で、英大文字、英小文字、数字、記号を、それぞれ少なくとも1つ含む8文字以上の文字列にしてください。
性別の項目は本サイト上では表示されません。性別「女」にチェックをし、「外部へ情報を提供する(公開)」に設定した場合、女性研究者支援の一環として情報・システム研究機構が提供している「羽ばたけ日本の女性研究者」という女性研究者総覧から参照されます。予めご了承ください。
生年月日の項目は、本サイト上では表示されません。統計データ及び本人確認用に利用することがあります。
あなたの「マイポータル」(公開用ウェブページ)にアクセスするためのURLです。パーマリンクは一度登録すると、変更できません。
3~20文字の英数字または一部記号([-],[_]等)をご入力ください。
「https://researchmap.jp/(リンク識別子)」

researchmap利用規約

 researchmapは、研究者情報を収集・公開するとともに、研究者等による情報発信の場や研究者等の間の情報交換の場を提供することを目的として、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営するサービスです(以下researchmapによって提供される一切のサービスを「本サービス」といいます。)。
 JSTと利用者との間の本サービスの利用に関する契約には、本利用規約が適用され、利用者は、本利用規約に従い、本利用規約の定める範囲でのみ本サービスを利用することができます。

1 定義
本利用規約で使用する用語の定義は、次の各号のとおりとします。
(1) 「研究者等」とは、2-1項に定義する意味を有します。
(2) 「所属機関事務担当者」とは、所属機関の職員で、自機関に所属する研究者等の研究者情報のresearchmapへの登録・管理(追加・更新・保管・変更・修正・削除・公開範囲の変更等をいいます。以下同じです。)についての代理機能を行う者をいいます。
(3) 「代理機能」とは、当該研究者等から与えられた権限に基づき、研究者等の研究者情報のresearchmapへの登録・管理の代行を行うことをいいます。なお、代理機能は、代行する登録研究者等に関連し、当該登録研究者等のアカウントが抹消された場合、関連する代理機能も抹消されます。
(4) 「利用者」とは、researchmapにアカウントを有する者をいいます。利用者には、(1)登録研究者等自らが自己の情報を登録・管理する機能、(2)他の登録研究者等のための代理機能、または(3)前記(1)(2)の双方の機能が可能です。
(5) 「登録研究者等」とは、researchmapに自身の情報が登録されている研究者等(平成23年8月31日までにReaDに自身の情報が登録された者および平成23年10月20日までにResearchmapに自身の情報が登録された者を含みます。)をいいます。登録研究者等は、他の利用者に自らについての代理機能を付与することができます。
(6) 「利用者(個人)」とは、個人にアカウントが割り当てられている利用者をいいます。
(7) 「所属機関」とは、研究者等が所属する機関をいいます。所属機関は、法人として自身のアカウントを保有することができます。
(8) 「アカウント情報」とは、利用者のログインID、パスワード、性別(利用者(個人)の場合)、e-mailアドレスを言います。
(9) 「プロフィール情報」とは、登録研究者等の情報のうち、基本情報(氏名、所属、部署、プロフィール等)及び公開用e-mailアドレスをいいます。
(10) 「業績情報」とは、登録研究者等の情報のうち、業績に関する情報をいいます。
(11)「研究者情報」とは、アカウント情報、プロフィール情報および業績情報を総称していいます。
(12)「登録情報」とは、利用者に関する一切の情報(研究者情報の他、「研究ブログ」、「コミュニティ」および「資料公開」と題するresearchmapのサイトに登録または投稿された情報を含む。)をいいます。
(13)「公開情報」とは、登録情報のうち、一般に公開される情報として登録された情報をいいます。
(14)「研究者限定公開情報」とは、登録情報のうち、利用者のみに公開される情報として登録された情報をいいます。
(15)「非公開情報」とは、登録情報のうち、一般にも他の利用者にも公開されない情報として登録された情報をいいます。
(16)「法令等」とは、法律、命令、規則、条例、条約、指針、通知、通達、ガイドライン等を総称していいます。
(17) その他のサービス名・機関名については、別表に掲げるものとします。

2 利用者による本サービスの利用
2-1
researchmapに自身の研究者情報を登録することができる者は、以下の各号に掲げる者(以下「研究者等」といいます。)とします。
①研究活動に従事もしくは参加し、またはかかる活動を支援する者
②教育活動に従事する者
③その他研究活動または教育活動に関与する者としてJSTが適当と認める者

