講演・口頭発表等

再処理工程におけるKrガス放出特性の調査

日本原子力学会2011年春の年会
  • 大谷 武久
  • ,
  • 鈴木 一之
  • ,
  • 畠 勝郎
  • ,
  • 菊池 英樹
  • ,
  • 中村 大司
  • ,
  • 佐本 寛孝
  • ,
  • 田中 志好

開催年月日
2011年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
福井
国・地域
日本

東海再処理工場(TRP)では、再処理オフガス中の主要核種の挙動調査の一環として、Krガス放出特性に関する調査を実施している。Krガスは、せん断,溶解過程で全量がオフガス系へ移行し、燃料溶解の進行を確認する指標となる。TRPでは、これまでにLWR燃料(PWR,BWR)に加え、ATR燃料(UO$_{2}$,MOX)の4種の使用済燃料の処理実績を有する。これらの処理実績から運転管理の指標となるKrガスの放出特性に関して、燃焼度,燃料種別の影響を把握する目的で、せん断,溶解過程におけるKrガスの放出と運転との関係,SOG系,DOG系へのKr移行割合等を調査した。今回は、新たに取得したATR-UO$_{2}$, ATR-MOX燃料に関する調査結果をLWR燃料との比較を含め報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5029272