中井 敏晴

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/18 18:46
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
中井 敏晴
 
ナカイ トシハル
URL
https://sites.google.com/site/niinfncgg/
所属
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター
部署
神経情報画像開発研究室
職名
研究室長
学位
博士(医学)(京都大学大学院)
その他の所属
産業技術総合研究所名古屋大学大学院
Twitter ID
NiinfLab

プロフィール

学位取得後、スタンフォード大学医学部放射線科ルーカスMRS/MRIセンター(1993)でポスドク研究員としてMRSを用いた脳血管障害による代謝異常の計測用のパルスシーケンス開発に取り組む。通商産業省工業技術院電子技術総合研究所(1996)、(独)産業技術総合研究所(2001)でfMRIを用いた脳機能計測技術の開発やその応用研究を行い、国立長寿医療研究センター研究所(2006)では加齢による脳機能の変化の評価法の開発や、高齢者の運動支援技術への応用に取り組んでいる。主な研究対象は、磁気共鳴法を用いた脳機能計測法の開発、fMRIの原理であるBOLD信号の情報処理学的側面からの研究、その応用としての運動や言語機能の神経メカニズムの研究など。現在は加齢による認知機能の潜在的低下を評価する手法の開発に取り組んでいる。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
国)国立長寿医療研究センター 長寿医療工学研究部 研究室長
 
2005年4月
 - 
現在
国)産業技術総合研究所  自動車ヒューマンファクター研究センター 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 医療技術学専攻 医用量子科学講座 客員教授
 
2005年3月
 - 
2010年3月
厚生労働省 国立長寿医療センター  研究所 長寿医療工学研究部 脳機能画像開発研究室長
 
2004年4月
 - 
2005年3月
独)産業技術総合研究所 光技術研究部門 バイオメディカルイメージング グループリーダー
 
2001年4月
 - 
2004年3月
独)産業技術総合研究所 ライフエレクトロニクス研究ラボ 主任研究員
 
2000年4月
 - 
2004年3月
先端医療センター 映像医療研究部 研究員(非常勤)
 
1996年4月
 - 
2001年3月
通商産業省 工業技術院 電子総合研究所 主任研究官
 
1993年6月
 - 
1996年3月
スタンフォード大学 医学部 ルーカスMRS/MRI研究センター 研究員(ポスドク)
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
国際磁気共鳴医学会 日本支部  理事(総務)
 
2014年5月
 - 
現在
国際磁気共鳴医学会  支部委員
 
2010年
 - 
現在
国際磁気共鳴委員会  抄録査読委員
 
2005年
 - 
現在
OHBM  抄録査読委員
 
2000年4月
 - 
2015年6月
日本磁気共鳴医学会  代議員・評議員
 

受賞

 
2015年9月
日本心理学会 2014年度学術大会特別優秀発表賞 学習した評判の持続性の神経相関
受賞者: 鈴木敦命、伊藤友一、木山幸子、國見充展、大平英樹、川口潤、田邊宏樹、中井敏晴
 
2015年5月
日本産業衛生学会 第88回日本産業衛生学会 優秀演題賞 立ち入り制限区域の設定によるMR検査業務中の職業磁界ばく露及び作業能率に与える影響の検討
受賞者: 山口さち子、関野正樹、中井敏晴
 
2014年7月
情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム 最優秀プレゼンテーション賞 検索可能暗号の検索応答時間を一定にする簡潔データ構造を用いた索引手法
受賞者: 北村 優汰 毛利公美、中井敏晴、白石善明、岩田彰
 
2014年5月
日本感情心理学会 独創研究賞 持続的な不信感の神経相関 
受賞者: 鈴木敦命、木山幸子、國見充展、大平英樹、川口潤、中井敏晴
 
2014年3月
情報処理学会 情報処理学会全国大会 大会奨励賞 検索可能暗号を高速化するための簡潔データ構造を用いた索引手法
受賞者: 北村 優汰、福田 洋治、廣友 雅徳、毛利 公美、中井敏晴、白石 善明
 

