西村 寿彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/24 17:06
 
アバター
研究者氏名
西村 寿彦
 
ニシムラ トシヒコ
URL
http://www.ist.hokudai.ac.jp/labo/w-icl/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(北海道大学), 修士(理学)(北海道大学), 学士(理学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院情報科学研究科 准教授
 
2007年
 - 
2017年3月
北海道大学 大学院情報科学研究科 助教
 
1998年
 - 
2007年
北海道大学 大学院工学研究科 助手
 

受賞

 
2011年
電子情報通信学会通信ソサイエティ マガジン論文賞
 
2008年
電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
 
2007年
電子情報通信学会 論文賞
 
2000年
電子情報通信学会 学術奨励賞
 

論文

 
Tanno Shuhei, Nishimura Toshihiko, Ohgane Takeo, Ogawa Yasutaka
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E100B(8) 1277-1284   2017年8月   [査読有り]
Hagiwara Mitsuyoshi, Nishimura Toshihiko, Ohgane Takeo, Ogawa Yasutaka
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E100B(8) 1285-1292   2017年8月   [査読有り]
Signal Detection with Belief Propagation in Faster-than-Nyquist Signaling
2017 ASIA-PACIFIC SIGNAL AND INFORMATION PROCESSING ASSOCIATION ANNUAL SUMMIT AND CONFERENCE (APSIPA ASC 2017)   1790-1794   2017年   [査読有り]
A Performance Comparison of Compressed Sensing Algorithms for Scatterer Detection
2017 INTERNATIONAL WORKSHOP ON ANTENNA TECHNOLOGY: SMALL ANTENNAS, INNOVATIVE STRUCTURES, AND APPLICATIONS (IWAT)   74-77   2017年   [査読有り]
Performance Comparison of Full-Dimension MIMO Systems with Different Base Station Places
2017 INTERNATIONAL WORKSHOP ON ANTENNA TECHNOLOGY: SMALL ANTENNAS, INNOVATIVE STRUCTURES, AND APPLICATIONS (IWAT)   335-338   2017年   [査読有り]
Channel Prediction Using Compressed Sensing in Multi-User MIMO Systems
2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTING, NETWORKING AND COMMUNICATIONS (ICNC)      2016年   [査読有り]
Performance Evaluation of Alternative Routing in a Wireless Mesh Network with an Adaptive Array
2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTING, NETWORKING AND COMMUNICATIONS (ICNC)      2016年   [査読有り]
DOA Estimation of Signals with Frequency Characteristics and Different Powers using a Compressed Sensing Technique
2016 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ANTENNA TECHNOLOGY (IWAT)   192-195   2016年   [査読有り]
Node Selection and LLR Damping for Channel Equalization with Belief Propagation
PROCEEDINGS OF 2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA 2016)   483-487   2016年   [査読有り]
Parameter Settings on DOA Estimation of Multi-band Signals Using a Compressed Sensing Technique
2016 ASIA-PACIFIC SIGNAL AND INFORMATION PROCESSING ASSOCIATION ANNUAL SUMMIT AND CONFERENCE (APSIPA)      2016年   [査読有り]
A Comparison of Serial and Parallel LLR Updates for LDPC Coded Massive MIMO Detection with Belief Propagation
PROCEEDINGS OF 2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA 2016)   473-477   2016年   [査読有り]
BP-based Detection of Spatially Multiplexed 16-QAM Signals in a Fully Massive MIMO System
2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTING, NETWORKING AND COMMUNICATIONS (ICNC)      2016年   [査読有り]
Suppression of Scattering Waves from the Outside of a Search Area Using a Gating Technique in Compressed Sensing Based Scatterer Detection
2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   1008-1009   2016年   [査読有り]
Nakanishi Yuki, Nishimura Toshihiko, Ohgane Takeo, Ogawa Yasutaka, Ohwatari Yusuke, Kishiyama Yoshihisa
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E98B(8) 1465-1473   2015年8月   [査読有り]
Choi Heedong, Ogawa Yasutaka, Nishimura Toshihiko, Ohgane Takeo
SIGNAL PROCESSING   111 39-49   2015年6月   [査読有り]
Comparison of Kalman Smoother to Wiener Smoother in Practical OFDM Channel Estimation
2015 21ST ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (APCC)   454-459   2015年   [査読有り]
Performance Evaluation of Full-Dimension MIMO in Indoor Line-of-Sight Environments
2015 IEEE WIRELESS COMMUNICATIONS AND NETWORKING CONFERENCE (WCNC)   159-164   2015年   [査読有り]
Yamaguchi Kanako, Huu Phu Bui, Ogawa Yasutaka, Nishimura Toshihiko, Ohgane Takeo
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E97B(12) 2747-2755   2014年12月   [査読有り]
Terada Tsubasa, Nishimura Toshihiko, Ogawa Yasutaka, Ohgane Takeo, Yamada Hiroyoshi
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E97B(10) 2110-2117   2014年10月   [査読有り]
DOA Estimation of Correlated Wideband Signals by using Multi-band EM Algorithm
2014 USNC-URSI RADIO SCIENCE MEETING (JOINT WITH AP-S SYMPOSIUM)   205   2014年   [査読有り]
DOA Estimation of Multi-band Signals Using a Compressed Sensing Technique
2014 INTERNATIONAL WORKSHOP ON ANTENNA TECHNOLOGY: "SMALL ANTENNAS, NOVEL EM STRUCTURES AND MATERIALS, AND APPLICATIONS" (IWAT)   359-362   2014年   [査読有り]
Antenna splitting in a distributed antenna system for a multiuser MIMO transmission
2014 IEEE 25TH ANNUAL INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PERSONAL, INDOOR, AND MOBILE RADIO COMMUNICATION (PIMRC)   193-197   2014年   [査読有り]
DOA Estimation by Applying Compressed Sensing Techniques
