Osamu Nishiyama

J-GLOBAL         Last updated: Aug 21, 2019 at 18:34
 
Avatar
Name
Osamu Nishiyama
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine
Degree
MD, PhD

Education

 
 
 - 
Mar 1993
Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Nov 2011
Superior presentation award, The Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation
 
Oct 2015
superior presentation award, The Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation
 
Nov 2012
encouragement award, The Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation
 

Published Papers

 
COPD患者の自己管理能力と身体活動との関連
白石 匡, 東本 有司, 澤田 優子, 杉谷 竜司, 水澤 裕貴, 釜田 千聡, 西山 理, 木村 保, 東田 有智, 福田 寛二
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   28(1) 103-107   May 2019
【はじめに、目的】慢性閉塞性肺疾患(以下COPD)は、呼吸困難により身体活動量(以下PA)の減少をきたす。近年、COPD患者において自己管理の重要性が注目されている。本研究の目的はCOPD患者における自己管理能力とPAの関係を検討することとした。【方法】当院にて外来呼吸リハビリテーション(以下呼吸リハ)を実施した、GOLD stage 2〜4期の安定期のCOPD患者30例を対象とした。自己管理能力はLINQで評価し、PAは3軸加速度計で計測した。評価は呼吸リハ介入時と介入後12週以降に実施...
Nishiyama O, Saeki S, Yamazaki R, Sano H, Iwanaga T, Kume H, Tohda Y
Respiratory investigation      Apr 2019   [Refereed]
Yamazaki R, Nishiyama O, Saeki S, Sano H, Iwanaga T, Tohda Y
PloS one   14(8) e0212810   2019   [Refereed]
Sano H, Tomita K, Sano A, Saeki S, Nishikawa Y, Nishiyama O, Iwanaga T, Tohda Y
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   68(2) 191-198   Oct 2018   [Refereed]
胸腔鏡下肺生検で診断した軽症の多中心性キャッスルマン病の1例
佐伯 翔, 西山 理, 田中 伴典, 佐野 安希子, 岩永 賢司, 東田 有智
日本呼吸器学会誌   7(5) 342-346   Sep 2018
症例は58歳男性。前医で右鼠径リンパ節腫脹に対して生検を施行されたが診断がつかなかった。その際に胸部異常陰影も指摘されたが、自己判断で放置していた。その後、検診で胸部異常陰影、高ガンマグロブリン血症、脾腫を指摘され当科紹介となり診断のため外科的肺生検を施行した。生検の結果小葉間隔壁および周囲の肺胞隔壁に形質細胞の浸潤を認め、HHV-8染色でも陰性であった。前医のリンパ節生検でもリンパ濾胞周囲に形質細胞が認められ、多中心性キャッスルマン病と診断した。呼吸機能障害を認めず軽症の症例と考えられた...
Kume H, Nishiyama O, Isoya T, Higashimoto Y, Tohda Y, Noda Y
International journal of molecular sciences   19(7)    Jul 2018   [Refereed]
Osamu Nishiyama, Ryo Yamazaki, Hiroyuki Sano, Takashi Iwanaga, Yuji Higashimoto, Hiroaki Kume, Yuji Tohda
Respiratory Investigation   56(1) 57-63   Jan 2018   [Refereed]
© 2017. Background: Idiopathic pulmonary fibrosis (IPF) is characterized by progressive impairment of lung function and degradation of daily activity; however, this degradation has not been adequately elucidated. The objective of this study was to...
Sugiya Ryuji, Tohda Yuji, Higashimoto Yuji, Shiraishi Masashi, Kamada Chisato, Nishiyama Osamu, Yamagata Toshiyuki, Kimura Tamotsu, Terada Katsuhiko, Fukuda Kanji
The Journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation   27(3) 358-361   2018
<p>閉塞性細気管支炎(以下;BO)は,気管支領域を主病変とする慢性のびまん性肺疾患である.移植医療の進歩とともに疾患数が増加傾向である.しかし,BO患者に対する呼吸リハビリテ―ション(以下;呼吸リハ)のエビデンスは確立されていない.今回,BO患者に対する12週間の外来呼吸リハを施行し,運動療法中心の介入にて6分間歩行試験の歩行距離,等尺性膝伸展筋力,身体活動量が改善した1例を経験した.移植片対宿主病に伴うBO患者では,長期的なステロイド内服にて筋力低下が生じやすく,運動療法の重要性が高い...
Kondoh Y, Taniguchi H, Kataoka K, Furukawa T, Shintani A, Fujisawa T, Suda T, Arita M, Baba T, Ichikado K, Inoue Y, Kishi K, Kishaba T, Nishiyama O, Ogura T, Tomii K, Homma S
PloS one   13(3) e0193608   2018   [Refereed]
Furukawa T, Taniguchi H, Ando M, Kondoh Y, Kataoka K, Nishiyama O, Johkoh T, Fukuoka J, Sakamoto K, Hasegawa Y
Respiratory research   18(1) 18   Jan 2017   [Refereed]
Matsuda T, Taniguchi H, Ando M, Kondoh Y, Kimura T, Kataoka K, Nishimura K, Nishiyama O, Sakamoto K, Hasegawa Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   56(13) 1637-1644   2017   [Refereed]
Yamazaki R, Nishiyama O, Sano H, Iwanaga T, Higashimoto Y, Kume H, Tohda Y
PloS one   11(12) e0168164   Dec 2016   [Refereed]
Nishiyama O, Yamazaki R, Sano H, Iwanaga T, Higashimoto Y, Kume H, Tohda Y
Respirology (Carlton, Vic.)   22(3) 480-485   Apr 2017   [Refereed]
膵病変を合併したと思われる肺結核の1例
佐野 安希子, 西山 理, 佐野 博幸, 吉田 耕一郎, 東田 有智
結核   91(9) 617-622   Sep 2016
52歳、女性。心窩部痛と体重減少を主訴に受診。腹部造影CTにて膵体部に腫瘤を認め、膵臓の悪性腫瘍が疑われた。EUS-FNAを3回施行したが診断に至らず、膵体尾部切除術を施行、病理組織診断にて壊死を伴う類上皮細胞肉芽腫を認めた。Ziehl-Neelsen染色で抗酸菌は証明されず、結核やサルコイドーシスが鑑別として考えられたが、腫瘤は完全に切除され、症状も改善していたため、経過観察となっていた。約4ヵ月後、膵性糖尿病に対してインスリン導入のため入院となった際に湿性咳嗽、発熱が出現。CTで両肺上...
Nishiyama O, Tohda Y
Chronic respiratory disease   13(2) 206   May 2016   [Refereed]
Nishiyama O, Yamazaki R, Sano A, Yamagata T, Sano H, Iwanaga T, Higashimoto Y, Kume H, Tohda Y
Chronic respiratory disease   13(1) 40-47   Feb 2016   [Refereed]
Sano H, Iwanaga T, Nishiyama O, Sano A, Higashimoto Y, Tomita K, Tohda Y
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   65(2) 204-209   Jan 2016   [Refereed]
Nishiyama O, Yamazaki R, Sano H, Iwanaga T, Higashimoto Y, Kume H, Tohda Y
Canadian respiratory journal   2016 3837182   2016   [Refereed]
Morishita-Katsu M, Nishimura K, Taniguchi H, Kimura T, Kondoh Y, Kataoka K, Ogawa T, Watanabe F, Arizono S, Nishiyama O, Nakayasu K, Imaizumi K, Hasegawa Y
International journal of chronic obstructive pulmonary disease   11 1543-1551   2016   [Refereed]
白石 匡, 東本 有司, 本田 憲胤, 前田 和成, 岡島 聡, 杉谷 竜司, 西山 理, 山縣 俊之, 寺田 勝彦, 東田 有智, 福田 寛二
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   25(3) 384-388   Dec 2015
背景:慢性閉塞性肺疾患(以下COPD)の特徴として、労作時の呼吸困難のために日常生活が制限され、身体非活動性となりやすい。うつ・不安症状はCOPD患者に高頻度にみられ、身体活動量との関係が報告されている。本研究の目的は、COPD患者における、身体活動量とうつ・不安との関連について検討することである。対象と方法:COPD患者17名(男性15名/女性2名)を対象として、呼吸リハビリテーション(以下呼吸リハ)介入前後に諸指標の評価をした。身体活動量の評価は3軸加速度計を用いて計測し、うつ・不安の...