論文

 
Heng JG, Wu CY, Archer JA, Miyakoshi M, Nakai T, Chen SA
Neuropsychology, development, and cognition. Section B, Aging, neuropsychology and cognition   1-24   2017年10月   [査読有り]
Ogama N, Sakurai T, Nakai T, Niida S, Saji N, Toba K, Umegaki H, Kuzuya M
PloS one   12(3) e0172484   2017年3月   [査読有り]
Kanai A, Kiyama S, Goto H, Tomita H, Tanaka A, Kunimi M, Okada T, Nakai T
BMC geriatrics   16 121   2016年6月   [査読有り]
Suzuki A, Ito Y, Kiyama S, Kunimi M, Ohira H, Kawaguchi J, Tanabe HC, Nakai T
Frontiers in human neuroscience   10 28   2016年   [査読有り]
Yamaguchi-Sekino S. Sekino M, Nakai T
IEEE Transactions on Magnetics   51(11)    2015年11月   [査読有り]
Yamaguchi-Sekino S, Machida Y, Tsuchihashi T, Isoda H, Noguchi T, Nakai T
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine      2015年11月   [査読有り]
Nakai T, Taya F, Bezerianos T, Bagarinao E, Harada A, Chen SHA
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   53(S) 301-306   2015年10月   [査読有り]
Kanai A, Takeyama T, Ueta K, Kiyama S, Goto H, Tomita H, Tanaka A, Kunimi M, Nakai T
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   53(S) 293-295   2015年10月   [査読有り]
Nakane T, Miyakoshi M, Nakai T, Naganawa S
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2015年9月   [査読有り]
Kunimi M, Kiyama S, Nakai T
Neuroscience research      2015年7月   [査読有り]
Nakai T, Müller H, Bagarinao E, Tomida K, Shiraishi Y, Niinimaki M
International Journal of Research Studies in Computing   4    2015年6月   [査読有り]
Ogama N, Yoshida M, Nakai T, Niida S, Toba K, Sakurai T
Geriatrics & gerontology international      2015年1月   [査読有り]
Kuroda K, Shirakawa N, Yoshida Y, Tawara K, Kobayashi A, Nakai T
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   13 207-214   2014年9月   [査読有り]
Nakai T, Maeyatsu F, Adachi K, Musashi Y, Hikichi T, Hishinuma M, Abe Y, Yamaguchi-Sekino S, Machida Y, Yoshioka K
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   13 197-198   2014年9月   [査読有り]
Wu CY, Koh JY, Ho MH, Miyakoshi M, Nakai T, Chen SH
Brain and language   135C 32-41   2014年5月   [査読有り]
Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T
Frontiers in human neuroscience   8 251   2014年   [査読有り]
Yamaguchi-Sekino S, Nakai T, Imai S, Izawa S, Okuno T
Bioelectromagnetics      2013年9月   [査読有り]
Chen SHA, Wu CY, Lua RP, Miyakoshi M, Nakai T
IEEE Proceedings, Medical Information and Communication Technology (ISMICT) 2013   218-222   2013年   [査読有り]
Nakai T, Kamiya N, Sone M, Muranaka H, Tsuchihashi T, Yamada N, Yamaguchi S
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   11(4) 253-264   2012年12月   [査読有り]
Miyakoshi M, Chen SH, Matsuo K, Wu CY, Suzuki A, Nakai T
Brain imaging and behavior   6 357-365   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
白石 善明, 中井 敏晴, 毛利 公美, 福田 洋治, 廣友 雅徳, 森井 昌克
情報科学技術フォーラム講演論文集   14(4) 61-64   2015年8月
東海・南海地区におけるMR検査室の防災対策の現況調査
礒田 治夫, 小山 修司, 山口 さち子, 中井 敏晴
日本磁気共鳴医学会雑誌   35(3) 62-75   2015年8月
東海・南海地区7県、北陸地方3県におけるMRI設置施設の計897施設を対象に、津波に対する現状と「緊急地震速報」を含む防災対策に関するアンケート調査を行い、325通の回答を得た(回収率36.2%)。MR装置の設置階は1階81.8%、2階、地下1階各7.4%、3階以上の施設もあった。MR施設の構造は耐震構造62.2%、免震構造13.5%、その他であり、施設の位置は海抜が13m以下で、海岸・河口から2.5km以下が19.2%であった。気象庁の「緊急地震速報」の認知度は98.2%、「緊急地震速報...
高知県におけるMR装置に関する防災対策の実態調査 南海トラフの災害に備えて、私達ができることは?
水口 紀代美, 村田 和子, 岡林 正光, 中井 敏晴
日本磁気共鳴医学会雑誌   35(2) 43-51   2015年5月
高知県におけるMR装置に関する防災対策の実情調査を実施した。高知県内のMR設置施設31施設を対象とした。MR装置の保有台数は31施設で総計40台であった。MR装置は49%が永久磁石、残りが超伝導装置であった。78%のMR装置が非常電源から電源供給ができないことが判明した。医療現場での防災マニュアルは90%の施設で作成されているが、そのうちMR装置を対象とした対策が取られているのは11%、さらに医療施設での緊急地震速報器の設置は2施設であった。
山口さち子, 中井敏晴, 今井信也, 井澤修平, 奥野勉
労働安全衛生総合研究所特別研究報告 JNIOSH-SRR   (44) 47-54   2014年11月

書籍等出版物

 
学研メディカル秀潤社   2014年2月   ISBN:4780908841
成瀬昭二 (担当:共著, 範囲:第3章MRSの臨床応用、第二節 脳のMRS、第七項 加齢,認知症(pp208-211))
インナービジョン   2012年4月   ISBN:4902131226
日本磁気共鳴医学会 (担当:共著, 範囲:第1章 MRIの安全性 (pp14-22))
学研メディカル秀潤社   2010年2月   ISBN:4780908078
機械工学便覧γ9編(医療・福祉・バイオ機器)
中井敏晴 (担当:共著, 範囲:第4章7節 「NMR・MRI装置」 p40-42)
丸善   2008年8月   ISBN:978-4-88898-174-3 / C3353
非侵襲可視化技術ハンドブック
中井敏晴 (担当:共著, 範囲:第一章 MRIを用いる形態、機能、代謝の可視化、第5節 脳機能イメージング 第3項 fMRIの実験計画とデータ処理 p54-67)
ティー・エヌ・エス   2007年   ISBN:978-4-86043-133-4/C3050

