飛田勘文

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 12:46
 
アバター
研究者氏名
飛田勘文
 
ヒダ ノリフミ
eメール
n.hidawarwickgrad.net
所属
早稲田大学
部署
坪内博士記念演劇博物館
職名
助教
学位
MFA in Theatre Directing (University of Essex, UK), PhD in Arts Education (University of Warwick, UK)
科研費研究者番号
60800901

プロフィール

現在、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助教、青山学院大学・清泉女子大学非常勤講師。

大学に在学時、児童青少年のための演劇に関心を持つ。2004年、その分野の専門知識・技術を修得する目的で渡英する。エセックス大学大学院の修士課程にて、当時ユニコーン・シアターの芸術監督であったトニー・グラハム氏に師事し、児童青少年演劇の歴史と演出について学ぶ。ウォーリック大学大学院の博士課程にて、ジョナサン・ニーランズ教授に師事し、ユース・シアターと演劇教育(ドラマ・エデュケーション、プロセス・ドラマ、シアター・イン・エデュケーションなど)の理論と実践、および主に芸術教育に焦点を当てた文化・教育政策について学ぶ。

在学中、ユニコーン・シアター、ポルカ・シアター、オイリー・カート、ボックスクレバー・シアターなどで演出家、演出助手、エデュケーション・プログラマー、ティーチング・アーティストとして活動する。博士課程修了後、ローズ・ブルフォード・カレッジの大学院に助教として勤務し、ジェレミー・ハリソン先生、トニー・グラハム先生、セシリー・オニール先生とともに児童青少年演劇、ユースシアター、演劇教育の専門家の育成に従事する。加えて、国際交流基金ロンドン日本文化センターにて、演劇を導入した日本語教育の教材作成に参加する。2015年3月、帰国。

帰国後は海外の児童青少年演劇の翻訳を行ったり、障害のある児童を対象とした参加型演劇の演出を手がけたり、演劇を導入した日本語・英語教育、異文化間教育、多文化共生教育、開発教育の教材開発や教員研修に協力している。

米国ニューヨーク大学紀要『ArtsPraxis』編集委員。英国ローズブルフォード・カレッジ児童青少年演劇センター顧問。アシテジ〈国際児童青少年舞台芸術協会〉研究部門「インターナショナル・シアター・フォー・ヤング・オーディエンス・リサーチ・ネットワーク」および若手芸術家育成部門「ネクスト・ジェネレーション」国際理事。

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
青山学院大学 文学部英米文学科 非常勤講師
 
2018年4月
 - 
現在
早稲田大学 坪内博士記念演劇博物館 助教
 
2017年11月
 - 
2018年3月
アーツアカデミー東京芸術劇場プロフェッショナル人材養成研修講師(教育普及事業のゼミ等)
 
2017年4月
 - 
2018年3月
早稲田大学 坪内博士記念演劇博物館 助手
 
2016年4月
 - 
現在
清泉女子大学 文学部英語英文学科 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2018年3月
桐朋学園芸術短期大学 演劇専攻 非常勤講師
 
2013年10月
 - 
2014年10月
Research Associate, MA in Theatre for Young Audiences, Rose Bruford College
 

学歴

 
2008年9月
 - 
2013年9月
PhD in Arts Education, Institute of Education, University of Warwick, UK  
 
2005年10月
 - 
2008年7月
MFA in Theatre Directing, East 15 Acting School, University of Essex, UK  
 
2004年9月
 - 
2005年8月
Diploma in Language and Contemporary Culture, Goldsmiths College, University of London, UK  
 
2007年2月
 - 
2007年2月
Russian Theatre, Russian University of Theatre Arts (GITIS), Russia  
 
2006年7月
 - 
2006年7月
Readers Theatre International Workshop - ‘Readers Theatre: Classroom Methodology’ & ‘Speech: Readers Theatre Educational Applications’, Readers Theater Institute, University of Southern Maine, USA  
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
言語文化教育研究学会  理事
 