Misc

 
【特発性間質性肺炎の診療の現状と将来展望】特発性間質性肺炎に対する呼吸リハビリテーション 特発性肺線維症を中心に
西山 理
呼吸臨床   3(3) 1/8-8/8   Mar 2019
特発性間質性肺炎、特に特発性肺線維症において、呼吸リハビリテーションは短期的な運動耐容能、労作時呼吸困難感、health statusの改善が示されており、国際ステートメントにおいてエビデンスレベルは弱いながらも推奨される治療と位置付けられている。一方、6〜12ヵ月以上の長期効果については有効性を示す報告は乏しく、今後患者選択やプログラムの工夫が求められる。酸素療法や抗線維化薬との併用、活動量に対する介入などの効果の検証が期待される。さらに、運動療法だけではなく栄養療法や患者教育を加えた包...
【総合内科医の必修臨床問題182問】 アレルギー (Question 138)54歳の女性 来院理由「気管支喘息のコントロール」
西山 理
Medicina   54(4) 335-337   Apr 2017
【総合内科医の必修臨床問題182問】 アレルギー (Question 139)72歳の男性 主訴「労作時呼吸困難」
西山 理
Medicina   54(4) 339-341   Apr 2017
【総合内科医の必修臨床問題182問】 アレルギー (Question 140)44歳の女性 主訴「顔面腫脹,皮疹および一過性の意識消失」
西山 理
Medicina   54(4) 343-344   Apr 2017

Books etc

 
Respiratory Disease Series: Diagnosis Tools and Disease Managements. Advances in Asthma, Pathophysiology, Diagnosis and Treatment.
Osamu Nishiyama (Part:Joint Work, Bronchial Thermoplasty: Japanese Experiences.)
Springer   2019