基本情報

所属
独立行政法人日本学術振興会
慶應義塾大学言語文化研究所 兼任所員
学位
Dr. phil. des.(テュービンゲン大学)

J-GLOBAL ID
201101097366051007

外部リンク

中世~初期近代イスラム圏の知の歴史。知、実在、モノ、天。

博論:14-15世紀の中東と中央アジアで活動した存在一性論系神学者たちがポスト・アヴィセンナ期の哲学をいかに受容したかを分析したもの。出版に向けて改訂作業中。

現在の関心:(1)ポスト・アヴィセンナ期の神学諸著(哲学系、カラーム系、存在一性論系、オカルト学系を含む)における自然探究の実態を、とりわけ天をめぐる諸議論に焦点を当てて検討する。(2)注釈の技法に関する情報の収集・整理を通じて、当時のアラビア語・ペルシア語圏の学問実践において支配的だった「注釈」という営為の正当な評価方法を模索する。(3)同時代のキリスト教徒との知的交流。(4)東洋学の歴史。


論文

  5

MISC

  1

講演・口頭発表等

  16

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2