基本情報

所属
東京医療保健大学 医療保健学部 看護学科 准教授
(兼任)大学院医療保健学研究科 看護実践開発学 准教授
(兼任)学長戦略本部 教学マネジメント・DX推進プロジェクトチーム サブリーダー
(兼任)総合研究所 教育DX研究ユニット 副ユニット長 (医療DX担当)
学位
博士(看護学)博士後期課程(2017年3月 東京医科歯科大学)
修士(看護学)博士前期課程(2012年3月 東京医科歯科大学)
学士(看護学)(2006年3月 名古屋大学)

連絡先
a-nishimurathcu.ac.jp
研究者番号
10757751
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-6981-1667
J-GLOBAL ID
201901005555143360
researchmap会員ID
B000355393

看護教育における教育デザイン研究:学修成果・教育効果の科学的検検証
Competency-based Education (CBE) ・Simulation-based Education(SBE)・Evidence-based Education(EBE)
授業設計、FD/SD、教育DX、Computer Based Testing(CBT)
学修成果(診断的・形成的・総括的評価)、査定(授業・教育・組織評価)、フィジカルアセスメント、臨床判断
コンピテンシー基盤型教育(CBE)の構造・過程、学修成果・教育効果を可視化することでカリキュラムマネジメント、教学マネジメント、看護基礎教育・継続教育をつなぎ、看護成果と人材育成の仕組み、EBPM(Evidence-based polisy making)に貢献したい。

【看護実践能力(コンピテンシー) 基盤型システムによる 学習・教育の構造・過程・成果の可視化】
[文部科学省高等教育局 大学教育のデジタライゼーション・イニシアティブ (Scheem-D)]
2021年文部科学省スキームDにて「文部科学省公式取組」として、効果・効率・システマティックな教育、DX化に取り残されない学生・教員・大学教育全体の仕組みとなる【コンピテンシー基盤型学習システム】の開発により学習の構造・過程・成果の可視化を目指しております。このシステムが学習成果(診断的・形成的・総括的評価)と査定(授業評価と教育評価)につながり、客観的なカリキュラムマネジメント・教学マネジメントの一助となれば幸いです。
スキームDのHP https://scheemd.mext.go.jp/idea/
ピッチ動画 https://www.youtube.com/watch?v=OAonCkgIaOo(5分間プレゼンです) 

【医学書院NEO(Nursing education Online)】
・実践動画付き!教育実践につながる授業設計の Tips 第1回~第11回まで連載中・不定期リアルタイムセミナー
・基礎看護学におけるフィジカルアセスメントの授業設計–1年次から臨床判断能力の基礎的能力を養うために 全7回
https://www.igaku-shoin.co.jp/b2b/neo

【社会人の大学院生大募集】
・東京医療保健大学 大学院医療保健学研究科では社会人大学院生を大募集(基本的に土曜日、夜、夏の集中開講)

・臨床・専門学校・大学教育の教育研究にご興味があれば、ぜひご連絡をお願いします(a-nishimura@thcu.ac.jp)
http://www.thcu.ac.jp/topics/detail.html?id=2357
https://www.facebook.com/ayako.nishimura.988
https://twitter.com/NsayakoNs

【シミュレーションの意義から導入、授業設計まで~2022年度改正カリキュラムにむけて~】
シミュレーション看護教育ニュースレター第4回とオンライン座談会と動画を配信しております
https://laerdal.com/jp/information/jp-simulation-nursing-news/


論文

  9

MISC

  24

書籍等出版物

  4

講演・口頭発表等

  42

所属学協会

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

学術貢献活動

  3

社会貢献活動

  79

メディア報道

  1

その他

  3
  • 90
    2021年10月 - 現在
    文部科学省高等教育局 大学教育のデジタライゼーション・イニシアティブ (Scheem-D)University Pitch and Conference 登壇 ************************ 看護教育では、文部科学省・厚生労働省から到達すべき能力の明確化と看護の技術を評価する仕組みが求められています。しかし、学習・教育成果の可視化やカリキュラムマネジメントに基づく教育の構造・過程の評価に課題があり、データの散在、過重負荷、格差等が生じていいます。2021年10月27日文部科学省スキームDに登壇、「文部科学省公式取組」として、効果・効率・魅力的・システマティックな教育、DX化に取り残されない学生・教員・大学教育全体の仕組みとなる【コンピテンシー基盤型システム】の開発を行いたいと考えております。ご興味をもっていただける開発企業ならびに研究者の方々はご連絡いただけますと幸いです。 詳細はこちら→→ https://scheemd.mext.go.jp/idea/ https://scheemd-univ-pitch-211027.peatix.com/
  • 2021年11月
    東京医療保健大学の公開授業で「2021年基礎看護援助実習Ⅰのオリエンテーション(10/6の一部)」をアップしております。 卒業時到達目標(DP)から科目の位置づけ、目標とルーブリック評価と実習方法を42分間で説明しております。 ご興味があればご参照ください。https://thcu.mediasitecloud.jp/Mediasite/Channel/61f2e1c0394a4254a96485f483f9fb115f/watch/1a3d7239a27449578c2409bc464f60fc1d