2-2
所属機関は、自機関の研究者等の承諾を得た上で、これら研究者等の研究者情報のresearchmapへの登録・管理につき、所属機関事務担当者に一括して代理機能を行使させること(以下「一括登録・管理」といいます。)ができるものとします。所属機関は、自機関の所属機関事務担当者に、本利用規約に従って、本サービスの利用を行わせるものとし、かつ、本サービスに関し、所属機関事務担当者の行為
が同機関の行為とみなされることに同意します。

2-3
研究者等は、他の利用者に代理機能を付与し、自身の研究者情報のresearchmapへの登録・管理を行わせることができるものとします。

2-4
利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号に同意します。
(1)利用者(個人)の氏名、メールアドレス、所属機関名その他JSTが求める情報を提供すること
(2) 本サービスを研究または教育目的でのみ利用するものとし、それ以外の目的で利用しないこと
(3) 本サービスのアクセスにはJSTが提供するまたは利用を認めるインターフェイスのみを使用し、不正アクセスや本サービスの運営に支障を与える行為を行わないこと
(4) 本サービスを利用する権利の譲渡または貸与を行わないこと
(5) 本サービスの利用に関し、何らかの損害、損失、費用等(以下「損害等」といいます。)を被った場合であっても、JSTはその責任を一切負わないこと
(6) 所属機関および代理機能を行使する利用者は、自らが代理、代行する登録研究者等から、本サービスの利用に関し、登録情報の公開に関する条項も含め、本利用規約に同意し、該当する登録研究者等から本サービスの利用に関して必要な行為を行う権限を付与されていることを保証すること
(7) 本サービスの利用に関して、第三者(他の利用者を含みます。)との間に紛争が生じた場合であっても、これを自己の費用と責任において処理するものとし、JSTに一切の負担をかけないこと

3 利用者のパスワード、アカウントのセキュリティ
3-1
利用者は、本サービスにアクセスするために使用する自身のユーザIDおよびパスワードを入手後、自己の責任において秘密として保持し管理しなければならず、これを他人に貸与しまたは使用させないものとします。

3-2
利用者のユーザIDまたはパスワードが使用された場合には、JSTはこれを利用者自身が使用したものとみなすことができるものとします。

3-3
利用者は、本サービスにアクセスするためのユーザIDまたはパスワードの使用に関して生じる結果について、すべて自ら責任を負うことに同意します。

3-4
利用者は、自己のユーザIDまたはパスワードについて、不正に使用され、またはそのおそれがあることに気づいたときは、すみやかにJSTに通知するものとし、その後のJSTの対策に協力するものとします。

4一括登録・管理
4-1
所属機関は、2-2項に従い一括登録・管理を行おうとする場合、以下の手順でこれを行うものとします。
(1) JST所定の様式で申請し、JSTの承認を得た上で、自機関に所属する研究者等の研究者情報のresearchmapへの登録・管理についての代理機能を行使するものとします。
(2) 自機関に所属する研究者等の研究者情報のresearchmapへの登録・管理に際しては、各研究者等から、(ⅰ)所属機関が研究者情報の登録・管理を行うこと、および(ⅱ)研究者等は本利用規約に従って本サービスを利用することについて、承諾を得るものとします。

4-2 
研究者等は、前項に定める一括登録・管理を希望しない場合には、自身で自らの研究者情報の登録・管理を行うことができるものとします。また、研究者等は、一括登録・管理を承諾した場合でも、自身で自らの研究者情報を登録・管理することを妨げられるものではありません。

4-3
研究者情報の登録・管理に関する所属機関、所属機関事務担当者、登録研究者等との間の本サービスへの登録・管理・利用、代理機能に関するトラブルは、当該所属機関、所属機関事務担当者、代理機能を行使する利用者登録研究者等の間において解決するものとし、JSTは一切責任を負わないものとします。

5 登録情報の編集・更新等
5-1
JSTは、以下の各号に示した方法により、研究者情報の編集または更新を行うことができるものとします。
(1) JSTまたはJSTが適当と認める第三者機関が提供する書誌等のデータに基づく研究者情報の編集・更新
(2) 業績の自動登録機能による業績情報の編集・更新
(3) 研究者情報に共著者に関する登録がある場合に、当該共著者の業績情報をもとにした、研究者等の業績情報の編集・更新