2018年4月
 - 
現在
Reviewer, Drama and Theatre Education in Asia (Academic Journal), Hong Kong
 
2017年5月
 - 
現在
Board Member, International Theatre for Young Audiences Research Network, ASSITEJ, International
 
2017年4月
 - 
現在
言語文化教育研究学会  年次大会実行委員会委員
 
2016年5月
 - 
現在
Editorial Board Member, ArtsPraxis (Academic Journal), USA
 
2015年10月
 - 
2016年4月
International Review Panel for Forum Proposals, NYU Forum on Educational Theatre, New York University, USA
 
2014年10月
 - 
現在
Board Member, Next Generation, ASSITEJ, International
 
2014年10月
 - 
現在
International Advisor, Theatre for Young Audiences Centre, Rose Bruford College, UK.
 
2014年1月
 - 
現在
Associate Artist, A Thousand Cranes, UK.
 

講演・口頭発表等

 
多文化共生と演劇ワークショップ:多元コミュニティーの新しいモデルの創造
飛田勘文
日本演劇学会研究集会   2018年11月   
松尾慎、中野洋子、古川千種、加藤丈太郎、飛田勘文、チョウチョウリン
第36回開発教育 全国研究集会   2018年8月   
Norifumi Hida
The 8th International Drama in Education Research Institute, National Institute of Education, New Zealand   2018年7月   
Unpacking the Japanese aesthetics of applied theatre: Empowering people or co-creating with people?
Norifumi Hida
The 8th International Drama in Education Research Institute, National Institute of Education, New Zealand   2018年7月   
言語教育のなかの演劇におけるナラティブの意義
飛田勘文、中山由佳、西村由美
第4回言語文化教育研究学会年次大会   2018年3月   
宮本健太郎、飛田勘文
日本演劇学会分科会 演劇と教育研究会   2017年10月   
「多文化共生」と日本語教育 − 批判的視点から考える −
松尾慎、前田朝子、山田泉、加藤丈太郎、田中宝紀、飛田勘文
第35回開発教育 全国研究集会   2017年8月   
Roots and Routes: Engaging with Young Audiences in Contemporary Global Cities.
Caleb Lee, Purni Morell, Luanne Poh and Norifumi Hida
SDEA Theatre Arts Conference 2017, Singapore   2017年6月   
The Development of Applied Theatre in Japan in the 21st Century
Norifumi Hida
SDEA Theatre Arts Conference 2017, Singapore   2017年6月   
Taking Refugee Issues as Our Own through Dramatic and Non-Dramatic Activities
Asako Maeda, Norifumi Hida, Shin Matsuo and Yasuhiro Hitomi
SDEA Theatre Arts Conference 2017, Singapore   2017年6月   

論文

 
シンポジウムII 「演劇と教育」研究の蓄積のために 二〇一七 〜ドラマという用語をどのように解釈するのか〜
山本直樹、飛田勘文、高山昇、花家彩子
演劇学論集   (66)    2018年
日本の英語劇の歴史 ―第1期・第2期―
飛田勘文
清泉女子大学人文科学研究所紀要   (35) 93-112   2017年4月   [査読有り]
Reconsidering Hyogen Education: Drama for the Whole Person in the 21st Century
Norifumi Hida
University of Warwick      2013年10月