2014 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ELECTROMAGNETICS (IEEE IWEM): APPLICATIONS AND STUDENT INNOVATION COMPETITION   121-122   2014年   [査読有り]
OGAWA Yasutaka, YAMAGUCHI Kanako, BUI Huu Phu, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo
IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng)   E96-B(10) 2364-2371   2013年10月   [査読有り]
BUI Huu Phu, OGAWA Yasutaka, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo
IEEE Trans Antennas Propag   61(1) 371-379   2013年1月   [査読有り]
Considerations on a Multi-User MIMO System Using Channel Prediction Based on an AR Model
2013 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)   550-+   2013年   [査読有り]
DOA Estimation of Multi-band Signals Using a Sparse Signal Reconstruction Method
2013 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)   866-867   2013年   [査読有り]
A Study on a Multi-User Single-Carrier E-SDM Scheme in Wideband Transmissions
2013 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS SYSTEMS (ISPACS)   240-244   2013年   [査読有り]
Complexity Reduction for Signal Detection Based on Belief Propagation in a Massive MIMO System
2013 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATIONS SYSTEMS (ISPACS)   245-250   2013年   [査読有り]
Yousuke Sano,Yusuke Ohwatari,Nobuhiko Miki,Yuta Sagae,Yukihiko Okumura,Yasutaka Ogawa,Takeo Ohgane,Toshihiko Nishimura
IEICE Transactions   E95-B(12) 3728-3738   2012年12月   [査読有り]
WEBBER Julian, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo, OGAWA Yasutaka
Int J Electr Eng Educ   49(3) 232-242   2012年7月   [査読有り]
CHOI Heedong, OGAWA Yasutaka, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo
IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng)   E95-B(7) 2377-2385 (J-STAGE)   2012年
Selective Ultrawideband Time-Reversal MUSIC using a Time-Domain Gating Technique
2012 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM (APSURSI)      2012年   [査読有り]
Reduced-Complexity Single-Carrier E-SDM for Wideband Transmissions
2012 IEEE 75TH VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE (VTC SPRING)      2012年   [査読有り]
A Study on Transmit Beamforming at Source Node in MISO-SISO/MIMO-MIMO AF Relays
2012 IEEE 75TH VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE (VTC SPRING)      2012年   [査読有り]
Multi-User MIMO System with Channel Prediction for Time-Varying Environments
2011 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (APSURSI)   59-62   2011年   [査読有り]
Accuracy Evaluation of DOA Estimation with Multi-band Signals
2011 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (APSURSI)   835-838   2011年   [査読有り]
Huu Phu Bui,Hiroshi Nishimoto,Yasutaka Ogawa,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane
EURASIP J. Wireless Comm. and Networking      2010年   [査読有り]
TAKANASHI Masaki, NISHIMURA Toshihiko, OGAWA Yasutaka, OHGANE Takeo
IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng)   E92-B(8) 2698-2707   2009年8月   [査読有り]
BUI Huu Phu, OGAWA Yasutaka, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo
IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng)   E92-B(7) 2374-2388   2009年7月   [査読有り]
大鐘 武雄, 小川 恭孝, 西村 寿彦
シミュレーション   28(2) 86-90   2009年6月
KAMBARA Keiichi, NISHIMOTO Hiroshi, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo, OGAWA Yasutaka
IEICE Trans Commun (Inst Electron Inf Commun Eng)   E92-B(5) 1466-1474   2009年5月   [査読有り]
KIM Sang‐Woo, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝
電子情報通信学会論文誌 B   J92-B(1) 185-195   2009年1月
小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン   2009(11) 11_32-11_38   2009年
2009 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INTELLIGENT SIGNAL PROCESSING AND COMMUNICATION SYSTEMS (ISPACS 2009)   240-243   2009年   [査読有り]
Tri-diagonalizing Approach on Frequency Domain Equalization in a Doubly-selective Channel
Saito Keisuke, Webber Julian, Nishimura Toshihiko, Ohgane Takeo, Ogawa Yasutaka
GLOBECOM 2009 - 2009 IEEE GLOBAL TELECOMMUNICATIONS CONFERENCE, VOLS 1-8   2688-2692   2009年   [査読有り]
Masaki Takanashi,Toshihiko Nishimura,Yasutaka Ogawa,Takeo Ohgane
IEICE Transactions   E91-B(11) 3784-3787   2008年11月   [査読有り]
Masatsugu Higashinaka,Hiroshi Kubo,Akihiro Okazaki,Yasutaka Ogawa,Takeo Ohgane,Toshihiko Nishimura
IEICE Transactions   E91-A(10) 2787-2797   2008年10月   [査読有り]
斉藤 裕大, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   91(9) 940-947   2008年9月
将来の高速移動通信は現在よりも高い周波数帯を使用することが考えられる.この場合,端末の電源がバッテリーであるため,上り回線の送信電力が制限され,通信品質は劣化する.そこで,近傍の複数端末が送信データを共有して互いに協力し合う協調無線が注目されている.しかし,仮想的なアレーアンテナを形成してビームフォーミングを行う場合,各端末は異なる発振器で動作しているため,キャリヤ周波数のずれによる端末周波数オフセットの存在が通信特性に大きな影響を与えてしまう.そこで,本論文では過去のチャネル情報を用いた...
Huu Phu Bui,Hiroshi Nishimoto,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane,Yasutaka Ogawa
IEICE Transactions   E91-B(6) 1713-1723   2008年6月   [査読有り]
Hiroshi Nishimoto,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane,Yasutaka Ogawa
IEICE Transactions   E91-B(5) 1648-1652   2008年5月   [査読有り]
Masaki Takanashi,Yasutaka Ogawa,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane
IEICE Transactions   E91-B(4) 1084-1094   2008年4月   [査読有り]
Keiichi Kambara,Hiroshi Nishimoto,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane,Yasutaka Ogawa
IEEE Journal on Selected Areas in Communications   26(2) 359-365   2008年2月   [査読有り]
Channel characteristics in actual SISO and MIMO propagation environments
2008 SECOND INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMMUNICATIONS AND ELECTRONICS   356-361   2008年   [査読有り]
NISHIMOTO Hiroshi, OGAWA Yasutaka, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo
IEEE Trans Antennas Propag   55(12) 3677-3689   2007年12月   [査読有り]
Hiroshi Nishimoto,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane,Yasutaka Ogawa
IEICE Transactions   E90-B(11) 3197-3207   2007年11月   [査読有り]
Hiroshi Nishimoto,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane,Yasutaka Ogawa
IEICE Transactions   E90-B(11) 3311-3314   2007年11月   [査読有り]
大渡 裕介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   90(9) 885-895   2007年9月
MIMO-OFDM空間分割多重において,送信側でチャネル情報(CSI)が既知,若しくは,受信側から用いるべき送信ウェートが報知される場合,固有ビーム空間分割多重(E-SDM)方式を用いることができ,MIMOチャネル最大の容量が得られる.筆者らはこれまで時間領域で最小二乗法を適用し,推定したCSIのうち,主要な成分のみをフィードバックすることにより,情報量が削減できることを報告してきた.本論文では,筆者らが提案しているCSIフィードバック手法及びコードブックを用いた送信ウェートフィードバック...
Hiroshi Nishimoto,Yasutaka Ogawa,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane
IEICE Transactions   E90-B(6) 1474-1486   2007年6月   [査読有り]
Doppler spectrum and performance of E-SDM systems in indoor time-varying MIMO channels
2007 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1-12   1245-1248   2007年   [査読有り]
On the performance of MIMO E-SDM systems with channel prediction in indoor time-varying fading environments
2007 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1-12   209-212   2007年   [査読有り]
Huu Phu Bui,Yasutaka Ogawa,Takeo Ohgane,Toshihiko Nishimura
IEICE Transactions   E89-B(11) 3083-3092   2006年11月   [査読有り]
大渡 裕介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   89(9) 1765-1775   2006年9月
送受信側に複数のアンテナを設置し,各送信アンテナごとに独立したOFDM信号を送信するMIMO-OFDM空間分割多重では,マルチパス環境においても符号問干渉なしに伝送速度の向上が期待できる.更に,送信側でチャネル情報(CSI)が既知の場合,MIMOチャネルにおける最大スループットを得る固有ビーム空間分割多重(E-SDM)方式を用いることができる.しかしながら,OFDMでは各サブキャリヤごとにCSIをフィードバックする必要があり,通信容量を圧迫してしまう.本論文では,筆者らが以前より提案してい...
田中 豊久, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   89(2) 264-277   2006年2月
第3世代の移動通信方式として既にサービスが提供されているW-CDMAは,3rd Generation Partnership Project (3GPP)で引き続き性能向上のため仕様策定が行われている.下り回線に関しては最高データレート14.0Mbit/sのHigh Speed Downlink Packet Access (HSDPA)が規定され,更にMIMOの適用が検討されている.本論文では,W-CDMA方式の上り回線にMIMO伝送を適用した場合について,シングルユーザでの通信を対象と...
中村 雄一郎, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   88(9) 1813-1820   2005年9月
マルチパス環境下で, 周波数選択性フェージングを受けにくいOFDM方式は, 無線LANに利用されている.また, 送受信側の双方に複数のアンテナを設置し, 各送信アンテナから独立なOFDM信号を送ることによって, 100Mbit/sを超える高速伝送を実現するMIMO-OFDM空間分割多重方式の研究が行われている.本論文では, MIMO-OFDM空間分割多重について, 筆者らが以前より提案している時間領域で最小二乗法を適用しチャネル推定を行う方法を, チャネルと送受信機間の周波数オフセット推定...
Yasutaka Ogawa,Keisuke Nishio,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane
IEICE Transactions   88-B(1) 10-18   2005年   [査読有り]
Takeo Ohgane,Toshihiko Nishimura,Yasutaka Ogawa
IEICE Transactions   88-B(5) 1843-1851   2005年   [査読有り]
Masaki Takanashi,Toshihiko Nishimura,Yasutaka Ogawa,Takeo Ohgane
IEICE Transactions   88-B(6) 2588-2596   2005年   [査読有り]
堤 貴彦, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   87(9) 1496-1504   2004年9月
各種空間分割多重方式について,チャネル情報に誤差がある場合の誤り率特性を比較検討した.また,固有ビーム空間分割多重(E-SDM)方式と重み付きSDM (W-SDM)においては,一次外挿法を用いることにより,特性の改善を図った.その結果,チャネルの時間変動が大きい場合には,送信側で処理を行わない結合推定を用いたSDM (JD)の特性より劣化することが明らかとなった.しかし,送信側で一次外挿法を用いることで,大きな改善効果が得られることが確認できた.
西本 浩, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   87(9) 1442-1453   2004年9月
従来,MIMOシステムに空間分割多重方式を適用させるMIMO-SDMの研究では,送受信アンテナ間のチャネルは独立なレイリーフェージング環境と仮定されることが多く,この仮定のもとでは,受信側での処理により信号ストリームの分離検出が可能となる.本論文では,チャネル間の独立性が崩れる可能性のある,見通し内伝搬路で行った5.2GHz帯での伝搬実験結果から,そのような環境における2×2MIMO-SDMの有効性を検証し,見通しとならない環境における特性との比較を行っている.また,同様の実験を電波暗室で...
大鐘 武雄, 西村 寿彦, 小川 恭孝
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   87(9) 1162-1173   2004年9月
MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)チャネル伝送において,複数のアンテナから同時に異なる信号系列を伝送する空間分割多重方式は,限られた周波数帯域で高速伝送を可能とする手法として注目されている.本論文では,各種空間分割多重方式の送受信方式について解説するとともに,送受信アンテナ本数の増加による特性改善効果について計算機シミュレーションにより明らかにする.また,誤り訂正符号化時における特性評価も併せて行う.
斉藤 寛之, 西村 寿彦, 山本 学, 伊藤 精彦
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   85(9) 1493-1500   2002年9月
準光学アンテナ・ミキサは,高周波信号(RF)と局部発振周波(LO)の信号を空間的に受信すると同時に中間周波数(IF)信号へ変換する受信システムであり,ミリ波帯で問題となる線路の伝送損失をおさえることができる.本論文では,RFとLOを磁流ループアンテナで受信する準光学アンテナ・ミキサアレーの10GHz帯における試作測定を行い,準光学的ミキシングが可能であることを示す.また,この素子を用いた2次元アレーアンテナを提案し,理論的にその受信特性を明らかにする.LOの照射角または周波数を変えることで...
岸山 祥久, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 土居 義晴
電子情報通信学会論文誌. B, 通信   84(2) 178-187   2001年2月
近年, チャネルの利用効率を向上させるためSDMA(Space Division Multiple Access)方式が提案されている.SDMA方式では, 同一チャネルに収容されたすべてのユーザ間で深刻な干渉が生じるため, 基地局でこれらを分離・検出する手法が必要となる.そこで, 本論文では, 上り回線においてチャネル応答推定を行い, その結果を用いて間接的に指向性制御を行うCRA-AA(Channel Response Assisted Adaptive Array)を提案し, MMSE...

