神谷睦代

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/21 20:31
 
アバター
研究者氏名
神谷睦代
 
カミヤ ムツヨ
所属
新潟県立大学
部署
人間生活学部 子ども学科
職名
講師
学位
教育学修士
科研費研究者番号
00803248

プロフィール

専門分野:美術教育・幼児造形表現・彫刻・保育者養成

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
新潟県立大学 人間生活学部子ども学科 講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
東京学芸大学大学院教育学研究科 幼児教育コース 研究生
 
2005年4月
 - 
2016年3月
成田国際福祉専門学校 保育士科 専任講師
 
2006年4月
 - 
2013年9月
葛飾こどもの園幼稚園 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2012年3月
お茶の水女子大学 附属小学校 アート非常勤講師
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
千葉大学大学院 教育学研究科 美術教育専攻
 
1984年4月
 - 
1988年3月
千葉大学 教育学部 小学校教員養成課程図画工作科
 

委員歴

 
2011年7月
 - 
現在
千葉市文化財保護審議会  委員
 
2000年4月
 - 
現在
千葉県美術会  理事・監事(2018~)
 
1998年6月
 - 
現在
千葉市美術協会  理事
 
2006年5月
 - 
2010年12月
千葉市優秀建築賞  選考委員
 
2000年9月
 - 
2006年9月
公益社団法人日本彫刻会  会報委員
 

受賞

 
2012年
第44回日本美術展覧会【日展】 第三科特選 「洋洋」石膏
 
2009年
第85回記念白日会展 長島美術館賞 「La seducution」ブロンズ・木
 
2004年
社団法人日本彫刻会 第34回日彫展努力賞 「淵Ⅱ」テラコッタ
 
1995年
国民文化祭とちぎ95野外彫刻部門 西那須野町教育長賞受賞 「風の日」ブロンズ・石
 

Misc

 
神谷 睦代
人間生活学研究   (10) 1-14   2019年   [査読有り]
明治後期から大正時代の幼稚園における粘土教育-雑誌「婦人とこども」「幼兒の教育」の記事より-
神谷睦代
大学造形美術教育研究   (第16号) 7-12   2018年3月
神谷 睦代, Kamiya Mutsuyo
人間生活学研究   (9) 69-79   2018年
本論は保育者養成校の授業における人形劇の取り組みについての教育的意義を、学生の学びの内容や意識の変容を基に報告するものである。方法としては、学生の授業における振り返りレポートの分析及び質問紙調査による考察を行った。結果、学生の学びの内容には「グループ活動の意味」「表現技術・技能の習得」「保育への活用法」「自己意識の変容(意欲や感動、達成感等)」「人形劇の理解」があげられた。特に「自己意識の変容」では「人前で表現する自信が生まれた」という個人の人間的成長に結びつくものと、発信する立場と受信す...
神谷 睦代
美術教育学:美術科教育学会誌   30(0) 175-189   2009年   [査読有り]
本研究では,幼児教育の現場から求められた「どうしたら子どもたちが生き生きと粘土による表現を楽しむことができるか」という課題のもと,基礎的な技能の習得と題材(テーマ)に焦点をあてた実践と検証を行い,望ましい指導方法を導き出すことを試みた。その結果幼児期の粘土造形では,始めに目的を設けない粘土遊び(発達に照らし合わせた技法の段階的取り組み)を十分にこなすことで楽しみながら基礎的な粘土の操作を身につけ,その上で生活経験と結びつけられる物語の世界等の,個々のイメージを豊かにする題材を設定し表現して...
上野 弘道, 神谷 睦代
千葉大学教育学部研究紀要   53 125-130   2005年2月
本稿は,「大学と地域小学校の連携I『総合的な学習の時間』を拓く図工教材の研究」に引続いて,作品焼成のための窯(耐熱煉瓦を用いた簡易築窯)の実践と,主に教員や保護者,児童からの反響をまとめたものである。現場でおおがかりな築窯の実践は過去にも事例が少ない。その理由には予算や時間的余裕さらに手間,安全管理の問題等が実現化の大きな壁となっていると予想される。「体験学習」や「特色のある学校づくり」が叫ばれる中,「築窯」そのものの教育的効果には大いに期待できそうな面もあろうが,学校経営の視点からみれば...