Misc

 
第十一回国際青少年演劇研究ネットワーク研究大会 児童青少年演劇における異文化間交流と多様性の検証
飛田勘文
アシテジ   (135) 4   2017年9月
全国研究集会報告「フィールドワーク 「難民問題」を自分ゴトとして捉える」
開発教育   (63) 115-119   2016年12月
Norifumi Hida
The Annual Magazine of ASSITEJ 2015: ASSITEJ 50th Anniversary Special Edition   116-118   2015年4月
Theatre for Young People in Japan
Norifumi Hida
News (Theatre Centre)      2014年5月
第五期ネクスト・ジェネレーション プログラムの設計と進行(コーディネーターの立場から)
飛田勘文
アシテジ   (126)    2014年7月
国際共同制作報告 ネクスト・ジェネレーション・ネットワーク : 心の繋がりのあるグローバル・コミュニティーの創造を目指して (特集 沖縄第1回アシテジ世界ミーティング報告)
飛田 勘文
げき : 児童・青少年演劇ジャーナル   (11) 18-22   2013年1月
次世代計画――次世代インターナショナル・アーティストを目指して(後編)
飛田勘文
アシテジ   (117) 2   2011年4月
ドラマにおけるヒューマニズム
飛田勘文
Theatre & Policy   (66) 4-5   2011年4月
次世代計画――次世代インターナショナル・アーティストを目指して(前編)
飛田勘文
アシテジ   (116) 2   2011年1月

書籍等出版物

 
イギリス、ジョナサン・ニーランズ(日本演劇学会演劇と教育研究会編『日本演劇教育研究事典』)
飛田勘文
晩成書房   2018年   
Laying the Groundwork for Dramatic Results: ASSITEJ's Next Generation (in S. E. Woodson, and T. Underiner. (Ed.), Theatre, Performance and Change)
Norifumi Hida
Palgrave-MacMillan   2017年12月   ISBN:978-3-319-65828-5
https://www.palgrave.com/gp/book/9783319658278

担当経験のある科目

 
 

Works

 
飛田勘文(演出助手)   芸術活動   2018年10月
飛田勘文(共同翻訳、ドラマトゥルク)   芸術活動   2018年8月
飛田勘文(ファシリテイタ―)   芸術活動   2018年5月
Readers Theatre: Little Red Riding Hood, Cinderella & Hansel and Gretel - 清泉女子大学
飛田勘文(構成・演出)   芸術活動   2016年7月
飛田勘文(共同演出・構成)   芸術活動   2015年9月 - 2016年3月
The Peach Boy – Golden Hinde, London
飛田勘文(演出)   芸術活動   2013年9月
Nuchigusui (Medicine for Life) – Kijimuna Festa, Okinawa
飛田勘文(共同演出)   芸術活動   2012年8月

社会貢献活動

 
芸術療法:イギリスの演劇教育と児童青少年演劇における「癒し」について
【講師】  日本大学芸術学部  2018年12月
演劇ワークショップ勉強会 Vol. 1(園部友里恵、直井玲子、飛田勘文、花崎摂)
【講師】  企画・直井玲子  2018年10月
The history of theatre in Japan and its relation to Japanese society
【講師】  大和日英基金・大和スコラー2018年日本紹介講義シリーズ/早稲田大学日本語教育研究センター  2018年9月
自分史の中の授業実践―日本語教育と演劇―(語り手:中山由佳)
【インタビュアー】  言語文化教育研究学会 第58回例会  2018年9月
パブリック・コミュニケーション特講/演習:パブリック・コミュニケーションと演劇
【講師】  青山学院大学文学部英米文学科  2018年7月
特別講義「演劇と社会」
【講師】  桐朋学園芸術短期大学演劇専攻  2018年6月
FD研修:社会関与の演劇の可能性と課題について
【講師】  桜美林大学芸術文化学群  2018年2月
演劇概論Ⅱ:演劇博物館の可能性
【講師】  日本大学芸術学部  2018年1月
国際日本学実践科目:演劇を用いたグローバルな問題理解とアクションプランの作成
【講師】  明治大学国際日本学部  2017年11月
芸術療法:イギリスの演劇教育と児童青少年演劇における「癒し」について
【講師】  日本大学芸術学部  2017年10月
【助言・指導】  World Theatre Education Alliance  2017年10月
【講師】  早稲田大学坪内博士記念演劇博物館  2017年8月
【講師】  東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科  2016年12月

その他

 
2016年1月   アーツカウンシル東京主催「思考と技術と対話の学校」 思考編(修了)