Misc

 
齋藤 剣聖, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(352) 101-106   2017年12月
井上 航一, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(284) 117-122   2017年11月
星川 豊希, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(283) 161-165   2017年11月
山本 順平, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 武田 大樹, 岸山 祥久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(383) 147-152   2016年12月
西崎 隼, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(318) 79-84   2016年11月
西村 寿彦, 西崎 隼, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(23) 51-54   2016年7月
木原 光太郎, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(110) 47-52   2016年6月
奥村 香菜子, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(110) 81-86   2016年6月
阿部 大輔, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(506) 69-74   2016年3月
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(472) 357-362   2016年3月
遠藤 大樹, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(1)    2016年3月
結城 嵩仁, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(1)    2016年3月
萩原 光義, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(1)    2016年3月
丹野 柊平, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(1)    2016年3月
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(1)    2016年3月
大鐘 武雄, 西村 寿彦, 小川 恭孝
映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   70(1) 17-22   2016年1月
大鐘 武雄, 西村 寿彦, 小川 恭孝
映像情報メディア学会誌   70(1) 17-22   2016年
萩原 光義, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(288) 7-12   2015年11月
丹野 柊平, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(288) 37-42   2015年11月
宇佐美 友也, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(288) 43-48   2015年11月
西崎 隼, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(288) 127-132   2015年11月
阿部 大輔, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1)    2015年8月
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1)    2015年8月
結城 嵩仁, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1)    2015年8月
西崎 隼, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1)    2015年8月
丹野 柊平, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1)    2015年8月
萩原 光義, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1)    2015年8月
西村 寿彦, 西崎 隼, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2015(1) "S-39"-"S-40"   2015年8月
遠藤 大樹, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(164) 107-112   2015年7月
結城 嵩仁, 小川 恭孝, 西村 寿彦
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(113) 247-252   2015年6月
西崎 隼, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(113) 241-246   2015年6月
丹野 柊平, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(113) 257-261   2015年6月
萩原 光義, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(113) 263-267   2015年6月
野口 直希, 永田 聡, 岸山 祥久, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(490) 17-22   2015年3月
本稿では,マクロセルと小セルが異なる周波数スペクトルを用いるLong Term Evolution(LTE)ヘテロジーニアスネットワークにおける,ユーザ端末(UE:User Equipment)の基準発振器の周波数誤差に起因する周波数オフセット推定に基づく高速セルサーチ法を提案する.提案セルサーチ法では,まず,周波数オフセットの小さな2GHzのキャリア周波数を用いるマクロセルの第1同期信号(PSS:Primary Synchronization Signal)の相関値よりUEの基準発振器の...
草野 薫, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1)    2015年2月
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1)    2015年2月
鈴木 宏典, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1)    2015年2月
宇佐美 友也, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1)    2015年2月
杉田 大智, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1)    2015年2月
大鐘 武雄, 小川 恭孝, 西村 寿彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1) "SS-9"-"SS-10"   2015年2月
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(394) 55-60   2015年1月
マルチユーザMIMOシステムでは,ユーザ間干渉やストリーム間干渉を抑圧するため,基地局側で各ユーザへの下り回線のチャネル情報を必要とする.しかし,無線通信では,信号が伝搬する環境は時間とともに変動するため,基地局側で得たチャネル情報は信号を送信する時刻においては,真のチャネルとは異なった値となり,干渉抑圧効果が低減する.そこで,過去に得られたチャネル情報から未来のチャネルの値を予測することで,この問題を解決する手法がいくつか提案されている.筆者らはこれまで,圧縮センシング技術を用いたチャネ...
中西 裕基, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 大渡 裕介, 岸山 祥久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(394) 61-66   2015年1月