講演・口頭発表等

 
Classification of age‒related brain connectivity using resting state fMRI and the support vector machine
Iidaka T, Bagarinao E, Kiyama S, Kunimi M, Nakai T
Neuroscience 2015   2015年10月20日   
Community Based Physical Exercise Program Modulates the Brain Activities in Resting State Networks
Ueno M, Tanaka A, Nakai T
1st Annual Scientific Meeting of the Japanese Chapter of ISMRM   2017年2月23日   
Frontal White Matter Hyperintensity Predicts Lower Urinary Tract Dysfunction in Elderly with Amnestic Mild Cognitive Impairment and Alzheimer Disease
Yoshida, M, Ogama N, Nakai T, Niida S, Toba K, Sakurai T
45th Annual Meeting of the International-Continence-Society   2015年10月6日   
Eye Openness Ratio as an Index to Detect the Effects of Consciousness Level on the Activities of the Resting State Networks
Nakai T, Matsuda K, Takashima I
1st Annual Scientific Meeting of the Japanese Chapter of ISMRM   2017年2月23日   
An Attempt to Correlate the Activation of Resting State Network with Behavioral Data during Virtual Object Transfer Task Performance
Nakai T, Kunimi M, Kiyama S, Tanaka A, Chen SHA
Neuro Informatics 2015   2015年8月20日   
Anterior Salience Network as a Potential Biomarker to Represent the Short-Term Effects of Verbal Training Exercise in Older Adults
Nakai T, Ueno M, Tanaka A
1st Annual Scientific Meeting of the Japanese Chapter of ISMRM   2017年2月23日   
Simultaneous Measurement of Blood Oxygenation Level-dependent Signals and Pupil Diameter
Kunimi M, Matsuda K, Kiyama S, Takashima I, Nakai T
BrainConnects 2015 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop   2015年8月1日   
Development of a Brain Machine Interface Using a Neurofeedback fMRI System - A Small Humanoid Represents Imagery Movements
Yoshida A, Bagarinao E, Ueno M, Isoda H, Terabe K, Kato S, Nakai T
1st Annual Scientific Meeting of the Japanese Chapter of ISMRM   2017年2月23日   
The Dorsomedial Prefrontal Gray Matter Enhances Elderly's Positivity Effect in Emotional Sentence Retrieval
Kiyama S , Kunimi M, Tamaoka K,Verdonschot R, Nakai T
BrainConnects 2015 NCGG/JSPS NTU/NUS Joint Research Collaboration Workshop   2015年7月31日   
Separation of the Age-Related Changes of Task Proper Brain Activation from Stimuli Dependent Components
Yoshida A, Nakai T, Isoda H
1st Annual Scientific Meeting of the Japanese Chapter of ISMRM   2017年2月23日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中井 敏晴
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 中井敏晴
大幸財団: 学会等開催助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年4月    代表者: 中井敏晴
神経機能画像による定常状態神経ネットワークに見られる加齢性変化の解明
日本学術振興会: 二国間交流事業 シンガポールとの共同研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 中井敏晴
医科学応用研究財団: 調査研究助成
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月    代表者: 中井敏晴

特許

 
特開2015-22395 : 臨床研究用データと個人識別情報の管理方法、管理装置、プログラムおよび情報システム
白石善明、平井徹也、冨田幸嗣、中井敏晴
特許3254451 : 多チャンネルMRI画像処理によるカラー化方法及び装置
村木 茂、中井敏晴
特許4300251 : ボリューム可視化装置
中井敏晴、村木 茂、守谷哲郎、三菱プレシージョン
特許3516010 : 偏極希ガスの製造装置を有する磁気共鳴イメージング装置ならびにその装置を用いる磁気共鳴イメージング測定方法
服部峰之、平賀隆、中井敏晴、守谷哲郎、Tracy JM

その他

 
2015年7月   Workshop: BrainConnects 2015
Chair and the organizer of BrainConnects 2015 at Noyorei Conference Hall, Nagoya University, Japan.
2015年5月   Symposium: Integration of the Physical and Physiological Measurements for Elderly – The Perspective in Geriatrics and Gerontology
Co-chair and the organizer of the Special Symposium at 54th Annual Meeting of JSBME at Nagoya International Conference Hall
2014年7月   Workshop: BrainConnects 2014
Co-Chair of BrainConnects 2014 at Nanyang Technological University, Singapore.
2012年2月   Workshop: NeuroImaging and Remote Monitoring of Motor Function at Home
Chair and the organizer of the workshop sponsored by Comprehensive Brain Science Network at Aichi Prefectural Health Promotion Center, Ohbu, Japan
2007年7月   Symposium: Building Grid-Based Applications for the Management and Analysis of Neuroimaging Data Sets for the Medical Grid
Chair and organizer of the symposium
第26回日本医用画像工学会 
つくば国際会議場