長門石曉

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 11:24
 
アバター
研究者氏名
長門石曉
 
ナガトイシ サトル
eメール
nagatoishibioeng.t.u-tokyo.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30550248.ja.html
所属
東京大学
部署
医科学研究所
職名
特任准教授
科研費研究者番号
30550248

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 医科学研究所 特任准教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院工学系研究科 助教
 
2014年4月
 - 
2017年3月
東京大学 創薬機構 機構員 兼担
 
2012年4月
 - 
2013年3月
東京大学 医科学研究所 助教
 
2009年4月
 - 
2012年3月
甲南大学 先端生命工学研究所FIBER 助教
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院  新領域創成科学研究科
 
2004年4月
 - 
2006年3月
九州大学大学院 工学府 化学システム工学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
九州大学 工学部 物質科学工学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本薬学会 構造活性相関部会  幹事
 
2016年
 - 
現在
日本化学会  化学と工業誌 編集幹事委員
 

受賞

 
2015年9月
日本薬学会 構造活性相関部会 第43回構造活性相関シンポジウム優秀発表賞
 
2014年11月
日本薬学会 構造活性相関部会 第42回構造活性相関シンポジウム優秀発表賞
 
2008年9月
日本化学会 生体機能関連化学部会部会 バイオ関連化学シンポジウム講演賞
 
2007年9月
日本化学会 生体機能関連化学部会部会若手の会 ポスター講演優秀賞
 
2015年7月
GE Life Science Day 2015 ポスター賞
 

論文

 
Tashiro S, Caaveiro JMM, Nakakido M, Tanabe A, Nagatoishi S, Tamura Y, Matsuda N, Liu D, Hoang QQ, Tsumoto K.
ACS Chem. Biol.   13(9) 2783-2793   2018年9月   [査読有り]
Egashira Y, Nagatoishi S, Kiyoshi M, Ishii-Watabe A, Tsumoto K.
J. Biochem.   163(6) 481-488   2018年6月   [査読有り]
Nagatoishi S, Yamaguchi S, Katoh E, Kajita K, Yokotagawa T, Kanai S, Furuya T, Tsumoto K.
Bioorg. Med. Chem.   26(8) 1929-1938   2018年5月   [査読有り]
Senoo A, Nagatoishi S, Moberg A, Babol LN, Mitani T, Tashima T, Kudo S, Tsumoto K.
Chem. Commun.   54(42) 5350-5353   2018年5月   [査読有り]
Obi N, Fukuda T, Nakayama N, Ervin J, Bando Y, Nishimura T, Nagatoishi S, Tsumoto K, Kawamura T.
Rapid Commun. Mass Spectrom.   32(8) 665-671   2018年4月   [査読有り]
Tashima T, Nagatoishi S, Caaveiro JMM, Nakakido M, Sagara H, Kusano-Arai O, Iwanari H, Mimuro H, Hamakubo T, Ohnuma S, Tsumoto K.
Commun. Biol.   1 33   2018年4月   [査読有り]
Kiyoshi M, Caaveiro JMM, Tada M, Tamura H, Tanaka T, Terao Y, Morante K, Harazono A, Hashii N, Shibata H, Kuroda D, Nagatoishi S, Oe S, Ide T, Tsumoto K, Ishii-Watabe A.
Sci Rep.   8(1) 3955   2018年3月   [査読有り]
Moriya C, Taniguchi H, Nagatoishi S, Igarashi H, Tsumoto K, Imai K.
Cancer Sci.   109(2) 373-383   2018年2月   [査読有り]
Tanabe A, Nakano K, Nakakido M, Nagatoishi S, Tanaka Y, Tsumoto K, Uchimaru K, Watanabe T.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   496(2) 614-620   2018年2月   [査読有り]
Nakaoku T, Kohno T, Araki M, Niho S, Chauhan R, Knowles PP, Tsuchihara K, Matsumoto S, Shimada Y, Mimaki S, Ishii G, Ichikawa H, Nagatoishi S, Tsumoto K, Okuno Y, Yoh K, McDonald NQ, Goto K.
Nat. Commun.   9(1) 625   2018年2月   [査読有り]