大規模MIMOのように多数の送信アンテナを基地局に用いたシステムでは,フィードバックによってチャネル情報を取得する際に必要となるパイロット信号数が膨大なものになってしまい,伝送効率の低下が問題となる.筆者らはこれまで,多数の素子を使用したシステムにおいて少数のパイロット信号リソースを用いて伝送を行う方法について検討を行い,分散アンテナシステムに適用することでピークスループットを改善可能であることを示してきた.しかし,これまでの検討はフィードバック遅延等の制御遅延の影響を無視したものであるた...
宇佐美 友也, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(394) 163-168   2015年1月
近年の急速なトラフィックの増大に伴い,送受信アンテナ本数を100素子程度に拡張させた大規模MIMOシステムの検討が始まっている.一般にアンテナ本数を増大させることで高速かつ大容量の伝送を行うことができるが,空間多重における信号分離技術の場合,その計算量は素子数の3乗オーダーで増大するため大規模MIMOシステムへの適用は非常に困難である.この問題を解決するために確率伝搬アルゴリズムを用いた信号分離手法が提案,検討されている.この手法により,素子数の2乗オーダーの計算量とQPSK変調環境におい...
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(395) 55-60   2015年1月
マルチユーザMIMOシステムでは,ユーザ間干渉やストリーム間干渉を抑圧するため,基地局側で各ユーザへの下り回線のチャネル情報を必要とする.しかし,無線通信では,信号が伝搬する環境は時間とともに変動するため,基地局側で得たチャネル情報は信号を送信する時刻においては,真のチャネルとは異なった値となり,干渉抑圧効果が低減する.そこで,過去に得られたチャネル情報から未来のチャネルの値を予測することで,この問題を解決する手法がいくつか提案されている.筆者らはこれまで,圧縮センシング技術を用いたチャネ...
中西 裕基, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 大渡 裕介, 岸山 祥久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(395) 61-66   2015年1月
大規模MIMOのように多数の送信アンテナを基地局に用いたシステムでは,フィードバックによってチャネル情報を取得する際に必要となるパイロット信号数が膨大なものになってしまい,伝送効率の低下が問題となる.筆者らはこれまで,多数の素子を使用したシステムにおいて少数のパイロット信号リソースを用いて伝送を行う方法について検討を行い,分散アンテナシステムに適用することでピークスループットを改善可能であることを示してきた.しかし,これまでの検討はフィードバック遅延等の制御遅延の影響を無視したものであるた...
宇佐美 友也, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(395) 163-168   2015年1月
近年の急速なトラフィックの増大に伴い,送受信アンテナ本数を100素子程度に拡張させた大規模MIMOシステムの検討が始まっている.一般にアンテナ本数を増大させることで高速かつ大容量の伝送を行うことができるが,空間多重における信号分離技術の場合,その計算量は素子数の3乗オーダーで増大するため大規模MIMOシステムへの適用は非常に困難である.この問題を解決するために確率伝搬アルゴリズムを用いた信号分離手法が提案,検討されている.この手法により,素子数の2乗オーダーの計算量とQPSK変調環境におい...
鈴木 宏典, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(372) 135-140   2014年12月
無線メッシュネットワークにおいては,近隣ノードとの相互干渉が無視できず,空間的な周波数利用効率の低下が懸念される.このため,目的ノードに対し狭ビームの生成を行うことのできる指向性アンテナの適用が検討されている.中でも,ビームだけでなくヌルを適応的に制御することのできるアダプティブアレーは干渉低減効果が高く,他ノードが通信中に新たなリンクを確立できる可能性がより高くなる.また,迂回経路を設定し,第二経路として選択できるようにすると,リソース競合の回避を行うことができ,並列リンクを確立する可能...
杉田 大智, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(295) 37-42   2014年11月
シングルキャリア伝送方式における符号間干渉対策として,その計算量の少なさから周波数領域等化がよく知られている.さらに高精度な等化処理として,繰り返し処理を利用した周波数領域ターボ等化もよく知られている.本稿では,同じく繰り返し処理を利用するため高精度な検出が期待できる,確率伝搬アルゴリズムを適用した適応等化について着目した.実際にMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)マルチパス環境において,すぐれた特性を持つことが報告されている.しかし,SISO(Sing...
平山 慎也, 武田 和晃, 柿島 佑一, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(254) 195-200   2014年10月
Long Term Evolution(LTE)-AdvancedのRelease 11無線インタフェースでは,マルチユーザMultiple-Input Multiple-Output(MIMO)やCoordinated Multi-Point(CoMP)送受信用に増大する下りリンク制御情報(DCI:Downlink Control Information)を送信するためにEnhanced Physical Downlink Control Channe1(EPDCCH)が規定されている....
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(245) 1-6   2014年10月
無線通信においてはパイロットシンボルを用いたチャネル推定が必須である.時変動環境においては,パイロットシンボルを頻繁に送信しなければならず,伝送効率が低下する.また,そうして得られたチャネル情報も,実際に通信を行う際には真のチャネルとは異なるため,マルチユーザMIMOシステムにおいては干渉が発生し,通信の品質が劣化してしまうといった問題が発生する.これらの問題を解決するため,過去のチャネル情報を用いて,未来の時刻におけるチャネルの値を予測する手法がいくつか提案されている.本稿では,マルチパ...
遠藤 大樹, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(245) 7-12   2014年10月
近年,高精度な電波の到来方向推定技術として,圧縮センシングを利用した到来方向推定手法が注目されている.筆者らは,受信アレーアンテナにおいて,バンドごとの複素振幅が異なる位相と振幅を持つような周波数特性を有するマルチバンド信号について推定を行ってきた.マルチバンド信号を利用して推定を行うことによって,シングルバンド信号の場合よりも推定成功率が向上するとともに,アレーのアンテナ素子数を超えた到来波の推定を行うことができる.この際,圧縮センシングの線形計画問題を解くための方法としてhalf-qu...
遠藤 大樹, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(1)    2014年9月
上橋 俊介, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(1)    2014年9月
福田 隼斗, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(1)    2014年9月
西村 寿彦, 遠藤 大樹, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(194) 65-70   2014年8月
電波の到来方向推定を行う際に圧縮センシング法を用いる方法が提案している.この方法によれば,MUSIC法等の従来より用いられている手法に対して比較的容易に角度分解能を高めることが可能である.特に,到来波が広帯域にわたるマルチバンド信号である場合は,その性能を向上させることができる.さらに,到来波の複素振幅が周波数特性を持つ場合でも,カトリ・ラオ積を用いて電力推定を行うように変換し,バンド毎の電力を規格化することで,さらなる精度向上が期待できる.電波の到来方向推定に圧縮センシング法をどのように...
西村 寿彦, 遠藤 大樹, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(193) 79-84   2014年8月