5-2
JSTは、研究者情報について、JSTの任意の判断で、表記の標準化や名寄せ、誤字・脱字の修正等、内容の変更に及ばない変更・修正等を加えることができるものとします。

5-3
JSTは、登録情報について、第三者から変更・修正・削除・公開範囲の変更等の要請を受けた場合で、当該要請の全部または一部が正しいまたは適当と合理的に認められる場合、該当する研究者情報の変更・修正・削除・公開範囲の変更等を行うことができるものとします。

5-4
JSTは、5-1項から5-3項に規定する他、登録情報について、次の各号のいずれかに該当する場合、予告等することなく当該情報の全部または一部について、変更・修正・削除・非公開への変更を行うことができるものとします。
(1) 誤りであることが明らかな情報が含まれている場合
(2) 知的財産権その他の権利侵害または法令等違反、本利用規約違反または公序良俗違反の防止の必要がある場合
(3) システム管理上必要がある場合
(4) その他本サービスの運営上、当該対応をとることが必要であるとJSTが判断した場合

5-5
本項に基づくJSTの変更について、利用者に異議がある場合、利用者は自ら登録情報を変更することができます。ただし、変更後の登録情報が前項に該当する場合は、前項が同様に適用され、JSTは自らの裁量に基づき、利用者による登録情報の変更等を停止することができます。

6 研究者情報の取扱い等
6-1
利用者は、研究者情報を、公開情報、研究者限定公開情報または非公開情報のいずれかとすることを選択して登録することができるものとします。ただし、プロフィール情報は、公開情報として登録する必要があります。なお、研究者限定公開情報または非公開情報に登録された情報であっても、本利用規約又は法令に基づき、公開又は第三者に提供される場合があります。詳細は、6-2及び7項に規定されます。

6-2
登録研究者等は、JSTが研究者情報を別紙のとおり、利用または提供することに同意するものとします。これは、該当する情報が研究者限定公開情報又は非公開情報として登録されていた場合でも同様とします。

7 個人情報の取扱い
登録研究者等は、登録情報に含まれる個人情報について、6項に定める他、JSTが、本利用規約、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律、およびJSTの定める個人情報保護規則、その他、個人情報の提供に関連する法令に従って、これらを利用又は提供することに同意するものとします。なお、研究者情報については、「6 研究者情報の取扱い等」が適用になります。

8アクセスログの取得及び利用
8-1
JSTは、本サービスにおいて、利用者の情報をアクセスログという形でサーバ内に記録します。アクセスログには、利用者のIPアドレス及び使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれます。

8-2
アクセスログは、本サービスの利用状況の調査、JSTによる各種サービスまたは事業の企画・立案・実施、そのための調査・分析・研究等のために利用し、それ以外の目的には利用しないものとします。

9 Cookieの利用
9-1
JSTは、本サービスにおいて、閲覧状況の分析やウェブ上での効果的な情報配信のために利用者のCookieを取得する場合があります。なお、Cookieは、コンピュータ等の接続デバイスを識別するために利用されるものであり、個人を特定する目的での利用はされません。

9-2
利用者はCookieの利用を拒否することも可能ですが、設定方法はお使いのブラウザにより異なります。Cookieに関する具体的な設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。
なお、すべてのCookieを拒否する設定を選択されることにより、本サービスの全部又は一部がご利用できなくなる等、何らかの制約を受ける場合があります。

10 知的財産権
10-1
利用者は、本サービスに関する名称、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、その他本サービスのウェブサイトに関する知的財産権その他一切の権利は、JST、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構(ROIS)、その他権利を有する第三者に帰属することを認識し、これを侵害するような行為は一切行わないものとします。

10-2
利用者は、本サービスで提供する情報(登録情報を含む)につき、本サービスに利用すること、及び本利用規約に規定された利用を行うことにつき、JSTに対し、本サービスへの登録が維持される期間内において、非独占的に許諾するものとします。

11 JSTによる本サービスの提供の中止等
JSTは、合理的な理由がある場合には、何ら予告等することなく、JSTの判断で、本サービスの内容を変更し、または本サービスの全部もしくは一部の提供を中止しもしくは終了することができるものとします。

12 本サービスの利用の終了等
12-1
利用者は、researchmapのサイト上で、または、JSTに電子メールもしくは郵便を送り、JST所定の退会手続きをとることにより、本サービスの利用を終了することができるものとします。