Misc

 
次世代の低分子創薬を拓くタンパク質-低分子間相互作用の物理化学的解析
長門石曉, Caaveiro Jose, 津本浩平
薬学雑誌   138(8) 1033-1041   2018年8月   [査読有り]
タンパク質相互作用の創薬-物理化学を介して
長門石曉, 津本浩平
生体の科学   69(4) 349-353   2018年8月
バイオ医薬品の分析のコツ 品質評価のための基礎と応用(第7回)タンパク質の分子間相互作用
津本浩平, 長門石曉, 中木戸誠
PHARM TECH JAPAN   34(2)    2018年2月
低分子薬剤開発に活かされる熱量測定の最前線
長門石曉, 津本浩平
熱測定   44(4)    2017年10月
バイオ医薬品の分析のコツ 品質評価のための基礎と応用(第2回)タンパク質科学の基礎と取扱い
津本浩平, 長門石曉, 中木戸誠
PHARM TECH JAPAN   33(11)    2017年9月
抗体の品質・物性評価に関する解説(2):プロセス・製剤における評価
長門石曉, 津本浩平
製剤機械技術学会誌   26(1)    2017年1月
物理化学的解析技術を利用したリガンドスクリーニング
長門石曉, 津本浩平
バイオサイエンスとインダストリー   75(1) 10-16   2017年1月
日本発次世代創薬のための化学:抗体医薬品開発の現状と展望
津本浩平, 長門石曉
化学と工業   70(1)    2017年1月
抗体の品質・物性評価に関する解説(1):会合凝集形成と熱安定性の評価
長門石曉, 津本浩平
製剤機械技術学会誌   25(4)    2016年10月
生命分子相互作用解析:さらに増えるバリエーションと創薬への新展開
津本浩平, 長門石曉
BIO EX-pressバイオエクス・プレス   2016 28-32   2016年1月

書籍等出版物

 
医療応用のための物理化学
長門石曉, 津本浩平 (担当:分担執筆)
CSJカレントビュー医療・診断・創薬の化学(化学同人)   2017年9月   
8章 酵素
長門石曉, 津本浩平 (担当:分担執筆)
生体分子化学(講談社)   2017年1月   
第24章 アルギニンによる蛋白質の構造と機能制御
長門石曉, 津本浩平 (担当:分担執筆)
化粧品素材としてのアミノ酸・ペプチド最前線 (シーエムシー・リサーチ)   2015年10月   
化合物の"質"を評価する新しいスクリーニング系
長門石曉, 津本浩平 (担当:分担執筆)
実験医学増刊 研究成果を薬につなげるアカデミア創薬の戦略と実例、Vo.32, No.2 (羊土社)   2014年1月   
核酸医薬
長門石曉, 杉本直己 (担当:分担執筆)
新しい薬学事典 (朝倉書店)   2012年6月   

講演・口頭発表等

 
Thermodynamics and kinetics of the interaction between G-quadruplex aptamer and protein [招待有り]
長門石曉, 津本浩平
The symposium Advances in Noncanonical Nucleic Acids 2017 (ANNA2017)   2017年10月27日   
物理化学的アプローチによる蛋白質間相互作用阻害剤の探索 [招待有り]
長門石曉, 津本浩平
第65回質量分析総合討論会   2017年5月19日   
熱分析から低分子薬剤の探索・設計に挑む [招待有り]
長門石曉, Caaveiro Jose, 津本浩平
2017年5月13日   
Calorimetric characterization of the interaction between an intrinsically disordered protein YB-1 and nucleic acids [招待有り]
Satoru Nagatoishi, Yumiko Tanabe, Kouhei Tsumoto
CALCON2016   2016年8月2日   

競争的資金等の研究課題

 
発動分子を合理設計・理論計算するための物理化学評価と構造基盤の確立
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 村田武士
リード創製を指向した 物理化学的品質評価技術の開発と支援
AMED: 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 津本浩平
蛋白質の弱い相互作用トリガーシステムの解明とその設計提案
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 長門石曉
薬剤により誘導される過渡的構造を基盤としたキナーゼ阻害薬活用研究
AMED: 臨床エビデンスに基づいた創薬ターゲット研究
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 河野隆志
進行肺がん大規模クリニカルシークエンスデータを用いた個別化治療法の開発
AMED: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 土原一哉
分子間インタラクションに基づく細菌種に特異的な創薬基盤の開発
文部科学省: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 中川一路
物理化学的理解に基づく蛋白質間相互作用プロセス制御剤の探索と設計
文部科学省: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 津本浩平
癌幹細胞性を担うPRDM14分子の蛋白質相互作用に基づく機能解明と抗腫瘍薬の開発
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 谷口博昭
がん細胞・がん間質細胞特異的な酸素センシング機構を標的としたがん微小環境標的薬剤の開発
AMED: 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 坂本毅治
新規アミノ酸を用いた高親和性・高安定性VHH抗体の作製技術の開発
AMED: 革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 坂本健作