電波の到来方向推定を行う際に圧縮センシング法を用いる方法が提案している.この方法によれば,MUSIC法等の従来より用いられている手法に対して比較的容易に角度分解能を高めることが可能である.特に,到来波が広帯域にわたるマルチバンド信号である場合は,その性能を向上させることができる.さらに,到来波の複素振幅が周波数特性を持つ場合でも,カトリ・ラオ積を用いて電力推定を行うように変換し,バンド毎の電力を規格化することで,さらなる精度向上が期待できる.電波の到来方向推定に圧縮センシング法をどのように...
福田 隼斗, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(180) 1-6   2014年8月
基地局に非常に多くのアンテナを用いる大規模MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)システムは,高速大容量な通信を実現する手法として将来の移動体通信システムでの実用化が検討されている.しかし現実的には,基地局やアクセスポイントにおけるアンテナ設置スペースには制限があり,設置スペースの大規模化が問題となる.そこで,基地局アンテナを水平及び垂直方向の2次元に配置してMIMO通信を行う,FD-MIMO(Full-Dimension MIMO)システムが提案されている...
中西 裕基, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 大渡 裕介, 岸山 祥久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(180) 7-12   2014年8月
アンテナを無線セル内に分散して配置する分散アンテナシステムは,集中アンテナシステムに比べてセル端でのスループットを改善することができる一方で,高いスループットを得られる領域は小さくなる.そこで,各Remote Antenna Unit内の送信アンテナ数を増加させることでシステムスループットを改善できると考えられる.しかし,チャネル推定時に必要なパイロット信号数も同時に増加するため,伝送効率の低下が問題となる.本稿では,パイロット信号を増加させることなく多数の送信アンテナを配置して伝送を行う...
久下 泰博, 川村 輝雄, 柿島 佑一, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(30) 1-6   2014年5月
本稿では,Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM) - Multiple-Input Multiple-Output(MIMO) Spatial Division Multiplexing(SDM)における,相互情報量(MI: Mutual Information)に基づく適応変調・チャネル符号化(AMC: Adaptive Modulation and Coding)のアウターループ制御を行ったときのブロック誤り率(BLER: Bl...
平山 慎也, 武田 和晃, 川村 輝雄, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(8) 61-66   2014年4月
本稿では,直交周波数分割多重(OFDMA:Orthogonal Frequency Division Multiples Access)下りリンクにおける時間分割多重(TDM:Time Division Multiplexing)ベースの制御情報の空間・周波数ブロック符号(SFBC:Space-Frequency Block Code)を用いたときの判定帰還チャネル推定(DFCE:Decision-Feedback Channel Estimation)のブロック誤り率(BLER:Bloc...
小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   97(4) 285-289   2014年4月
マルチユーザMIMOシステムの下り回線においては,通常,ユーザ間の干渉,及び,同一ユーザの複数ストリーム間の干渉がなくなるように基地局は送信ウェイトを決定し,それを信号に乗算して伝送が行われる.一方,ユーザ端末や周囲の散乱体の移動により,一般に,チャネルは時間変動する.このような環境では,送信ウェイトを決定したときのチャネルと実際に送信を行うときのチャネルに変動があるため干渉が発生し,特性が劣化する.この問題はチャネルを予測することにより軽減が可能である.本稿では,時変動チャネルがマルチユ...
大鐘 武雄, 宇佐美 友也, 福田 航, 小川 恭孝, 西村 寿彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 "S-54"-"S-55"   2014年3月
山口 歌奈子, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
白井 智士, 山田 寛喜, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 山口 芳雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
寺田 翼, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 山田 寛喜
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
田中 友基, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
福田 航, 安孫子 卓史, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 大渡 裕介, 川村 輝雄, 岸山 祥久
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
安孫子 卓史, 福田 航, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 大渡 裕介, 川村 輝雄, 岸山 祥久
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
原田 佳太, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
中西 裕基, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
杉田 大智, 福田 航, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
出雲 恭輔, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
大鐘 武雄, 宇佐美 友也, 福田 航, 小川 恭孝, 西村 寿彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1) "S-1"-"S-2"   2014年3月
大鐘武雄, 宇佐美友也, 福田航, 小川恭孝, 西村寿彦
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.ABS-1-1   2014年3月
田中友基, 小川恭孝, 西村寿彦, 大鐘武雄
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-21   2014年3月
山口歌奈子, 小川恭孝, 西村寿彦, 大鐘武雄
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-1-216   2014年3月
中西裕基, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-80   2014年3月
福田航, 安孫子卓史, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝, 大渡裕介, 川村輝雄, 岸山祥久
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-33   2014年3月
白井智士, 山田寛喜, 西村寿彦, 小川恭孝, 大鐘武雄, 山口芳雄
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-1-228   2014年3月
寺田翼, 西村寿彦, 小川恭孝, 大鐘武雄, 山田寛喜
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-1-231   2014年3月
安孫子卓史, 福田航, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝, 大渡裕介, 川村輝雄, 岸山祥久
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-35   2014年3月