書籍等出版物

 
同窓生の美術館『風の日』
神谷睦代
千葉大学教育学部同窓会報 第126号   2017年6月   
作家の言葉:特選受賞作品「洋洋」
神谷睦代
社団法人日展『第44回日展アートガイド2012』p.122    2012年   
熊本文庫解題371「美術へ近づく道」
神谷睦代
財団法人美育文化協会『美育文化』11月号 p.60   2009年   
熊本文庫解題360「子どもの絵の発達過程-全身的活動から視覚的統合へー」
神谷睦代
財団法人美育文化協会『美育文化』7月号 p.62   2009年   
熊本文庫解題340「幼児の造形と創造」
神谷睦代
財団法人美育文化協会『美育文化』5月号 p.48   2009年   
評論「神谷睦代に期待―昭和会の彫刻から」
瀧悌三(美術評論家)
『美術の窓』特集:時代を変えるアーティスト p.42   2005年4月   
著書 「ロダンのかげの彫刻家たち―もう一つの近代具象彫刻論」
上野弘道監修・神谷睦代他 (担当:共著, 範囲:第6章:日本の彫刻に現れた影響と模倣)
あい書林   1995年7月   

講演・口頭発表等

 
保育者養成における人形劇の実践と教育的意義
神谷睦代
日本保育学会第69回大会 ポスター発表   2016年5月   
幼児の描画指導における保育的支援の在り方-活動に消極的な3歳児に注目して
神谷睦代
第34回美術科教育学会新潟大会 口頭発表   2012年3月   
幼児の粘土造形-基礎的な技能の習得及び題材(テーマ)についての実践と検証
神谷睦代
第31回美術科教育学会佐賀大会 口頭発表   2009年3月   

担当経験のある科目

 

Works

 
選抜グループ展「日本彫刻会俊英作家小品展」 日本橋三越
神谷睦代   芸術活動   2018年7月
招待グループ展「第4回ゲタ箱展2018」大田原市芸術文化研究所主催
神谷睦代   芸術活動   2018年6月
招待個展「第16回大田原市街かど美術館:神谷睦代展〈彫刻〉」大田原市主催・いわいや他
神谷睦代   芸術活動   2007年5月
企画個展「神谷睦代彫刻展-未来の娘たちへ」 天王洲セントラルタワーアートホール
神谷睦代   芸術活動   2005年6月
企画個展「神谷睦代彫刻展」 千葉銀アートギャラリー(日本橋)
神谷睦代   芸術活動   2003年6月

競争的資金等の研究課題

 
幼児の粘土遊び・造形表現に関する研究
幼児の描画表現に関する研究:指導法・環境構成
保育者養成に関する研究(人形劇の取り組みより)

社会貢献活動

 
新潟市東区クリスマスフェスタ・ワークョップ
【講師】  新潟市東区役所地域課  2017年12月 - 2018年12月
絵本ワールドinにいがた造形ワークショップ
【講師】  新潟日報社  2017年11月 - 2018年11月
日彫展鑑賞支援補助(タッチツアー)
【運営参加・支援】  公益社団法人日本彫刻会  2017年4月 - 2018年4月
平成30年度新潟県立大学教員免許状更新講習(美術)
【講師】  文部科学省・新潟県立大学  2018年9月
平成30年度アカデミックインターンシップ研修
【講師】  新潟県教育庁  2018年8月

その他

 
2007年5月   彫刻作品:「花束」テラコッタ H50cm
パブリックコレクション:大田原市蔵
2003年5月   彫刻作品:「憶」テラコッタ・鉄 H80㎝
パブリックコレクション:神栖市中央公民館 設置
1995年10月   彫刻作品:「風の日」 ブロンズ・石 H200㎝
パブリックコレクション:にしなすの運動公園(那須塩原市)設置