基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科 博士課程

連絡先
megumi.nitta.shamogmail.com
J-GLOBAL ID
202101019848884541

ソ連期ロシアの音楽を研究しています。

「停滞の時代」にポストモダンの作曲形態「多様式主義」を確立した、作曲家アリフレート・シュニトケ(1934-1998)の創作を主な対象としています。

最近は、同時期のソ連の作曲家(デニーソフ、グバイドゥーリナ、シチェドリン、ペルト)や、さらに同時代の日本の作曲家(柴田南雄、武満徹)の創作も対象に、広く「西洋音楽後進国のポストモダン音楽」として位置づけたいと考えています。この現象を、彼らが例外なく用いた素材である「西洋音楽の父」ヨハン・セバスティアン・バッハの取り込みを軸に考察しています。


論文

  3

講演・口頭発表等

  8

所属学協会

  1