出雲恭輔, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-158   2014年3月
杉田大智, 福田航, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-100   2014年3月
原田佳太, 小川恭孝, 西村寿彦, 大鐘武雄
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.B-5-78   2014年3月
蔡 晟尉, 土居 義晴, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(456) 169-174   2014年3月
日本では,「環境」,「快適・利便」に加え,「安全」を目的とする700MHz帯高度道路交通システムの実用化が進められている.無線通信を用いて車両から直接見えない範囲の他車両の存在情報等を運転者に提供し,交通事故の削減を図るものである.今後,運転者を介さず車両同士が直接制御情報をやりとりする高度安全運転支援システムの実現が期待されている.そのため,車車間通信の信頼性をさらに高める必要がある.本稿では,新しい高信頼車車間通信方式を提案し,シミュレーションによる性能評価の初期検討結果を発表する.
蔡晟尉, 土居義晴, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝
電子情報通信学会技術研究報告   113(456(RCS2013 306-396)) 169-174   2014年2月
森 千尋, 川村 輝雄, 田岡 秀和, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(361) 71-76   2013年12月
本稿では,Multiple-Input Multiple-Output(MIMO)多重におけるターボソフト干渉キャンセラ(SIC:Soft Interference Canceller)を用いたときの直交周波数分割多重アクセス(OFDMA:Orthogonal Frequency Division Multiple Access)とシングルキャリアFDMAのスループットの特性を比較評価する.ターボSICは,ターボ復号器出力ビットの対数尤度比(LLR:Log-Likelihood Ratio...
白井 智士, 山田 寛喜, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 山口 芳雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(344) 35-40   2013年12月
近年,広帯域信号を用いた通信の利用や研究が盛んに行われている.それに伴い,広帯域信号を用いたDOA推定についても注目が集まっている.これまでに多くの広帯域DOA推定手法が提案されてきたが,いずれも一長一短であり,決定的な手法は存在していない.そこで筆者らはKhatri-Rao積の変換処理を用いる新たな広帯域推定手法を提案している.本手法は簡易な変換処理を用いることで広帯域到来方向推定が可能になる.さらに,使用するバンド数に応じてアレー自由度が大きく向上する利点を持つ.今回はシミュレーション...
白井智士, 山田寛喜, 西村寿彦, 小川恭孝, 山口芳雄
電子情報通信学会技術研究報告   113(344(AP2013 124-133)) 35-40   2013年12月
森 千尋, 川村 輝雄, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(301) 19-24   2013年11月
筆者らは,Discrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)を用いるStar QAMにおいて複数の同心円における信号点数が等しく,各ビットを位相および振幅情報に独立にマッピングできる空間信号配置が,目標ブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)を満たすためのキュービックメトリック(CM: Cubic Metric)を考慮した所要平均...
韓 冰, 川村 輝雄, 柿島 佑一, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(301) 25-30   2013年11月
本稿では,直交周波数分割多重(OFDM: Orthogonal Frequency Division Multiplexing)-Multiple-Input Multiple-Output (MIMO)多重において適応変調・チャネル符号化(AMC: Adaptive Modulation and Coding)を用いたときの往復制御遅延時間(RTT: Round Trip delay Time)に対する伝搬路のチャネル変動に起因する変調方式・チャネル符号化率(MCS: Modulatio...
福田 航, 安孫子 卓史, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 大渡 裕介, 川村 輝雄, 岸山 祥久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(301) 55-60   2013年11月
送受信機の双方に複数のアンテナを設置し,信号を空間的に多重するMIMOシステムにおいて,さらに伝送速度を向上させる最も簡易な手法は,送受信アンテナ数を増加させることである.しかし,一般に信号分離技術の計算量は素子数の3乗に比例して増大するため,100素子程度の大規模MIMOへの適用は非常に困難である.一方,確率伝搬アルゴリズムと並列干渉キャンセラを用いた信号分離法は,大規模MIMOに有効であると報告されている.この手法は,送受信アンテナ間の伝搬路が独立で無相関である場合に,素子数の2乗に比...
山口 歌奈子, 小川 恭孝, 西村 寿彦, 大鐘 武雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(300) 43-48   2013年11月
マルチユーザMIMOシステムでは,ユーザ間干渉やストリーム間干渉の抑圧のため,ブロック対角化法や固有ビーム空間分割多重方式を用いる.これらを用いる場合には,送信側で得られたチャネル情報からウェイトの生成が必要となる.しかし,時変動環境では送信パラメータ決定の時刻と実際に信号を送信する時刻との間でチャネルが変化してしまい,干渉を完全に抑圧することができず,著しい特性劣化を招く.一方,チャネル予測を用いることによりこれらの影響を軽減し,特性改善が可能であることが提案されている,そこで,本稿では...
寺田 翼, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 山田 寛喜
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(300) 93-98   2013年11月
電波の到来方向を推定する手段として,圧縮センシングを用いた推定法が注目を集めている.筆者らは,受信側にアレーアンテナを設置し,マルチバンドを持つ到来波の方向を圧縮センシングを用いて推定する手法について検討し,推定成功率の向上・アレーの自由度を超えた推定を実現してきた.これまでの検討では,簡単のため到来信号は各バンドで同じ複素振幅を持つと仮定し,到来角度毎の複素振幅を復元することで到来方向の推定を行っていた.本検討では,初めに各バンドにおける到来信号の位相のみが異なる場合の推定方法について,...
寺田翼, 西村寿彦, 小川恭孝, 大鐘武雄, 山田寛喜
電子情報通信学会技術研究報告   113(300(AP2013 100-123)) 93-98   2013年11月
山口歌奈子, 小川恭孝, 西村寿彦, 大鐘武雄
電子情報通信学会技術研究報告   113(300(AP2013 100-123)) 43-48   2013年11月
福田航, 安孫子卓史, 西村寿彦, 大鐘武雄, 小川恭孝, 大渡裕介, 川村輝雄, 岸山祥久
電子情報通信学会技術研究報告   113(301(RCS2013 174-205)) 55-60   2013年11月
森 千尋, 川村 輝雄, 三木 信彦, 佐和橋 衛
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(246) 109-114   2013年10月
本稿では,Discrete Fourier Transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)おける線形平均2乗誤差最小(LMMSE: Linear Minimum Mean-Square Error)アルゴリズムを用いる繰り返し判定帰還チャネル推定(IDDCE: Iterative Decision-Directed Channel Estimation)を適用したときのターボ周波数...