12-2
利用者(個人)が死亡した場合、該当する登録研究者等のアカウントはJSTが管理するものとし、研究者情報の公開を継続します。ただし、当該利用者の親族又は所属機関から利用を終了する旨の連絡があった場合は、その限りではありません。

12-3
利用者は、11項、12-1項及び12-2項に定める他、以下のいずれかの事由が発生した場合、JSTが利用者に対して予告等することなく、JSTの判断でいつでも利用者による本サービスの利用を停止(登録情報の本サービスにおける公開停止を含みます)または終了させることができること、およびそのために必要な一切の措置を講ずることができることに同意するものとします。
(1) 利用者が、14項に定める禁止事項、15項に定める確約事項、その他本利用規約のいずれかの規定に違反した場合
(2) 前号の他、利用者に対し本サービスの提供を従前の態様で継続することが不適切または困難と認められる事由が生じた場合

12-4
前項各号に該当する事由が発生した場合、JSTは、前項に定める他、事由の性質、内容、程度等に応じて、本サービスの全部もしくは一部の利用の停止、登録情報の全部もしくは一部の修正・変更・削除・公開範囲の変更を行うことがあります。

12-5
利用者による本サービスの利用の終了その他本12項に定める措置は、それより以前にすでに生じていた利用者またはJSTの権利義務を変更するものではありません。

12-6
本利用規約に別段の定めがある場合を除き、利用者に関する本サービスの利用が終了した場合、JSTは登録情報を抹消します。ただし、当該利用者がresearchmapのサイトに登録・投稿した情報のうち、「研究ブログ」、「コミュニティ」および「資料公開」と題するページにおいて登録または投稿した情報については、この限りではなく、当該利用者のアカウント情報のみが削除された後、公開が継続されます。

13 自己責任原則・本サービスに関する保証の排除
13-1
利用者は、本サービスの一切の利用に関し、全て自己の責任と判断で行うものとします。また、利用者は、自己又は代理機能を行使する登録研究者等の登録情報について、各自の責任で管理するものとします。JSTは、登録情報の真実性、正確性、適切性、有用性、合法性、安全性、最新性その他一切の事項について何ら保証しません。

13-2
JSTは、本サービスのシステムに不具合、エラー又は障害が発生しないことを含む本サービスの継続性、安定性、安全性等についても何ら保証しないものとします。

13-3
JSTは、以下の各号の事項に起因又は関連して利用者に損害等その他の不利益が生じても何らその責任は負わないものとします。
(1) 本サービスの利用
(2) 本サービスへの情報の登録
(3) 本サービスで提供される登録情報の内容・表現
(4) 本サービスのシステム、ネットワーク通信に関する不具合、エラー、障害等
(5) 本サービスのシステムへの不正アクセス、破壊、改ざん等
(6) 本サービスの変更、中止または終了
(7) 登録情報の修正、変更、削除、公開範囲の変更、滅失、毀損、改ざん、漏洩等
(8) 利用者によるID・パスワードの利用・管理
(9) JSTによる利用者のアカウントの抹消、本サービスの利用の停止、終了その他の措置

13-4
利用者は、本利用規約においてJSTが明示的に約束しまたは保証する事項を除き、JSTは、前項各号に限定されることなく、本サービスにつき何ら約束しまたは保証するものではないことを理解し同意するものとします。

14 禁止事項
14-1
利用者は、本サービスの利用に関し、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。

(1) 法令等、本利用規約その他のJSTの規定・規約もしくは公序良俗に反する行為またはそのおそれのある行為
(2) JSTもしくは他人(他の利用者を含みます。以下同じ)の知的財産権その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(3) JSTもしくは他人を差別もしくは誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為またはそれらのおそれのある行為
(4) JSTもしくは他人の業務を妨害する行為、またはJSTもしくは他人に迷惑、不利益等を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
(5) 虚偽のもしくは誤解を与えるおそれのある情報を登録もしくは投稿する行為
(6)暴力的・脅迫的・差別的な表現、過度に論争的・攻撃的な表現、わいせつな表現、残虐な表現、公序良俗に反する表現、その他他人に不快感を与える表現等をする行為
(7) 製品・サービス等の公告や宣伝等の営利活動、政治活動及び宗教活動に基づく勧誘等を目的とする行為、その他本サービス目的に合致しない行為
(8) 他人になりすまし、代表権・代理権がないにもかかわらずあるものと装い、資格・経験がないにもかかわらずあるものと装い、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽って本サービスを利用する行為
(9) 他の利用者のID・パスワードを使用する行為、1人が複数のアカウントを保有しまたは複数人が1つのアカウントを共同して保有する行為(但し、JSTが別に認めたものを除く)。
(10)JSTまたは他人のサーバに負担をかける行為、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を及ぼす行為、またはこれらの恐れのある行為
(11)登録情報を無断転用、複製、再配布、販売等する行為
(但し、利用者による研究者情報の管理のため、その他JSTが認める範囲内での登録情報の利用は除く。)
(12)その他本サービス目的に照らしまたはJSTの事業としてJSTが適切でないと判断する行為

14-2
利用者は、登録情報に、JSTもしくは他人の権利を侵害し、または法令等、本利用規約その他のJSTの規定・規約もしく公序良俗に反する内容、またはいずれかのおそれがある内容が含まれている場合(公的な機関または専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット・ホットラインセンター、弁護士等をいいます。)から、その旨を指摘・意見表明された場合を含みます。)には、JSTが利用者に対して予告等することなく、JSTの判断で関連する登録情報について、修正、変更、削除、非公開への変更の措置を執ること、その他12-3項または12-4項に定める措置を執ることに同意します。

15 確約事項
15-1
利用者は、自身が暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他集団的にまたは常習的に違法行為を行うことを助長するおそれがある団体もしくはかかる団体の構成員またはこれらに準ずると判断される者(以下「反社会的勢力等」といいます。)に該当せず、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

15-2
利用者は、反社会的勢力等と次のいずれの関係にも該当せず、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1) 反社会的勢力等が自己の事業または経営を支配していると認められること
(2) 反社会的勢力等が自己の事業または経営に実質的に関与していると認められること
(3) 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって反社会的勢力等を利用したと認められること
(4) 反社会的勢力等に資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められること
(5) その他、自己の役員または経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係にあると認められること

16 本利用規約の言語
JSTが利用者等の便宜を図るために本利用規約に日本語以外の言語の訳文を作成される場合があります。本利用規約とその訳文との間に矛盾が生じた場合には、日本語による本利用規約が優先するものとします。

17 本利用規約の変更
JSTは、合理的に必要と判断したときは、本利用規約を変更することができます。JSTが本利用規約を変更しようとする場合、当該変更の効力が発生する日より14日以上前にWebサイトへの掲載又はJSTが相当と判断する方法で利用者に周知します。利用者がかかる変更に同意できない場合、利用者は本サービスの利用を終了することができますが、利用者が、かかる変更にかかる発効日後に本サービスを利用した場合は、当該変更に同意したものとみなされます。

18 準拠法と裁判管轄
本利用規約は、日本法に準拠し、同法に基づき解釈されます。本サービスに関して発生した紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

researchmap利用規約別紙_researchmap研究者情報提供先一覧


規約6-2による研究者情報の提供先、提供項目、公開状態、提供目的は以下のとおり
 項番  提供先  提供項目  提供目的
 1 国立情報学研究所 研究者番号、リンク識別子
  (非公開情報を含む)
科学研究費助成事業データベースKAKENからのリンクのため
 2 文部科学省 業績情報
  (非公開情報を含む)
府省共通研究開発システムe-Radでの課題申請および報告時の資料作成のため、登録研究者が参加する研究課題の研究代表者から要請に基づいて業績情報を提供
 3 行政機関・独立行政法人 研究者情報
  (非公開情報を含む)
国・法人が実施する事業の向上のための企画・立案・実施およびそのための調査・分析・研究等のため
 4 大学等研究機関 研究者情報(自機関のみ)
  (非公開情報を含む)
研究者等総覧の整備ため、あるいは、機関評価・研究者評価を目的とした調査・分析のため
 5 大学等研究機関 研究者情報
  (公開情報のみ)
学術研究のため
 6 情報・システム研究機構 研究者情報
  (公開情報のみ)
女性研究者総覧「羽ばたけ日本の女性研究者」での公開のため、性別を女性とし、かつ、外部提供可としている研究者に限り提供
 7 科学技術振興機構 研究者情報
  (公開情報のみ)
科学技術総合リンクセンターJ-GLOBAL上での公開のため
 8 日本学術振興会 リンク識別子
  (公開情報のみ)
科研費電子申請システムからのリンクのため(審査時に参照するため)
 9 医学中央雑誌刊行会 リンク識別子
  (公開情報のみ)
医中誌webからのリンクおよび著者識別のため