講演・口頭発表等

 
Naohito Kiyomi,Julian Webber,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane,Yasutaka Ogawa
Proceedings of the 75th IEEE Vehicular Technology Conference, VTC Spring 2012, Yokohama, Japan, May 6-9, 2012   2012年   
Cristian Davidescu,Yasutaka Ogawa,Julian Webber,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane
Proceedings of the 75th IEEE Vehicular Technology Conference, VTC Spring 2012, Yokohama, Japan, May 6-9, 2012   2012年   
BUI Huu Phu, OGAWA Yasutaka, NISHIMURA Toshihiko, OHGANE Takeo
Conf Rec IEEE GLOBECOM   2008年   
Yasutaka Ogawa,Yasuhiko Tanabe,Toshihiko Nishimura,Takeo Ohgane
IEEE International Conference on Communications, ICC 2001, June 11-14, Helsinki, Finland   2001年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大規模MIMOシステムにおけるアンテナ選択によるビーム制御
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 西村 寿彦
大規模アナログ結合を有する2 部グラフ理論の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 大鐘 武雄
分散ネットワークのための指向性制御付ルーティング
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 大鐘 武雄
圧縮サンプリング手法を使用したマルチバンドMIMOレーダの検証実験
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進制度 (SCOPE)
研究期間: 2013年11月 - 2014年3月    代表者: 西村 寿彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小川 恭孝
1.MIMO伝搬路を測定するため、チャネルサウンダ構築の準備を行った。無線チャネルの伝達関数を測定するには、OFDM伝送方式の各サブキャリアにおけるチャネル特性を測定することにより実現できる。新しい携帯電話方式であるLTE(Long-Term Evolution)においては、OFDM伝送が採用されている。そこで、信号発生器を用いてLTE方式に準拠したOFDM信号を発生させ、本研究費により購入したシグナルアナライザシステムを用いて、各サブキャリアの検波前の複素信号により、チャネル測定が可能で...

特許

 
中尾 正悟, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦, 西本 浩
鷹取 泰司, 長 敬三, 大鐘 武雄, 小川 恭孝, 西村 寿彦
小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦, 土居 義晴
小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦, 岩見 昌志, 北門 順, 土居 義晴
岸山 祥久, 大渡 裕介, 西村 寿彦, 大鐘 武雄, 小川 恭孝
中岡 謙, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦
中尾 正悟, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦
田中 豊久, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦
小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦, 土居 義晴
小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦, 岩見 昌志, 北門 順, 土居 義晴
小川 恭孝, 大鐘 武雄, 西村 寿彦, 土居 義晴